【2022年版】楽天モバイルの評判は最悪?全デメリット・メリットを完全評価

楽天モバイルの評判とは

「楽天モバイルが気になるけど、実際はどうなの・・?」

楽天モバイルでは、キャリア移行に伴い楽天アンリミットがスタートしました。アンリミット(制限が無い)という意味通り、プラン内容は衝撃の無制限。

しかも、全携帯会社で唯一の高速使い放題です。

しかし、気になるのが落とし穴。いくら安くても、最悪なデメリットがあったら申し込みたくないですよね。

そこで今回は、楽天モバイルについて実効速度からメリット・デメリットまで徹底考察。ユーザーの評判・口コミを深く分析して、どんな人におすすめできるのか評価していきます。

\最大30,000ポイント還元中/

楽天モバイルでiPhoneを購入すると、
35,000円相当のポイント還元(5/31まで)

 

ダブル突破記念キャンペーン

キャンペーン期間:2022年4月1日~5月11日(8:59)

 

目次

【結論】楽天モバイルの総合評価

まずは時間が無い人向けに。評判・口コミから分かった楽天モバイルの総合評価を以下にまとめます。

楽天モバイルの評価
月額料金の安さ
(5.0)
端末代金の安さ
(5.0)
速度の安定度
(3.5)
サービスの充実度
(5.0)
キャンペーンお得度
(5.0)
総合評価
(4.5)

楽天モバイルのおすすめ度はAランクです

【楽天モバイルの評判・口コミ】

料金について ◎ 今月の携帯代が0円
◎ 安すぎて鼻血が出る
◎ もう他社には戻れないほどの安さ
◎ 固定費を削減できた
◎ スマホ代が半額になった
通話料について ◎ Rakuten Linkの通話料0円が魅力的すぎる
◎ 長時間通話しても料金がかからない
速度について ◎ 30Mbps前後で全然不便がない
◎ 問題なくゲームができる
◎ テザリング中も速い
繋がりやすさについて ◎ 最近は快調に繋がる
◎ 電波状況が改善されている
◎ 山間部は電波が弱い
✕ 地下鉄で繋がりにくい
✕ 他のキャリアにはまだ及ばない
サポートについて ✕ 返事が遅すぎる
✕ 店舗に行った方が早い
✕ サポートに繋がらない
その他 ◎ iPhoneが安すぎて買い確定
◎ 約3千円でデータ無制限はすごい
◎ 海外でも電話番号を変えなくていい

【楽天モバイルのメリット・デメリット】

 

メリット

  • 月額料金の安さが最安級
  • キャンペーンが豪華
  • 新型iPhoneを安く購入できる
  • 初期費用などあらゆる手数料が0円
  • 通話料を無料にできる
  • 回線混雑で速度低下しにくい
  • 通信速度が速い
  • データ無制限で使える
  • テザリングでポケットWi-Fi化できる
  • 海外で通話・ネットを利用できる
  • 楽天ポイントを貯められる

 

デメリット

  • 電波が悪い場所がある
  • カスタマーサポートに繋がりにくい
  • 田舎・地方はパートナーエリアで接続される場合がある
  • 過度な通信量だと速度制限にかかる
  • 2回線目以降は1GB以下でも料金発生
  • Rakuten Linkの音質が良くない
  • 端末の動作確認が完全ではない
  • データSIMの提供がない

【楽天モバイルがおすすめな人・おすすめでない人】

 

おすすめな人

  • ポイント還元を最大限に適用して端末を購入したい
  • 自宅が楽天回線エリアに入っている
  • データ無制限で動画やゲームを楽しみたい
  • 格安SIMより安定した通信速度を求める
  • スマホ代を3,000円以下にしたい
  • 通話料を0円にしたい
  • 楽天ポイントを貯めている
  • テザリングでポケットWi-Fi化して通信費を節約したい

 

おすすめでない人

  • 迅速なサポートを重視する
  • 地下や建物内で確実に繋がる電波感度を求める
  • データSIMを契約したい

楽天モバイルは、スマホ代を劇的に安くしたい人にはかなりおすすめです。特に、新しい端末が欲しい人はAndroid・iPhoneともにポイント還元を活用して激安購入できます。

また、毎月のスマホ代も従量制で決まるため無駄がなし。3GB以下なら約1,000円に収まります。

逆にヘビーユーザーの人でも、約3,000円でデータ使い放題あり。

欠点として、サポートにやや繋がりにくいのと電波感度がドコモ・au・ソフトバンクに比べて落ちてしまう点がありますが、許容できるのなら十分にメインスマホとして活用できます。

事務手数料や解約金がかからないので、不安な人はMNPなしの新規契約で使い心地を試してみるのもありでしょう。

\最大30,000ポイント還元中/

楽天モバイルとは?料金・基本情報を簡単まとめ

楽天モバイル

楽天モバイルは、楽天モバイル株式会社が提供するMNO(携帯キャリア)サービスです。元々はMVNO(格安SIM)として2014年からサービス開始。

その後、ドコモ・au・ソフトバンクに次ぐ4番目のキャリアとして2020年からMNOに移行しました。

MVNO時代から好評だった端末代金の大幅値引きや楽天ポイントの還元は今でも引き継がれています。

料金プランはデータ無制限を意味する楽天アンリミット(UN-LIMIT)に限定。詳しいプラン内容は以下の通りです。

料金プラン

データ容量 月額料金
(Rakuten UN-LIMIT VI)
1GBまで 0円
3GBまで 1,078円
20GBまで 2,178円
20GB以上
(無制限)
3,278円

目を引くのが、1GB以内は0円&20GB以上はいくら使っても3,278円なところ。他の携帯会社にはないユニーク性のあるプランです。

基本情報

支払い方法 クレジットカード
口座振替
デビットカード
Wi-Fiサービス あり(有料)
テザリング 無料
3日間の速度制限 なし
通話料 22円/30秒
※Rakuten Linkで無料
初期費用 0円
解約金 0円
回線 楽天・au
iPhone販売 あり
運営会社 楽天モバイル株式会社
\最大30,000ポイント還元中/

最悪?楽天モバイルの評判を調査

料金:鼻血が出るほどの安さ

料金に関しては全員一致で「安い」「最高」との声が。楽天モバイルは最安0円からという衝撃的な安さで、口コミでは鼻血が出るほど安いと驚く人もいました。

請求書を見て、改めて安さを実感する人も多数。

口コミ要旨

  • 今月の携帯代が0円
  • 安すぎて鼻血が出る
  • もう他社には戻れないほどの安さ
  • 固定費を削減できた
  • スマホ代が半額になった

\最大30,000ポイント還元中/

通話料:0円は魅力的すぎる

楽天モバイルの通話料はRakuten Linkを使うことにより0円に。音声回線より音質は劣るものの、どこにかけても通話料がかからないことに喜ぶ人たちが続出。

通話料0円を目的に、他社からの乗り換えを真剣に検討しているとの声も見られました。

口コミ要旨

  • Rakuten Linkの通話料0円が魅力的すぎる
  • 長時間通話しても料金がかからない

\最大30,000ポイント還元中/

速度:平均30Mbps前後で安定している

予想に反して、速度に対する楽天モバイルの口コミは上々。3大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)には及ばないものの、十分すぎるとの声が多数。

ゲームや動画はもちろん、テザリング中でもまったく問題ないとの口コミが見られました。

口コミ要旨

  • 30Mbps前後で全然不便がない
  • 問題なくゲームができる
  • テザリング中も速い

\最大30,000ポイント還元中/

繋がりやすさ:建物内で電波が弱い&問題なしの賛否両論

楽天モバイルの評判で大きく意見が割れたのが繋がりやすさ。人口カバー率96%を達成しているとはいえ、ドコモ・au・ソフトバンクの回線にはさすがに勝てず。

特に、地下鉄や建物内で電波が弱くなるとの声が挙がっていました。ただ、電波状況は徐々に改善してきているとの口コミも多数あり、今後に期待が持てます。

口コミ要旨

  • 最近は快調に繋がる
  • 電波状況が改善されている
  • 山間部は電波が弱い
  • 地下鉄で繋がりにくい
  • 他のキャリアにはまだ及ばない

\最大30,000ポイント還元中/

サポート:返事は遅く連絡が取れないときがある

楽天モバイルの悪評を占めるほとんどがサポートに関すること。具体的には、「返事が遅すぎる」「そもそも繋がらない」との口コミが多く挙がっていました。

サポートが追い付いていないのは、大量に増えていくユーザーを捌ききれないからでしょう。3か月無料キャンペーンが終了したので、今後は状況がマシになっていくと思われます。

口コミ要旨

  • 返事が遅すぎる
  • 店舗に行った方が早い
  • サポートに繋がらない

\最大30,000ポイント還元中/

その他の評判

その他、楽天モバイルの口コミでよく見られたのがキャンペーンに関すること。iPhoneが安すぎて買うしかないといった声も。

また、夜中に開通できることや海外で使いやすいとの口コミも見られました。

口コミ要旨

  • iPhoneが安すぎて買い確定
  • 約3千円でデータ無制限はすごい
  • 海外でも電話番号を変えなくていい

\最大30,000ポイント還元中/

評判・口コミから分かった楽天モバイルのデメリット

デメリット
  1. 電波が悪い場所がある
  2. カスタマーサポートに繋がりにくい
  3. 田舎・地方はパートナーエリアで接続される場合がある
  4. 過度な通信量だと速度制限にかかる
  5. 2回線目以降は1GB以下でも料金発生
  6. Rakuten Linkの音質が良くない
  7. 端末の動作確認が完全ではない
  8. データSIMの提供がない

電波が悪い場所がある

楽天モバイルの電波はやや脆弱な側面があり、特に建物内で突然ネットが途切れることがあります。

完全にネットが遮断されるわけではないのですが、電波マークが1本だけになってしまうときも。

楽天モバイル以外の3キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)も場所によっては電波が悪いのですが、楽天モバイルの方が頻度が多い気がします。

順次エリア拡大中ですが、ドコモ・au・ソフトバンクの人口カバー率99%に域に達するまではもう少し時間がかかるでしょう。

他の3キャリアより安定感に対する不安がある

楽天モバイルは仮想化技術を用いて、ネットワーク網を築いています。物理的に基地局を建てている3キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)とはまったく異なるアプローチです。

今のところ大規模な通信障害は起きていませんが、完全仮想化が果たして上手くいくかは未知数です。安定感に対する不安はどうしても拭えません。

とは言え、ドコモとソフトバンクも過去に大規模な通信障害を起こしているので、どのキャリアも完璧に安心とは言えないでしょう。

カスタマーサポートに繋がりにくい

楽天モバイルのカスタマーサポートは、あまりいい評判ではありません。その理由は繋がりにくいから。

1年無料キャンペーンを実施していたときと比べればだいぶ落ち着いてきたものの、まだまだ急増するユーザーに対応しきれていません。酷いときは30分以上も電話が繋がりません。

なお、一度繋がれば対応自体は悪いものではありません。稀に、サービス内容を理解していないスタッフに当たることもありますが、基本的には疑問点に対して迅速に対応してくれます。

チャットサポートならまだ繋がりやすい

電話が難しい場合は、チャットサポートを利用するのも、一つの手です。

チャットサポート

  • 有人サポート:9:00~24:30
  • AIチャット:24時間

チャットサポート

チャットサポート

早ければリアルタイムで返答してくれますし、待ち時間が発生しても電話よりはイライラしません。しかしながら、チャットでも返答が遅いときがあるので改善してほしいものです。

田舎・地方はパートナーエリアで接続される場合がある

楽天モバイルは、自社回線である楽天回線がまだ完全ではなく、パートナーエリア(au回線)も併用しています。

都心と比べて田舎・地方の人がパートナーエリアで繋がりやすいです。パートナーエリアだと、月間のデータ容量が5GBに制限されてしまうのがデメリット。

エリア別の最大通信容量/月

  • 楽天回線エリア内 → 無制限
  • パートナー回線エリア → 5GBまで ※注意

楽天回線エリア

まだ完全に楽天回線エリアではない

速度制限後でも1Mbps以上の速度は担保されますが、平時と比べて1/10以下まで遅くなってしまいます。

カバーエリアは約96%に到達見込み

楽天モバイルの基地局は急ピッチで増加しており、執筆時点では楽天回線のカバーエリアは96%に到達しそうな勢いです。

2023年3月にはパートナーエリアの終了が予定されており、もう少し辛抱すれば田舎にお住いでも完全に楽天回線を使用できるようになります。

過度な通信量だと速度制限にかかる

データ無制限がウリの楽天モバイルですが、過度なデータ消費を行うと速度制限にかけられる可能性があります。

どれくらいで制限されるかは明記されていませんが、1日あたり10GB(月間300GB)が基準と言われています。

1日10GBなので普通に使用する分にはまず問題ありませんが、楽天モバイルで大量のデータダウンロードなどを行いたいと考えているなら気を付けた方がいいでしょう。

ちなみに、制限後の速度は3Mbps程度となっており、速度制限の割には速いです。

2回線目以降は1GB以下でも料金発生

楽天モバイルは従量制プランとなっており、月間のデータ消費量が1GB以下なら月額料金は無料です。しかしこれは1回線目の契約に限ります。

2回線目以降は、1GB以下でも3GBまでの料金である1078円が最低必要です。

楽天モバイルで複数回線の契約は可能ですが、2回線目以降の運用を無料で維持することはできないので気を付けて下さい。

TOPIC
2022年7月から1回線目も1GB以下0円の特典は終了

Rakuten Linkの音質が良くない

Rakuten Linkとは、国内であればどこにかけても無料で通話できる楽天モバイル独自のサービスです。他社にはない目玉特典ですが、ネット回線を使う関係で音質はあまりよくありません。

Rakuten Linkでは、通話中に音質状態の表示が出るのですが、「悪い」のときがよくあります。音声回線による高品質な通話を想定しているなら少し戸惑うかもしれません。

聞き取れないほどではありませんが、音質レベルとしてはLINE通話と同じくらいです。

端末の動作確認が完全ではない

楽天モバイルで手持ちの端末を使うとき、対応機種の確認ページから使用できるかどうかチェックできます。

しかし、端末リストはまだ完全とは言えず、特に古い機種の動作確認がやや遅れています。

iPhoneは6sシリーズから使用可能なのですが、Androidはメーカーによって動作確認されているか対応が変わるので気を付けましょう。

仮に動作確認されていない場合は楽天モバイルの対応バンドである、

  • 5G:n77/n257
  • 4G:3/18/26

が端末側で対応しているか確認してみましょう。

データSIMの提供がない

楽天モバイルでは、データSIM(通話機能の無いデータ専用のSIMカード)の提供がありません。これは、キャリアの格安プランであるahamo・povo・LINEMOも同様のデメリットです。

純粋な格安SIM(mineoやOCNモバイルONEなど)であればデータSIMを利用できるのですが、楽天モバイルでは利用不可なので注意しましょう。

タブレット(iPad含む)などデータしか使わないときでも、楽天モバイルは通話用機能ありのSIMカードを契約することになります。

\最大30,000ポイント還元中/

【補足】楽天モバイルで解消された以前のデメリット

以下の項目については、過去楽天モバイルの致命的なデメリットでしたが、現在は解消されています。

解消済みのデメリット

  • iPhoneは標準SMSが使えない
  • iPhoneは楽天・パートナーエリア回線が自動で切り替わらない
  • iPhoneXシリーズ以前(7や8含む)は非対応
  • かけ放題オプションは通話アプリ経由のみ
  • キャリアメールに非対応

特に大きかったiPhone関連のデメリットですが、すべてクリアになりました。iOSを最新版にアップデートすればSMSや回線切り替えの不具合は発生しません。

また、かけ放題については通話アプリ(Rakuten Link)を経由しない10分標準通話かけ放題を月額1,100円で利用可能です。

その他、特殊な設定を行わないと使用できなかったiPhone 7や8ですが、2021年4月から正式対応となりました。

\最大30,000ポイント還元中/

評判・口コミから分かった楽天モバイルのメリット

メリット
  1. 月額料金の安さが最安級
  2. キャンペーンが豪華
  3. 新型iPhoneを安く購入できる
  4. 初期費用などあらゆる手数料が0円
  5. 通話料を無料にできる
  6. 回線混雑で速度低下しにくい
  7. 通信速度が速い
  8. データ無制限で使える
  9. テザリングでポケットWi-Fi化できる
  10. 海外で通話・ネットを利用できる
  11. 楽天ポイントを貯められる

月額料金の安さが最安級

楽天モバイルの月額料金は他社と比べて最安級です。

人気格安SIMの料金比較

1GB 3GB 20GB
楽天モバイル 0円 1,078円 2,178円
OCNモバイルONE 770円 990円
ahamo 2,970円
LINEMO 990円 2,728円
ワイモバイル 2,178円
UQモバイル 1,628円
mineo 1,298円 2,178円

実は、6割以上のスマホユーザーは月に5GBも消費していません(総務省調べ)。

楽天モバイルなら、従量制課金の仕組みなので20GB以下ならスマホ代は2178円に収まります。さらに、3GB以下ならわずか1078円です。

1GBまで0円を提供できているのは楽天モバイルのみ。どんなにデータ消費しても3278円は超えないので安心感があります。

今月はあんまりデータ容量を使ってないな・・といったときは、自動で2178円以下に料金が下がりますよ。

キャンペーンが豪華

楽天モバイルはとにかくキャンペーンが豪華です。時期によって多少の変動があるものの、全携帯会社の中で確実にトップ3のお得度は常にキープしています。

特に目玉となっているキャンペーンが、端末購入によるポイント還元。数千円のレベルではなく3万円以上の大還元も日常茶飯事です。

ここまで還元している携帯会社は他に存在しません。こんな大盤振る舞いな携帯会社は世界中を探しても楽天モバイルだけでしょう。

端末によっては全額がポイント還元されて実質0円になることもあります。

実質0円の端末

実質0円の端末あり

楽天モバイルのキャンペーンは豪華さだけでなく適用条件が緩いのも魅力。基本的に、初めての契約なら、どのキャンペーンでも利用可能です。

新型iPhoneを安く購入できる

キャリア移行した楽天モバイルは新型iPhoneの発売を行っています。毎年iPhoneの発売時期に、新しい端末を購入可。

他の3キャリアと比べて最安購入が可能です。

iPhone13 Pro Maxの価格比較

楽天モバイルが最安値

また、どうしてもiPhoneが高くて購入できない場合に、楽天モバイルではアップグレードプログラムという端末代が半額になるサービスを利用できます。

アップグレードプログラムは、機種変更の際に購入したiPhoneを返却するかわりに25カ月目以降の支払いが免除される仕組みです。

miniシリーズで適用すれば3万円台で新型iPhoneを手に入れることも可能ですよ。

初期費用などあらゆる手数料が0円

楽天モバイルでは、

  • 初期費用(契約事務手数料)
  • 送料
  • SIMカード発行料
  • 解約金
  • SIM交換手数料
  • 名義変更手数料
  • MNP転出手数料

など、あらゆる手数料が無料です。SIMカードの交換費用やMNP転出手数料なども0円。

逆に、手数料が発生するパターンは口座振替や請求書払いの際の支払い手数料くらい。

契約時に発生することが多い契約事務手数料(他の携帯会社は3,300円が相場)や契約解除時の解約金など一切かかりません。

通話料を無料にできる

楽天モバイルでは、通話アプリ「Rakuten Link」を使用することで、国内通話であれば時間無制限でどこにかけても完全無料に。固定電話宛でも通話料はかかりません。

Rakuten Link

通話料0円

Rakuten Linkからの発信は非常に簡単で、通常の通話アプリと使い勝手は変わりません。また、連絡先も自動的に同期されるので、新たに登録し直す必要はなし。

相手はRakuten Linkを使う必要はないため、レストランの予約や仕事の通話でも無料化できますよ。

通話以外にも無料機能あり

Rakuten Linkには無料通話以外にも、以下の機能があります。

Rakuten Linkの機能

  • 通話
  • メッセージ
  • SMS
  • グループチャット
  • 国際通話(海外から日本)
  • ビデオ通話
  • ウォレット機能
  • ニュース閲覧
  • クーポン利用
  • 留守電再生

※すべて無料

SMSは、画像や動画の送信も可能です。留守電に残されたメッセージも無料で再生できため便利です(メッセージ保存も無料)。

回線混雑で速度低下しにくい

キャリアから回線を借りて運用する格安SIMはお昼に著しい速度低下を起こします。

回線をレンタルしている身なので、ユーザー数を調整するキャリアの帯域制限の影響を受けてしまうのです。

お昼の時間帯は1Mbpsを切ることもあり、料金が高くても使いやすい方がいいとキャリアに戻ってくるユーザーもいるほどです。

一方、楽天モバイルは実質格安SIMながら、独自の楽天回線を使用するキャリアです。自社ユーザーしかいないため、当然ながら回線混雑による速度低下を起こしません。

こちら、約37000件の口コミを集めた速度データですが、1日を通して通信が安定していることが分かります。

楽天モバイルの平均速度

楽天モバイルの平均速度
(みんそくより参照)

ご覧の通り、実効速度は平均30Mbps超え。スマホユーザーが急増するお昼休みや退勤の時間帯でも、快適にデータ通信を使えますよ。

通信速度が速い

旧楽天モバイル(キャリア移行前)が遅かったので、楽天モバイル=遅いイメージがありますが、現在は十分すぎる速さです。

実効速度は、先述した通り平均30Mbpsを超えており快適です。

必要な速度の目安

用途 通信速度
(Mbps)
ネット閲覧 1.0
メール・LINE 0.2
動画(低画質) 0.5
動画(普通画質) 1.0
Instagram 1.0
動画(高画質) 2.0
アプリDL 3.0

上記の用途に加えて、ラグが許されないオンラインゲーム(処理の重いポケモンGOや荒野行動など)でも楽しめます。

さすがに、50~300Mbpsの速さを誇るドコモ・au・ソフトバンクには敵いませんが、30Mbpsを超えると体感速度はあまり変わらなくなるので、楽天モバイルに乗り換えても違和感はそれほど無いでしょう。

データ無制限で使える

毎月従量制で自動的に支払う料金が決まる楽天モバイル。20GBを超えたら、定額3278円でデータ無制限です。

高速通信の無制限プランを提供できているのは、現状楽天モバイルだけ。他の携帯キャリアにはない、絶対的な強みです。

ひと月で100GB以上使ってもまったく問題なし。極端すぎる使い方をしない限り、データ無制限だからといって速度が落とされることもありません。

ちなみに、ドコモ・au・ソフトバンクのデータ無制限は7000円以上かかるので、楽天モバイルなら半額以下に料金を落とせます。

テザリングでポケットWi-Fi化できる

楽天モバイルは、テザリングもデータ無制限で使い放題です。別途テザリング料が発生することはなく、PC・タブレット・ゲーム機などに繋ぎ放題に。

テザリング中、スマホが使えなくなるといった不便さもありませんよ。

テザリングでyoutube視聴

テザリングでYoutube再生

MEMO
iPhone・Androidともにテザリング対応

テレワークでも十分に賄える使い勝手なので、ポケットWiFiが不要になります。一人暮らしなら、自宅のWiFi環境も楽天モバイルのテザリングだけで整うでしょう。

ポケットWi-Fiの利用中あるいは導入を検討している方は、楽天モバイルならその費用を丸々カットできますよ。

海外で通話・ネットを利用できる

楽天モバイルは、海外で国際電話・国際SMS・データ通信をすべて利用可能です。また、国際通話かけ放題に加入すれば月額980円で通常発信の国際電話が使い放題となります。

国際電話オン

国際電話は自動でオン

さらに、海外から国内へ通話するなら指定国に限りRakuten Linkで無料通話が可能です。

指定国リスト
アイスランド、アイルランド、アメリカ(ハワイ)、アメリカ本土、アンドラ、イギリス、イタリア、インド、インドネシア、エストニア、オーストラリア、オーストリア、オランダ、カナダ、韓国、カンボジア、キプロス、ギリシャ、グアドループ、グアム、クロアチア、サイパン、ジブラルタル、シンガポール、スイス、スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、タイ、台湾、チェコ共和国、中国、デンマーク、ドイツ、トルコ、ニュージーランド、ノルウェー、ハンガリー、フィリピン、フィンランド、ブラジル、フランス、フランス領ギアナ、ブルガリア、ベトナム、ペルー、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、香港、マカオ、マルタ、マルティニーク、マレーシア、南アフリカ、ミャンマー、メキシコ、モロッコ、ラトビア、リトアニア、リヒテンシュタイン、ルーマニア、ルクセンブルク、レユニオン、ロシア
POINT
上記の指定国なら国際SMS(通常は70文字あたり100円)も無料

また、データ通信についても指定国なら2GBまで使用できます。旅行先として人気のハワイや韓国、ヨーロッパの主要国が含まれているのは魅力です。

2GBは少なく感じますが、連絡を取るだけの用途なら必要十分。知らない土地でネットが完全に使えない恐怖から開放されます。

楽天ポイントを貯められる

楽天モバイルは、楽天ポイントが面白いほど溜まっていきます。楽天モバイルでポイントを貯める方法は、

  • キャンペーンでポイント還元
  • SPUで獲得ポイント2倍

の2つの方法があります。キャンペーンについては、端末の購入時や新規契約特典として最大25,000円分くらい貰えます。

現在どれくらいのポイントが貰えるかについては、楽天公式のキャンペーンページから確認してみて下さい。

SPU(スーパーポイントアップ)では、一時的なキャンペーンではなく常に獲得ポイントが2倍になります。

楽天市場のポイント2倍

楽天市場のポイント2倍

楽天市場で買い物するときは、いつもより倍の速度でポイントが貯まっていくので快感です。貯めたポイントは楽天市場はもちろん、楽天モバイルの利用料金に充てることも可能です。

一部の楽天ポイント使用

ポイントを利用料金に充てられる

\最大30,000ポイント還元中/

楽天モバイルがおすすめな人・おすすめでない人

メリット・デメリットを踏まえて、楽天モバイルはどんな人におすすめできるのか以下にまとめました。

おすすめな人

  • ポイント還元を最大限に適用して端末を購入したい
  • 自宅が楽天回線エリアに入っている
  • データ無制限で動画やゲームを楽しみたい
  • 格安SIMより安定した通信速度を求める
  • スマホ代を3,000円以下にしたい
  • 通話料を0円にしたい
  • 楽天ポイントを貯めている
  • テザリングでポケットWi-Fi化して通信費を節約したい

 

おすすめでない人

  • 迅速なサポートを重視する
  • 地下や建物内で確実に繋がる電波感度を求める
  • データSIMを契約したい

まず、楽天モバイルはポイント還元が物凄くお得なので、ポイント目当てで申し込むのは大ありです。あまり大きな声で言えませんが、大量にポイントだけ貰って解約する手もあります。

契約事務手数料と解約金はかからないので、リスクフリーでお試しできるのも魅力的です。

また、自宅が楽天回線エリア内ならメインスマホとして乗り換える価値あり。当初不安視されていた速度低下はなく、1日を通して快適にデータ通信ができます。

平均で30Mbpsくらいの速度は出るので、データ無制限のテザリングを使って自宅のポケットWi-Fiにするのも賢いやり方。毎月の通信費が一気に下がります。

月20GBも使わないなら、毎月のスマホ代を2千円程度に落とせますよ。

【慎重派におすすめの契約方法】

 

楽天モバイルの乗り換えが不安なら、最初はMNP(電話番号の引き継ぎ)なしで新規契約するのをおすすめします。回線の安定度などを十分に試したうえで、問題なければ新規契約した回線を解約して新たにMNP乗り換えをしましょう。

\最大30,000ポイント還元中/

楽天モバイルの最新キャンペーンまとめ

2022年5月、楽天モバイルで申し込める最新のキャンペーンを以下にまとめました。それぞれ詳しく見ていきましょう。

2022年5月、楽天モバイルで開催されているキャンペーンは以下の通りです。

  • 他社から乗り換え(MNP)限定!iPhone SE(第3世代)発売記念キャンペーン【最大30,000ポイント還元】
  • iPhone激トク乗り換え!iPhone 13、iPhone 13 Proが最大30,000ポイント還元
  • スマホ激トク乗り換え!Android製品が最大25,000円相当分おトク!
  • iPhone超トクのりかえキャンペーン!最大20,000円相当分をポイント還元!【SIMのみ契約向け】
  • だれでも5,000ポイントプレゼント(SIMのみ契約でもOK)
  • Rakuten WiFi Pocket 2 本体価格1円キャンペーン
  • SPUで楽天ポイントの獲得率が+1倍

それぞれ詳しく見ていきましょう。

TOPIC

各キャンペーンについて分からないことがあったら、楽天モバイル 公式にお問い合わせ下さい。お問い合わせの際は、キャンペーンコードを伝えるとスムーズです。

他社から乗り換え(MNP)限定!iPhone SE(第3世代)発売記念キャンペーン【最大30,000ポイント還元】

iPhone SE3のキャンペーン

キャンペーン概要

  • 期間:2022年3月11日~終了未定
  • 特典内容:他社から乗り換え(MNP)でiPhone SE3を購入すると最大30,000ポイント還元
  • 適用条件:iPhone SE3をMNPでセット契約してRakuten Linkで無料通話を使う
  • ポイント付与の時期:Rakuten Link利用後の翌々月の末日頃
  • キャンペーンコード:1458

楽天モバイルでiPhone SE3(第3世代)を購入すると、最大30,000ポイント還元を受けられます。

楽天ポイントによる還元なので、ほぼ現金として考えられます。ポイント還元の適用条件は以下の通りです。

ポイント還元の適用条件

  • 初めて楽天モバイルに申込み:5,000ポイント
  • MNPでiPhone SE3を購入:20,000ポイント
  • アップグレードプログラムを利用:5,000ポイント

最も大きいのがMNPによる20,000ポイント。他社から楽天モバイルに乗り換えれば条件達成となり、初めての楽天モバイル利用ならさらに5,000ポイント追加されます。

アップグレードプログラムは48回払い(楽天カードのみ)を選択すると自動適用となります。端末の返却が必要なプログラムですが、後から買い切りに変えても構いません。

アップグレードプログラムを申し込まないとしても、25,000ポイントもの還元を受け取ることができます。

こちらのキャンペーンの注意点として、開通後にRakuten Linkで10秒以上通話することが必須となっています。無料通話アプリなので通話料はかかりません。

通話相手は友人や家族はもちろん、美容室の予約や仕事先の連絡などでもOKです。

\最大35,000ポイント還元中/

iPhone激トク乗り換え!iPhone 13、iPhone 13 Proが最大30,000ポイント還元

iPhone激トク乗り換え

キャンペーン概要

  • 期間:2021年12月17日~終了未定
  • 特典内容:iPhone 13シリーズの購入で最大30,000ポイント還元
  • 適用条件:iPhoneシリーズをセット契約 してRakuten Linkで無料通話を使う
  • ポイント付与の時期:Rakuten Link利用後の翌々月の末日頃
  • キャンペーンコード:1382

こちらのキャンペーンは以下の3つが合わさった、iPhone 13(mini/Pro/Pro Max含む)購入者向けの特典内容です。獲得できるポイントは、過去最大の30,000ポイントとなっています。

ポイント還元の適用条件

  • 初めて楽天モバイルに申込み:5,000ポイント
  • iPhone 13を購入:MNPは20,000ポイント、新規契約・機種変更は10,000ポイント
  • アップグレードプログラムを利用:5,000ポイント

iPhone 13だけでなく、iPhone 12もポイント還元の対象(最大30,000ポイント)です。以下、詳しいポイント獲得表です。

ポイント獲得表

MNP乗り換え 新規申し込み
初回申込み 5,000ポイント
iPhone 13(mini/Pro/Pro Max)を購入 20,000ポイント 10,000ポイント
iPhone 12(mini/Pro/Pro Max)を購入 15,000ポイント 5,000ポイント
iPhoneアップグレードプログラムに加入
※楽天カードで48回払い
5,000ポイント

まず、楽天モバイルに初回申込みする人なら、「だれでも5,000ポイントプレゼント」が適用されて、5,000ポイントを獲得できます。

さらに、iPhone13/12を同時購入すれば、最大20,000ポイントが入ります。

新たに電話番号を取得する新規申し込みより、電話番号を維持したまま乗り換えるMNPの方が獲得ポイントが大きくなります。

その他、iPhoneアップグレードプログラムへ加入すれば追加で5,000ポイントが付与されます。

iPhoneアップグレードプログラムは48回払いを選択できる楽天カードユーザーしか利用できないサービスなので注意してください。

iPhoneアップグレードプログラムとは、次の機種変更のときに購入したiPhone端末を返却すれば、およそ半額でiPhoneを購入できるサービスのことです。

48回払いを選択することで24回目以降の支払いが不要になります。端末の返却は、25ヶ月目から申請可能です。

アップグレードプログラムでiPhoneが安い

アップグレードプログラムのイメージ

こちらのプログラムは、iPhoneを2年おきに買い替えたい人に向いています。

なお、25ヶ月目以降の端末の返却は必須ではありません。買い切りに切り替えて、端末の返却なしで機種変更してもOKです。

注意点として、48回払いは楽天カードしか選択できないため、他のクレジットカードではiPhoneアップグレードプログラムを利用できません。

こちらのキャンペーンの注意点として、開通後にRakuten Linkで10秒以上通話することが必須となっています。無料通話アプリなので通話料はかかりません。

通話相手は友人や家族はもちろん、美容室の予約や仕事先の連絡などでもOKです。

\最大35,000ポイント還元中/

スマホ激トク乗り換え!Android製品が最大25,000円相当分おトク!

激トク乗り換え

キャンペーン概要

  • 期間:2022年3月23日~終了未定
  • 特典内容:Androidの端末セット契約で最大25,000ポイント還元
  • 適用条件:対象端末をセット契約 して、開通後にRakuten Linkを使用する
  • ポイント付与の時期:Rakuten Link利用後の翌々月の末日頃
  • キャンペーンコード:1470

こちらのキャンペーンは以下の2つが合わさった、Android購入者向けの特典内容です。獲得できる最大ポイントは、25,000ポイントとなっています。

ポイント還元の内訳

  • だれでも5,000ポイントプレゼント
  • 対象端末の購入で最大20,000ポイントプレゼント

「だれでも5,000ポイントプレゼント」は、楽天モバイルに初回申込みする人なら全員が獲得できます。

それに加えて、端末別のポイントが10,000~20,000ポイント入るため最大25,000ポイント還元となっています。以下、詳しいポイント獲得表です。

ポイント獲得表

端末名 ポイント還元 実質価格
Rakuten Hand 5G
※新たに追加
20,000ポイント 14,800円
Rakuten BIS s 20,000ポイント 14,980円
Xperia 10 Ⅲ Lite 20,000ポイント 21,800円
OPPO A55s 5G
20,000ポイント 7,800円
OPPO Reno5 A 20,000ポイント 14,980円
AQUOS wish
※新たに追加
15,000ポイント 9,800円
AQUOS zero6
※新たに追加
15,000ポイント 49,800円
AQUOS sense6

 

15,000ポイント 19,800円
Rakuten Hand 7,980ポイント 0円

ポイントを考慮すれば、端末の実質価格(実際の支払額)は、

実質価格=端末価格-ポイント還元

と考えてOK。最安は0円で1万円を切る新しい機種もたくさんあります。

こちらのキャンペーンの注意点として、開通後にRakuten Linkで10秒以上通話することが必須となっています。無料通話アプリなので通話料はかかりません。

通話相手は友人や家族はもちろん、美容室の予約や仕事先の連絡などでもOKです。

\最大35,000ポイント還元中/

iPhone超トクのりかえキャンペーン!最大20,000円相当分をポイント還元!【SIMのみ契約向け】

超トクのりかえ

キャンペーン概要

  • 期間:2021年6月18日~終了未定
  • 特典内容:他社から楽天モバイルに乗り換えで最大20,000ポイント還元
  • 適用条件:楽天モバイルにSIMのみ契約 して、開通後にRakuten Linkを使用する
  • ポイント付与の時期:Rakuten Link利用後の翌々月の末日頃
  • キャンペーンコード:1262

他社からMNPで楽天モバイルに乗り換えると、下記の2つのキャンペーンが合わさって最大20,000ポイントが還元されます。

ポイント還元の内訳

  • だれでも5,000ポイントプレゼント
  • 他社から乗り換え(MNP)でさらに15,000ポイントプレゼント

こちらは手持ちの端末を使うSIMのみ契約向けのキャンペーンです。キャンペーンバナーでは「お持ちのiPhoneで」と書かれていますが、Androidユーザーの方も対象です。

端末セット契約の方は対象外なので注意してください。

また、開通後にRakuten Linkで10秒以上通話することが必須となっています。無料通話アプリなので通話料はかかりません。

通話相手は友人や家族はもちろん、美容室の予約や仕事先の連絡などでもOKです。

\最大35,000ポイント還元中/

 

だれでも5,000ポイントプレゼント(SIMのみ契約でもOK)

キャンペーン概要

  • 期間:2020年12月8日~終了未定
  • 特典内容:5,000円分の楽天ポイントが還元される
  • 適用条件:楽天モバイルに申し込んでRakuten Linkを利用する
  • ポイント付与の時期:Rakuten Link利用後の翌々月の末日頃
  • キャンペーンコード:1113

楽天モバイルに、

  • 新規契約
  • MNP乗り換え
  • 旧プラン(MVNOの楽天モバイル)から移行

のいずれのパターンで契約しても、楽天ポイントが5,000ポイント貰えます。キャンペーン名通り、だれでも貰える特典です。

端末購入のポイント還元が目立つ楽天モバイルですが、こちらのキャンペーンはSIMのみ契約の人もポイントを受け取れます。

なお、キャンペーンの適用条件として無料通話・メッセージアプリのRakuten Linkを利用する必要があります。条件達成後、翌々月末頃にポイントが付与されます。

\最大35,000ポイント還元中/

Rakuten WiFi Pocket 2 本体価格1円キャンペーン

Rakuten WiFi Pocket 2 本体価格1円キャンペーン

キャンペーン概要

  • 期間:2022年2月26日~終了未定
  • 特典内容:Rakuten WiFi Pocket 2BまたはRakuten WiFi Pocket 2Cが本体代1円
  • 適用条件:楽天モバイルに新規申し込み(MNP含む)または旧プランからの移行で、Rakuten WiFi Pocket 2を購入
  • キャンペーンコード:1425

楽天モバイルのポケットWiFiサービスを、実質無料でお試しできます。

ポケットWiFiの端末であるRakuten WiFi Pocket 2BまたはRakuten WiFi Pocket 2Cが1円(2Bと2Cの違いはUSBの形状のみ)。楽天モバイルに申し込む人なら誰でも適用されます。

また、初めて楽天モバイルに申し込む人は追加で5,000ポイントの付与もあるため、実質無料どころかお釣りをもらいながらポケットWiFiを利用できます。

ポケットWiFiの月額料金は、スマホ向けプランと変わりません。20GB以上は無制限で利用OK(月額3,278円)、1GB以内に収まったときは0円です。

\最大35,000ポイント還元中/

SPUで楽天ポイントの獲得率が+1倍

SPUで+1倍

キャンペーン概要

  • 期間:終了未定
  • 特典内容:楽天市場の買い物で+1倍
  • 適用条件:楽天モバイルに申し込み

楽天モバイルに契約すると、SPU(スーパーポイントアップ)対象で楽天市場での獲得ポイントが2倍(+1倍)に。

上手く組み合わせれば、

  • 楽天市場で買い物:+1倍
  • 楽天モバイルに契約:+1倍
  • 楽天カードで決済:+2倍
  • 楽天市場アプリの利用:+0.5倍

で簡単に4.5倍までポイント付与率を増やせます。さらに、月々の利用料金にも100円に対して1ポイントが付与されます。

\最大35,000ポイント還元中/

楽天モバイルに乗り換え!申し込みから開通までの手順

楽天モバイルは、公式サイトから申し込むとキャンペーン(ポイント還元)が自動適用されます。詳しい申し込みの流れは以下の通りです。

STEP.1
MNP予約番号を取得

※新しい電話番号を取りたい場合は不要

現在の電話番号を楽天モバイルでも使いたい場合は、MNP予約番号を取得します。取得したMNP予約番号を、申込み時に入力すれば電話番号が引き継がれる仕組みです。

MNP予約番号は、電話またはWEBから取得すれば手数料はかかりません。以下、3キャリアの取得手順です。

ドコモ

  • WEB:My docomoの「契約内容・手続き」→「携帯電話番号ポータビリティ予約(MNP)」から手続き
  • 電話:151(一般電話は0120-800-000)

au

  • WEB:My auの「スマートフォン・携帯電話」→「ご契約内容 / 手続き」→「お問い合わせ / お手続き」→「MNPご予約」から手続き
  • 電話:0077-75470

ソフトバンク

  • WEB:My SoftBankの「設定・申し込み」→「設定・変更」→「契約者情報の変更」→「番号ポータビリティ(MNP)予約関連手続き」から手続き
  • 電話:*5533

キャリアではなく格安SIMからMNP予約番号を取得する際は、マイページにログインして「MNP転出」や「MNP予約番号」などが記されたメニューを探してください。

そちらから、WEB取得が可能です。

STEP.2
楽天モバイルの公式サイトにアクセス

>公式サイトへ

アクセス後、お申し込みボタンをタップして下さい。

STEP.3
「この内容で申し込む」をタップ

この内容で申し込む

プラン内容を確認して「この内容で申し込む」をタップして下さい。端末を購入したい場合は、希望の機種を選びましょう。

STEP.4
MNP情報を入力

※MNP乗り換えしない場合は不要(希望の電話番号を選ぶ)

電話番号の選択

楽天会員IDでログインしたら本人確認書類をアップロードします。次の「電話番号の選択」画面で「現在の番号を引き継ぐ」をタップ。

MNP情報の入力

最初に取得したMNP情報(電話番号・MNP予約番号・有効期限)を入力して下さい。

STEP.5
最終確認して申し込み

重要事項を確認して申し込み

楽天IDでログインしているので名前や住所の入力は不要です。

支払い方法(クレジットカード・口座振替)を選択したら、利用規約にチェック。「同意して申し込む」をタップすれば申込み完了です。

STEP.6
MNP開通手続きを行う

※MNP乗り換えしない場合は不要

MNP転入ボタン

SIMカード・端末が到着したら開通手続きを行います。

開通手続きの手順はmy 楽天モバイルにログイン後、メニューから「お申込み履歴」をタップ。自分の電話番号を選んで「MNP転入する」をタップすれば完了です。

MNP乗り換えの方は、開通したら元の携帯会社との契約は自動解約されます。こちらから、解約の連絡を入れる必要はありません。

\最大30,000ポイント還元中/

楽天モバイルに関するよくあるQ&A

支払い方法は何を選べる?

楽天モバイルの支払い方法は、

  • クレジットカード
  • 口座振替
  • デビットカード(楽天銀行)

から選択できます。クレジットカードはVISA ・Master・JCB・American Express・Diners Clubから選択可。

口座振替は、ゆうちょや地方銀行含め幅広く対応しています。デビットカードは、楽天銀行デビットカードのみ対応です。

iPhoneは問題なく使える?

iPhone 6s以降のシリーズなら問題なく使えます。以前は、XS/XR以降の対応でしたが、アップデートによりX以前も利用可となりました。

楽天回線・パートナー回線の自動切り替え不可やアプリの利用制限などのデメリットも解消されています。

楽天モバイル販売のiPhoneはもちろん、他の販路で購入したiPhoneでも使用できますよ。

テザリングは使える?

使えます。申し込み不要で、オプション料金もかかりません。

テザリングの接続方法は、Wi-Fi・USB・Bluetoothから選択可能。楽天モバイルは速度が安定しているので、快適にテザリングできますよ。

楽天ポイントは貯まる?

楽天ポイントでは、利用料金1,000円につき10ポイントのdポイントが還元されます。還元率は1%となるため、なかなか優秀なポイント制度です。

なお、貯めたポイントは楽天ポイントの支払いに充てることもできますよ。

楽天モバイルとahamo・povo・LINEMOとの違いは?

楽天モバイルは、ドコモが提供するahamo(アハモ)、auが提供するpovo(ポヴォ)、ソフトバンクが提供するLINEMO(ラインモ)と何が違うのでしょうか。それぞれ比較してみました。

4キャリア(格安プラン)の比較

ahamo povo LINEMO 楽天モバイル
月額料金 2,970円 0円~ 990円〜
2,728円
0~
3,278円
データ容量 20GB 0GB~ 3GB
20GB
1GB〜
無制限
海外ローミング
(無料)

(2GB無料)
5分かけ放題 無料 550円 550円
完全かけ放題 1,100円 1,650円 1,650円 無料
通信品質
端末購入 不可 不可
店舗サポート 不可 不可 不可
支払い方法 クレジットカード
口座振替
クレジットカード
口座振替
クレジットカード
デビットカード
口座振替
クレジットカード
デビットカード
口座振替
データ使い放題
(トッピング)

(LINEのみ)
解約金
事務手数料
0円
5G 対応

ahamoとの違い

ahamoは、4キャリア(格安プラン)の中で最も速度が速く5分かけ放題がプランに標準付属しているのが特徴的です。

5Gエリアだと軽く300Mbpsを超えるので、速度にこだわりがあるならahamoを使った方がいいでしょう。ただしahamoは、20GBプランしか選べずかけ放題を任意に外せません。

料金もこの中では最も高く、安さ重視ならおすすめできません。特に毎月20GBを使いきれないなら、小容量プランを選べる楽天モバイルを選ぶべきです。

また、多少速度が劣っても安さの方が大事なら楽天モバイルがおすすめです。

povoとの違い

povoについては、povo2.0に移行してからプラン内容が複雑化してしまい現状はおすすめできません。

トッピングでプラン内容をカスタマイズできるのは楽しいのですが、毎日使うスマホ料金は月額制で固定してほしいところ。

あるいは、楽天モバイルのように従量制で料金が決まる仕組みの方が合理的でしょう。

データ容量が無くなったらチャージするといった使い方も非常に面倒です。楽天モバイルとpovoで迷うなら、楽天モバイル一択と考えてOKです。

LINEMOとの違い

LINEMOは3GB料金が楽天モバイルよりわずかに安く、通信品質も優れています。また、LINEのデータ消費がないことも特徴的です。

安定性重視で通話料がかかってもいいのなら、LINEMOを選んだ方がいいでしょう。

ただし、3GB以上データ消費をする人は、多少速度が劣っても楽天モバイルがおすすめです。同じ20GBで比べても、利用料金が約600円も安くなります。

通話料を0円にできる点も楽天モバイルの方が有利です。デュアルSIMの知識がある人なら、データ通信はLINEMOで通話は楽天モバイルを使うといった使い分けもおすすめできます。

\最大30,000ポイント還元中/

まとめ

  • 楽天モバイルの平均速度は30Mbps以上で安定しており、動画やゲームは快適に楽しめる
  • データ消費が20GBを超えないなら2178円以下に収まること、端末代金が大幅値引きされていることなどメリットが多い
  • ポイント還元が凄いのでキャンペーン目当てで申し込んでみるのもあり

楽天モバイルは、いくつかデメリットがあるものの、それを上回る多数のメリットがあります。実際、口コミでも多くの人が満足していました。

総じて評判は良いと言えるでしょう。もし楽天モバイルの評判を見て心配なことがあれば、サブ回線から試してみるのもありですよ。

回線の速度については上々です。格安SIM全体を見回しても、トップクラスにおすすめできます。

メリット
  1. 月額料金の安さが最安級
  2. キャンペーンが豪華
  3. 新型iPhoneを安く購入できる
  4. 初期費用などあらゆる手数料が0円
  5. 通話料を無料にできる
  6. 回線混雑で速度低下しにくい
  7. 通信速度が速い
  8. データ無制限で使える
  9. テザリングでポケットWi-Fi化できる
  10. 海外で通話・ネットを利用できる
  11. 楽天ポイントを貯められる
デメリット
  1. 電波が悪い場所がある
  2. カスタマーサポートに繋がりにくい
  3. 田舎・地方はパートナーエリアで接続される場合がある
  4. 過度な通信量だと速度制限にかかる
  5. 2回線目以降は1GB以下でも料金発生
  6. Rakuten Linkの音質が良くない
  7. 端末の動作確認が完全ではない
  8. データSIMの提供がない
\最大30,000ポイント還元中/

楽天モバイルでiPhoneを購入すると、
35,000円相当のポイント還元(5/31まで)

 

ダブル突破記念キャンペーン

キャンペーン期間:2022年4月1日~5月11日(8:59)