ドコモ光

ドコモ光の評判・口コミを調査 | 料金は安い?速度は速いの?

ドコモ光の評判・口コミ

ドコモ光を契約しようと考えている人は、既にドコモ光を使っている人達の口コミを参考にしていることでしょう。
口コミを見ていると良い評判もあれば悪い評判があって、特に悪い評判が気になってしまっているのではないでしょうか?

他人からの評判はあくまでその人個人の感想であって、絶対というわけではありません。
しかし、多くの評判は選ぶという点では目安のひとつとして大きな情報になり得ます。

今回はドコモ光のネット上の評判と実際のサービスを比較し、情報の信ぴょう性について調査してみました。

ドコモユーザーなら最大月額1,100円割引

GMOからの申込みで
最大20,000円キャッシュバック実施中

ドコモ光ユーザーの評判・評価

国内最大手のドコモ光は言うまでもなくユーザーが多い光回線です。
口コミの数も多く、様々な評判がネット上では話題となっています。

口コミの一部をピックアップしてみても、良い評判も悪い評判も数が多くて見る人によってはどちらにも受け取れることでしょう。
次のように一見すると悪い評判が目立つように見えますが、実のところドコモ光は言われているほど悪い評判が多いわけではありません。

ドコモ光の評判・口コミとサービスを解説

ここからはサービスごとの評判・口コミを見て行きながら、ドコモ光で実際のサービスを比較しながら紹介していきます。

(1)料金に関する評判・口コミ

ドコモ光に限らず、どのサービスにおいても「高い」「安い」という話題はつきものです。

ここではドコモ光の初期費用、月額料金などの基本料金実際に見て行きましょう。

①初期費用

初期費用
事務手数料 3,300円
工事費用 戸建 19,800円
マンション 16,500円

初期費用は事務手数料と工事費用共に、光コラボでは平均的な料金です。
他の光コラボと比較して、ドコモ光が特に高いという印象は受けません。

現在ドコモ光はキャンペーンで工事費が無料になっているため、むしろ他社より安くなっています。

事務手数料についてはどの手続きでも原則請求されるので、料金プランやプロバイダ変更時には必要となります。

②月額料金

プロバイダごとの料金
プロバイダ
タイプ
契約期間 戸建 マンション
タイプA 2年契約 5,720円 4,400円
契約期間なし 7,370円 5,500円
タイプB 2年契約 5,940円 4,670円
契約期間なし 7,590円 5,720円
タイプC 2年契約 5,720円 4,400円
契約期間なし 7,370円 5,500円
タイプD 2年契約 5,5000円+プロバイダ料 4,180円+プロバイダ料
契約期間なし 7,150円+プロバイダ料 5,280円+プロバイダ料
ドコモ光ミニ 2年契約 2,970円~6,270円+プロバイダ料 利用不可
契約期間なし 4,620~7,920円+プロバイダ料

ドコモ光は数多くのプロバイダの中から選ぶことができる光回線になります。

タイプA・Bはドコモと提携している会社で、大手プロバイダも多いのが特徴です。
タイプCは各地域のCATVが選べて、タイプDはドコモ光で選べるプロバイダ以外の外部の会社を自由に選べます。

月額料金の最安はタイプAとタイプCになり、タイプBは若干割高、タイプDは基本料金にプロバイダ指定の料金が加算されるので結果的に高くなります。

プロバイダにこだわりがあると料金が高くなる場合がありますが、そうでなければタイプAから手軽な会社を選ぶのが安く済ませられるコツです。

③10ギガプランの料金

10ギガ料金表
タイプA 2年契約 6,930円
契約期間なし 8,580円
タイプB 2年契約 7,150円
契約期間なし 8,800円
タイプD 2年契約 6,490円+プロバイダ料

ドコモ光には10ギガプランがあり、こちらは戸建専用の料金プランです。

工事費は戸建タイプと同額なので、他社の高速通信プランの初期費用よりは相場的に安いと思われます。

また、ドコモ光にはスマホとのセット割でスマホ代が安くなる割引や、新規申し込み時や支払い時にdポイントが付与されるキャンペーンが豊富です。
これらを利用するとドコモ光はさらに安くなるので、ドコモユーザーはぜひ利用したいところでしょう。

(2)通信速度に関する評判・口コミ

光コラボはフレッツ光を基準にしているため、どの光コラボも基本の通信速度は一律1ギガで統一されています。

さらにドコモ光はV6オプションを採用しているので、通信速度の品質自体に問題はありません。

フレッツ光から転用した人で、フレッツv6オプションを使っている人はドコモ光でも継続して利用することが可能です。

ドコモ光の通信速度については、様々な口コミが聞かれています。

通信速度はインターネット環境によって変わるので、前述の設備や光回線、ドコモ光に問題があるわけではありません。

選んだプロバイダによっては利用者数が多く、人の多い時間帯では遅延が起きやすかったり、サーバー側の通信障害が出ている可能性もあります。

また、マンションの場合は光回線を建物内で共有するVDSL接続方式になるため、通信速度は100Mが上限となるので覚えておいたほうが良いでしょう。

(3)プロバイダに関する評判・口コミ

ドコモ光で選べるプロバイダは50以上あるため、やはりどこがいいか迷っている人が多いようです。

基本的には特典が豪華なGMOとくとくBBぷららニフティの人気が高く、ドコモ光のなかでもユーザーが多く感じられました。

一部のプロバイダでは利用者数が増えることでも接続状況が不安定になることがあり、通信速度が安定しないことがあります。
同じドコモ光であっても、プロバイダごとに接続状況が異なるケースがあることも覚えておきましょう。

もしもプロバイダ側に問題が起きた場合は、問い合わせは契約しているプロバイダに直接連絡する必要があります。

プロバイダの運営はドコモ光とは別になるので、プロバイダの問題はその会社に問い合わせる手間があるのも覚えておきましょう。

(4)キャンペーンに関する評判・口コミ

ドコモ光のキャンペーンはdポイントキャンペーンが多いなか、口コミで最も多かったのがキャッシュバックに関するものです。

受け取りのためのメール確認手続きミスでもらい忘れをしている人もいるようなので、ユーザー間で情報交換している姿が見られました。

また、プロバイダ限定キャンペーンのなかには、IPv6対応の無線LANルーター無料レンタルがあります。
IPv6はドコモ光を快適に使うために必須なので、ルーター無料レンタルを活用できるプロバイダは人気が高い傾向です。

どれも料金が安いタイプAですが、キャッシュバックとルーター無料レンタルを実施しているプロバイダは知らないと損なのでチェックしておきましょう。

キャッシュバックとルーター無料レンタルがあるプロバイダは以下の4社です。

  • GMOとくとくBB
  • OCN
  • ニフティ
  • ぷらら

OCNはタイプBなので数百円ほど月額料金が高くなるので、最安を選ぶならGMOとくとくBBがおすすめです。

\セット割で最大月額1,100円割引/

最大20,000円キャッシュバック実施中

(5)サポートについての評判・口コミ

悪い評判でほぼ必ず聞こえるのが、サポート対応に関する評判です。

どこの光回線でも共通していますが、利用者が多くなるほど窓口で一度に受けられる許容範囲があります。
特に年末年始、新生活の時期といった繁忙期では、サポート窓口につながりにくいタイミングが増えます。

リアルタイムでサポートをしているのは人間であるため、必ず自分の理想通りの対応ができるとは限りません。

予想した回答が得られないときもあるので、こればかりは時期と運といった不確定要素が関わってしまうことを想定しておきましょう。

まとめ

ドコモ光は悪い評判が多い印象を持たれている人もなかにはいますが、実際のところは言われているほど悪くはない光回線でした。

ただし、誰でも手に入れられるような高額キャッシュバックがなく、大型の長期割引があるわけでもありません。
見栄えのするような豪華なキャンペーンや派手さはなく、良くも悪くも普通というのがドコモ光の一般的な評価となるでしょう

ですが、ドコモユーザーならそんなドコモ光のメリットを引き出せます。
スマホやdポイントを普段から使っている人なら、ドコモ光は選んで損はありません。

ドコモユーザーなら最大月額1,100円割引

GMOからの申込みで
最大20,000円キャッシュバック実施中

ドコモユーザーなら最大月額1,100円割引
ドコモ光
公式サイトをみる