>>楽天モバイルで誰でも8,000円分(最大24,000円)ポイント還元

UQモバイルの自宅セット割とは?申し込み方法からインターネット/でんきコースの適用条件まで徹底解説

UQモバイルの自宅セット割を詳しく解説

「UQモバイルの自宅セット割 でんきコースについて詳しく知りたい!」

最近ではスマホと電気サービスのセット割が続々と登場しています。人気の格安SIMであるUQモバイルでも自宅セット割 でんきコースを展開中です。

セット割が適用されると、UQモバイルの月額料金が割引されます。割引額は毎月638円から858円で、UQモバイルのスマホ代が最安990円に。

お得なサービスなのは間違いありませんが、気になるのが詳しいセット割の内容。適用条件であるauでんきやUQでんきの加入についても、初めての方は戸惑うでしょう。

そこで今回はUQモバイルの自宅セット割 でんきコースについて詳しい適用条件を解説していきます。デメリットの有無や申込み方法も説明していくので、ぜひご参考に。

\WEB限定!端末代が最大22,000円引き/
※iPhoneも割引対象

目次

UQモバイルの自宅セット割とは?

対象サービスと併用で永久割引

UQモバイルの自宅セット割とは、対象サービスとUQモバイルを併用することで受けられる割引サービスのことです。

自宅セット割には、

  • インターネットコース
  • でんきコース

の2種類があります。詳しいコースの解説の前に、まずは自宅セット割でどれくらい安くなるのか見てみましょう。

自宅セット割適用時の月額料金

月額料金
割引適用前 割引適用後
プランS
(3GB)
1,628円 990円
プランM
(15GB)
2,728円 2,090円
プランL
(25GB)
3,828円 2,970円
割引額
  • プランS/M:638円/月
  • プランL:858円/月

プランS/Mは月額638円、プランLは月額858円の割引です。最安990円になるのは凄い。

一時的ではなく、永続的に割引が続くのも魅力です。自宅セット割は、適用できる場合は申し込まないと損するため、積極的に活用していきましょう。

インターネットコースの適用条件

インターネットコースは、UQモバイルとネット回線の対象サービスを利用した際に割引を適用できます。詳しい対象サービスは以下の通りです。

対象サービス

光回線 auひかり
auひかり ちゅら
コミュファ光
eo光
ピカラ光
メガエッグ
BBIQ
ひかりゆいまーる
ひかりJ
ビッグローブ光
エディオンネット
ソネット光
TCOM光
@nifty光
WiMAX+5G UQ WiMAX
YAMADA air mobile WiMAX
BIC WiMAX
ワイヤレスゲート WiMAX+5G
エディオン
PC DEPOT
KT WiMAX
GMOとくとくBB
Broad WiMAX
カシモWiMAX
Vision WiMAX
EX WiMAC
hi-ho
泉佐野 WiMAX
J:COM
DIS mobile
So-net
BIGLOBE
ヘーベル5G
シンプルWiFi
e Wi-Fi
grandData
Useful WiFi for Biz
Biz Air
ホームルーター auスマートポート
au ホームルーター 5G
ケーブルテレビ J:COM
各エリアのケーブルテレビサービス
※一覧はこちら
注意
光回線は、ネット+電話オプションの加入が基本的に必要となる

光回線については、KDDI系列が並びます。元々auユーザーに対してはセット割がありましたが、自宅セット割ができてからはUQモバイルユーザーもセット割対象に。

WiMAXは、本家UQ WiMAXの他に各WiMAXプロバイダも対象となっています。モバイルルーターだけでなくホームルーターでもOKです。

そのほか、au提供のホームルーターやケーブルテレビもインターネットコースの対象です。

続いて、インターネットコースの適用条件を見ていきましょう。

適用条件
  • インターネットコースの対象サービスに契約中
  • UQモバイルのくりこしプラン +5Gに契約中
  • 自宅セット割に申し込む
  • 対象サービスの契約者と同一性・同一住所の家族である※

※50歳以上の家族は別住所でも申し込める(別姓の人は家族であることの証明が必要)

先述したインターネットコースの対象サービスに加えて、UQモバイルの最新プランに契約中なら適用条件は満たせます。

ただし、申し込みを行わないと割引が適用されない点には注意しましょう。

MEMO
インターネットコースの対象サービスは、執筆時点のものです。日々、追加サービスが更新されているので、最新情報はUQモバイル公式サイトにてご確認下さい。

でんきコースの適用条件

でんきコース

でんきコースの対象サービスは、auでんきかUQでんきです。

対象サービス

  • auでんき
  • UQでんき

適用条件については、以下の通りです。

適用条件
  • auでんきに契約中
  • UQモバイルのくりこしプラン +5Gに契約中
  • 自宅セット割に申し込む
  • 対象サービスの契約者と同一性・同一住所の家族である※

※50歳以上の家族は別住所でも申し込める(別姓の人は家族であることの証明が必要)

インターネットコースの適用条件と基本的には変わりません。auでんきとUQモバイルの両サービスに契約後、自宅セット割の申し込みを行えば割引が適用されます。

家族の適用範囲は10回線まで

自宅セット割 でんきコースは1人でも家族でも利用可能です。家族で適用する場合は、同一性・同一住所の家族が10回線まで対象です。

ただし、50歳以上の家族については離れて暮らしていても対象となります。なお、5回線以上申し込む際は、家族である証明書の提出が求められます。

以下、家族で自宅セット割を利用した時の料金シミュレーションです。

4人家族で適用した場合

  • プランS:合計3960円(一人当たり990円)
  • プランM:合計8360円(一人当たり2090円)
  • プランL:合計11880円(一人当たり2970円)

例えば家族4人でくりこしプランS +5Gを利用しているなら、毎月合計2,552円の割引額です。

\WEB限定!端末代が最大22,000円引き/
※iPhoneも割引対象

UQモバイルの自宅セット割のメリット

メリット
  1. スマホ代が最安で990円になる
  2. 家族割の代わりとして使える
  3. でんきコースはPontaポイントの還元がある

スマホ代が最安で990円になる

自宅セット割を使う最大のメリットは、何といってもUQモバイルのスマホ代が大幅に安くなること。特に、プランS(3GB)の月額990円は圧倒的な安さです。

自宅セット割の料金

3GBで物足りない人は、中容量の15GBがおすすめ。15GB使えて月額2,090円はお得度が高いです。

家族で適用するなら、子供用は月額990円のプランS(3GB)にしておき両親は月額2,090円のプランM(15GB)にしておくといった使い分けもできます。

あるいは、家族全員がプランSというのもありでしょう。インターネットコースなら、自宅のネット環境が整っているはずなので3GBでも十分だからです。

家族割の代わりとして使える

現在、UQモバイルでは家族割が実質的に廃止となっています。そのため、自宅セット割は家族割に代わる新たな家族向け割引サービスと言えるでしょう。

なお、旧プランで家族割を利用している方は、自宅セット割との併用はできません。自宅セット割は、家族割対象外のくりこしプラン 5Gに加入する必要があるからです。

でんきコースはPontaポイントの還元がある

auでんき、UQでんきを利用すると利用料金に応じてPontaポイントが貯まります。ポイント還元率は毎月の電気代によって決まります。

Pontaポイントの還元率

毎月の電気代 ポイント還元率
5,000円未満 1%
5,000~8,000円未満 3%
8,000円~ 5%

例えば毎月の電気代が10,000円なら毎月500ポイント、年間6,000ポイントも貯まります。

貯まったポイントはPontaポイント加盟店(ホットペッパーグルメなど)で使える他、au PAYやau PAYマーケットといったauの各種サービスでも利用可能です。

\WEB限定!端末代が最大22,000円引き/
※iPhoneも割引対象

UQモバイルの自宅セット割のデメリット(注意点)

デメリット
  1. 2つのコースを併用できない
  2. 学割と併用できない
  3. インターネットコースは対象サービスによって電話オプションなどが必要
  4. au系以外のサービスは対象外

2つのコースを併用できない

自宅セット割は、インターネットコースとでんきコースの2つに分かれますが、両コースを併用することはできません。

auでんきを利用中で、さらに対象のネットサービスも契約している方は、割引が増額されるわけではないので注意して下さい。

なお、インターネットコースとでんきコースは割引額が変わらないので、申し込み時はどちらを選んでも構いません。

学割と併用できない

UQモバイルは、毎年恒例で学割を実施しています。残念ながら、自宅セット割との併用はできません。

学割は割引額が大きいため、仮に自宅セット割と併用できてしまうとスマホ代が0円になってしまうからでしょう。UQモバイルにとっては商売にならないため、さすがにNGとなっています。

なお、UQモバイルの学割は家族も対象になることが多いです。自宅セット割とどちらがお得なのかについては、学割の内容が毎年変わるため何とも言えません。

ただ、学割は期間限定のキャンペーンなので、基本的には自宅セット割を長く使う方がいいでしょう。

インターネットコースは対象サービスによって電話オプションなどが必要

インターネットコースで光回線の対象サービスを利用する際、適用条件として電話オプションが必要となります。

電話オプションは光回線を使って高品質かつ低価格で通話できる「光でんわ」が対象で、固定電話の料金が安くなります。オプション代金の相場は月額500円くらいです。

固定電話を使っていない人にとっては不要なサービスです。ですが、自宅セット割を適用できればお釣りが来るため、加入した方がいいでしょう。

なお、ケーブルテレビについてもネット+テレビ、またはテレビ+電話の加入が必要です。

ネットだけ、またはテレビだけのサービス利用だと自宅セット割を適用できないので気を付けましょう。

au系以外のサービスは対象外

自宅セット割の対象サービスとなるのは、au系のサービスに限られます。そのため、ドコモ光やソフトバンクエアーといったライバル会社のサービスはセット割の対象外です。

また、ポケット型WiFiについてもWiMAXに限られます。〇〇WiFiと冠した、クラウド系のポケット型WiFiは対象外なので注意して下さい。

でんきコースについても同様で、数ある電力サービスのうち対象となるのはauでんきとUQでんきだけです。

\WEB限定!端末代が最大22,000円引き/
※iPhoneも割引対象

UQモバイルの自宅セット割の申し込み方法

自宅セット割を適用するには、必ず申し込みが必要です。UQモバイルと対象サービスを契約しただけでは、自動適用にはなりません。

手順は簡単なので、以下の方法で申し込みを済ませましょう。

SETP1.UQモバイルのくりこしプラン+5Gに申し込む

まずは、UQモバイルに申し込みましょう。選べるプランは、くりこしプラン+5GのS/M/Lとなっています。

後から無料でプラン変更できるため、必要なデータ容量が分からないなら、とりあえずプランSで契約するといいでしょう。

UQモバイルの契約窓口はオンラインがおすすめです。オンライン限定で、最大22,000円の端末割引か13,000円以上のau PAY還元(SIMのみ契約向け)のキャンペーンを受け取れます。

申し込みの流れ

  1. UQモバイルの公式サイトにアクセス
  2. 端末セット・SIMのみ契約を選ぶ
  3. 契約方法で新規かMNP乗り換えを選ぶ
  4. 料金プラン・オプションを選ぶ
  5. MNP乗り換えの人はMNP情報を入力する
  6. 契約者情報を入力
  7. 支払い方法を選択
  8. 最終確認をして申し込み
  9. 本人確認書類をアップロードする

他社からUQモバイルに乗り換えるMNPが分からない人は、以下の記事も参考にしてみて下さいね。

旧プランに契約中ならプラン変更しよう

UQモバイルを利用していても対象外のプラン(スマホプランやデータ高速プランなど)を契約している場合は適用されません。

対象外のプランを契約している人はくりこしプランへ移行しましょう。プラン変更はUQモバイルのマイページ「my UQ mobile」から手続き可能です。

プラン変更の手順

  1. my UQ mobileへログインする
  2. 「契約 確認・変更」をタップする
  3. ご契約中の料金プランの「詳細を確認・変更する」をタップする
  4. 「プラン変更」をタップする

STEP2.インターネット/でんきコースの対象サービスに申し込む

UQモバイルの申し込みが完了したら、インターネットコース/でんきコースの対象サービスに申し込みましょう。

インターネットコースの対象サービスは先述した通り、auひかりやWiMAXとなります。既に契約中の人は、この工程を飛ばして構いません。

でんきコースはauでんきかUQでんきに申し込みます。特に理由がなければauでんきにしましょう。

auでんきはオンラインにて1分で申し込みが完了します。対面を希望するなら、auショップでも申し込み可能です。

UQでんきはmy UQ mobileから申し込める

auでんきではなくUQでんきに申し込みたい方は、my UQ mobileから申請できます。

UQでんきの申し込み手順

  1. my UQ mobileへログインする
  2. 「契約 確認・変更」をタップする
  3. au ID / ライフデザインサービスの「全てのサービスを確認・変更する」をタップする
  4. 「UQでんきを申し込む」をタップする

auでんきと同様、店頭(UQスポット・UQモバイル取扱店)での申請も可能です。なお、申し込みの際は電気ご使用量のお知らせ(検針票)が必要です。

STEP3:自宅セット割の申請を行う

自宅セット割の申請は専用ページから行います。コースごとに窓口が分かれているため注意して下さい。

上記から申請ページアクセスしたら、au IDでログインして必要事項を記入してください。UQモバイル側で確認が取れたら、自宅セット割が適用されます。

なお、店頭で申請を行いたいときは、お近くのau Style・auショップ・UQスポットに本人確認書類を持って来店してください。スタッフに伝えれば、すぐに手続きしてくれます。

家族の回線も同時に申請できる

契約者だけでなく家族の回線も同時に申請できます。

オンラインで申請する際は、au IDでログインした後に「上記に表示されていない電話番号を追加/廃止する」にて家族の電話番号を追加します。

その際、UQモバイルの契約時に登録した暗証番号が必要となります。

住所の離れた家族に対して自宅セット割を適用する際は、戸籍謄本など家族関係証明書の提出が求められます。同一住所の場合は、提出は不要です。

\WEB限定!端末代が最大22,000円引き/
※iPhoneも割引対象

自宅セット割の申し込み完了の確認方法

自宅セット割を申し込んだ後、ちゃんと申し込みが完了したか不安な場合は、以下の方法で確かめてみましょう。

確認手順

  1. My UQ mobileにログイン
  2. 「スマートフォン・携帯電話」をタップ
  3. 「ご契約内容/手続き」をタップ
  4. 「お手続き履歴の確認」をタップ
  5. 自宅セット割の申込日が記載されている欄を開く
  6. 「家族割プラス/auスマートバリュー/自宅セット割」の申込書をタップ
  7. 契約内容が表示されるので確認する

以上で完了です。My UQ mobileですが、au IDを使ってログインして下さいね。

\WEB限定!端末代が最大22,000円引き/
※iPhoneも割引対象

UQモバイルの自宅セット割に申し込みできないときの原因

自宅セット割に申し込めない人は、以下を確認してみましょう。

  • UQモバイルと対象サービスの登録住所が違う
  • インターネットコースで固定電話を利用していない
  • 入力した情報に何らかの不備がある
  • UQモバイルまたは対象サービスの支払いを滞納している

よくあるのが、UQモバイルと対象サービスの登録住所が違うことです。特に、番地の表記には要注意。

一方は1丁目の1などと入力して、もう一方は1-1と数字のみで入力すると別の住所と認識される場合があります。

また、インターネットコースで対象サービスが光回線の人は、固定電話(端末無しで番号のみでも可)が必要です。

インターネットコースの申し込み時に固定電話番号を入力しないといけないため、取得していないと登録できません。

そのほか、入力情報の不備や支払いの延滞も原因として考えられるためチェックしておきましょう。

\WEB限定!端末代が最大22,000円引き/
※iPhoneも割引対象

UQモバイルの自宅セット割に関するQ&A

申し込み後、割引が始まるのはいつから?

自宅セット割の適用は、早ければ翌月から始まります。具体的には、翌月以降の月末時点で条件を満たした利用月からとなっています。

基本的には、申し込みが完了した時点で自宅セット割の適用条件は満たしているはずなので、翌月から適用と考えてほぼOKです。

どれくらいの回線(台数)で適用される?

最大で10回線まで適用可能です。5回線以上申し込む場合は、家族関係証明書の提出が求められるため注意して下さい。

自宅セット割向けのキャンペーンはある?

自宅セット割をよりお得に利用できるキャンペーンは、現時点ではありません。サービス開始当初は、手続き途中でも割引が始まる先行キャンペーンがありましたが、現在は終了しています。

なお、自宅セット割関連のキャンペーンはありませんが、UQモバイルでは主にオンラインショップを利用する人に向けた端末割引やau PAY還元のキャンペーンを行っています。

詳しくは、以下の記事でUQモバイルの最新キャンペーンをまとめているので確認してみて下さいね。

\WEB限定!端末代が最大22,000円引き/
※iPhoneも割引対象

【補足】今から導入すべき?auでんき・UQでんきのサービスとは

電気代・電気の質は同じで請求元が変わる

まず、auでんきとUQでんきは名前が違うだけで内容はほぼ同じです。今まで通りの電力会社と電気代・電気の質は同じままで請求元が変わるだけです。

auでんき・UQでんきは電力の小売りだけを担っており、発電や送電は元の大手電力会社が継続するため安心してください。

サービス提供の背景として、2016年から電力会社を自由に選べる電力自由化が関連しています。

電力自由化により、大手電力会社(東京電力、関西電力など)以外の事業者も続々と電気事業に参入しており、auでんき(UQでんき)もその1つです。

でんきアプリで電気代を毎日確認できる

auでんき・UQでんきでは専用のでんきアプリが用意されています。

でんきアプリを利用すれば、30分単位で電気代を確認できます。毎日の電気代をグラフで表示することも可能です。

従来は月に1度の検針日にならないと電気代が分かりませんでしたが、このアプリなら電気代をこまめに確認できるので省エネにもつながります。

初期費用・取付工事費・解約金はかからない

auでんき・UQでんきを申し込むと、電気メーターが従来のアナログメーターからスマートメーターへ交換されます。

交換の際は工事が発生しますが、取り付け工事費は無料です。また、解約する際も解約金はかかりません。

いつでも好きなタイミングで解約できますよ。

オール電化には向かないので注意

auでんきとUQでんきは、いずれも電気の質を変えずに請求元だけ変わるサービスなので特に大きなデメリットはありません。ただし、以下の2点には注意して下さい。

注意
  • オール電化には向かない
  • 高圧一括受電契約のマンション・アパートは利用できない

まずオール電化についてですが、今のところauでんき・UQでんきにて提供がありません。

オール電化メニューが用意されていないのが原因かと思われます(かえって電気料金が高くなる可能性がある)。

また、マンション・アパートの方も注意が必要です。auでんき(UQでんき)は集合住宅でも部屋ごとに契約するため、基本的にはマンション・アパートでも利用可能です。

ただし、マンション高圧一括受電の契約を結んでいる場合は電力会社を変更できないため、自宅セット割 でんきコースを利用できません。

マンション高圧一括受電かどうか分からない場合は、管理会社などに連絡して確認しておきましょう。

まとめ

自宅セット割が適用されると、UQモバイルの月額料金が劇的に安くなります。

UQでんき・auでんきに変えると電気代に応じてPontaポイントも貯まるため、スマホ代だけでなく電気代も節約可能です。

また、インターネットコースも光回線だけでなくWiMAX、ホームルーター、ケーブルテレビなど幅広く対応しています。

自宅セット割は、最大10回線まで適用できます。単身者はもちろん、家族でUQモバイルを利用している場合もお得ですよ。

\WEB限定!端末代が最大22,000円引き/
※iPhoneも割引対象