ドコモ光

ドコモ光の料金プラン・月額料金について解説

ドコモ光の料金プラン・月額料金

ドコモ光の料金について知りたい人、最安で使いたい方はプロバイダ選びから考えると良いでしょう。
なぜならドコモ光の料金はプロバイダごとに異なり、受けられるキャンペーンに差があるためです。

本記事では、そのような方のためにドコモ光の料金と合わせて各プロバイダについても解説しています。

ドコモユーザーなら最大月額1,100円割引

GMOからの申込みで
最大20,000円キャッシュバック実施中

ドコモ光の料金

ドコモ光の料金は「初期費用」「月額料金」が基本です。

まず初期費用はドコモ光を申し込んだときのパターン

  • 新規
  • 転用
  • 乗り換え

のいずれかの状況で料金が変わります。

次に月額料金を決めるのが

  • 住居タイプ
  • 速度コース
  • プロバイダ
  • オプションの有無

の要素です。

さらにここから受けられるキャンペーンの種類によって、ドコモ光で実質的な費用が決まります。

この仕組みを把握したうえで、ドコモ光の各料金を見ていきましょう。

(1)ドコモ光の初期費用

契約時に必要となる初期費用を見てみましょう。

契約内容 事務手数料 新規/乗り換え/転用 3,300円

契約事務手数料は申し込みから開通までの手続きにかかる料金なので、必ず発生する費用です。

利用後にプラン変更などをした場合にも原則的に手数料はかかるので、3,300円が必要と覚えておきましょう。

プロバイダ変更 3,300円
単独タイプからドコモ光のプロバイダに変更 無料

次に開通工事費用です。

戸建 19,800円
マンション 1,6500円

ドコモ光の工事費用は光コラボでは平均的な料金です。

後述するキャンペーンがあるので、2022年現在は工事費無料で申し込めます。

ドコモ光はキャンペーン期間中の今だけ、初期費用が3,300円で済むということになります。

(2)ドコモ光の月額料金

光回線は住居タイプによって月額料金が違い、戸建が高くてマンションが安いのが一般的です。

さらにドコモ光では50以上のプロバイダがあり、4タイプあるグループから選んだプロバイダによって料金が異なります。

プロバイダ 契約期間 戸建 マンション
タイプA 2年契約 5,720円 4,400円
契約期間なし 7,370円 5,500円
タイプB 2年契約 5,940円 4,670円
契約期間なし 7,590円 5,720円
タイプC 2年契約 5,720円 4,400円
契約期間なし 7,370円 5,500円
単独タイプ 2年契約 5,5000円+プロバイダ料 4,180円+プロバイダ料
契約期間なし 7,150円+プロバイダ料 5,280円+プロバイダ料

ドコモ光で一番安いのは1ギガプランのタイプAとタイプC。タイプBはそれより少し高い月額料金です。

単独タイプはドコモ光と外部のプロバイダを自由に選べるプランですが、基本料金とプロバイダ料の2つが発生するフレッツ光形式を取っています。

そのため一本化されている光コラボ形式より合計で高くなり、契約はドコモ光とは別となるので支払いや契約更新期間も自分で管理する必要があります。

ドコモ光は戸建専用の料金プランがあり、ひとつは従量定額制のドコモ光ミニで、もうひとつが10ギガプランです。

ドコモミニの月額料金

ドコモ光ミニは単独タイプと同じプロバイダを選ぶスタイルで、使用したデータ量ごとに料金が変動します。

ドコモ光ミニの月額料金
2年契約 2,970円~6,270円+プロバイダ料
契約期間なし 4,620~7,920円+プロバイダ料

200MB~基本料金が値上がりしていき、上記金額表以上の料金はかかりません。

10ギガプランの月額料金

10ギガプランは戸建専用の1ギガを超える高速通信プランです。

初期費用と契約期間、プロバイダを選べるところは1ギガプランと変わりません。
工事費用が1ギガプランと同じな点が、他社の高速通信プランよりも相場的に安いと感じられます。

10ギガ料金表
タイプA 2年契約 6,930円
契約期間なし 8,580円
タイプB 2年契約 7,150円
契約期間なし 8,800円
単独タイプ 2年契約 6,490円+プロバイダ料
契約期間なし 8,140円+プロバイダ料

また、10ギガプランを使えるプロバイダは決まっています。ドコモ光の10ギガ対応プロバイダは現時点では9社です。

単独タイプだと10ギガに対応したプロバイダ探しから始めることになります。

10ギガ対応プロバイダ

タイプA

  • ドコモnet
  • ぷらら
  • GMOとくとくBB
  • アンドライン
  • IC-NET
  • hi-ho

タイプB

  • BBエキサイト
  • エディオンネット
  • アサヒネット

(3)ドコモ光のプロバイダ

ドコモ光で選べるプロバイダは全部で54社あります。

  • タイプA – 18社
  • タイプB – 6社
  • タイプC – 30社
  • 単独タイプ – ドコモ光の外部会社から選ぶ

タイプCはドコモ光と提携しているCATVで、対応しているローカルエリアでのみ選べます。

CATVは光コラボとは異なる独自のサービスを行なっており、2ギガ以上の通信速度が使えたり、ドコモ光セット割が使えるプロバイダなど様々です。

月額料金の項でも紹介しましたが、タイプAとタイプCは同額でタイプBは若干割高、単独タイプは基本料金とは別にプロバイダ料が発生するという特徴があります。

(4)ドコモ光の契約解除料

ドコモ光の契約解除料は光コラボの傾向である戸建が高くマンションが高いものですが、料金が一般的な相場と異なっています。
戸建は一般的な光コラボより高く、逆にマンションは安くなっているという独特な料金設定です。

契約解除料
戸建 5,500円
マンション 4,180円

1ギガプランも10ギガプランも契約解除料は同じですが、10ギガプランだとプロバイダ変更時にも契約解除料が発生する点に注意しておきましょう。

更新月は契約満了月の当月/翌月/翌々月の3か月間なので、ドコモ光の解約にはこの期間を狙うのがベストです。

注意点として、単独タイプやドコモ光ミニで選んだ外部のプロバイダは契約解除料と更新月がドコモ光と異なります。

解約時はドコモ光の契約期間に合わせておかないと、契約解除料が発生しやすいのでやや面倒です。

(5)ドコモ光のオプション料金

光電話と光テレビは、名称が違うだけでフレッツ光で提供していたものと同じサービスです。

各種オプション料金
オプション 月額料金
ドコモ光電話 550円
ドコモ光電話バリュー 1,650円
ドコモ光テレビオプション 825円~
ひかりTV for docomo 2750円~
スカパー! 429円
スカパー!チャンネルパック 1,980円~
DAZN for docomo 1,925円~

ドコモ光テレビオプションを申し込む場合は工事費用が必要になります。

ドコモ光テレビ工事費用
費用内訳 テレビ1台の場合 2~4台目の場合
基本工事料 3,300円 3,300円
接続工事料 7,150円 21,780円
テレビ視聴サービス登録料 3,080円 3,080円

光テレビの設置が5台目以降の場合には別途工事費用が必要です。

また、光テレビの工事は状況によって追加工事費が発生する場合があるため、工事の前には確認しておきましょう。

ドコモ光を契約せずに光テレビのみを設置することも可能ですが、その場合の費用は高くなるのでできれば光回線とのセット申し込みをおすすめします。

フレッツ光からの転用でフレッツ・テレビに加入していた場合、工事費は不要でそのまま継続して使えます。

光電話も同様ですが、こちらは10ギガに対応していないので、1ギガを選ぶかアナログ戻しで電話を戻す必要があるので要注意です。

(6)ドコモ光のキャンペーン

ドコモ光には新規申し込み時に受けられるキャンペーンが豊富にあります。

ここでは主なものを紹介しておきましょう。

  • ドコモ光新規工事料無料
  • 1ギガ/10ギガ dポイントプレゼント
  • WEB限定ドコモ光お引越し(移転)特典
  • 1ギガ⇒10ギガプラン変更特典
  • ドコモnet ドコモ光ルーター購入特典
  • 光★複数割
  • ドコモ光期間限定割引
  • 「ドコモ光電話」か「ドコモ光テレビオプション」でdポイント

特典の多くは高額dポイント付与が多く、dポイントクラブ会員に加入していないものが大半です。

ドコモ光やドコモスマホの支払い、dポイント提携店での買い物時に使えるので必ず加入しておきましょう。

これらはドコモ光が提供する特典になり、プロバイダ限定キャンペーンが別にあります。

プロバイダによってキャンペーンが異なるので、プロバイダを選ぶ際は特典を要チェックです。

ドコモ光を安くお得にするならプロバイダ選びが重要

ドコモ光のキャンペーンのなかには、プロバイダが独自で行なっているケースがあります。

プロバイダ限定キャンペーンの主な特典は

  • 高額キャッシュバック
  • 無線LANルーター永年無料レンタル

上記の2点が目玉となるでしょう。

高額キャッシュバックには条件がありますが、無線LANルーター特典は提供しているプロバイダを選ぶだけで受けられます。

無線LANルーターレンタルは月額330円かかるので、自前で用意しない場合はぜひとも受けておきたいキャンペーンです。

ドコモ光のプロバイダはGMOとくとくBBがおすすめ

ドコモ光は50以上のプロバイダがあるので、どこが一番お得なキャンペーンかを探すのが難しいと思われます。

現在、キャッシュバックと無線LANルーターを同時に行っている4社をこちらでピックアップしました。

プロバイダ キャッシュバック額 ルーターレンタル 10ギガ
GMOとくとくBB 最大20,000円
ニフティ 最大20,000円 ×
OCN 最大20,000円 ×
ぷらら 最大15,000円

4社すべて新規でdポイント2,000ptがもらえるので、どれを選んでも基本的に損はありません。

プロバイダの違いをいうとすれば、タイプBのOCNは料金が若干高く、ニフティと共に10ギガは使えません。

ぷららはタイプAで10ギガも使えますが、キャッシュバックが4社で一番少ないという特徴があります。

4社のなかではGMOとくとくBBは高額で、新規申し込みか他社からの乗り換えで解約違約金が発生したケースのいずれかでキャッシュバックが受け取れます。

料金でプロバイダを選ぶのであれば、月額料金が最安でドコモ光のすべてのサービスを受けられるGMOとくとくBBがおすすめです。

ドコモユーザーなら最大月額1,100円割引

GMOからの申込みで
最大20,000円キャッシュバック実施中

ドコモ光セット割と光★複数割について

ドコモ光にはスマホのセット割があり、家族でスマホを使っているペア回線との割引ができる唯一の光回線です。

現在公式にあるセット割が、ドコモ光セット割と光★複数割。

どちらもスマホと光回線のセットで使えて、併用できる割引なので使える人はぜひ申し込んでおきたいキャンペーンです。

それぞれのキャンペーン内容について解説していきましょう。

(1)ドコモ光セット割

ドコモ光セット割は、契約者とペア回線を組んでいるスマホが最大20回線まで割引対象となります。

ペア回線は契約者と同住所で暮らしている人、三親等なら20回線までペア回線としてカウントされるので、幅広く大勢の人が受けられるキャンペーンです。

割引額は現在の料金プランと新規受付が終了した旧料金で異なるので、ここでは新料金プランの割引料金について紹介します。

対象プラン

  • 5Gギガホ プレミア
  • 5Gギガホ
  • 5Gギガライト
  • ギガホ プレミア
  • ギガホ ギガライト

ドコモ光セット割の料金プランは上記の5つが対象です。

現在のドコモスマホを使っている人なら、ほぼ全員が対象となります。

料金プラン 割引額
  • 5Gギガホ プレミア
  • 5Gギガホ
  • ギガホ プレミア
1,100円
  • 5Gギガライト
  • ギガホ ギガライト
  • 通信量が4GB以上で1,100円
  • 通信量が2GB以上で550円

定額プランは1,100円の割引が適用されますが、従量定額のギガライト2種は月間のデータ使用量で割引額が決定されます。

例えば、ギガライトは通信量が月間1GB未満だと割引されないので、2GB以上の使用量が必須です。

また、光回線の料金プランがドコモ光 ミニの場合だと、割引額は550円/220円に半額されます。

(2)光★複数割

月額550円のシェアパックを加入している人を対象に、スマホ代から月額330円割引になるキャンペーンです。

現在シェアパックの新規受付が終了しているので、既存ユーザーに向けた内容になっています。

ドコモ光セット割との併用が可能ですが、割引はドコモ光1回線につきスマホ1台までです。

さらにドコモスマホを2回線以上契約も条件ですが、ひとりで2台使う2台目プラスとドコモ光ミニだと割引対象外となってしまうなど制約の多さが難点でしょう。

まとめ

ドコモ光はプロバイダが選べてキャンペーンが豊富という特徴を上手く利用すれば月額料金をもっと安くすることもできます。

今回紹介したGMOとくとくBBは高額キャッシュバックと無線LANルーターの無料レンタルと、ドコモ光のなかでは最もお得なプロバイダです。

ドコモ光のプロバイダのなかにはキャッシュバックもルーターレンタルもなく、ほとんど使わないようなオプションのみのキャンペーンを実施しているところが少なくありません。

これからドコモ光を申し込む人、料金の見直しを考えている人はプロバイダにGOMとくとくBBを選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

ドコモユーザーなら最大月額1,100円割引

GMOからの申込みで
最大20,000円キャッシュバック実施中

ドコモユーザーなら最大月額1,100円割引
ドコモ光
公式サイトをみる