>>楽天モバイルで誰でも8,000円分(最大24,000円)ポイント還元

【2022年】mineo(マイネオ)の評判や口コミは悪い?おすすめできる人とできない人の最新評価

mineoの評判

「mineoが気になるけど、実際はどうなの・・?」

近年、勢いよくユーザー数を伸ばしているmineo(マイネオ)。他社にはない独自のサービスが受け入れられて、着実に人気を伸ばしています。

しかしながら、やっぱり気になるのが評判ですよね。本当にmineoは利用して大丈夫なのでしょうか。

この記事では、mineoユーザーの評判・口コミを元にサービス内容を詳しく評価。最終的に、どんな人におすすめできるのかまとめています。

ぜひ、ご参考に。

\月額990円でデータ使い放題/

専用ページから申し込めば、mineoの事務手数料3,300円が無料に!

 

一部の提携サイトに限り、mineoの契約時の事務手数料(3,300円)が無料に。mineoさんのご厚意で、当サイトも提携サイトとなりました。

キャンペーン名:mineo × 提携サイト限定事務手数料無料キャンペーン

 

キャンペーン期間:終了未定

 

注意事項:

  • キャンペーン適用は専用サイトからの申し込みに限る
  • キャンペーンの適用はお申し込み後の契約内容通知書をもってお知らせ
  • 法人名義は対象外
  • 200MBコースは対象外

キャンペーンの適用は、必ず以下の専用ページから申し込みましょう。

 

\申し込みはこちら/

※契約途中の画面では初期費用が表示されますが、最終的に割引されます

目次

【結論】mineo(マイネオ)の総合評価

まずは時間が無い人向けに。評判・口コミから分かったmineoの総合評価を以下にまとめます。

mineoの評価
月額料金の安さ
(3.5)
端末代金の安さ
(2.5)
速度の安定度
(3.0)
サービスの充実度
(4.5)
キャンペーンお得度
(2.5)
総合評価
(3.5)

mineoのおすすめ度はA-ランクです

【mineoの評判・口コミ】

料金について ◎ 夫婦で月々4,000円くらい
◎ 携帯料金が1/5まで下がった
◎ 今までの料金がバカバカしく感じる
◎ 毎月1,500円くらい
速度について ✕ 回線混雑時が遅い
✕ 契約を辞めようか悩むほど遅いときがある
✕ お昼の速度が遅すぎる
◎ 安定していて普通に使える
パケット放題Plusについて
◎ Youtubeを普通の画質で見まくれる
◎ 最大1.5Mbpsだけど何でもできる
◎ Amazonプライムビデオを止まらず再生できる
◎ テザリングでFire TVを視聴できた
その他 ◎ 楽天モバイルと組み合わせて通話もネットも1,500円以下で無制限になった
◎ マイそくと通話無料の楽天モバイルのデュアルSIMで究極の安上がり

【mineoのメリット・デメリット】

 

メリット

  • データ無制限プラン「マイそく」を選べる
  • パケット放題Plusで中速無制限にできる
  • 3大キャリアより安い
  • ドコモ・au・ソフトバンク回線に対応
  • フリータンクで速度制限を回避できる
  • 「ゆずるね。」達成でデータのプレゼントがある
  • パケットギフトでデータ容量を分け合える
  • ユーザー満足度が高い
  • LINEの年齢認証(ID検索)に対応
  • 名義変更に対応している
  • 解約金がかからない
  • 通話料を54%OFFにできる
  • 5G通信に対応

 

デメリット

  • 回線混雑時に速度低下しやすい
  • 端末代金が安くない
  • マイピタは格安SIMの中では少し高い
  • 店舗サポートがほぼ受けられない
  • 口座振替払いが不可
  • キャンペーンがやや弱い
  • eSIMで申し込めない
  • キャリアメールの提供がない
  • 完全かけ放題がない

【mineoがおすすめな人・おすすめでない人】

 

おすすめな人

  • 1,000円~2,000円くらいでデータ無制限にしたい
  • 通話無料の楽天モバイルとパケット放題 Plusやマイそくを組み合わせたい
  • 手持ちの端末で乗り換えたい
  • 通話料も節約したい
  • 数日の速度制限を無料でしのぎたい
  • 人気の格安SIMを使ってみたい

 

おすすめでない人

  • 一時的な速度低下でも許容できない
  • 端末を安く購入したい
  • ショップ契約したい
  • キャリアレベルの速度でないと嫌
\月額990円でデータ使い放題/

mineo(マイネオ)とは?特徴・基本情報を簡単まとめ

mineo

mineoは、関西電力グループの株式会社オプテージが提供する格安SIMサービスです。サービス開始は2014年より。

回線は3キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)に対応。フリータンクやパケットギフトなど、他の格安SIMにはない独自サービスが特徴的です。

近年は、データ使い放題のパケット放題Plusとマイそくが熱い支持を集めています。大手キャリアのサブブランドでないにも関わらず、トップ級の人気を誇るのも特徴的。

料金プランは以下の通りです。

料金プラン

データSIM 音声通話SIM
1GB 880円 1,298円
5GB 1,265円 1,518円
10GB 1,705円 1,958円
20GB 1,925円 2,178円
1.5Mbps無制限
(マイそく)
990円
3.0Mbps無制限
(マイそく)
2,200円

※ドコモ・au・ソフトバンク回線すべて共通価格
※マイそくは12時から13時は32kbpsに速度制限される

mineoの料金プランは、1GB~20GBの基本データ容量から選ぶマイピタと1.5Mbps/3.0Mbpsの使い放題から選ぶマイそく(12時から13時は32kbpsに速度制限)に分かれます。

基本情報

支払い方法 クレジットカード
サービス開始 2014
Wi-Fiサービス なし
テザリング 無料
通話料 22円/30秒
初期費用 3,740円
解約金 なし
回線 ドコモ
au
ソフトバンク
iPhone販売 あり
家族割 あり
運営会社 株式会社オプテージ
\月額990円でデータ使い放題/

mineo(マイネオ)の評判・口コミは悪い?

本記事で取り上げる口コミは、率直な意見が集まりやすいTwitterから主に参照しています。mineoの評判・口コミについて詳しく見ていきましょう。

料金:早く乗り換えるべきだったと後悔するほどの安さ

安さに関してはほぼすべての人が満足との意見。今まで支払っていた携帯代金と比べて、5分の1まで安くなったとの口コミも。

特に、大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)から乗り換えた人は衝撃度が大きいようで、もっと早くmineoを使いたかったと後悔する声も挙がっていました。

口コミ要旨

  • 夫婦で月々4,000円くらい
  • 携帯料金が1/5まで下がった
  • 今までの料金がバカバカしく感じる
  • 毎月1,500円くらい

\月額990円でデータ使い放題/

 

速度:回線が混雑すると遅い

速度については、賛否両論のmineo。決して爆速ではないけど普通に使えるからOKとの口コミもありましたが、多く挙がっていたのが回線混雑時に遅いとの声。

特にお昼の時間帯での遅さが目立っており、お昼休みにネットをたくさん使いたい人にとっては厳しいとの口コミが見られました。

口コミ要旨

  • 回線混雑時が遅い
  • 契約を辞めようか悩むほど遅いときがある
  • お昼の速度が遅すぎる
  • 安定していて普通に使える

\月額990円でデータ使い放題/

サービス内容:パケット放題Plusが優秀すぎる

mineoは、パケットギフトやフリータンクなど独自のサービスを多数展開していますが、圧倒的に好評だったのがパケット放題 Plus。

パケット放題Plusは1.5Mbpsでデータ使い放題となるサービスなのですが、SNSやWEBサイト閲覧はもちろんYoutubeやVOD(NetflixやAmazonプライムビデオなど)も普通に視聴できるとの声が多数。

実質、動画見放題とも言えるサービス内容で、「最高すぎる」との口コミが多く挙がっていました。

MEMO
パケット放題 Plusは月額385円のオプション料金がかかるが、10GB以上のプランなら無料

口コミ要旨

  • Youtubeを普通の画質で見まくれる
  • 最大1.5Mbpsだけど何でもできる
  • Amazonプライムビデオを止まらず再生できる
  • テザリングでFire TVを視聴できた

\月額990円でデータ使い放題/

その他:楽天モバイルとのデュアルSIM運用が最強

SNSで話題となっているのが、mineoと楽天モバイルの組み合わせ。両者を組み合わせれば、安価にデータも通話も使い放題を実現できると話題です。

具体的には、データ通信はmineoの無制限サービスであるパケット放題 Plusかマイそくを利用。通話は、楽天モバイルの無料通話サービス「Rakuten Link」を活用します。

この組み合わせなら、毎月1,500円以下でデータも通話も使い放題に。なお、楽天モバイルと組み合わせるときは、mineoはデータSIM(通話機能なし)で契約します。

2枚のSIMカードを挿入できるデュアルSIM対応スマホを使うことが前提ではありますが、利用できる人にとっては衝撃度が大きいようです。

>楽天モバイルについて詳しくはこちら

口コミ要旨

  • 楽天モバイルと組み合わせて通話もネットも1,500円以下で無制限になった
  • マイそくと通話無料の楽天モバイルのデュアルSIMで究極の安上がり

\月額990円でデータ使い放題/

抑えておきたい!mineo(マイネオ)のメリット

メリット
  1. データ無制限プラン「マイそく」を選べる
  2. パケット放題Plusで中速無制限にできる
  3. 3大キャリアより安い
  4. ドコモ・au・ソフトバンク回線に対応
  5. フリータンクで速度制限を回避できる
  6. 「ゆずるね。」達成でデータのプレゼントがある
  7. パケットギフトでデータ容量を分け合える
  8. ユーザー満足度が高い
  9. LINEの年齢認証(ID検索)に対応
  10. 名義変更に対応している
  11. 解約金がかからない
  12. 通話料を54%OFFにできる
  13. 5G通信に対応

データ無制限プラン「マイそく」を選べる

mineoでは、基本データ容量で選ぶ通常プランの他に、データ無制限のマイそくを選べます。

マイそく

マイそく

  • スタンダード(1.5Mbps):990円/月
  • プレミアム(3.0Mbps):2,200円/月

※月曜から金曜の12時から13時は32kbpsに速度制限される

まず気を付けたいのが、お昼12時から13時の時間帯は、32kbpsに速度制限される点。この速度で出来ることは、LINEの返信(テキストのみ)やメール閲覧くらいです。

この時間帯を乗り切れば、スタンダードは1.5Mbps以上、プレミアムは3.0Mbps以上でデータ使い放題となります。お昼休みのスマホいじりを我慢できるかが、分かれ目のプランです。

マイそくの使い心地ですが、1.5MbpsあればYoutube動画を普通画質で再生可能です。ゲームアプリもほとんどが問題なく利用OK。

WEBサイト閲覧やSNSも使用できます。マイそくの口コミ評価では、かなり満足度が高くなっており、爆速を希望しないなら必要十分との声が多数。

気になる人は、月額990円のスタンダードからお試ししてみるといいでしょう。

POINT
デュアルSIM対応のスマホがあるなら、楽天モバイル(データ通信費0円で通話料無料アプリを使う)と組み合わせて、通話もネットも月額990円で使い放題にできる

パケット放題Plusで中速無制限にできる

mineoでは、1.5Mbpsの中速度でデータ使い放題となるパケット放題Plusを提供しています。

1.5Mbpsあれば、

  • 動画サービス(Youtubeなど)
  • VODサービス(Netflixなど)
  • WEBサイト閲覧
  • LINE
  • SNS
  • 音楽・ラジオアプリ
  • 多くのゲームアプリ

くらいの用途なら利用できます。

こちら、月額385円のオプション料金がかかりますが、10GB以上のプランなら無料に。パケット放題Plus目当てで契約する人も多く、mineoを代表するメリットの一つです。

パケット放題Plus

パケット放題Plus

パケット放題Plusの利用料金

データ容量 月額基本料金
(音声通話SIM)
パケット放題Plus
オプション料金/月
合計
1GB 1,298円 385円 1,683円
5GB 1,518円 385円 1,903円
10GB 1,958円 0円 1,958円
20GB 2,178円 0円 2,178円

1.5Mbpsの速度ですが、非常に絶妙でWEBサイト閲覧やSNSはもちろん動画やZOOMなどのビデオ会議でも問題なく使用できます。

注意点として3日で10GB以上使うと一時的に速度制限(200kbps)にかかりますが、日常的な使い方なら実質データ無制限とも言えるサービスです。

パケット放題Plusの使い心地

パケット放題Plusの使い心地

デメリットの章でmineoは料金がやや高いと指摘しましたが、パケット放題Plusを考慮すれば一気にお得度が増します。

仮に、1GBにパケット放題Plusを付けると、月額料金は1,298円+385円で1,638円に。抜群のコスパを発揮します。

パケット放題Plusの料金シミュレーション

コスパが大幅に改善

マイそくとの違いは?

マイそくとパケット放題Plusは同じデータ使い放題サービスですが、両者には以下の違いがあります。

マイそく パケット放題Plus
利用料金 990円~ 1,638円~
通信速度 1.5Mbps~
3.0Mbps
1.5Mbps
速度制限 12時から13時は32kbps 3日で10GB以上使うと200kbps

利用料金はマイそくの方が安いのですが、速度制限の条件はパケット放題Plusの方が緩いです。安さと速度のどちらを重視するかで選びましょう。

>mineo公式でパケット放題Plusやマイそくを確認する

3大キャリアより安い

ドコモ・au・ソフトバンクを利用中の人なら、mineoに乗り換えることで大幅なスマホ代の節約が可能です。

3大キャリアと料金比較

月額料金
mineo ドコモ au ソフトバンク
1GB 1,298円 3,465円 3,278円 3,278円
5GB 1,518円 6,765円 6,578円 7,238円
10GB 1,958円 7,315円 7,238円 7,238円
20GB 2,178円 7,315円 7,238円 7,238円

ご覧の通り、3キャリアと比べてmineoはしっかりと安いです。ドコモ・au・ソフトバンクで家族割や光回線とのセット割を適用していたとしてもmineoの方がお得となっています。

大容量を使いたい人でも、mineoなら2千円程度で20Gものデータを消費できますよ。

ドコモ・au・ソフトバンク回線に対応

mineoは、ドコモ・au・ソフトバンクのトリプルキャリアに対応しています。そのため、ドコモ端末ならドコモ回線を選択、au端末ならau回線を選択といった契約が可能です。

トリプルキャリア対応

トリプルキャリア対応

対応回線の比較

au ドコモ ソフトバンク
mineo
ahamo
povo
LINEMO
UQモバイル
IIJmio
ワイモバイル
OCNモバイルONE
BIGLOBEモバイル
イオンモバイル

端末と回線を同キャリアに合わせることで、SIMロック解除なしで乗り換えられます。手持ちの端末そのままでSIMカードを挿し変えればmineoに乗り換え完了。

データ移行の必要はなく、すぐにmineoユーザーとなってスマホ代を安くできますよ。

MEMO
mineoはほとんどのユーザーが手持ちの端末のまま乗り換えている(SIMのみ契約)

フリータンクで速度制限を回避できる

フリータンクとは、mineoユーザー同士でデータ容量をシェアする無料サービスです。他社にはないmineo独自のサービスとなっています。

利用にあたりオプション料金はかかりません。

フリータンク

フリータンク

こちら助け合いの精神が元となっている仕組みで、

  • データ容量が余ったらフリータンクに預け入れる
  • データ残量が無くなりそうになったらフリータンクからデータを引き出す

といったことができます。データの引き出し・預け入れはmineoアプリからワンタップで可能です。

フリータンクの預け入れ・引き出し

預け入れ・引き出し

まったく預け入れしていなくても1GBまでなら引き出しOK。預け入れの実績があれば、さらに多く引き出せます。

預け入れより引き出しが多いユーザーは、月1GBまでの利用制限が付くためフリータンク全体が枯渇する心配はありません。

使いどころとして、今月あとちょっとで速度制限にかかる・・といった場面でフリータンクを活用して制限を回避できます。

なお、災害時はデータ引き出しの容量が増える場合があります(過去10GBまで無料開放された実績あり)。

「ゆずるね。」達成でデータのプレゼントがある

こちらもフリータンクと同様で、譲り合いの精神から生まれたmineo独自のサービスです。

仕組みとしては、お昼の回線混雑時の時間帯(12時から13時)にパケット利用を控えて他のユーザーに譲ります。

ゆずるねの仕組み

  • 11:30にゆずるね宣言をして12時~13時に数MBしか使わなければゆずるね達成
  • ゆずるね達成ボーナスとして夜間フリーやプレミアム1DAYパスが貰える

mineoはゲーム感覚でデータ容量を受け渡す仕組みを作るのが得意な通信事業者です。今回のゆずるねも楽しみながら、ユーザー全員が得をする仕組みとなっています。

格安SIMにとって鬼門の12時から13時ですが、mineoが多少マシなのはゆずるねのおかげでしょう。

ゆずるね。

ゆずるね。

イメージが湧かない方は、こちらの動画も合わせてご覧ください。

「ゆずるね。」を利用することにより、デメリットの項目で挙げた回線混雑による速度低下の影響が緩和されます。また、何度も「ゆずるね。」を行うことによりデータプレゼントもあり。

ゆずるねの特典内容

ゆずるねの特典内容

20回達成でプレミアム1DAYパスを貰ったら、好きなタイミングで24時間プレミアム帯域の高速通信を利用可能です。

パケットギフトでデータ容量を分け合える

mineoは、手持ちのデータ容量を好きな相手に分け合えるパケットギフトを利用できます。

パケットギフト

パケットギフト

データ残量が無くなってしまってもパケットギフトを受け取れば高速通信容量を復活させることが可能です。

パケットギフトの仕組み

パケットギフトの仕組み

パケットの受け渡しはmineoアプリから簡単に行えます。

ギフトを発行

パケットギフト

また、あまり大きな声では言えませんが、パケットギフトの仕組みを使えばデータ繰り越しの期間(翌月末まで)を無期限に繰り越すこともできます。

繰り越したデータ容量を分け合う「パケットシェア」も活用できる

mineoでは、繰り越したデータ容量を分け合えるパケットシェアも便利です。

利用シーンとしては、自分では使いきれなかったデータ容量を子供や友達にプレゼントするといった使い方ができますよ。

ユーザー満足度が高い

mineoはユーザー満足度の高い格安SIMとして有名です。代表的なサービスとして、マイネ王が挙げられます。

マイネ王

マイネ王

こちら誰でも登録できるコミュニティですが、mineoユーザー中心に分からないことを何でも質問しあえる場となっています。

また、mineoスタッフとの距離感も近く要望がサービス化しやすいのも特徴的。mineoの独自サービスの多くは、ユーザーの声を発端に設計されています。

ユーザー満足度の調査では常に上位

mineoは、マイネ王から拾い上げた意見をそのままサービスに反映することがあり、他の格安SIMよりユーザーとの距離感が近いです。

そのため、ユーザー満足度の調査では常に上位をキープしています。

LINEの年齢認証(ID検索)に対応

ほとんどの格安SIMではLINEの年齢認証システムが使えない関係でID検索機能を使えません。LINEの年齢認証はキャリアでないと通らない仕組みとなっているからです。

しかし、2021年より格安SIMながらmineoは年齢認証に対応しました。その結果、以前は利用不可だったID検索機能も利用できる仕様に変わっています。

名義変更に対応している

実は、ほとんどの格安SIMでは姓名の変更を除いて契約後の名義変更ができません。

そのため、お子さんが成人したタイミングで自分名義にする、または夫から妻に名義を変えるといった手続きができない不便さがあります。

しかし、mineoなら名義変更の手続きに対応。およそ1週間で、名義を移すことが可能です。

解約金がかからない

mineoは解約金がかかりません。いつ解約しても、違約金無しで辞められます。

MNP転出手数料も0円なので、他社に乗り換えるときでも費用はかかりません。最低利用期間など契約縛りもありません。

通話料を54%OFFにできる

mineoでは、通話料をおよそ半額の54%OFFにできるmineoでんわを無料で利用できます。

mineoでんわサービス

mineoでんわサービス

通常の通話料は30秒あたり22円(どの携帯会社でも共通)なのですが、mineoでんわアプリ経由で発信することにより30秒あたり10円に。

mineoでんわ

発信画面

なお、LINEなどのIP通話と違い、相手もmineoアプリを立ち上げておく必要はありません。また、相手先には自分の電話番号が表示されるため非通知になることもありませんよ。

TOPIC
mineoユーザーはIP通話アプリのLaLa Callも実質無料で使える

5G通信に対応

mineoでは5G通信に対応しています。オプション料金は不要で、5Gエリアに入ると自然に5G通信に繋がりますよ(端末側も5Gに対応している必要あり)。

\月額990円でデータ使い放題/

落とし穴はある?mineo(マイネオ)のデメリット

デメリット
  1. 回線混雑時に速度低下しやすい
  2. 端末代金が安くない
  3. マイピタは格安SIMの中では少し高い
  4. 店舗サポートがほぼ受けられない
  5. 口座振替払いが不可
  6. キャンペーンがやや弱い
  7. eSIMで申し込めない
  8. キャリアメールの提供がない
  9. 完全かけ放題がない

回線混雑時に速度低下しやすい

ほとんどの格安SIMで共通のデメリットにはなりますが、mineoはお昼に速度低下を起こしやすいです。実際、どのくらい速度が落ちるかはこちらのデータを見てもらえば一目瞭然。

お昼12時から13時の間は、1Mbps台になることが多いです。

mineoの速度

mineoの平均速度
(参照元:みんそく)

速度低下が起きる理由ですが、一言で言えば回線をレンタルしている身だからです。格安SIMは自社回線を持たず、キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)から回線を借りて運営しています。

そのため、スマホユーザーが急増するお昼休みや帰宅ラッシュの時間帯では、キャリアは自社ユーザーを優先するために格安SIMの貸与回線に帯域制限をかけるのです。

一時的な速度低下は、残念ながらほとんどの格安SIM共通のデメリットです。料金が安い代わりの我慢ポイントと言えるでしょう。

通信の最適化で快適性は保てる

mineoでは、マイページにて通信の最適化のON/OFFを選択できます。通信の最適化とは、画像や動画のデータ受信を一部劣化させることで読み込み速度を上げる技術のことです。

通信の最適化をONにすれば、表示速度が高まるため回線混雑時でも快適にデータ通信を行えます。

多少、画像や動画の品質は落ちますが、見た目はさほど変わらないので速度低下が気になるなら活用すべきです。

速度にこだわるならahamoかLINEMO

どうしても速度に妥協できないならahamoかLINEMOがおすすめです。

ahamoはドコモ本家、LINEMOはソフトバンク本家の回線を利用できます。mineoよりサービス内容は乏しくなるが、速度の満足度は段違いです。

なお、au本家の回線を使うpovoも速いのですが、新料金プランが複雑化したため現時点ではおすすめしていません。

全携帯会社で一番速い「ahamo

月額990円でSB回線が使える「LINEMO

端末代金が安くない

mineoの大きなデメリットとなっているのがこちら。mineoはあまり端末販売に力を入れていないのか、セールを行われることはほとんどありません。

定価なので損することはないのですが、端末セールを頻繁に行うOCNモバイルONEと比較すると、割高感が否めません。

例えば、以下の端末では約2倍も価格差があります。

端末代金の比較

Androidは特に値引きされやすいのですが、mineoは残念ながら定価のまま。最新機種の発売も、他の格安SIMより一歩遅れることがあります。

mineo契約者の9割が手持ち端末で乗り換えるので力を入れていないのでしょう。基本的に、mineoを使うときはSIMのみ契約(手持ちの端末を使う)を前提にした方がいいです。

期間限定で端末セール開始

これまで端末セールには消極的だったmineoですが、期間限定のキャンペーンで割引を実施するようになりました。Android・iPhoneともに大盤振る舞いのセールです。

mineoの端末セールは期間限定なので、常に開催しているわけではありません。気になる人は、以下からキャンペーンの実施を確認してみましょう。

>mineo公式で端末セールを確認する

マイピタは格安SIMの中では少し高い

mineoは格安SIMなので、当然ながらドコモ・au・ソフトバンクと比べれば大幅に安いのですが、格安SIM同士で比較すると料金は高い部類に入ります。

以下、mineoの新プラン「マイピタ」と他の格安SIMとの料金比較です。

料金比較

月額料金
mineo OCNモバイルONE LINEMO
1GB 1,298円 770円
3GB 990円 990円
5GB 1,518円
6GB 1,200円
10GB 1,958円 1,600円
20GB 2,178円 2,728円

mineoの料金がやや高い理由は、サービス内容が充実しているからだと思われます。

詳しくは次章で解説しますが、mineoには独自サービスのパケット放題Plusやフリータンクなど様々な特典を享受できます。

その結果、サービスレベルの維持コストが料金に少し乗っている印象です。

特に1GBプランのお得度が低い

mineoの料金で気を付けたいのが月額1,298円の1GBプランです。安い料金に見えますが、OCNモバイルONELINEMOでは月額990円で3GBを利用できます。

mineoよりデータ容量が3倍も使えて料金が安いです。逆に、2,178円で使える大容量20GBプランであれば、ahamoやLINEMOより安くなってmineoの優位性が目立ちます。

店舗サポートがほぼ受けられない

mineoは専門のmineoショップと提携店にて店舗サポートを全国展開していますが、店舗数は物足りません。

店舗の場所は都心に集中しており、地方だと県内で1件あるくらい。都心でも数件レベルです。

実質、店舗サポートはないものだと考えておく必要があります。また、サポート内容も新規契約のみに限られるケースが多いです。

mineoの提携店舗

県内で1店舗のみ・・

なお、店舗以外のサポートについては電話とチャットを中心に充実しています。非対面ではありますが、高品質なサポートを受けることが可能です。

mineoショップ&サポート店なら全国に充実

mineoショップではなく、サポート店・販売店・お渡し店を含めると、全国230以上の店舗数を誇ります。この数は格安SIMの中ではトップクラスです。

手取り足取りのキャリアレベルではありませんが、初期設定やプラン変更くらいならサポートしてもらえます。

口座振替払いが不可

mineoの支払い方法は、原則クレジットカードしか使えません。口座振替は非対応なので、クレジットカードを持っていない方は契約不可となっています。

もし口座振替払いを希望するなら、楽天モバイルLINEMOがおすすめです。この2社はデビットカードにも対応しています。

デビットカードは対応状況が曖昧

口座振替に非対応のmineoですが、デビットカードは使用できる可能性があります。ただし、どのカードが使えるかは明記されていません。

恐らく、金融機関側のジャッジで審査が行われているからでしょう。対応状況が曖昧なので、基本はクレジットカードのみと考えておいた方がいいです。

デビットカード、プリペイドカードはご登録いただけない場合がございます。クレジットカードでのご登録をお願いします。

公式サイトより

キャンペーンがやや弱い

格安SIMによってはキャンペーン自体行っていないこともあるので無いよりはマシですが、mineoのキャンペーン内容はしょぼいことが多いです。

キャンペーン内容でよくあるのが、2~4カ月ほどオプションが無料になるというもの。オプション料金なので得する金額は500円~1,500円程度。

他社だと、2万円相当の端末割引や月額基本料金の大幅値引きなどがあるため、mineoのキャンペーンはどうしても見劣りしてしまいます。

eSIMで申し込めない

eSIMとは、物理的なSIMではなくバーチャルなSIMカードを使用できるサービスのことです。eSIM対応なら郵送の手間が省けるため即日開通が可能です。

残念ながら、mineoはeSIM非対応なので物理SIMの受け取りが必須となっています(SIMカードの郵送を待つ間も、ネット・通話は可能)。

キャリアメールの提供がない

格安SIM全体のデメリットですが、mineoはキャリアメールの付与がありません。

これまでキャリアメールを使っていたドコモ・au・ソフトバンクユーザーの方は注意しましょう。キャリアメールの代わりは、Gmailなどフリーメールサービスで代用できます。

完全かけ放題がない

こちらも多くの格安SIMで共通のデメリットですが、mineoでは完全かけ放題のオプション提供がありません。

10分かけ放題または60分か90分の定額通話なら提供がありますが、時間無制限の完全かけ放題は利用できないので注意して下さい。

\月額990円でデータ使い放題/

mineo(マイネオ)と他の格安SIMを比較

マイネオのロゴmineo LINEMOロゴLINEMO 楽天モバイルのロゴ楽天モバイル OCNモバイルONEのロゴOCNモバイルONE ワイモバイルのロゴワイモバイル ahamoのロゴahamo UQモバイルのロゴUQモバイル BIGLOBEモバイルのロゴBIGLOBEモバイル IIJmioのロゴIIJmio
月額料金 1,298円~ 990円~ 1,078円~ 550円~ 2,178円~ 2970円 1,628円~ 1,078円~ 858円~
データ容量 1~20GB 3/20GB 0GB~
無制限
550MB~
10GB
3~25GB 20GB 3~25GB 1~30GB 2~20GB
平均速度 39.72Mbps 57.07Mbps 33.12Mbps 42.29Mbps 66.07Mbps 102.78Mbps 58.39Mbps 18.18Mbps 46.88Mbps
初期費用 3,740円 0円 0円 3,694円 3,300円 0円 3,300円 3,394円 3,746円
回線 ドコモ
au
ソフトバンク
ソフトバンク 楽天
au
ドコモ ワイモバイル
ソフトバンク
ドコモ au ドコモ
au
ドコモ
au
公式サイト https://mineo.jp https://linemo.jp https://network.m
obile.rakuten.co.
jp
https://ntt.com/p
ersonal/services
/mobile/one.html
https://ymobile.jp https://ahamo.com https://uqwimax.jp https://join.bigl
obe.ne.jp
https://iijmio.jp

mineoは、主要な格安SIMの中では安定感重視の優等生であることがわかります。

最安値や最速など、尖った特徴はないものの、mineoにしかないパケット放題 Plusやマイそくを使える点が他社との大きな違い。

3キャリア対応で手持ちの端末を使いやすい点も、他社をリードしているポイントとなっています。

\月額990円でデータ使い放題/

mineo(マイネオ)がおすすめな人・おすすめでない人

メリット・デメリットを踏まえて、mineoはどんな人におすすめできるのか以下にまとめました。

おすすめな人

  • 1,000円~2,000円くらいでデータ無制限にしたい
  • 通話無料の楽天モバイルとパケット放題 Plusやマイそくを組み合わせたい
  • 手持ちの端末で乗り換えたい
  • 通話料も節約したい
  • 数日の速度制限を無料でしのぎたい
  • 人気の格安SIMを使ってみたい

 

おすすめでない人

  • 一時的な速度低下でも許容できない
  • 端末を安く購入したい
  • ショップ契約したい
  • キャリアレベルの速度でないと嫌

mineoは手持ちの端末を使ってスマホ代を1,500円程度に抑えたい方にピッタリです。一番高いプランでも2,178円です。

10GB(1,958円)か20GB(2,178円)なら、1.5Mbpsでデータ使い放題となるパケット放題 Plusを無料で利用できます。

マイそくを利用するなら、お昼の時間帯に速度制限があるものの月額990円でデータ使い放題に。

また、デュアルSIM対応のスマホをお持ちなら、楽天モバイルとの組み合わせもかなりおすすめ。

通話料を無料にできる楽天モバイルと安価にデータ無制限を利用できるmineoを合わせた最強デュオを実現できますよ。

その他、月末付近に数日だけ速度制限にかかってしまう方もmineo向き。独自機能のフリータンクで無料チャージできるので、翌月まで追加料金なしで乗り切れます。

\月額990円でデータ使い放題/

mineo(マイネオ)に乗り換え!申し込みから開通までの手順

mineoは公式サイトでお得なキャンペーンを実施しています。時期によっては月額割引や端末セールを適用できますよ。

申し込みはオンラインにて数分で完了します。詳しい乗り換え手順は以下の通りです。

STEP.1
MNP予約番号を取得

※新しい電話番号を取りたい人は不要

現在の電話番号をmineoでも使いたい場合は、MNP予約番号を取得します。取得したMNP予約番号を、申込み時に入力すれば電話番号が引き継がれる仕組みです。

MNP予約番号は、電話またはWEBから取得すれば手数料はかかりません。以下、4キャリアの取得手順です。

ドコモ

  • WEB:My docomoの「契約内容・手続き」→「携帯電話番号ポータビリティ予約(MNP)」から手続き
  • 電話:151(一般電話は0120-800-000)

au

  • WEB:My auの「スマートフォン・携帯電話」→「ご契約内容 / 手続き」→「お問い合わせ / お手続き」→「MNPご予約」から手続き
  • 電話:0077-75470

ソフトバンク

  • WEB:My SoftBankの「設定・申し込み」→「設定・変更」→「契約者情報の変更」→「番号ポータビリティ(MNP)予約関連手続き」から手続き
  • 電話:*5533

楽天モバイル

  • my 楽天モバイルの「契約プラン」→「各種手続き」→「他社へ乗り換え(MNP予約番号取得)」から手続き

キャリアではなく格安SIMからMNP予約番号を取得する際は、マイページにログインして「MNP転出」や「MNP予約番号」などが記されたメニューを探してください。

そちらから、WEB取得が可能です。

STEP.2
mineoの公式サイトへアクセス

>公式サイトはこちら

こちらから申し込めば、キャンペーンは自動適用されます。アクセス後、「お申し込みはこちら」をタップしましょう。

 

STEP.3
必要情報を入力して申し込み

mineoのプラン選び

以下の項目を選択していきます。

選択項目

  • 料金プラン
  • SIMカードタイプ(デュアルタイプ・シングルタイプ)
  • データ容量
  • 端末セットの有無

MNPの選択

MNP乗り換えする方は、取得したMNP予約番号を入力してください。その後、契約者情報と支払い情報を入力して本人確認書類をアップロードすれば完了です。

※SIMカードが届くまでの間は、以前の携帯会社でネット・通話が可能(空白期間はない)

STEP.4
開通手続き

注文したSIMカードは2~3日で到着します(端末セットの場合は端末も同梱)。

MNP乗り換えの方は、マイページから「MNP転入切替/回線切替手続き」のボタンをタップして開通手続きを行います。

開通手続き(MNP転入)が完了した時点で、以前の携帯会社との契約は自動解除されます。

\月額990円でデータ使い放題/

mineo(マイネオ)に関するよくあるQ&A

機種変更はできる?

mineoでは、契約途中に機種変更することが可能です。iPhone・Androidともに販売されているので、希望の機種を選んでSIMカードを入れ替えればOK。

もし、mineoに希望の端末がなければ、他の販路からSIMフリー端末を購入して機種変更することもできます。

データ移行は自分で行いますが、便利な移行アプリが多数あるため、心配は不要ですよ。

iPhoneは問題なく使える?

使用可能です。mineo販売のiPhoneだけでなく、現在利用中のiPhone機種も使用できます。

mineoで対応しているiPhoneシリーズ

ドコモ・ソフトバンク・SIMフリー版:iPhone 5s/5c以降

au版:iPhone 6/6 Plus以降

※全キャリア共通で第一世代iPhone SEも利用可

ドコモ・au・ソフトバンクで購入したiPhoneを利用する際は、5s/5c(au版は6から)から対応しています。もちろん、最新iPhoneも利用OKです。

mineoは3キャリアの回線に対応しているため、SIMロック解除は不要です。

テザリングは使える?

無料で利用できます。auやソフトバンクはプランによってオプション料金550円がかかるので、お得感があります。

テザリングの接続方法は、Wi-Fi・USB・Bluetoothから選択可能。パケット放題 Plusを利用すれば、実質無制限でテザリングを活用できますよ。

回線はどれを選べばいい?

mineoに申し込むとき、ドコモ・au・ソフトバンクのいずれかの回線を選びます。おすすめの選び方は以下の通りです。

mineoで、

  • ドコモ端末を使う → ドコモ回線
  • au端末を使う → au回線
  • ソフトバンク端末を使う → ソフトバンク回線
  • 端末セット契約またはSIMフリー端末を使う → ソフトバンク回線

まず、手持ちのキャリア端末(ドコモ・au・ソフトバンク)を使うなら、回線も同キャリアに合わせましょう。

同キャリアに合わせれば、SIMロック解除が不要になることに加えて、端末と回線で対応周波数(バンド)が合わないといった心配も無くなります。

どの回線も選べる状況(端末セット契約またはSIMフリー端末を使う)なら、ソフトバンク回線がおすすめです。

ソフトバンク回線は、ドコモ・au回線と比べて利用者が少ない関係で通信速度が速いです。料金はどの回線でも変わらないので、シンプルに回線の品質を軸に選ぶといいですよ。

\月額990円でデータ使い放題/

まとめ

mineoは全体的に評価の高い格安SIMサービスです。致命的なデメリットであった端末代金の高さも改善されつつあり、大きな死角は見当たりません。

回線混雑時(主に12時から13時)に速度制限低下してしまうデメリットに許容できるなら、十分に利用価値があります。

特に、1.5Mbpsでデータ使い放題にできるマイそくやパケット放題Plusは強力。マイそくなら、月額990円でデータ使い放題です。

また、mineoは3大キャリアの回線に対応しており、手持ちのドコモ・au・ソフトバンク端末のまま乗り換え可能。初めての格安SIMで乗り換えに自信が無い人にもピッタリですよ。

\月額990円でデータ使い放題/

専用ページから申し込めば、mineoの事務手数料3,300円が無料に!

 

一部の提携サイトに限り、mineoの契約時の事務手数料(3,300円)が無料に。mineoさんのご厚意で、当サイトも提携サイトとなりました。

キャンペーン名:mineo × 提携サイト限定事務手数料無料キャンペーン

 

キャンペーン期間:終了未定

 

注意事項:

  • キャンペーン適用は専用サイトからの申し込みに限る
  • キャンペーンの適用はお申し込み後の契約内容通知書をもってお知らせ
  • 法人名義は対象外
  • 200MBコースは対象外

キャンペーンの適用は、必ず以下の専用ページから申し込みましょう。

 

\申し込みはこちら/

※契約途中の画面では初期費用が表示されますが、最終的に割引されます