>>【楽天モバイル】今だけ13,000ポイント還元

【2024年】OCNモバイルONEの評判や口コミは悪い?最新評価で分かるおすすめな人

OCNモバイルONEの評判

TOPIC
OCNモバイルONEはNTTドコモと合併したことにより、2023年6月23日をもって新規受付が終了しました。今後は、新しく誕生したirumo(イルモ)にてOCNモバイルONEの後継サービスが始まります。

「OCNモバイルONEが気になるけど、実際はどうなの・・?」

NTTコミュニケーションズが提供するOCNモバイルONEは、サービス開始当初から高い人気を誇っていました。近年は、安さに加えて速度も改善。

顧客満足度が非常に高まっています。

そんなOCNモバイルONEですが、やっぱり気になるのが評判。実際、評価は高いのでしょうか。

この記事では、ユーザーの評判・口コミからOCNモバイルONEモバイルのメリット・デメリットを徹底考察。最終的にどんな人が向いているのか評価しています。

OCNモバイルONEが気になっている方は、ぜひご参考に。

OCNモバイルONEの後継サービス▼

OCNモバイルONEの代わりはmineo(マイネオ)がおすすめ

mineo

mineoはサービスが終了したOCNモバイルONEと料金体系が似ており、お得に利用できる格安SIMとして有名です。

mineoがおすすめな理由

  • OCNモバイルONEと同じドコモ回線に対応
  • 月額料金は880円から
  • 最大1.5Mbpsの使い放題プランも選べる

mineoの詳しい料金体系は、公式サイトにてご確認ください。

TOPIC

当サイト経由でmineoに申し込むと通常3,300円(税込)の事務手数料が無料

 

※事務手数料無料の注意点

  • キャンペーン適用は専用サイトからの申し込みに限る
  • キャンペーンの適用はお申し込み後の契約内容通知書をもってお知らせ
  • 法人名義は対象外
  • 200MBコースは対象外
  • マイそくスーパーライトの申し込みは対象外

 

\月額990円で使い放題/
※契約途中の画面では初期費用が表示されますが、最終的に割引されます

目次

OCNモバイルONEの料金プランに対する評判

悪い評判:大容量プランで申し込めない

現在のOCNモバイルONEの料金プランは、最大10GBまでとなっています。完全にライトユーザーを想定しており、大容量を使いたいヘビーユーザーにとっては不満が溜まることでしょう。

料金プラン

データ容量 月額料金
データSIM 音声通話SIM
500MB 550円
1GB 770円
3GB 858円 990円
6GB 1,188円 1,320円
10GB 1,628円 1,760円

OCNモバイルONEの料金プランが小容量しか選べないのは、恐らく大容量をウリとしたahamoや楽天モバイルとの差別化を狙ったのだと思われます。

ゲームや動画再生で毎月数十GBを消費する人は、OCNモバイルONEはアンマッチでしょう。

悪い評判:家族向けの割引サービスがない

OCNモバイルONEは家族割など家族向けの割引サービスがありません。

家族割がある格安SIMは実質ワイモバイルだけなのでOCNモバイルONEだけのデメリットではありませんが、家族でスマホ代を安くしたいと考えていた人は注意しておきましょう。

良い評判:端末セールが凄い

OCNモバイルONEは端末セールの威力が凄まじく、口コミでも「すごい」との声が多く挙がっていました。

特に目を引くのが一括1円の文字。回線の契約は必要ですが、端末代金が実質タダとなるのは驚く人多数。

最新機種が半額になることもあり、スマホ端末が欲しい人からは絶賛の嵐です。良い意味で頭がおかしいとの声もあり、端末セールを期待する人にとっては最高の格安SIMであると言えます。

最新の端末セールについては、以下の記事を参考にしてください▼

OCNモバイルONEのキャンペーン 【2024年2月】OCNモバイルONEのキャンペーンまとめ!端末セールでスマホ代が驚安

良い評判:キャリアの半分以下の安さ

端末代金に続き月額料金の安さも高評価。特に、同じ系列のドコモから乗り換える人が多く、スマホ代が1/5になったとの声も。

家族合わせて、スマホ代が2,300円〜3,300円ほどになったとの声もあり、いかにOCNモバイルONEが高コスパであるか分かります。

人によっては1/10くらいまで安くなるケースも。スマホ代は毎月支払う固定費なので、その節約効果は絶大です。

こちら、いかにOCNモバイルONEが安いか他社と比較してみたので参考にしてください。

他の格安SIMと料金比較

月額料金
1GB 3GB 6GB 10GB
OCNモバイルONE 770円 990円 1,320円 1,760円
ワイモバイル 2,178円
mineo 880円 1,705円
BIGLOBEモバイル 1,078円 1,100円 1,650円
イオンモバイル 1,078円 1,298円 1,628円 2,068円

ご覧の通り、10GBで2,000円を切っています。3GBなら1,000円を切る圧倒的な安さです。

良い評判:解約時の違約金が0円

以前は違約金が発生していたOCNモバイルONEですが、新プランに移行してから違約金は0円となりました。音声通話SIM・データSIMともに無料です。

もちろん、最低利用期間など契約縛りもなし。MNP転出手数料も無料なので、他社に乗り換える際の費用もかかりません。

良い評判:初月の料金がかからない

OCNモバイルONEでは、他社にはない特典として初月無料があります。通話料と初期費用を除いて、月額料金が発生するのは翌月から。

キャンペーン扱いではないため、大盤振る舞いともいえる特典です。

初月無料の格安SIM

格安SIM 初月無料
OCNモバイルONE
UQモバイル
mineo
IIJmio
ワイモバイル
イオンモバイル

 

OCNモバイルONEの後継サービス▼

OCNモバイルONEの速度・回線に対する評判

悪い評判:選べる回線がドコモだけ

NTT運営の事情から、OCNモバイルONEで選べる回線はドコモのみとなっています。

他社だと、2~3回線対応している格安SIMが多いため、やや使い勝手に難があると言えるでしょう。

格安SIMの回線

格安SIM 回線
OCNモバイルONE ドコモ
ワイモバイル ソフトバンク
UQモバイル au
mineo ドコモ・au・ソフトバンク
IIJmio ドコモ・au
BIGLOBEモバイル ドコモ・au
イオンモバイル ドコモ・au

ちなみに、SIMロック解除されていればau・ソフトバンク端末でもOCNモバイルONEで利用可能です。

2021年10月以降販売の機種なら、はじめからSIMフリー化されているため、SIMロック解除の手続きは不要です。

ドコモ端末はSIMロックが付いている状態でも、OCNモバイルONEで利用できます。

良い評判:5G対応で速い

5G対応のOCNモバイルONEは、通信速度も良好。ドコモ回線の格安SIMでは最速クラスを誇っており、最大で300Mbpsを超えたとの口コミも見られました。

ちなみに、300Mbpsはドコモ・au・ソフトバンクの5G通信に匹敵する速さです。

速度低下しやすいお昼の時間帯でも快適との声もあり。「遅い」の口コミで溢れやすい格安SIMですが、OCNモバイルONEに関しては、ほとんどがポジティブな評価となっていました。

ちなみに、2019年以前の旧プランでは逆に遅いとの声が多く挙がっていました。新プラン以降後は大きく改善されて、現在ではトップクラスに安定している格安SIMとなっています。

OCNモバイルONEの平均速度

ドコモ系の格安SIMは回線が混雑しやすいため、優秀さがより目立ちます。

なお、5Gについてはオプション扱いではなく無料で対応。5G端末でエリア内に入ると、自動で5G通信に切り替わります。

OCNモバイルONEの後継サービス▼

OCNモバイルONEのサービスに対する評判

悪い評判:問い合わせが分かりにくい

悪い評判でいくつか見られたのが、サポートに関すること。そもそも問い合わせ先が分からないとの声あり。

OCNモバイルONEは、公式サイトからチャット問合せができるのですが、電話サポートが確かに分かりづらいです。また、繋がったとしても、待たされることが多いとの声も。

「折り返します」と言われて時間がかかる場合があるのも、残念なポイントです。

MEMO
OCNモバイルONEの問い合わせはチャットが最も早い

悪い評判:ドコモのエコノミーMVNOで申し込むと微妙

OCNモバイルONEは、ドコモのエコノミーMVNOに加入したためドコモショップでサポートを受けられます。

ただし、サポートと言っても新規契約のお手伝いと初期設定の代行くらいで、手厚いアフターサポートは期待できません。

さらに、ドコモのエコノミーMVNOとしてOCNモバイルONEに申し込むと、500MB(0.5GB)しか選べません。

OCNモバイルONE公式のお得なキャンペーンも見逃してしまうため、お得に申し込みたい人にとっては十分と言えないでしょう。

悪い評判:口座振替とデビットカードの利用条件が曖昧

OCNモバイルONEの支払い方法は、原則クレジットカードだけです。公式のQ&Aページにも、そう書かれています。

しかし、状況によっては口座振替とデビットカードも使えます。具体的には、口座振替はカスタマーズフロントに連絡して口座振替依頼書をもらい、必要事項を記入して送付すればOKです。

デビットカードは、クレジットカード欄にデビットカード番号を入れて申し込み出来たら使用可能となっています。

こちら、公式には明記されていない情報なので、利用可否が曖昧で分かりにくいです。

なお、口座振替は口座振替依頼書の確認に2週間以上かかることが多く、待っている間はOCNモバイルONEの申し込みができません。この点も、大きなデメリットと言えるでしょう。

悪い評判:LINEの年齢認証(ID検索)が使えない

OCNモバイルONEは、LINEで年齢認証を行えない関係でID検索機能が使えません。

年齢認証に対応している格安SIMは年々増えているので、OCNモバイルONEもいつか対応すると予想されます。

なお、ahamopovoLINEMO楽天モバイルワイモバイルなどは、LINEの年齢認証(ID検索)に対応しています。

悪い評判:OCNメールでのログインがわかりづらい

OCNモバイルONEに契約すると、OCNメールを無料で提供してもらえます。

それ自体はメリットなのですが、OCN IDでログインする際にOCNメールアドレスとパスワードが要求されることが、わかりづらいと不評です。

OCNメールを実際使う人は少ないため、アドレスを覚えていない人が多数。

にもかかわらず、OCN IDのログインで必要となるため、契約時に配布されるお客様情報を毎回閲覧しなくてはなりません。細かな点ですが、このような使いづらさは直してほしいですね。

悪い評判:eSIM契約に対応していない

物理SIMではなくバーチャルなeSIMを使うことで、郵送物がなくなり即日開通が可能となります。残念ながら、OCNモバイルONEはeSIMに対応していません。

今後は対応する見込みですが、執筆時点では未対応なので注意して下さい。

良い評判:人気音楽アプリがデータ消費なし

OCNモバイルONEの評判では、MUSICカウントフリーを絶賛する声が多く挙がっていました。

こちら、人気の音楽アプリがデータ消費無しで楽しめるサービスです(アプリのサービス料が無料になるわけではないので注意)。

MUSICカウントフリーの対象サービス

有名サービスが対象

対象アプリ
Amazon music・ANiUTA・AWA・dヒッツ・Google Play Music・LINE MUSIC・Rec Music・Spotify・ひかりTVミュージック

長時間音楽を聴いてもデータを消費しないため、音楽好きには大変重宝できるサービスです。オプション料金はかかりません。

毎日1時間音楽を聴くと2GBくらい消費するため、小容量のプランならすぐに速度制限にかかってしまいますが、MUSICカウントフリーを活用すれば速度制限を回避できます。

良い評判:dポイントを貯められる

ドコモと提携しているOCNモバイルONEは、dポイントを貯めることが可能です。貯められるポイントは、100円につき1ポイント。

貯まったdポイントは、コンビニをはじめ色んな場所で消費できます。

OCN契約でdポイント付与

dポイントを貯められる

付与されるポイントは有効期限が付いていますが、期限は4年なので焦って使い切る必要はありません。

良い評判:iPhoneを購入できる

OCNモバイルONEはiPhoneセットで契約可能です。購入できるのは一世代前のiPhoneなので最新ではないものの十分に新しいです。

価格も安くお買い得となっています。購入できるiPhoneは、新品同様のメーカー認定整備済iPhoneまたは中古となりますが、品ぞろえは良好です。

OCNモバイルONEのiPhone

iPhone販売あり

あらかじめ初期設定(APN設定)されている状態で端末が届くためすぐに利用開始できるのもメリット。端末代金は一括払いのほか、分割購入も可能です。

良い評判:通話料を半額にできる

OCNモバイルONEに申し込むと、OCNでんわサービスを無料で使えます。こちら、通話料が半額になるサービスです。

OCNでんわのバナー

通話料が半額

相手はOCNでんわアプリを立ち上げる必要はなく、自分の電話番号で発信してOK。固定電話宛てでも構いません。

以前はアプリ経由の発信でしたが、現在は専用アプリを立ち上げることなく半額通話を実現できます(プレフックス番号が自動で付くため)。

ナビダイヤル(0570)など対象外の電話番号も一部ありますが、通話料の大幅な節約が可能です。

良い評判:時間無制限のかけ放題がある

他の格安SIMではあまり提供できていない時間無制限のかけ放題。OCNモバイルONEなら、月額1,430円で完全かけ放題を実現できます。

かけ放題オプション

  • 10分かけ放題:月額935円
  • トップ3かけ放題:月額935円
  • 完全かけ放題:月額1,430円

通話相手がいつも同じなら、トップ3かけ放題(通話時間の長かったトップ3人に完全かけ放題が適用される)もおすすめ。こちら、月額935円と格安です。

良い評判:容量シェアで回線を増やせる

容量シェアとは、一つの契約で複数のSIMカードを発行できるサービスです。10GBプランを3GB+7GBにわけるといったイメージです。

シェアの可否は格安SIMによって分かれますが、OCNモバイルONEは利用可となっています。

使い勝手としては、小さなお子さん用のスマホとしてデータを分けたり、スマホ・タブレットの2台持ちで使用するなどの使い方が多いでしょう。

なお、容量シェアは音声通話SIMとSMS付きデータSIMが572円でデータSIMが440円の利用料がSIM1枚あたりにかかります。利用を希望する人は、ご留意ください。

良い評判:OCN光ユーザーはセット割がある

OCNモバイルONEは、同じOCNサービスであるOCN光とのセット割を適用可能です。

OCN光モバイル割

割引額は毎月220円と決して大きくはありませんが、格安SIMと光回線のセット割は非常に数が少ないため貴重です。永年割引なので、ちりつもで大きな割引額となっていきますよ。

なお、セット割は最大5回線まで可能。家族で適用することができます。

OCNモバイルONEの後継サービス▼

評判・口コミから分かった!OCNモバイルONEがおすすめな人とおすすめでない人

OCNモバイルONEの評価
月額料金の安さ
(5.0)
端末代金の安さ
(5.0)
速度の安定度
(4.0)
サービスの充実度
(4.0)
キャンペーンお得度
(4.0)
総合評価
(4.5)

メリット・デメリットを踏まえて、OCNモバイルONEがおすすめな人・おすすめでない人を以下にまとめました。1個でも当てはまれば、十分に契約する価値があるでしょう。

おすすめな人

  • 安さも速度も妥協したくない
  • 3GBプランを利用したい
  • 音楽アプリをよく使う
  • 通話料も抑えたい
  • OCN光を契約中・契約予定

 

おすすめでない人

  • 大容量プランに申し込みたい
  • au・ソフトバンク端末をSIMロック解除なしで使いたい

OCNモバイルONEは、安さも速さも満たす最強クラスの格安SIMです。端末代金は全格安SIMの中で最安値、他社で端末を買うのがバカらしくなるほどの安さです。

Androidほどの値引きはありませんが、最新iPhoneも安く購入できます。

また、以前はデメリットだった月額料金も、大幅値下げによりお得に。こちらも全格安SIMで最安級です。

特に3GBプランの安さが素晴らしく、小容量でいいライトユーザーは最高の満足度を得られるでしょう。

さらに、安かろう悪かろうではなく速度が速いのもOCNモバイルONEの凄いところ。他社と比較しても、おすすめ度はピカイチです。

致命的なデメリットはなく、最もバランスが取れた格安SIMと言えるでしょう。料金も使い心地も、どちらも妥協したくないなら即決レベルでおすすめです。

OCNモバイルONEに乗り換えれば、毎月のスマホ代は大幅に節約できますよ。

OCNモバイルONEの後継サービス▼

OCNモバイルONEとは?新プランと基本情報まとめ

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEとは、NTTコミュニケーションズが提供する格安SIMサービスです。NTT運営ということもあり、ドコモ回線を使用。

サービスエリアもドコモ本家と変わらず、田舎でも問題なく繋がります。

2013年のサービス開始から安定した人気を誇っており、以前は弱点とされていた料金の高さや速度の遅さも改善されました。現在は、最高水準の安さと通信品質を誇ります。

2021年4月より新料金(新コース)となり、月々のスマホ代が2,000円を切る衝撃価格に。

新プラン

データ容量 月額料金
データSIM 音声通話SIM
1GB 770円
3GB 858円 990円
6GB 1,188円 1,320円
10GB 1,628円 1,760円
MEMO
解約金は0円(契約縛りなし)

選べる料金プランはとってもシンプル。1GB〜10GBまで好きなデータ容量を選べます。

余ったデータ容量は、無料で翌月繰越が可能です。ahamoやpovoなどキャリアの格安プランは繰り越しできないので魅力的です。

基本情報

月額料金 770円~
支払い方法 クレジットカード
サービス開始 2013
Wi-Fiサービス なし
テザリング 無料
3日間の速度制限 なし
通話料 22円/30秒
初期費用 3,733円
解約金 なし
回線 ドコモ
iPhone販売 あり
運営会社 NTTコミュニケーションズ株式会社
OCNモバイルONEの後継サービス▼

OCNモバイルONEに乗り換え!申し込みから開通までの手順

OCNモバイルONEは、オンラインから簡単に申し込めます。公式サイトならお得なキャンペーンを適用できますよ。

開通までの詳しい手順は以下の通りです。

STEP.1
MNP予約番号を取得

※新しい電話番号を取りたい人は不要

現在の電話番号をmineoでも使いたい場合は、MNP予約番号を取得します。取得したMNP予約番号を、申込み時に入力すれば電話番号が引き継がれる仕組みです。

MNPとは

MNP予約番号は、電話またはWEBから取得すれば手数料はかかりません。以下、4キャリアの取得手順です。

ドコモ

  • WEB:My docomoの「契約内容・手続き」→「携帯電話番号ポータビリティ予約(MNP)」から手続き
  • 電話:151(一般電話は0120-800-000)

au

  • WEB:My auの「スマートフォン・携帯電話」→「ご契約内容 / 手続き」→「お問い合わせ / お手続き」→「MNPご予約」から手続き
  • 電話:0077-75470

ソフトバンク

  • WEB:My SoftBankの「設定・申し込み」→「設定・変更」→「契約者情報の変更」→「番号ポータビリティ(MNP)予約関連手続き」から手続き
  • 電話:*5533

楽天モバイル

  • my 楽天モバイルの「契約プラン」→「各種手続き」→「他社へ乗り換え(MNP予約番号取得)」から手続き

キャリアではなく格安SIMからMNP予約番号を取得する際は、マイページにログインして「MNP転出」や「MNP予約番号」などが記されたメニューを探してください。

そちらから、WEB取得が可能です。

STEP.2
公式サイトにアクセス

>公式サイトはこちら

アクセス後、申し込みボタンをタップして下さい。

STEP.3
必要情報を入力して申し込み

お客様情報の入力

まずは、希望の端末あるいはSIMカード単体契約を選びます。その後、MNP乗り換えの場合は、MNP情報を選択。

以降は料金プランの選択、個人情報の入力、本人確認書類をアップロードを行い申し込みましょう。

STEP.4
開通手続きを行う

OCNモバイルONEのAPN設定

注文したSIMカード・端末は2~3日後に到着します。MNP乗り換えの方はOCNマイページから開通手続きを行います。

その後、数分で終わる簡単な初期設定を行って完了です。

OCNモバイルONEの後継サービス▼

OCNモバイルONEに関するよくあるQ&A

機種変更はできる?

OCNモバイルONEでは、契約途中に機種変更することが可能です。iPhone・Androidともに販売されているので、希望の機種を選んでSIMカードを入れ替えればOK。

もし、OCNモバイルONEに希望の端末がなければ、他の販路からSIMフリー端末を購入して機種変更することもできます。

OCNモバイルONEの対応機種であれば、どこで購入しても構いません。データ移行は自分で行いますが、便利な移行アプリが多数あるため、心配は不要ですよ。

iPhoneは問題なく使える?

使用可能です。OCNモバイルONE販売のiPhoneだけでなく、現在利用中のiPhone機種も使用できます。

OCNモバイルONEで対応しているiPhoneシリーズ

iPhone 6s以降

※ドコモ・SIMフリー版は第一世代iPhone SEも利用可

ドコモ・au・ソフトバンク・アップルストアなどで購入したiPhoneは、6sシリーズから対応しています。もちろん、最新iPhoneも利用OKです。

iPhone 6 / 6Plus以前は使用できないので注意しましょう。

デビットカードは使える?

OCNモバイルONEの支払い方法は原則クレジットカード払いに限られていますが、実はデビットカードも使用できます。

ただし、使用できるカードブランドは明記されておらず、申し込み時に登録して審査に通ったらOKという流れです。

口コミでもちらほらデビットカードで契約できたとの声があるので、クレジットカードを持っていない人は試してみるといいでしょう。

ドコモとはどんな関係?

同じNTTグループで、兄弟のような関係です。ソフトバンク提供のワイモバイル、au提供のUQモバイルといったようにサブブランド化はしていませんが、関係性としては似ています。

ドコモ・OCNモバイルONEの間で「MNP予約番号の取得が不要となる」「事務手数料が無料となる」といったサービス提供はありませんが、両者の結びつきは今後さらに深まることでしょう。

まとめ

OCNモバイルONEは、安さと通信品質を両取りできており、全体的にかなりおすすめです。特に、スマホ端末を安く購入したい人なら第一候補にすべきでしょう。

ただし、デメリットとして10GB以上のプランは選べないので、ヘビーユーザーの人には向きません。

MUSICカウントフリーは付いていますが、動画やゲームをたくさん使いたい人は10GBだと足りなくなるかもしれないのでご注意を。

OCNモバイルONEで頻繁に行われている端末セールは、すぐに在庫切れとなります。欲しい機種があるなら、早めに確保した方がいいですよ。

OCNモバイルONEの後継サービス▼