【2022年版】QTモバイルの評判はどう?6つのデメリットと7つのメリットも徹底解説

QTモバイルの評判を解説

「QTモバイルの評判が気になるけど、実際どうなの・・?」

QTモバイルについて、何となく良さそうだけどいざ申し込むとなると評判が気になりますよね。特にデメリットは事前に把握しておきたいところです。

どの格安SIMでも共通ですが、万人におすすめできるサービスはありません。

そこで今回は、QTモバイルの評判を徹底考察。メリット・デメリットを解説した上で、最終的にどんな人におすすめできるかまとめました。

QTモバイルが気になっている人は、ぜひ参考にして下さいね。

\当サイト限定!5,000円キャッシュバック/

※申し込み画面で、クーポンコード「AFTUCP」・エントリーコード「BBZZ-0000-0000」を入力すればキャッシュバックが貰えます(終了時期は未定)

まずは確認!QTモバイルとは?料金プランを詳しく解説

QTモバイルは株式会社QTnetが提供する格安SIMサービスです。マイナーな位置づけと思われがちですが、九州電力のグループ会社であり大手運営の安心感があります。

料金プランは、Dタイプ(ドコモ回線)、Aタイプ(au回線)、Sタイプ(ソフトバンク回線)の3回線が用意されています。詳しいプラン内容は以下の通りです。

料金プラン

データ容量 月額料金
Dタイプ
Aタイプ
Sタイプ
1GB 6ヶ月目まで1,254円
7ヶ月目以降1,870円
2GB 1,100円
3GB 1,540円 6ヶ月目まで1,364円
7ヶ月目以降1,980円
6GB 1,760円 6ヶ月目まで2,134円
7ヶ月目以降2,750円
10GB 1,980円 6ヶ月目まで3,234円
7ヶ月目以降3,850円
20GB 2,200円 6ヶ月目まで5,379円
7ヶ月目以降5,610円
30GB 3,300円 6ヶ月目まで7,579円
7ヶ月目以降7,810円
MEMO
初月料金は日割り

こちらは、通話ができないデータ通信専用のプランです。

データ容量 月額料金
Dタイプ
Aタイプ
Sタイプ
1GB 6ヶ月目まで770円
7ヶ月目以降880円
2GB 770円
3GB 990円 6ヶ月目まで880円
7ヶ月目以降990円
6GB 1,430円 6ヶ月目まで2,134円
7ヶ月目以降2,750円
10GB 1,650円 6ヶ月目まで2,640円
7ヶ月目以降2,805円
20GB 1,870円 6ヶ月目まで4,400円
7ヶ月目以降4,620円
30GB 2,970円 6ヶ月目まで6,600円
7ヶ月目以降6,820円

後からデメリットとして触れますが、Sタイプ(ソフトバンク回線)はやや料金が高いです。Dタイプ(ドコモ回線)とAタイプ(au回線)は同じ料金となります。

いずれも、大手キャリアと比べて圧倒的な安さです。

\当サイト限定!5,000円キャッシュバック/

※申し込み画面で、クーポンコード「AFTUCP」・エントリーコード「BBZZ-0000-0000」を入力すればキャッシュバックが貰えます(終了時期は未定)

QTモバイルの評判は悪い?項目別に口コミをチェック

本記事で取り上げる口コミは、率直な意見が集まりやすいTwitterから主に参照しています。QTモバイルの評判・口コミについて詳しく見ていきましょう。

料金:大容量でも衝撃的な安さ

QTモバイルの料金に関する口コミは非常にポジティブ。特に、20GB使えて約2,000円の安さには衝撃を覚える人が続出していました。

以前から安かったQTモバイルですが、2021年にさらなる値下げ。

3大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)と比較して安くなるのはもちろん、楽天モバイルやUQモバイルと比べても安いため格安SIMからの乗り換えを検討している人も多いです。

速度:及第点だが速くはない

QTモバイルの速度は平均で20Mbps前後となっており、日常使いには問題ないものの速いとはいえません。口コミでは、特定の時間帯で遅くなるとの声が挙がっていました。

お昼休みや夕方の退勤時間などで速度が落ちます。「普通にスマホが使えればいい」といった人でなければ、満足度は低いでしょう。

サービス内容:無料の端末補償や店舗サポートが嬉しい

QTモバイルでは、iPhone・Androidに関わらず無料で端末補償サービスを受けられます。

3,000円の自己負担金はかかるものの、高額なiPhoneを保証範囲内で修理できたと感謝の声が挙がっていました。

その他、九州エリアなら専門店があるQTモバイル。いざという時、店舗サポートがあるのは強みとの口コミが見られました。

悪い口コミまとめ

良い口コミだけでなく、率直な悪い口コミもいくつか集まっています。悪い口コミをまとめると、

  • 電話サポートに繋がりにくい
  • 契約後の手続きが電話で面倒だった
  • 光回線の営業電話がかかってきた

などが挙げられます。サポートについては、電話は繋がりにくいもののチャットサポートはスムーズとの声がありました。

急ぎのときは、チャットを使ったほうがいいかもしれません。

\当サイト限定!5,000円キャッシュバック/

※申し込み画面で、クーポンコード「AFTUCP」・エントリーコード「BBZZ-0000-0000」を入力すればキャッシュバックが貰えます(終了時期は未定)

後悔する前に!QTモバイルのデメリット6個

デメリット
  1. お昼の時間帯は速度が遅い
  2. ソフトバンク回線の料金が高い
  3. ソフトバンク回線は一定の通信量を超えると速度制限される
  4. 最低利用期間内の解約で違約金がある
  5. 店舗サポートは九州地区のみ
  6. 5G通信・eSIM契約に非対応

お昼の時間帯は速度が遅い

QTモバイルに限らずほとんどの格安SIMに当てはまりますが、お昼の時間帯(12時から13時)は通信速度が遅くなります。

こちら、QTモバイルの実効速度(理論値ではなく実際に計測した速度)です。

QTモバイルの実効速度

時間帯 平均速度
49.38Mbps
5.02Mbps
夕方 51.65Mbps
50.16Mbps
深夜 69.82Mbps

※測定データはみんなのネット回線速度より参照

着目してほしいのが昼の速度。他の時間帯と比較して10分の1程度まで落ち込んでいます。

なぜ、この時間帯だけ速度が遅くなるかと言うと、お昼休みでスマホユーザーが急増して帯域制限を受けるからです。

最も速度が遅くなるのは12時半頃で、13時を過ぎると本来の速度に戻っていきます。速度が遅い時間帯は、動画・ゲーム・テザリングなどを快適に行えない場合があるため注意が必要です。

速度が遅くなる仕組み

 

QTモバイルは大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)から回線を借りて運用している。回線が混雑する時間帯になると、大手キャリアは自社ユーザーを優遇。

 

QTモバイルなど回線を貸し出している通信事業者に対しては帯域制限(通信速度の調整)を行う。その結果、速度が遅くなってしまう。

ソフトバンク回線の料金が高い

QTモバイルの最大のデメリットと言えるのがSタイプ(ソフトバンク回線)の料金です。ソフトバンク回線は料金が割高に設定されています。

高いだけでなく、契約途中で料金が変わってしまうのもデメリットです。

ソフトバンク回線の月額料金

データ容量 月額料金
1GB 6ヶ月目まで770円
7ヶ月目以降880円
3GB 6ヶ月目まで880円
7ヶ月目以降990円
6GB 6ヶ月目まで2,134円
7ヶ月目以降2,750円
10GB 6ヶ月目まで2,640円
7ヶ月目以降2,805円
20GB 6ヶ月目まで4,400円
7ヶ月目以降4,620円
30GB 6ヶ月目まで6,600円
7ヶ月目以降6,820円

特に割高になってしまうのが、10GB以上の大容量です。例えば、20GBならドコモ回線・au回線は月額2,200円です。

一方でソフトバンク回線は約2倍の4,620円となっています。

20GBプランの比較

  • ソフトバンク回線:4,620円
  • ドコモ・au回線:2,200円

多少の金額差なら許容できるものの、ここまで料金が高くなってしまうとソフトバンク回線を選ぶメリットは無いと言えるでしょう。

ソフトバンク端末でもドコモ・au回線で契約できる

QTモバイルでソフトバンク端末を使う場合、必ずしもソフトバンク回線で契約する必要はありません。

端末がSIMフリー化されていれば、割安なドコモまたはau回線でソフトバンク端末を利用できます。

SIMフリー化についてですが、2021年9月以前に購入した機種ならSIMロック解除を行えばOKです。オンライン(My docomo・My au)にて、手数料無料で簡単に手続きできます。

SIMロック解除の手続きは、QTモバイル契約後でも構いません。

2021年10月以降に発売されたソフトバンク端末なら、既にSIMフリーとなっているため何も手続きせずにドコモ・au回線にて契約できますよ。

ソフトバンク回線は一定の通信量を超えると速度制限される

割高なSタイプ(ソフトバンク回線)ですが、速度制限のルールにもデメリットがあります。

QTモバイルでは、ソフトバンク回線に対して一定の通信量を超えたときに速度制限を行う可能性があることを明記しています。

厄介なのが、どれくらいのデータ消費で速度制限されるか分からないこと。必ずしも速度制限にかかるわけではありませんが、回線が混み合うときは確実に制限されるでしょう。

速度制限の目安

実際にQTモバイルに問い合わせて、どれくらいのデータ消費量で速度制限されるのが聞いてみました。

速度制限されるデータ消費量の目安(Sタイプ)

  • 1GB:360MB
  • 3GB:500MB
  • 6GB:800MB
  • 10GB:2GB
  • 20GB:3GB
  • 30GB:4GB

※3日間でのデータ消費量

上記の情報は執筆時点のものなので、あくまで参考値として捉えて下さい。

着目したいのが、6GB以下の小中容量プラン。360~800MBは、アプリのダウンロードで超えてしまうデータ消費量なので注意が必要です。

最低利用期間内の解約で違約金がある

QTモバイルで音声通話SIM(通話+データ)を契約する場合、12ヶ月の最低利用期間があります。最低利用期間内に解約すると、違約金(解約金)が発生するため注意が必要です。

違約金のルール

(12ヶ月-利用月数)✕1,100円

※利用開始月を0ヶ月とする

半年で解約する場合、違約金は6,600円です。

現在、ほとんどの格安SIMでは最低利用期間が無くなっており違約金(解約金)も撤廃されています。

13ヶ月目以降は0円になるとは言え、未だに違約金制度のあるQTモバイルは印象がよくありません。1年以内の短期契約は控えておいたほうがいいでしょう。

店舗サポートは九州地区のみ

QTモバイルは店舗サポートを受けられますが、残念ながら九州地区に限られます。また、九州地区でも福岡県を中心に9店舗(執筆時点)しかありません。

サポート内容ですが、新規契約の他に機種変更などのアフターサポートを受けられます。電話帳などのデータ移行も行ってくれるためサービス内容は手厚いです。

なお、九州以外の人はチャット・電話・LINE・メールにてサポートを受けられます。

MEMO
格安SIMのサポートはほとんどがオンラインのみなので、九州限定とは言え店舗サポートがあるだけマシと言える

5G通信・eSIM契約に非対応

現在、主要な格安SIMでは無料で対応している5G通信とeSIM(物理的ではなくバーチャルなSIMカード)による契約。残念ながら、QTモバイルではどちらも非対応です。

5Gについては今後対応すると思われますが、現状は4G LTEによる通信です。5G対応端末を買っても5G通信はできないため注意しましょう。

eSIMについては、今後も対応するか分かりません。QTモバイルに申し込む際は、物理SIMに限られます。

\当サイト限定!5,000円キャッシュバック/

※申し込み画面で、クーポンコード「AFTUCP」・エントリーコード「BBZZ-0000-0000」を入力すればキャッシュバックが貰えます(終了時期は未定)

ここが凄い!QTモバイルのメリット7個

メリット
  1. 大容量20GBでも2,200円の安さ
  2. 5,000円キャッシュバックを受け取れる
  3. 無料で端末補償サービスが受けられる
  4. 通話料を半額にできる
  5. 無制限かけ放題を利用できる
  6. 九州電力・BBIQ光ユーザーはセット割がある
  7. 3キャリアの回線に対応

大容量20GBでも2,200円の安さ

何と言っても、QTモバイルに乗り換える最大のメリットは安さでしょう。タイプD(ドコモ回線)またはタイプA(au回線)なら、大容量20GBでもスマホ代が約2,000円に収まります。

ドコモ・au・ソフトバンクと比べるとスマホ代は半額以下に。人によっては、4分の1以下まで安くなります。

また、QTモバイルが凄いのはキャリアだけでなくahamo・LINEMO・povoなど格安SIMと比較しても安いことです。

人気の格安SIMと料金比較(20GB)

QTモバイル 2,200円
ahamo 2,970円
LINEMO 2,728円
povo 2,700円

ご覧の通り、激安と言われるahamoやLINEMOよりQTモバイルはさらに安いことが分かります。なお、20GBも要らない人は、月額1,760円の6GBプランもおすすめですよ。

余ったデータ容量は繰り越しあり

QTモバイルは、当月内に使いきれなかったデータ容量は翌月に繰り越されます。この特典も、ahamoやLINEMOにはない強みです。

データをあまり使わなかった月でも損しないのは魅力的です。

5,000円キャッシュバックを受け取れる ※当サイト限定キャンペーン

QTモバイルにて5,000円キャッシュバックを受け取れるクーポンを利用できます。こちら、当サイト限定のキャンペーンなので通常申込みでは受け取れません。

キャンペーン概要
  • キャッシュバック額:5,000円
  • 適用条件:音声通話SIM(通話+データ)に6ヶ月以上契約
  • 振込時期:開通月から数えて7ヶ月目

現金で5,000円を受け取れる格安SIMは他に見たことがありません。非常にお得なので、利用しないのは損です。

注意点として、通話機能が無いデータSIMでは利用できません。また、振込時期は7ヶ月目なので、その間に解約すると受け取れない点に気をつけましょう。

その他は、オプション加入や友達紹介など面倒な条件は一切ありません。

キャッシュバックの受け取り方法

5,000円キャッシュバックの受け取り方法ですが、以下のエントリーコードとクーポンコードを申し込み時に入力すればOKです。

必ず、店頭ではなくオンラインで申し込んで下さい。

  • エントリーコード:BBZZ-0000-0000
  • クーポンコード:AFTUCP

申し込み手順

  1. QTモバイル公式サイトにアクセス
  2. 申込みボタンをタップ
  3. 「お申込み方法の選択」で「エントリーコードをお持ちのお客さま」を選択
  4. エントリーコード「BBZZ-0000-0000」を入力
  5. クーポンコード「AFTUCP」を入力
  6. ※以降は画面の指示に沿って料金プランを選び契約

QTモバイルのクーポンコード

クーポンコードの入力画面

 

受け取り手順

  1. キャッシュバックに関する案内メールを確認
  2. メール内のURLから受付番号と画像認証キーを入力
  3. 銀行振込かローソン受け取りを選択(銀行振込は口座情報を入力)

無料で端末補償サービスが受けられる

他社にはないQTモバイルのユニークな特徴として、無料の端末補償サービスを受けられます。最高15,000円までの補償が全プランで適用されます。

端末補償サービス

端末補償サービス

オプション料金 無料
保証対象 スマホかタブレット
※他社で購入した端末でも可
登録台数 1台
補償額 修理:15,000円
交換:7,500円
自己負担金 3,000円
補償利用回数 年2回
iPhoneの補償 対応
注意
  • 利用開始から30日間は補償対象外(免責期間)
  • 補償上限額を超えた場合は、超過分の支払いが必要
  • 修理・交換に伴う送料は自己負担

いくつか注意点はあるものの、ユーザーにとってデメリットのない有利な条件です。自然故障だけでなく不注意による画面割れや水漏れも補償されます。

Androidはもちろん、高価なiPhoneやiPadも補償対象に。QTモバイルではなく他社で購入した端末でも利用可能です。

さらに充実させたいなら端末補償サービス(ワイド)

無料の補償サービスで物足りない場合は、有料の端末補償サービス(ワイド)を利用できます。月額料金は550円(初月無料)です。

端末補償サービス(ワイド)なら1契約につき最大5台まで登録可能に。5台登録すれば、1台あたり月額110円で補償される計算です。

また、補償上限額も最大40,000円にアップ。家族全員分のスマホを補償してほしいときなどに使えるオプションです。

通話料を半額にできる

QTモバイルに契約すると、無料でQTモバイルアプリが使えます。

QTモバイルアプリは利用料金や契約内容を簡単に確認できるのですが、サービスの中に通話料を半額にできる機能が備わっています。

通話料はどの携帯会社も共通で30秒あたり22円なのですが、QTモバイルアプリを使えば11円に。

通話料
通常:22円/30秒 → アプリ発信:11円/30秒

通話料を半額にする方法は、アプリを開いて「電話をかける」のメニューから相手先を選んで発信するだけ(または標準電話アプリから「0037-692」を付けて発信)。

電話をかけるメニュー

発信方法は簡単

電話帳は自動で同期されるので、知人なら電話番号の入力は必要ありません。

LINEと違って相手はアプリを立ち上げておく必要はありませんし、自分の電話番号が表示されるため非通知扱いにもなりませんよ。

iPhone・Androidともに対応です(iPhoneは着信履歴が標準電話アプリに残る仕様)。

ドコモ回線なら専用アプリ経由なしで発信できる

QTモバイルのドコモ回線プランに契約する場合は、QTモバイルアプリを立ち上げずに標準電話アプリから発信できます。

わざわざ専用アプリを経由せずに発信できるため、煩わしさがありません。

無制限かけ放題を利用できる

QTモバイルでは、オプションでかけ放題を利用できます。

無制限かけ放題

かけ放題オプション

  • 10分かけ放題:880円
  • 無制限かけ放題:1,600円

※ドコモ回線は標準電話アプリで発信、au・ソフトバンク回線はQTモバイルアプリから発信

着目したいのは、国内通話なら時間制限なしで通話できる無制限かけ放題です。オプション料金として1,600円かかりますが、通話し放題であることを考えれば高くはありません。

データ通信はあまり使わず通話重視の人でも、月々のスマホ代を大きく抑えられます。

通話重視の料金例
  • データ通信費:1,100円(2GB)
  • 無制限かけ放題:1,600円
  • 合計:2,700円

九州電力・BBIQ光ユーザーはセット割がある

九州電力またはBBIQ光を利用中の人は、セット割が効いてQTモバイルの利用料金が安くなります。

1.九電グループまとめてあんしん割

 

九電まとめてあんしん割

 

→九電電力を利用中の人はQTモバイルの月額料金が110円引き

 

 

 

2.BBIQ×QTモバイルセット割

 

BBIQセット割

 

→BBIQ光を利用中の人はQTモバイルの月額料金が最大220円引き(2GBプランは110円引き)

九電グループまとめてあんしん割とBBIQ×QTモバイルセット割は併用が可能です。併用した場合の割引額は330円に。

セット割の料金シミュレーション(D/Aタイプの場合)

データ容量
月額料金
通常料金 BBIQ光を利用中 九州電力を利用中 BBIQ光と
九州電力を利用中
2GB 1,100円 990円 990円 880円
3GB 1,540円 1,320円 1,430円 1,210円
6GB 1,760円 1,540円 1,650円 1,430円
10GB 1,980円 1,760円 1,870円 1,650円
20GB 2,200円 1,980円 2,090円 1,870円
30GB 3,300円 3,080円 3,190円 2,970円

セット割の金額はそこまで大きくはありませんが、積み重なると結構な節約効果です。QTモバイルは、ただでさえ料金が安いのにそこから割引してくれるのは凄いですね。

さらにBBIQ会員は初期費用無料やキャッシュバック特典がある

BBIQ光を利用中のBBIQ会員なら、セット割の他にも特典を受け取れます。

BBIQ会員限定の特典

  • BBIQキャッシュバックサービス(端末代金が10%OFF)
  • 初期費用の割引
  • Pontaポイントの付与

上記の特典の中で強力なのがBBIQキャッシュバックサービスです。例えば、4万円の端末なら4,000円OFFとなります。

QTモバイルで販売されている端末のすべてが対象です。

3キャリアの回線に対応

QTモバイルは、ドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアすべての回線を利用できます。3キャリア対応は非常に珍しく、格安SIMによっては一つの回線しか対応していません。

主な格安SIMの対応回線

格安SIM 回線
QTモバイル ドコモ・au・ソフトバンク
OCNモバイルONE ドコモ
ワイモバイル ソフトバンク
UQモバイル au
mineo ドコモ・au・ソフトバンク
IIJmio ドコモ・au
BIGLOBEモバイル ドコモ・au
イオンモバイル ドコモ・au

具体的なメリットとしては、手持ちの端末をSIMロック解除不要で使えます。新たに端末を購入する必要がないため初期費用を抑えられます。

手持ちの端末をそのまま使う方法は、SIMカードを入れ替えて簡単な初期設定を行うだけ。あとから新しい端末が欲しくなったら、いつでも機種変更が可能です。

\当サイト限定!5,000円キャッシュバック/

※申し込み画面で、クーポンコード「AFTUCP」・エントリーコード「BBZZ-0000-0000」を入力すればキャッシュバックが貰えます(終了時期は未定)

【総合評価】QTモバイルがおすすめな人・おすすめでない人

ユーザーの評判やメリット・デメリットを踏まえて、QTモバイルがおすすめな人とおすすめでない人を以下にまとめました。

おすすめな人

  • スマホ代をとにかく安くしたい
  • 端末の修理保証が無いと不安
  • 通話料を節約したい
  • 九州電力かBBIQ光に加入している
  • お得なキャッシュバックを利用したい

 

おすすめでない人

  • 5G対応の超高速通信を体感したい
  • ソフトバンク回線の契約先を探している
  • 全国で店舗対応してほしい
  • 1年以内に解約する予定

まず、QTモバイルの強みとなっているのが安さです。ドコモ・au・ソフトバンクと比べると、スマホ代が4分の1以下になることも。

また、UQモバイル・ワイモバイル・ahamo・LINEMO・povoなどをお使いの人も、QTモバイルに乗り換えることでさらにスマホ代を節約できます。

九州電力かBBIQ光に加入していれば、ひと月あたり最大300円が永年割引されますよ。

その他、端末の修理保証を付けたい人にもQTモバイルはおすすめ。他社では有料オプションとなりますが、QTモバイルなら無料で補償を受けられます。

修理が高額なiPhone(購入先はどこでもOK)でも手厚く補償してくれます。

\当サイト限定!5,000円キャッシュバック/

※申し込み画面で、クーポンコード「AFTUCP」・エントリーコード「BBZZ-0000-0000」を入力すればキャッシュバックが貰えます(終了時期は未定)

開通まで分かる!QTモバイルの申し込み方法

QTモバイルの申し込み方法は、

  • オンライン
  • 店舗 ※キャッシュバックなし、九州エリアのみ

の2通りです。九州の人は店舗申し込みができますが、キャッシュバックが無いので契約時はオンラインを使った方がお得です。

以下、詳しい契約手順です。

STEP.1
MNP予約番号を取得

※QTモバイルで新しい電話番号を取得したい人は不要

現在の電話番号を引き継ぐ場合はMNP予約番号を取得します。取得方法は電話またはオンラインを利用するのがスムーズです。

MNP予約番号の取得先

  • au:0077-75470(9:00~22:00)
  • ドコモ:151(9:00~20:00)
  • ソフトバンク:*5533(9:00~20:00)

スタッフと話すのが苦手な人はオンライン(My docomo・My au・My SoftBank)から取得しましょう。手数料はかかりません。

なお、楽天モバイルや格安SIMから乗り換える人は、マイページより取得できます。

STEP.2
QTモバイルの公式サイトにアクセス

>公式サイトはこちら

アクセス後、申し込みボタンをタップして下さい。

STEP.3
必要情報を入力して申し込み

※クーポンの入力画面で以下のコードを入力すると5,000円キャッシュバックを受け取れます(当サイト限定)

  • エントリーコード:BBZZ-0000-0000
  • クーポンコード:AFTUCP

サービス内容は以下の内容を選択していきます。

  • 回線(Aタイプ・Dタイプ・Sタイプ)
  • コース(音声通話SIM・データ通信専用SIM)
  • データ容量(1~30GB)
  • 端末セット・SIMカードのみ
  • オプション

電話番号を引き継ぐ人は、途中でMNP情報(取得したMNP予約番号など)を入力します。

MNP情報を入力

最後に契約者情報と支払い情報を入力して本人確認書類をアップロードすれば完了です。

STEP.4
開通手続きを行う

SIMカードが到着したら、付属のマニュアルを参考に開通センターへ連絡して開通手続き(回線切替え)を行いましょう。

開通手続き後、契約先が現在の携帯会社からQTモバイルに切り替わります。

以上で完了です。注文後、SIMカードの到着を待つ間は現在の携帯会社の契約で通話もデータ通信も使えるので安心してくださいね。

また、手持ちの端末で乗り換える人は、最後に初期設定(APN設定)を行って下さい。APN設定は、初心者でもマニュアルに沿って5分以内に手続きできますよ。

\当サイト限定!5,000円キャッシュバック/

※申し込み画面で、クーポンコード「AFTUCP」・エントリーコード「BBZZ-0000-0000」を入力すればキャッシュバックが貰えます(終了時期は未定)

QTモバイルに関するよくあるQ&A

テザリングは使える?

無料で使えます。申し込み不要で、契約したその日から利用可能です。

 

データ繰越はある?

あります。翌月末まで繰り越されます。

 

メールアドレスは貰える?

無料で貰えます。注意点として、携帯会社が変わったら取得したQTモバイルのメールアドレスは消滅するため心配な人はフリーメールを使った方がいいでしょう。

 

支払い方法は?

クレジットカードのみです。BBIQ会員なら口座振替が使えます。

 

オプションは加入すべき?

通話が多い人はかけ放題の加入がおすすめです。注意点として端末補償サービス(ワイド)は新規契約時しか加入できないので気をつけましょう。

まとめ

QTモバイルは安さに加えて無料の端末補償などサービス面でも優れる格安SIMです。

ソフトバンク回線が高いなどデメリットはいくつかありますが、許容できるのなら十分に申し込む価値があるでしょう。BBIQ会員であれば、他社は気にせず一択と考えてOK。

「既に格安SIMを利用しているけど、もっと安くしたい」といった人にもおすすめです。

\当サイト限定!5,000円キャッシュバック/

※申し込み画面で、クーポンコード「AFTUCP」・エントリーコード「BBZZ-0000-0000」を入力すればキャッシュバックが貰えます(終了時期は未定)