やめとけ!ahamo(アハモ)はデメリットだらけで最悪?おすすめしない人を詳しく解説

アハモのデメリット

「ahamoのデメリットが気になる!」

「契約したあとに後悔するのは絶対に嫌」

ahamo(アハモ)が気になるけど、デメリットを事前に把握したいですよね。後から後悔するのは絶対に避けたいところです。

ahamoには、料金プランが一つしか選べないことや店舗サポートを無料で利用できないことなどいくつか知っておきたい欠点があります。

とは言え、デメリットだらけだけらやめとけとは言えず、魅力的なメリットが多いのも事実です。

そこでこの記事では、ahamoの全デメリットを詳しく考察。また、メリットにも焦点を当てて最終的におすすめしない人・おすすめできる人にまとめています。

少しでもahamoが気になっているなら、ぜひご参考に。

>今すぐおすすめしない人・おすすめな人を見る

最悪!ahamo(アハモ)のデメリットとは?

デメリット
  1. 選べるプランが大容量20GBのみ
  2. サポートは基本チャットのみ
  3. SIMロック解除が必要な場合がある
  4. 未成年は自分名義で契約できない
  5. 留守番電話・転送電話サービスがない
  6. キャリアメールがない
  7. かけ放題を外せない
  8. ドコモ光セット割が対象外
  9. 家族割が適用されない
  10. データ繰り越しに非対応

選べるプランが大容量20GBのみ

ahamoの料金プランは、たったの1種類となっています。選べるデータ容量は20GBのみです。

料金プラン
  • 月額料金:2,970円(5分かけ放題付き)
  • データ容量:20GB

プランが1種類しか用意されていない理由は、ahamoがシンプルさを追求しているからでしょう。確かに分かりやすいですし、複雑な携帯料金のプランに頭を悩ませる心配はありません。

しかしながら、いくら格安とは言え大容量の20GBしか用意されていないのは少々不便です。

ahamoのプラン

料金プランは一つだけ

特に、ライトユーザーにとっては使いきれないデータ容量となっています。

使いきれないときはテザリングでポケットWi-Fi化すべき

ahamoは無料でテザリングを使えます。そのため、毎月20GBも使いきれないならテザリングを使ってスマホをポケットWi-Fi化するといいでしょう。

外出先でタブレット・PC・ゲーム機などを自由にネット接続できます。テザリングを多用すれば、ちょうど月20GBほど使いきれるはずです。

サポートは基本チャットのみ

ahamoのサポートは基本的にチャットだけです。月額料金が大幅に安くなる代わりに、経費削減でサポート対応が限定されています。

チャットサポートの受付時間は9時から20時までで、オペレーターが対応してくれます。

ahamoのチャットサポート

チャットサポート

対面による店舗サポートはありません。

MEMO
この記事にたどり着ける検索能力があるのなら、店舗サポートがなくても大丈夫

有料でドコモショップのサポートがある

どうしても店舗でサポートを受けたい場合、1回3300円のオプション料金を支払えばドコモショップにて応対してくれます。

サポート内容は、ahamoに関することはもちろんスマホの使い方が分からないといったことでもOK。

ただ、毎回3300円の料金がかかるので、店舗サポートを重視するならahamoは向きません。

SIMロック解除が必要な場合がある

2021年10月以前のau・ソフトバンク・ワイモバイル端末をahamoで利用する場合は、事前にSIMロック解除が必要です。

SIMロック解除は、auならMy au、ソフトバンクならMy SoftBankから手続きできます(手数料なし)。

なお、ドコモ端末かSIMフリー端末を使用する場合は、SIMロック解除不要で乗り換えられます。また、端末セット契約も可能です。

未成年は自分名義で契約できない

20歳未満の方は、保護者に契約者になってもらい利用者登録を行う必要があります。自分が契約者になることはできません。

20歳以上の年齢になったら、名義変更することが可能です。

留守番電話・転送電話サービスがない

ahamoでは留守番電話と転送電話のサービスに対応していません。スマート留守電のサービスも利用不可です。

これまで重宝していた方は、利用不可となるため気を付けて下さい。

キャリアメールがない

ahamoではキャリアメールの付与がありません。これまでキャリアメールを使っていたドコモ・au・ソフトバンクユーザーの方は注意しましょう。

キャリアメールの代わりは、Gmailなどフリーメールサービスで代用できます。

かけ放題を外せない

ahamoは5分かけ放題が標準付属する利便性があるものの、逆に言えば強制的に付与されるものなので外せません。普段の通話はLINEしか使っていない、といった方には不要でしょう。

5分かけ放題が付属する分、少し料金が上乗せされているので、かけ放題を全く使わない人にとっては損した気分になります。

かけ放題不要ならLINEMOの方がいい

かけ放題をまったく使わないのなら、同じ20GBでもLINEMOの方がコスパは良くなります。

LINEMOと比較

ahamo LINEMO
月額料金 2,970円 2,728円
かけ放題 標準付属(5分) オプション扱い
データ容量 20GB

ソフトバンク提供のLINEMOは、ahamoと同レベルの通信品質です。安さにこだわるなら、かけ放題が標準付属しないLINEMOの方が有利ですよ。

LINEMOの公式サイトを見る

ドコモ光セット割が対象外

ドコモ光セット割とは、ドコモのスマホ代が1,100円割引されるサービスのことです。ドコモ光の契約があれば家族全員分のスマホ代が割引されるのですが、対象となるのはギガプランのみ。

残念ながら、ahamoはドコモ光セット割の対象外なので注意して下さい。

家族割が適用されない

ahamoには家族割のサービスがありません。また、ドコモ提供のみんなドコモ割も、回線数のカウントはされますが割引は対象外です。

ファミリー割引(ドコモ提供の家族間無料通話サービス)については、加入はできるもののahamoからドコモスマホへの発信が無料になりません(ドコモスマホからahamoは無料対象)。

その他、ドコモのシェアパックもahamoでは利用NG。シェアパックの親回線の人がahamoに乗り換えると、シェアグループが解除されるため気を付けて下さい。

データ繰り越しに非対応

ahamoでは、余ったデータ残量を翌月に繰り越せません。例えば、5GB使いきれなくても翌月はリセットされて20GBからスタートとなります。

抑えておきたいahamo(アハモ)のメリットとは?

メリット
  1. iPhone11を安く購入できる
  2. ドコモ本家の回線なので速い
  3. 速度制限後でも1Mbpsが保たれる
  4. ドコモオンラインショップの端末に機種変更できる
  5. 口座振替で申し込める
  6. d払いで支払いできる
  7. 5GB通信に対応
  8. eSIMに対応
  9. 初期費用・解約金がかからない
  10. 追加料金なしで海外データ通信が可能
  11. dカード/dカードGOLD払いは特典あり
  12. d Wi-Fiを無料で使える

iPhone11を安く購入できる

「iPhoneを安く買いたいからahamoに決める」といったユーザーが続出するほど、ahamo販売のiPhoneはお得です。執筆時点では、iPhone11の購入が可能。

価格はなんと5万円を切っており(もちろん新品)、市場価格より2万円以上も安いです。一括払いの他、分割36回も選択できます。

ahamoのiPhone11

iPhoneが安い

ちなみに、ahamoのライバルであるLINEMOとpovoは端末セットで契約できません。ahamoなら、契約と同時に新しい機種に乗り換えたい場合でもニーズが満たせます。

アハモ公式でiPhoneの最新価格を確認する

GalaxyやXperiaも購入可

なお、ahamoではiPhoneの他に、GalaxyやXperiaも購入できます。iPhone同様、値段もお得になっており機種も新しいです。

Androidユーザーでも安心ですね。

ドコモ本家の回線なので速い

ドコモ本家の回線を使うahamoは、通信速度が非常に速いです。

アハモの平均速度

ahamoの平均速度(みんそくより参照)

ご覧の通り、平均速度は驚異の100Mbps超え。回線混雑による速度低下も起きず、他の格安SIMからブーイングされそうなほどの通信品質を誇ります。

利用料金は格安SIMなのに使い心地はキャリアと変わりません。

ドコモ系の格安SIMより高品質

ahamoとドコモ系の格安SIMは、回線の種別が決定的に違います。

ドコモ系の格安SIMは、ドコモから回線をレンタルしている身分なので回線混雑時に帯域制限をかけられて速度低下しやすいです。

一方、ドコモ本家の回線を使うahamoは1日を通して安定したデータ通信を行えます。

ドコモ系の格安SIMと比較

ahamo ドコモ系の格安SIM
回線の利用 ドコモ本家の回線を使用 ドコモからレンタルして使用
平均速度 約100Mbps 約20Mbps
回線混雑時の速度低下 なし あり

速度制限後でも1Mbpsが保たれる

ahamoは20GBを使いきって速度制限にかかっても、最低1Mbpsの速度が保証されています。1Mbpsは随分と遅く感じるかもしれませんが、動画再生やビデオ会議も使用できるスピードです。

そのため、速度制限にかかったからYoutubeを我慢する、といった必要もなし。実質、データ無制限に近い使い心地です。

ドコモオンラインショップの端末に機種変更できる

ahamo契約後に機種変更したくなったとき、ドコモオンラインショップの端末を購入することが可能です。

もちろんahamo販売の端末に機種変更もできますが、ドコモオンラインショップなら最新iPhone含め選択肢が広がります。

機種変更の手順は、新しい端末が届いたらSIMカードを差し替えるだけ。あとは、簡単な初期設定を行えば完了です。

ドコモショップでの修理サポートあり

ちなみに、ドコモオンラインショップで機種変更すると、ドコモショップでの修理サポートを受けられます。

基本的に店舗サポートがないahamoですが、端末故障時のピンチのときにドコモショップへ駈け込めるのは心強いです。

口座振替で申し込める

ahamoでは、クレジットカードを持っていなくても口座振替を使用できます。口座振替は、大手はもちろん地方銀行も対応(信用金庫・信用組合・労働金庫も可)。

他の格安SIMは、口座振替の対応状況が悪くほとんど使えません。しかし、ahamoなら月額基本料金はもちろん端末の分割払いでも口座振替が使えます。

デビットカードの対応は金融機関しだい

ahamoはデビットカードも使用できますが、金融機関側の判断で使えないこともあります。どのデビットカードが使えるかは明記されておらず、実際申し込んでみないと分からない状況です。

そのため、クレジットカードを使えない方は、口座振替払いの利用を第一に考えましょう。

d払いで支払いできる

ahamoはd払いに対応しています。d払いユーザーであれば、dポイントの獲得&消費が可能です。

また、ahamoユーザーならAmazonでd払いを使えるため、ネットショッピングで効率的にdポイントを貯められます。

5GB通信に対応

ahamoでは5G通信に対応しています。オプション料金は不要で、ドコモの5Gエリアに入ると自然に5G通信に繋がりますよ(端末側も5Gに対応している必要あり)。

ちなみに、ahamoの5G通信は300Mbpsを超えるとの口コミもあり。光回線すら超える、超高速通信が可能です。

eSIMに対応

eSIM対応の端末であれば、eSIM申し込みが可能です。eSIMは物理SIMではなくバーチャルなSIMカードを使用します。

そのため、SIMカードを送付する手間が省けて即日開通が可能となります。また、1台の2枚のSIMカードを使うデュアルSIM運用も可能です。

初期費用・解約金がかからない

ahamoは、契約時も解約時も一切料金がかかりません。

新規契約・MNPで必要な初期費用(契約事務手数料やSIMカード発行料)は0円。通常、初期費用は3300円が相場なので大きな魅力です。

また、解約金がないのもメリット。最低利用期間など契約縛りもなく、いつでも無料で解約可能です。

MEMO
その他の各種手数料もほぼすべて無料

追加料金なしで海外データ通信が可能

ahamoでは、基本データ容量(20GB)の範囲なら追加料金を支払うことなく海外データ通信が可能です。

あまり凄いメリットに見えないかもしれませんが、基本データ容量すべてを海外にて追加料金なしで利用できる格安SIMは他にありません。

海外旅行や海外出張が多い人には、強力なメリットとなっています。

ただし注意点として、このサービスが使えるのは82の国と地域に限られます。

対象国リスト(50音順)

 

アイルランド・アゾレス諸島・アメリカ(ハワイ含む)・アラスカ・アンドラ・イギリス・イスラエル・イタリア・バチカン・インド・インドネシア・エクアドル・エジプト・エストニア・オーストラリア・オーストリア・オマーン・オランダ・カタール・カナダ・カナリア諸島・韓国・カンボジア・キプロス・ギリシャ・グアム・クロアチア・サイパン・サウジアラビア・サンマリノ・シンガポール・スイス・スウェーデン・スペイン・スペイン領北アフリカ・スロバキア・タイ・台湾・チェコ・中国・チリ・デンマーク・ドイツ・トルコ・ナウル・ニュージーランド・ノルウェー・米領バージン諸島・バチカン・ハンガリー・バングラデシュ・フィジー・フィリピン・フィンランド・プエルトリコ・ブラジル・フランス・ブルガリア・ブルネイ・ベトナム・ペルー・ベルギー・ポーランド・ポルトガル・香港・マカオ・マディラ諸島・マレーシア・南アフリカ・ミャンマー・メキシコ・モナコ・モロッコ・ヨルダン・ラオス・ラトビア・リトアニア・リヒテンシュタイン・ルーマニア・ルクセンブルク・レソト・ロシア

旅行先で人気の主要国は抑えられているので、ほとんどの国でahamoが使えますよ。

MEMO
国際電話&国際SMSも無料で対応(対象200か国以上)

dカード/dカードGOLD払いは特典あり

ahamoでは、ドコモが提供するクレジットカード「dカード」「dカードGOLD」を支払いに設定することで特典を受けられます。

特典内容

dカード

  • データ増量:1GB/月

 

dカードGOLD

  • 10%のポイント還元
  • データ増量:5GB/月

dカードGOLDなら、毎月のデータ容量が20GBから25GBにアップ。さらに、利用料金100円に対して10ポイントのポイント還元が貰えます。

その他、ケータイ補償など通常のdカード特典も受け取り可。dカードユーザーにとって、ahamoは特典が多いため非常に有利となっています。

d Wi-Fiを無料で使える

ahamoユーザーは、無料でd Wi-Fiの利用が可能です。一応、dポイントクラブ会員であるといった条件が付きますが、こちらはdアカウントを発行すればだれでも無料で会員になれます。

d Wi-Fiは、以下のマークが付いている店舗や交通機関で利用できます。

d Wi-Fiの提供スポット

d Wi-Fiの提供スポット

d Wi-Fiを利用すればWi-Fi接続となるため、アプリのダウンロードなど大容量でも好きなだけデータ消費できますよ。

\他社から乗り換えでdポイント1万円還元/

ahamo(アハモ)は危ないからおすすめしない?

契約後に後悔する可能性がある人

これまで解説した通り、ahamoにはデメリットがあります。そのため、万人におすすめすることはできません。

特に、以下に当てはまる方は契約後に後悔する可能性があるので気を付けて下さい。

後悔するかも

  • 小容量しか使わない
  • 店舗サポートを無料で使いたい
  • かけ放題を一切使わない
  • ドコモの家族割や光セット割を適用中

最も後悔する可能性が高いのは、月20GBも使いきれないライトユーザーの人でしょう。ahamoは20GBのワンプランしかないため、小容量しか使わない人には向きません。

もし1~3GB程度しか使わないなら、1GBまで無料の楽天モバイルや3GB 990円のLINEMOを選ぶべきです。また、ドコモショップによる店舗サポートが有料なのも気を付けましょう。

その他、ドコモの家族割やドコモ光セット割が対象外となる点にも注意。家族でドコモに契約中の方には不向きです。

ahamo(アハモ)に契約すべき人

デメリットだらけに見えるahamoですが、格安SIM全体を通してトップクラスの人気を誇るのも事実。以下、ahamoが向いている人をまとめました。

おすすめできる

  • 最高品質の通信速度を体感したい
  • iPhoneを激安価格で購入したい
  • かけ放題付属でデータもたっぷり使いたい
  • 海外旅行や出張に行くことが多い

ahamoは、安いのに通信品質を我慢しなくていいのが強力なメリットです。ドコモ本家の回線なので、一般的な格安SIMと比べて圧倒的な高品質となっています。

また、iPhoneを安く購入できるにも大きな魅力。正直、iPhone目当てでahamoを選ぶのも全然アリですよ。

その他、かけ放題の標準付属や大容量のデータ容量を求める方にもピッタリ。もし20GBを使いきれないなら、テザリングでポケットWi-Fi化するのも一つの手です。

\他社から乗り換えでdポイント1万円還元/

【裏技】ahamo(アハモ)の乗り換えが危険と感じるなら新規サブ回線でお試ししよう

ahamoに乗り換えたいけど、デメリットが気になって二の足を踏む・・といった場合は、MNPなしの新規契約で試してみることをおすすめします。

ahamoでは初期費用&解約金が無料なので、リスクフリーでお試しできます。

さらにMNP(電話番号の引き継ぎ)を行わない新規契約なら、現在契約中の携帯会社(ドコモ含む)をとりあえずキープしておくことが可能です。

まずはサブ回線として電波の繋がり具合やサポート品質などahamoを思う存分試すといいでしょう。

十分に試した後、ダメならそのまま解約すればOKで、気に入ったら今度はメイン回線としてMNP乗り換えしてしまいましょう。

なお、ahamoで新規契約するには、申し込み画面にて「docomoを契約していない方」にてスマホセットかSIMのみ契約を選択。次の「契約方法の選択」で「新規契約」を選べばOKです。

新規契約の選択画面

新規契約の選択画面

初期費用&解約金なし!
新規契約でahamoを試す

まとめ

ahamo(アハモ)にはいくつかのデメリットがあり、特に致命的なのがプランが一つしかないことです。

翌月繰り越しも非対応なので、20GBも使いきれない人にとっては合わない可能性があります。その他、手続きを含めてドコモショップを無料で利用することはできないので注意しましょう。

それらのデメリットに許容できるなら、ahamoは十分に試す価値あり。二の足を踏むなら、新規契約のサブ回線にてお試ししてみるといいでしょう。

以下、メリット・デメリットのまとめです。

メリット
  1. iPhone11を安く購入できる
  2. ドコモ本家の回線なので速い
  3. 速度制限後でも1Mbpsが保たれる
  4. ドコモオンラインショップの端末に機種変更できる
  5. 口座振替で申し込める
  6. d払いで支払いできる
  7. 5GB通信に対応
  8. eSIMに対応
  9. 初期費用・解約金がかからない
  10. 追加料金なしで海外データ通信が可能
  11. dカード/dカードGOLD払いは特典あり
  12. d Wi-Fiを無料で使える
デメリット
  1. 選べるプランが大容量20GBのみ
  2. サポートは基本チャットのみ
  3. SIMロック解除が必要な場合がある
  4. 未成年は自分名義で契約できない
  5. 留守番電話・転送電話サービスがない
  6. キャリアメールがない
  7. かけ放題を外せない
  8. ドコモ光セット割が対象外
  9. 家族割が適用されない
  10. データ繰り越しに非対応
\他社から乗り換えでdポイント1万円還元/