ドコモ光

ドコモ光の解約方法を解説 | 違約金や注意点についても紹介

ドコモ光の解約方法

ドコモ光の解約を考えている人のなかには、手続きの手順解約時に解約金(違約金)が発生することに不安を抱えている人もいることでしょう。

解約するために必要な手順や発生する費用、解約したことによる変化など。

本記事ではドコモ光の解約を考えているあなたに、解約時にやっておくべき確認や注意点、解決策を紹介します。

また、乗り換え先の回線についても紹介しますので参考にしてみてください。

ドコモ光の
詳細をみる
当サイトおすすめの
光回線をみる

ドコモ光の解約前に確認するポイント

ドコモ光を解約前に確認しておくべきことが6つあります。

  1. ドコモ光の契約期間と解約日
  2. 解約申請窓口
  3. 回線撤去工事の有無
  4. 解約時に発生する費用
  5. 返却が必要な機器
  6. その他の解約するサービス(オプションサービスなど)

解約するまでの手順は特に難しいことはありませんが、事前に確認しておかないと解約後に後悔するケースが少なくありません。

解約前に確認しておくことを順を追って解説します。

ドコモ光の解約後に使えなくなるサービス

解約の手順を紹介する前に、解約後に使えなくなるサービスを確認しておきましょう。

解約後使えなくなるサービス

  • メールアドレス
  • WiFiやルーターなどのレンタル機器
  • ドコモ光セット割
  • オプションサービス
  • 電話番号(例外あり)

メールアドレスは解約後に廃止され、レンタル機器は解約時の返却が必要です。

ドコモ光セット割は提供している会社がドコモ光のみなので、引き継ぎたくても現時点では不可能なので覚えておきましょう。

基本的にドコモ光が発行・提供していたものは解約後に使えなくなりますが、一部のサービスは継続して使うことも可能です。

例えばメールアドレスがプロバイダによっては有料で残せたり、乗り換え先が光コラボであれば光電話の番号や光テレビをそのまま使うこともできます。

また、解約後も使える月額制のオプションの場合は、不要なものについてはドコモ光と同時に解約申請をしておかないと月額料金も継続して請求されます。

ドコモ光の解約申請後のトラブルが起きないよう、解約前には現在利用しているサービスを必ずチェックしておきましょう。

ドコモ光の
詳細をみる
当サイトおすすめの
光回線をみる

ドコモ光の解約手順・流れ

ドコモ光を解約するには、申請窓口に届け出てから順次手続きを済ませて行きます。

  1. 対応する窓口で解約申請
  2. レンタル機器を返却する
  3. 解約申請翌月に清算

手順は大きく3つのステップに分けられますが、それぞれの細かい注意点について確認していきましょう。

(1)ドコモ光の解約は更新月なら解約金がかからない

ドコモ光で定期契約を結んだ場合、2年間の契約期間が設けられます。
なお、2022年7月に解約金の改定がありました。7月以降にお申し込みの方は新プランの解約金を参照してください。

料金プラン(住居タイプ) 解約金
旧プラン
2022年6月30日以前
新プラン
2022年7月1日以降
戸建 14,300円 5,500円
マンション 8,800円 4,180円

契約期間内に解約すると上記の契約解除料が発生しますが、契約が満了する更新月に解約すれば契約解除料が発生しません。

更新月は当月・翌月・翌々月の3か月間です。

例えば2021年1月に契約した場合、2022年の12月~2023年の2月が更新月となります。
契約満了月が2022年の12月なので、当月12月、翌月2023年1月、翌々月の同2月に解約すれば費用がかかりません。

なお、契約更新月は以下の2通りから調べられます。

  • ドコモインフォメーションセンター(0120-800-000)で聞く
  • ドコモショップで聞く

(2)解約申請は電話かドコモショップから

ドコモ光の解約は電話かドコモショップの店頭で行ないます。

電話(通話料無料) 携帯電話:151
固定電話:0120-800-000
受付時間:9時~20時
ドコモショップ/d garden 営業時間は店舗ごとによる

それぞれの窓口は受付時間が決まっています。

解約時には契約IDが必須になるので、ドコモ光から送られてきた書類かマイページで忘れずに確認しておきましょう。

また、ドコモ光の一部のプロバイダやタイプDは、ドコモ光とプロバイダの両方に解約申請を行う必要があります。

解約申請が必要なプロバイダへの連絡が忘れていると、解約後もプロバイダ料を請求され続けるので必ず覚えておいてください。

(3)撤去工事が必要な場合

解約時の回線撤去工事は、契約者側が希望しない限り行われません。

しかし、マンションなどの賃貸でドコモ光を使用していて、建物のオーナーや管理会社

が要求した場合は撤去工事が必要です。

回線の撤去費用そのものは無料ですが、回線を通すために開けた穴など、建物の原状回復に必要な費用は別途請求される恐れがあります。

ドコモ光を開通する前に、あらかじめ撤去工事について確認しておいたほうがトラブル回避につながります。

(4)レンタル機器の返却

ドコモ光の解約が決まったら、ルーターやポケットWiFiなどのレンタル品を速やかに返却しましょう。

返却の際には機器が梱包されていた箱に戻し、そのまま着払いで郵送します。箱が見つからない場合は、別途で用意しましょう。

もしもレンタルしていた機器を返さない場合、ドコモ光からの督促状が送られてきます。それでも返却されないと、最悪の場合は高額な賠償請求に発展する恐れがあります。

返却する機器の本体や付属品など、欠品や破損がないように大切に保管しておきましょう。使わないものは梱包されていた箱と一緒に保管しておけば、解約時に送り状を貼って送るだけで済むのでおすすめです。

プロバイダからのレンタル品の場合

レンタル品がドコモ光ではなく、プロバイダからの場合は返却方法が会社ごとに異なります。プロバイダによっては返却期間や郵送料などが決まっているので、解約時にはどこの会社からレンタルしたものかチェックしておきましょう。

解約時に撤去工事の予定があり、レンタルした機器がドコモ光のものであれば、撤去工事当日にドコモ光の作業員にレンタル機器を手渡しで返却できます。

(5)最終利用料金と解約金などの清算

ドコモ光の解約が決まったら、解約月の翌月15日に利用料金が確定されます。
いつ解約してもドコモ光の利用料金は日割りされず、必ず1か月分が満額請求となります。

解約翌月の最終請求月には利用料金・工事費残債・解約金など、ドコモ光で発生した料金を一括請求されるので支払い料金の確認をしておきましょう。

ちなみにドコモ光は解約日を指定することができ、その日までは使うことが可能です。

ドコモ光の解約日を月末ギリギリで使う予定なら、プロバイダの解約日と合わせておきましょう。

(6)オプションサービスの解約は別途行う

ドコモ光のオプションサービスには契約期間が決まっているものがあります。

テレビオプションであるひかりTVを2年契約していた場合、契約期間で解約すると解約金が発生します。

オプション名 解約金
ひかりTV for docomo(2年割) 3,850円

ひかりTVの定期契約は2年自動更新です。更新月もドコモ光同様に契約満了月を含む3か月間なので、この期間中なら解約金が発生することなく解約できます。

そのほか、タイプA~C、単独タイプのプロバイダ内で申し込んだオプションサービスにも契約期間が設けられているものがあります。

オプションの契約期間は各プロバイダで確認しておきましょう。

ドコモ光の
詳細をみる
当サイトおすすめの
光回線をみる

ドコモ光解約時の注意点

ドコモ光を解約した人のなかには、チェック漏れなどが原因でトラブルにあった方もいます。

解約手順を正しく踏んでいても、契約しているサービスの解除や設定を忘れていると後々不要な出費や面倒ごとの元になりかねません。

主なトラブル例を以下にまとめました。

  • メールアドレスや電話番号が廃止になり周囲への連絡が面倒になった。
  • 撤去工事が必要になり追加費用を請求された。
  • 機器の破損・紛失により高額な賠償請求がきた。
  • 解約したはずなのにオプション利用料を請求され続けていた。
  • セット割が使えなくなってスマホ代が一気に跳ね上がった。

ドコモ光は一度解約申請をしたらキャンセルができません。
そのため、やり残しがあった場合には早急に連絡先のバックアップや契約の再確認を行ないましょう。

解約と引っ越しが重なる場合など、解約日や撤去工事日は必ず確認してスケジュールにズレがないかのチェックも必要です。

解約して乗り換えた後もドコモ光の請求が続く2重契約を避けるため、ドコモ光を解約した解約証明書が発行されていることを確認しましょう。

ドコモ光の
詳細をみる
当サイトおすすめの
光回線をみる

ドコモ光からのおすすめの乗り換え先

ドコモ光の次の乗り換え先を決めかねている人には、高額キャッシュバックや解約金補償がある光回線をおすすめします。

もしも解約金が発生しても、キャッシュバックで十分補填できるプロバイダを紹介しましょう。

光回線 解約金補償
eo光 最大50,000円
ソフトバンク光 最大100,000円
auひかり 最大30,000円
コミュファ光 全額負担

上記の4社では、解約金を条件にキャッシュバックが支払われます。

ドコモ光で解約金が発生したことを証明する書類(請求書、領収書、マイページの請求一覧など)が必要になるので、乗り換える際には手元に用意しておきましょう。

光回線 キャッシュバック
NURO光 最大45,000円
ビッグローブ光 最大40,000円
ソネット光プラス 最大60,000円

上記は新規特典でキャッシュバックが用意されているプロバイダです。

解約金が発生しなくても高額キャッシュバックがもらえるので、お得にネットを再開できます。

ドコモ光の
詳細をみる
当サイトおすすめの
光回線をみる

まとめ

ドコモ光の解約について申請窓口と手順、解約前にやっておきたいことを紹介しました。

一度解約を申請すると手続きは進んでしまい、キャンセルすることはできません。
解約するとドコモ光で使っていたネット回線やメールアドレスに電話番号、オプションサービスも一斉に廃止されます。
特に解約時に気を使うのが、ドコモ光の契約に伴う利用料金の支払いです。

ドコモ光の契約期間にレンタル品の返却、撤去工事の有無など気をつけることはたくさんあります。
レンタル品を破損や紛失した場合は高額請求になる恐れがあるので、解約まで大切に扱いましょう。

ドコモ光に限らず、インターネットの解約はトラブルになりやすい要素が多いので、今回の記事を参考にして解約をスムーズに行なってくださいね。

ドコモ光の
詳細をみる
当サイトおすすめの
光回線をみる
ドコモユーザーなら最大月額1,100円割引
ドコモ光
公式サイトをみる