家族のために、友人のために、地域の人々のために、懸命に生きようとするヒロイン・梅子。
落ちこぼれの劣等生から、みんなに愛される町医者へと成長していく女性の、笑いあり、涙ありの物語。

登場人物

下村梅子(堀北真希)

昭和4年生まれ。下村家の末っ子。姉の松子、兄の竹夫が優秀なのに対して、「しょせん松竹梅の“梅”よ」と自分に自身が持てない。勉強が苦手で、これまで特に夢もなかったが、医師である父が懸命に治療する姿を見て医師を志す。

下村建造(高橋克実)

梅子の父。子供のころに下村家の養子となる。大学の医学部教授であり優秀な医師だが、堅物でいつもしかめっ面。

下村竹夫(小出恵介)

下村家の長男。医師を目指し、医科大学に通う。梅子に対しては、厳しくも優しい兄だが、ガンコなところは父親譲り。

下村松子(ミムラ)

下村家の長女。才色兼備で梅子とは違い何でもうまくこなす。建造の教え子で軍医の吉岡智司とは将来を誓い合った仲。

下村芳子(南果歩)

梅子の母。いつもニコニコして明るく、家族思い。ガンコな建造との間に入り、子どもたちの味方になることも。

吉岡智司(成宮寛貴)

松子の婚約者。建造の教え子であり優秀な医師。戦地で傷ついた人を助けるため、軍医として出征している。

立花陽造(鶴見辰吾)

梅子の叔父。実の兄である建造とは、仲が悪くけんかばかり。世慣れた性格で、闇市の商売で成功し、羽振りがよい。

下村正枝(倍賞美津子)

梅子の祖母。建造の養母。出しゃばることはしないが、ときどき核心をつくことをポソッと口にする。梅子のよき理解者。

安岡信郎(松坂桃李)

梅子の幼なじみ。中学を出てすぐ、幸吉の工場を手伝うようになる。梅子とは、お互い困ったときに助けあう間柄。