ドコモ光

ドコモ光のルーターの入手方法・選び方を解説|スペックについても紹介

ドコモ光のルーターの入手方法・選び方を解説|料金やスペックについても紹介

これからドコモ光を契約しようと考えている方や開通した方はルーターをどう調達したらいいのか悩むことも多いはずです。

レンタルオプションと購入で手に入るドコモ光ルーター01が推奨されていますが、ドコモ光のプロバイダによっては、高速無線LANルーターを無料提供しているところもあります。

高性能のルーターを使いたいのであれば市販品でより優れた機種があるのですが、どうせなら費用は安く済ませたいですよね?

本記事ではドコモ光で使うルーターについて、料金や性能からおすすめまでを詳しく解説します。

ドコモユーザーなら最大月額1,100円割引

GMOからの申込みで
最大20,000円キャッシュバック実施中

ドコモ光のルーターの入手方法

ドコモ光で使用するルーターは、既製品とレンタルの2種類です。

入手方法は基本的には購入、もしくは自前かレンタルになりますが、ルーター無料キャンペーンを実施しているプロバイダからもらうという方法もあります。

    ドコモ光で使用するルーターの入手方法

  • 市販品を購入
  • レンタルオプションを利用する
  • プロバイダのルーター無料キャンペーンを利用する

それぞれの入手方法についてみていきましょう。

(1)市販品を購入する

ルーターを購入する場合、ドコモ光ではドコモオンラインショップの利用を公式がおすすめしています。

もちろん、お近くの家電量販店や他社のネットショップから購入しても問題はありません。

初めて光回線を契約された方はルーターの相性を考えずに済む、ドコモ(オンライン)ショップでの購入が無難です。

(2)レンタルオプションを利用する

ドコモ光ではプロバイダごとにレンタルオプションを行っています。ルーターが用意できない場合はそちらを利用する方法があります。

レンタルルーターで使用できる機能は有線接続と無線接続に分かれており、WiFiを使用したい場合は無線LAN機能付きをレンタルすることで無線接続が可能です。

ドコモ光のレンタルオプションはNTTフレッツのサービスと同じなので、無線LAN機能付きのレンタル料金は使用する住所が東西エリアかによって料金が異なります。

オプション 利用料
ドコモ光電話対応ルーター 無料
無線LAN機能つき(東日本エリア) 330円(税込)/月
無線LAN機能つき(西日本エリア) 110円(税込)/月

フレッツ光からドコモ光に転用した場合、それまで使用していたNTTのホームゲートウェイがそのまま使用可能です。

時期によっては新機種が登場している可能性があるので、乗り換えや引越しの際にはNTTの公式サイトからホームゲートウェイのバージョンを確認してみましょう。

引越しの場合はNTTから新しいホームゲートウェイが郵送されるケースがありますが、利用住所に変更が無い場合は機種変更手続きを行うことをおすすめします。

(3)プロバイダのルーター無料キャンペーン

ドコモ光はプロバイダをタイプA~Dの中から選ぶことができます。

ルーター無料キャンペーンを実施しているプロバイダを紹介しましょう。

  • ぷらら
  • GMOとくとくBB
  • ニフティ
  • DTI
  • ic-net
  • Tigers-net.com
  • ビッグローブ
  • アンドライン
  • SIS
  • hi-ho
  • OCN
  • @TCOM
  • ちゃんぷるネット

現在は、タイプAとBを含めた上記13社がルーター無料キャンペーンを実施中です。

もしもルーターを用意していない場合、上記のプロバイダを検討すると良いでしょう。

ドコモユーザーなら最大月額1,100円割引

GMOからの申込みで
最大20,000円キャッシュバック実施中

ドコモ光ルーター01について

ドコモ光では、使用するルーターに「ドコモ光ルーター01」が推奨されています。

ここではドコモ光ルーター01の料金、性能について詳しく解説していきます。

(1)オンラインショップで買うと割引価格で購入できる

ドコモ光ルーター01は定価9,768円(税込)です。

オンラインショップで購入した場合、割引価格が適用されて7,040円(税込)で購入できます。

さらに購入価格の1%分のdポイントが付与され、支払いをdポイント決済で行えばさらに2%付与されます。

(2)ドコモ光ルーター01の性能

ドコモ光ルーター01の主な性能を以下に紹介します。

通信速度
  • 無線時:867Mbps
  • 有線時:1Gbps
規格 11ac/11n/11a/11g/11b
セキュリティ WPA2-PSK(AES)以上
アンテナ数 4
LANポート 3

通信速度は無線時が1Gbps未満、通信規格は11acのセキュリティは一般的に強固とされるWPA2-PSK(AES)を採用しています。

アンテナ数は外部と内部併せて4本、LANポート数は3つです。

最新型の機種と比べればそこまで高性能ではなく、インターネットを楽しむ分には十分な性能と言えるでしょう。

評価的には普通に水準以上と言える無難な性能です。

(3)ドコモ光ルーター01のメリット・デメリット

①ドコモ光ルーター01のメリット

ドコモ光ルーター01はバランスの良い無難な性能ですが、それ以外にも独自の特徴があります。

  • 遠隔操作ボタン搭載でワンタッチの簡単設定
  • ドコモ光のV6プラス対応済みの全プロバイダに適応

本体に搭載されている遠隔操作ボタンは、ルーター設定をドコモ光の遠隔サポートで行えるワンタッチ機能です。

ドコモ光ルーター01はIPv6に対応しており、ドコモ光のV6プラスが使える全プロバイダに適応しています。

最近の機種に比べると性能にもう一声欲しいと思えますが、ドコモ光ルーター01はドコモ光初心者が安心して使えるサポート機能に特化したルーターです。

②ドコモ光ルーター01のデメリット

今度はドコモ光ルーター01のデメリットについて言及しましょう。

  • ドコモ光10ギガには非対応
  • 無線時の最大通信速度は867Mbpsでギガではない
  • 同じ価格帯で高性能なルーターはほかにもある
  • 特に安いわけでもない

ドコモ光ルーター01はドコモ光10ギガに非対応です。

そもそも10ギガプランには10ギガ専用ルーターが用意されているため、ドコモ光ルーター01は1ギガプラン専用ルーターとして割り切る必要があります。

また、無線時の通信速度は1Gbps未満です。

昨今の高速無線ルーターと比べれば格落ち感が否めず、定価9,768円(税込)の同価格帯には高性能ルーターもたくさん販売されています。

価格はドコモ光の遠隔サポート分が上乗せされていると考え、サポートが不要ならもっと安くて高性能な既製品を購入したほうが良いでしょう。

ドコモユーザーなら最大月額1,100円割引

GMOからの申込みで
最大20,000円キャッシュバック実施中

ドコモ光のルーターは無料キャンペーンで手に入れるのがおすすめ

結局のところ、ドコモ光のルーターは無料キャンペーンを実施しているプロバイダから手に入れるのが一番おすすめです。

レンタルの場合だと月額費用が掛かり、購入の場合だと機種代金が負担になります。

近年のルーターは安くてそれなりの性能の機種も多いです。

しかし、プロバイダの無料キャンペーンなら、高性能無線LANルーターが無料で手に入ります。

コストを掛けずにお手軽にゲットするなら、プロバイダの無料キャンペーンを利用するのがおすすめです。

キャッシュバックがあるプロバイダがさらにお得

ドコモ光のプロバイダの中には、無線LANルーター無料のほかにキャッシュバックを同時に用意しているケースがあります。

キャッシュバックを用意しているプロバイダを見てみましょう。

ぷらら 最大15,000円
GMOとくとくBB 最大20,000円
ニフティ 最大20,000円
OCN 最大20,000円

ドコモ光のプロバイダタイプAとB、合計22社中キャッシュバックがあるのは上記の4社のみです。

そのうち「GMOとくとくBB」「ニフティ」「OCN」は3社横並びでキャッシュバック額が最大20,000円を用意しています。

キャッシュバックで選ぶ際、3社は条件や利用料金が異なるので注意が必要です。

    キャッシュバック選びの注意点

  • ニフティは有料オプションに加入するのが条件
  • OCNはタイプBなので料金がタイプAより高い

ニフティとOCNはキャッシュバックのほか、別途で出費してしまう条件があります。

その点GMOとくとくBBは何の条件や制限もなく、ドコモ光で一番利用料金が安いタイプAなので最もお得にキャッシュバックが手に入ります。

ドコモユーザーなら最大月額1,100円割引

GMOからの申込みで
最大20,000円キャッシュバック実施中

ドコモ光はGMOとくとくBBが断然お得

ドコモ光はGMOとくとくBBが最もおすすめです。

ここまで読み進めた人なら既に理解していると思いますが、GMOとくとくBBがおすすめな理由を改めてチェックしてみましょう。

    GMOとくとくBBがおすすめな理由

  • タイプAで利用料金が一番安い
  • オプション不要で無線LANルーターと最大20,000円キャッシュバック
  • ルーターは4種類から自由に選べる
  • 最大15個の無料メールアドレス
  • 無料でHPサーバーが使える

GMOとくとくBBは月額料金が最も安いタイプAであるため、費用を抑えるなら最有力候補です。

キャンペーンの適用に条件はなく、無線LANルーターとキャッシュバックを漏れなく受け取れます。

さらにGMOとくとくBBの無線LANルーターは4種類あり、好きな機種を自分で選ぶことが可能です。

GMOとくとくBBはプロバイダサービスとして、15個のメールアドレスとHPサーバーを無料で提供しています。ドコモ光でも同様に利用可能です。

このように無料で利用できるサービスが豪華かつ手厚いので、GMOとくとくBBをおすすめしています。

ドコモユーザーなら最大月額1,100円割引

GMOからの申込みで
最大20,000円キャッシュバック実施中

ドコモ光ルーター01とGMOとくとくBBのルーター比較

ドコモ光ルーター01とGMOとくとくBBの無線LANルーター4種を比較していきます。

ドコモ光で使用するルーター選びの目安として参考にしてください。

ドコモ光ルーター01の機種性能

通信速度 無線時:867Mbps有線時:1Gbps
規格 11ac/11n/11a/11g/11b
セキュリティ WPA2-PSK(AES)以上
アンテナ数 4
LANポート 3

GMOとくとくBBの無線LANルーター4種の機種性能

BUFFALO WSR-2533DHP3
通信速度 無線時:1.7Gbps有線時:1Gbps
規格 11ac/11n/11a/11g/11b
セキュリティ WPA2-PSK(AES)以上、SPI、PPTP
アンテナ数 4
LANポート 5
ELECOM WRC-2533GST2
通信速度 無線時:1.7Gbps有線時:1Gbps
規格 11ac/11n/11a/11g/11b
セキュリティ WPA2-PSK(AES)以上
アンテナ数 8
LANポート 4
NEC Aterm WG2600HS2
通信速度 無線時:1.7Gbps有線時:1Gbps
規格 11ac/11n/11a/11g/11b
セキュリティ WPA2-PSK(AES)以上
アンテナ数 8
LANポート 4
NEC Aterm WG2600HS
通信速度 無線時:1.7Gbps有線時:1Gbps
規格 11ac/11n/11a/11g/11b
セキュリティ WPA2-PSK(AES)以上
アンテナ数 8
LANポート 4

GMOとくとくBBの現行機は、無線・有線ともに1ギガ超えの通信速度が出せます。

最大アンテナ数が8つに及び、電波が繋がりやすくセキュリティも強固です。

どの機種を選んでも有線・無線で1ギガ以上の速度を出し、高感度のアンテナとV6プラスによって安定した通信回線が利用できます。

ドコモユーザーなら最大月額1,100円割引

GMOからの申込みで
最大20,000円キャッシュバック実施中

まとめ

ドコモ光のルーター選びは、GMOとくとくBBの無料キャンペーンを利用するのがおすすめです。

既に自前のルーターがあれば流用するのも当然アリですが、その際にはIPv6に対応しているか通信速度や規格は光回線やWiFi時の環境に最適かを確認しておきましょう。

新たにルーターを買い直す場合でも、GMOとくとくBBなら最大20.000円のキャッシュバックがもらえます。

プロバイダからの無線LANルーターを使うか、キャッシュバックで新しいものを買うかは自由です。

ドコモ光のルーター選びでお困りでしたら、GMOとくとくBBを選ぶことをおすすめします。

ドコモユーザーなら最大月額1,100円割引

GMOからの申込みで
最大20,000円キャッシュバック実施中

ドコモユーザーなら最大月額1,100円割引
ドコモ光
公式サイトをみる