シェア
PAGETOP

あらすじ

▶ 1話~30話

▶  31 話~ 60 話

▶  61 話~ 90 話

▶  91 話~ 120 話

▶  121 話~ 150 話

▶  151 話~ 156 話

第 26 週「 おらたち、熱いよね! 」

第151話
北三陸に突然あらわれた太巻(古田新太)。ユイ(橋本愛)は、念願かなった対面に心が揺れるが、上京を勧める太巻に対し、アキ(能年玲奈)とともに「潮騒のメモリーズ」として北三陸で活動していくことを宣言する。その後、鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)と一緒にチャリティーコンサートの会場となる海女カフェを訪れた太巻は、人々が力を合わせて手作りで再建した店内を見て感銘を受ける。そして、驚くべきことを思いつく…。

第152話
鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)のチャリティーコンサートが迫る中、再建を目指していた海女カフェがついに完成する。そのころ、町ではあるウワサが…。それは「鈴鹿が本当は音痴なのではないか」という疑惑だった。恐れていた事態に慌てるアキ(能年玲奈)と水口(松田龍平)。一方、大吉(杉本哲太)は、ある決意を固める。それは、かつて結婚から半年で離婚した安部(片桐はいり)に再びプロポーズすることだった。

第153話
ついに、鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)のコンサートの日がやってきた。しかし、鈴鹿は、東京での春子(小泉今日子)による地獄の特訓のかいもなく音痴を克服できず、ときどき偶然に音程が合うという状況だった。アキ(能年玲奈)と事情を知ったユイ(橋本愛)が、ぎりぎりまで鈴鹿のトレーニングをして当日を迎えたが…。そのころ、春子(小泉今日子)は、居ても立ってもいられず、北三陸に向かっていた…。

第154話
アキ(能年玲奈)や春子(小泉今日子)が見守る中、会場に鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)の歌声が響き渡る。かつて鈴鹿の替え玉としてこの曲を歌った春子は、過去の記憶と複雑な思いがよみがえる。一方、コンサートに来ると言っていた忠兵衛(蟹江敬三)の姿が見えず、心配した夏(宮本信子)は、正宗(尾美としのり)と一緒に探すが…。

第155話
鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)と太巻(古田新太)、大吉(杉本哲太)と安部(片桐はいり)、春子(小泉今日子)と正宗(尾美としのり)の合同結婚式が行われた。その後、「南部ダイバー」の熱唱で始まった披露宴は、大変な盛り上がり。その席で、夏(宮本信子)が重大な発表をする。翌日は、北鉄の開通式と海開きの日。アキ(能年玲奈)は期待を胸に大海原を見つめる。

第156話
2012年7月1日。北鉄は被災した一部区間が復旧し、北三陸駅は1984年の開通式と同じような熱気に包まれていた。一方、袖ヶ浜では海開きが行われ、アキ(能年玲奈)たち海女の実演を見るために大勢の人が押しかける。その後、ユイ(橋本愛)とともに、お座敷列車に乗り込むアキ。北鉄の車内で2人が初めて出会ってから3年。アキとユイは北三陸の人々に見守られながら、思いを込めて「潮騒のメモリー」を歌う。

▶ 1話~30話

▶  31 話~ 60 話

▶  61 話~ 90 話

▶  91 話~ 120 話

▶  121 話~ 150 話

▶  151 話~ 156 話

PAGETOP