楽天モバイルからmineoに乗り換えるメリット・デメリット!詳しい乗り換え手順も完全ガイド

楽天モバイルからマイネオに乗り換え

データも電話も使い放題で人気の楽天モバイルですが、対応エリアや通信品質に不満を感じて「mineoに乗り換えたい」と考えている人もいるでしょう。

mineoは大手3キャリアの回線に対応しているため、電波の繋がりは良くなる可能性があります。また、うまくプランを選べば月額料金も節約可能です。

一方でお昼は通信速度が落ちる、高速通信の使い放題がなくなるといったデメリットもあります。

本記事では楽天モバイルからmineoに乗り換える方法とメリット・デメリットについて解説します。楽天モバイルからmineoへ乗り換えたいと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

\月額990円でデータ使い放題/

【PR】2023年2月01日の注目キャンペーン
一部提携サイトのみ!mineoの事務手数料3,300円が0円

mineo(マイネオ)
キャンペーン概要
  • 期間:2023年2月1日から2023年2月28日まで
  • 特典内容:mineoの事務手数料3,300円が0円
  • 適用条件:専用ページからmineoに申し込む
一部の提携サイトに限り、mineoの契約時の事務手数料(3,300円)が無料に。mineoさんのご厚意で、当サイトも提携サイトとなりました。
キャンペーン名:mineo × 提携サイト限定事務手数料無料キャンペーン
注意点
  • キャンペーン適用は専用サイトからの申し込みに限る
  • キャンペーンの適用はお申し込み後の契約内容通知書をもってお知らせ
  • 2022年6月30日までに申し込みを承諾できない場合は特典の適用不可
  • 法人名義は対象外
  • 200MBコースは対象外
キャンペーンの適用は、必ず以下の専用ページから申し込みましょう。他のリンクを経由すると、事務手数料3,300円が無料にならないので注意して下さい。

※契約途中の画面では初期費用が表示されますが、最終的に割引されます

目次

何が違う?楽天モバイルとmineoの違いをかんたん比較

そもそも、楽天モバイルとmineoにはどのような違いがあるのでしょうか?簡単に比較してみました。

楽天モバイル mineo
月額料金 ~3GB:1,078円
3~20GB:2,178円
20GB~:3,278円
1GB:1,298円
5GB:1,518円
10GB:1,958円
20GB:2,178円
初期費用 0円 3,740円
利用回線 楽天
au(一部エリア)
ドコモ
au
ソフトバンク
5G 対応 対応
eSIM 対応 対応
(auプランのみ)
データ繰り越し ×
(マイそくは×)
海外ローミング
(2GBまで無料)

(電話・SMSのみ)
かけ放題(月額) 無制限:無料
15分かけ放題:1,100円
10分かけ放題:550円
無制限かけ放題:1,210円
サポート 電話
チャット
店舗
電話
チャット
店舗
支払い方法 クレジットカード
デビットカード
口座振替
クレジットカード
デビットカード
口座振替(eo光契約者のみ)
契約縛り なし なし

楽天モバイルとmineoでは料金体系やサービス内容などが大きく異なります。

mineoに乗り換えることで便利になる部分がある一方、楽天モバイルに比べて不便になるケースも少なくありません。メリット・デメリットをしっかり把握した上で乗り換えてください。

\月額990円でデータ使い放題/

ここに注意!楽天モバイルからmineoに乗り換えるデメリット

楽天モバイルからmineoに乗り換える際のデメリットは以下の通りです。

デメリット
  1. 通話料0円のサービスが無くなる
  2. 新型iPhoneをすぐに購入できなくなる
  3. 高速通信でのデータ使い放題が無くなる
  4. 月額料金が従量制から定額制となる
  5. 楽天ポイントが貯まらない
  6. 海外でのデータ通信ができなくなる
  7. 口座振替が原則使えなくなる
  8. 昼間の速度が落ちる可能性がある
  9. 初期費用や各種手数料がかかる

通話料0円のサービスが無くなる

楽天モバイルからmineoに乗り換えると、通話料0円のサービスがなくなります。mineoでも、国内通話が無制限にかけ放題になるオプションが利用可能です。

しかし、無制限かけ放題は月額1,210円のオプション料がかかります。楽天モバイルの場合、専用アプリであるRakuten Linkを経由すれば追加のオプション料なしで国内通話がかけ放題です。

電話をたくさんかける場合は、楽天モバイルからmineoに乗り換えるとトータル料金が高くなる可能性があります。

新型iPhoneをすぐに購入できなくなる

mineoでは新型iPhoneを発売直後に購入できないのもデメリットです。楽天モバイルでは最新モデルのiPhoneを発売直後に取り扱っています。

例えば2022年の最新モデル、iPhone 14シリーズもApple Storeや大手キャリアと同時に発売を開始しました。

一方、mineoでは早くても発売から1年ほど経たないと最新モデルを購入できません。実際、記事執筆時点ではiPhone 13やiPhone 12、iPhone SE(第2世代)といった型落ちモデルが中心です。

mineoで最新のiPhoneをいち早く使いたい場合は、Apple Storeなどで単体購入してください。

高速通信でのデータ使い放題が無くなる

楽天モバイルからmineoに乗り換えると、高速通信でのデータ使い放題がなくなります。

mineoでは月20GBまでしか高速通信を使えません。高速通信を無制限に使えるプランがないので、ヘビーユーザーは要注意です。

ただし、詳しくは後述しますが「マイそく」プランなら低~中速通信をほぼ無制限に使えます。

月額料金が従量制から定額制となる

楽天モバイルとmineoでは、そもそも料金プランの仕組みが異なります。

  • 楽天モバイル:従量制
  • mineo:定額制

楽天モバイルは使ったデータ容量に応じて料金が決まる従量制です。対して、mineoは「月1GBで1,298円」のようにデータ容量と料金が固定で決まっている定額制を採用しています。

料金が分かりやすい一方、月によってデータ容量にばらつきがある人だと使いにくいのがデメリットです。

楽天ポイントが貯まらない

mineoでは楽天ポイントが貯まりません。楽天モバイルを契約すると、楽天ポイントがどんどん貯まります。

  • 毎月の利用料100円につき1ポイントもらえる
  • 楽天市場のポイント還元率が最大+3倍
  • 楽天モバイルキャリア決済の利用で楽天市場の還元率がさらに+0.5倍

これらの特典は楽天モバイルユーザー限定なので、mineoに乗り換えるとすべて利用できなくなります。楽天ポイントを貯めている場合は、大きなデメリットですね。

海外でのデータ通信ができなくなる

楽天モバイルからmineoに乗り換えると、海外でデータ通信を利用できなくなります。

mineoも国際ローミングサービスに対応していますが、利用できるのは国際電話と国際SMSのみです。データ通信を利用できるのは、国内に限られます。

楽天モバイルなら海外でも月2GBまでデータ通信が無料です。

海外に行く機会がある人がmineoに乗り換える場合は、海外用レンタルWi-FiやレンタルSIMなど、他のデータ通信手段を用意しておきましょう。

口座振替が原則使えなくなる

mineoでは口座振替が原則使えません。運営元が同じ光回線「eo光」を利用している人のみ、mineoの料金も口座振替でまとめて支払えます。

それ以外の人はクレジットカードかデビットカードで支払わないといけません。

楽天モバイルで口座振替を利用している場合も、クレジットカードかデビットカードを用意しておくのがおすすめです。

昼間の速度が落ちる可能性がある

楽天モバイルからmineoに乗り換えると、昼間の速度が落ちる可能性があります。

mineoは大手キャリアから回線の一部を借りている格安SIMです。借りられる回線には限度があるため、混雑するお昼は通信速度が遅くなる傾向にあります。

会社や学校の昼休みにスマホをよく使う人は要注意です。楽天モバイルは自社で回線を保有しているため、mineoに比べると通信速度が安定しています。

通信速度重視なら、楽天モバイルの継続も検討してください。

初期費用や各種手数料がかかる

楽天モバイルと違い、mineoでは契約時や各種手続き時に手数料がかかります。

契約時の手数料

  • 契約事務手数料:3,300円
  • SIMカード発行料:440円
  • SIMカード再発行手数料:2,200円
  • eSIMプロファイル発行料:440円

楽天モバイルでは上記の手数料がすべて無料です。とくにeSIMを利用する場合、mineoだと機種変更時も手数料がかかる点には注意しましょう。

\月額990円でデータ使い放題/

魅力は何?楽天モバイルからmineoに乗り換えるメリット

続いては楽天モバイルからmineoに乗り換えるメリットを見ていきましょう。

メリット
  1. 楽天モバイルより繋がりやすい
  2. 5GB/10GBプランを選べる
  3. 中速使い放題でいいなら楽天モバイルより高コスパ
  4. mineo独自のユニークなサービスが使える
  5. 専用アプリ不要の無制限かけ放題を利用できる
  6. 中古のキャリア端末をそのまま使える
  7. 余ったデータ容量を翌月に持ち越せる
  8. データSIMを選択できる

楽天モバイルより繋がりやすい

mineoは楽天モバイルより電波が繋がりやすいのがメリットです。楽天回線は対応エリアがまだ狭く、エリア内でも地下鉄の駅や商業施設の中などでは圏外になることも少なくありません。

一方、mineoの対応エリアは大手3キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)と全く同じです。

3キャリアはいずれも全国各地をカバーしていますし、mineoならその中から自分の生活圏に合わせて回線を選べます。

「楽天モバイルが繋がりにくい」と感じる人でも、mineoに乗り換えれば繋がりやすくなるでしょう。

5GB/10GBプランを選べる

mineoは定額制プランを採用しているため、自分の使い方に合ったプランを選べます。とくに5GBおよび10GBの中容量を選べるのは、楽天モバイルにない魅力です。

楽天モバイルは3GBを超えると一気に20GBと同料金になります。月5GBや10GBで済む人も、20GBの料金を支払わないといけないのが難点です。

毎月のデータ容量が3GB以上10GB未満なら、mineoにするとスマホ代を節約できます。

中速使い放題でいいなら楽天モバイルより高コスパ

デメリットでも述べた通り、mineoでは楽天モバイルのような高速通信の使い放題プランがありません。しかし、「中速使い放題」で良いならむしろ楽天モバイルより高コスパです。

mineoで中速使い放題を利用する方法は大きく2つあります。

  • マイそくを利用する
  • マイピタでパケット放題 Plusを利用する

パターン1:マイそくを利用する

マイそく

マイそくは通信速度が遅い代わりに、格安でデータ通信をほぼ無制限に使えるプランです。

コース 最大通信速度 月額料金
スタンダード 1.5Mbps 990円
プレミアム 3Mbps 2,200円
ライト 300kbps 660円

例えばスタンダードなら最大1.5Mbpsの通信がほぼ無制限に使えて月額990円です。1,5Mbpsでも標準画質の動画視聴やSNS、ネットサーフィンくらいであれば全く問題ありません。

楽天モバイルは月額3,278円なので、3分の1以下の料金で使える計算です。通信速度はそこまで必要なく、とにかく安くデータ通信をたくさん使いたいならマイそくを検討しましょう。

パターン2:パケット放題Plusを利用する

パケット放題 Plus

マイそくでは、高速通信が原則使えません。中速無制限を使いつつ、高速通信も併用したい場合はマイピタに「パケット放題 Plus」を追加するのがおすすめです。

パケット放題 Plusは月額385円で利用できるオプションで、低速通信の速度が最大200kbpsから最大1.5Mbpsにアップします。

例えばマイピタの1GB+パケット放題 Plusなら月額1,683円で1GBの高速通信が使え、さらに1.5Mbpsの中速通信が使い放題です。楽天モバイルの半額ほどに抑えられますね。

マイピタのスタンダードよりやや高くなりますが、いつでも好きな時に高速通信へ戻せるのがメリットです。

mineo独自のユニークなサービスが使える

mineoには大手キャリアや他の格安SIMにないユニークなサービスが豊富に用意されています。

mineoの主な独自サービス
  • フリータンク
  • パケットギフト
  • ゆずるね。
  • パスケット

こういったサービスを活用できるのも、mineoに乗り換えるメリットです。

フリータンク

フリータンク

フリータンクはmineoユーザー全体でデータ容量をシェアできる機能です。

名前の通りデータ容量を保管できるタンクのようになっており、余ったデータ容量をタンクに入れたり、逆に足りない時にタンクから無料でデータ容量を引き出したりできます。

引き出せるのは1ヶ月に最大1GBまでです。条件こそあるものの、無料で1GBのデータ容量をもらえるのはありがたいですね。

パケットギフト

パケットギフト

パケットギフトは他のmineoユーザーにデータ容量をプレゼントできる機能です。家族や友人に余ったデータ容量を分けてあげたり、逆に自分が足りない時に助けてもらったりできます。

同一eoIDで契約している回線間でのやり取りもOKです。1人で複数回線を利用したい時にも重宝します。

ゆずるね。

ゆずるね

平日12~13時にデータ通信の利用を控えると、達成回数に応じて特典をもらえるサービスです。

ゆずるね。達成回数 特典
5回 100MB
10回 夜間フリー
(翌月1ヶ月間、23~7時は通信量を消費しない)
15回 200MB
20回 プレミアム1DAYパス
(24時間だけ高速通信できるプレミアム帯域を使える)

通信量を控えることで、混雑時の通信速度低下を防ごうというmineoらしい取り組みですね。平日お昼はWi-Fi環境下にいるような人なら、簡単に達成できます。

とくに夜間にスマホをよく使う人にとっては、夜間フリーをもらえるのはうれしいですね。

パスケット

パスケット

月額110円で、余ったデータ容量を無制限に貯めておけるサービスです。

厳密には無制限ではありませんが、上限が最大10PB(ペタバイト)=約1,000万GBと途方もなく大きな容量なので、実質無制限に繰り越せます。

しかも貯めたデータ容量に応じてボーナスももらえます。

パスケット残量 パスケットボーナス
300GB未満 残容量の0.5%/月
300GB以上 1.5GB/月

例えば「普段はデータ通信をあまり使わないが、旅行や出張などに備えて貯めておきたい」といった場合に便利ですね。

専用アプリ不要の無制限かけ放題を利用できる

かけ放題サービス

mineoの無制限かけ放題は専用アプリが不要です。スマホ標準の電話アプリから発信しても、ちゃんとかけ放題が適用されます。

楽天モバイルの無制限かけ放題を利用する場合は、Rakuten Linkアプリからの発信が必要です。

いちいちアプリをインストールするのが面倒ですし、間違って標準の電話アプリから発信するとかけ放題が適用されません。

オプション料がかかるのはデメリットですが、専用アプリなしで無制限かけ放題を利用したいならありですね。

中古のキャリア端末をそのまま使える

mineoでは中古のキャリア端末をそのまま使えます。楽天モバイルで大手キャリアのスマホを使う場合、SIMロック解除が必須です。

しかもSIMロック解除しても、対応バンドが合わずにうまく使えないこともあります。

mineoなら同じキャリアの回線を選ぶことでSIMロック解除せずに端末を使えますし、対応バンドもばっちりです。

余ったデータ容量を翌月に持ち越せる

mineoは余ったデータ容量を「データ繰り越し」で翌月に持ち越せます。例えば5GBプランで3GBしか使わなかった場合は、残った2GBが翌月に繰り越されます。

翌月は月額料金そのままで5GB+2GB=7GBのデータ通信が利用可能です。楽天モバイルは従量制プランのため、データ繰り越しには対応していません。

データSIMを選択できる

mineoには音声通話機能がない「データSIM」も用意されています。データSIMは音声通話機能がない代わりに月額料金が割安です。

タブレットやモバイルルーター、サブ端末など音声通話がいらない機種で安くデータ通信を使いたい場合にはデータSIMが重宝します。

\月額990円でデータ使い放題/

楽天モバイルからmineoに乗り換えるべき人

メリット・デメリットを踏まえると、次のような人は楽天モバイルからmineoに乗り換えるべきでしょう。

  • 電波の繋がりやすさを重視する人
  • 毎月利用するデータ容量が3GB以上10GB未満で安定している人
  • 速度はそこそこで良いので、格安でデータ通信を無制限に使いたい人

電波の繋がりやすさを重視する人

電波の繋がりやすさを重視するならmineoがおすすめです。

mineoの対応エリアは大手3キャリアと全く同じなので、楽天モバイルよりも広い範囲をカバーしています。繋がりやすさは段違いです。

しかも好きなキャリアから選べるので、自分の生活圏や使いたい端末に合わせられます。

毎月利用するデータ容量が3GB以上10GB未満で安定している人

毎月利用するデータ容量が3GB以上10GB未満で安定している人も、mineoに乗り換えるとお得です。

楽天モバイルは従量制プランなので、毎月の通信量にばらつきがある人でも使いやすいという特徴があります。ただし、3GBを超えると一気に20GBと同じ料金になるのが難点です。

毎月決まって3GB以上10GB未満の人なら、5GBまたは10GBプランがあるmineoにするとスマホ代を抑えられます。

とくに月3GB以上5GB未満の場合、楽天モバイルは2,178円ですがmineoなら1,518円です。

速度はそこそこで良いので、格安でデータ通信を無制限に使いたい人

速度よりも安さ重視で無制限プランを使いたいなら、mineoのマイそくがおすすめです。

最大1.5Mbpsのスタンダードなら月額990円、最大3Mbpsのプレミアムでも月額2,200円で使えます。通信速度は遅くなりますが、楽天モバイルの3,278円よりも割安です。

スタンダードでも標準画質の動画視聴や音楽ストリーミング、カーナビなどは普通に使えますよ。

\月額990円でデータ使い放題/

【MNP】電話番号そのままで楽天モバイルからmineoに乗り換える手順

mineoは電話番号を他社から引き継ぐ「MNP」に対応しています。楽天モバイルで使っている電話番号をmineoでも使いたい場合は、MNPで乗り換えてください。

ここでは、MNPで楽天モバイルからmineoへ乗り換える手順を解説します。

STEP1:楽天モバイルからMNP予約番号を取得する

まずは楽天モバイルからMNP予約番号を取得しましょう。会員向けページ「my 楽天モバイル」から取得できます。

  1. アプリまたはブラウザからmy 楽天モバイルへアクセスする
  2. 「契約プラン」をタップする
  3. 「各種手続き」の「手続きへ進む」をタップする
  4. 「他社へのお乗り換え(MNP)」をタップする
  5. アンケートに答えて「MNP予約番号を発行する」をタップする

MNP予約番号には15日間の有効期限がありますが、mineoを申し込む際はこの有効期限が10日以上残っている必要があります。

mnp予約番号の発行

MNP予約番号を取得したら、なるべく早くmineoを申し込んでください。

STEP2:mineoに申し込む

MNP予約番号を取得したら、mineoを申し込みましょう。申し込み方法は大きく3つです。

  • Web
  • 電話
  • 店舗

どの方法でも良いですが、24時間いつでも申し込みできて待ち時間がないWebがおすすめです。基本的には画面の指示に従うだけなので、初めての人でも簡単に申し込めますよ。

Webでmineoを申し込む手順

  1. mineo公式サイトのお申込みボタンをタップ
  2. 端末セットの有無、SIMタイプ、プラン、コースなどを選ぶ
  3. 端末を選ぶ(端末セットの場合)
  4. オプションを選ぶ
  5. サービス選択で「現在ご利用中の電話番号を引き継ぐ」を選択する
  6. MNP予約番号、引き継ぐ電話番号、MNP予約番号の有効期限を選択・入力する
  7. 契約者情報を入力する
  8. 支払い情報を入力する
  9. 本人確認書類をアップロードする

「サービス選択」では、必ず「現在ご利用中の電話番号を引き継ぐ」を選択してください。

電話番号の引き継ぎ

「新しい電話番号を利用する」を選ぶとMNPではなく新規契約となり、電話番号が引き継がれません。申し込みが終わったら、SIM/端末が来るのを待ちましょう。

なお、eSIMの場合はSIMカードの郵送を待つ必要はありません。申し込みが終わったら開通手続きへ進んでください。

STEP3:開通手続きを行う

SIM/端末が届いたら開通手続き(MNP転入切替)を実施します。

  1. mineoマイページにアクセスする
  2. eoIDを入力し「次へ」をタップする
  3. eoIDパスワードを入力し「ログイン」をタップする
  4. 「各種サポート」の「MNP転入切替/回線切替手続き」をタップする
  5. SIMカード台紙に記載の「ICCID/製造番号」の下4ケタを入力する※
  6. 「回線切替」をタップする

※eSIMは入力不要

MNP転入切替

手続き後、登録メールアドレスに「回線切替受付メール」が届きます。

メール受信から約30分(ソフトバンクプランのみ約1時間)経ったらテストコール111(ソフトバンクプランは11112)へ電話してください。ガイダンスが流れれば、開通手続き完了です。

開通手続きが終わると、楽天モバイルは自動的に解約されます。解約手続きをする必要はありません。

STEP4 プロファイルのダウンロード(eSIMのみ)

eSIMを申し込んだ場合はeSIMプロファイルのダウンロードが必要です。まずはeSIMプロファイルダウンロード用のQRコードを表示してください。

  1. mineoのマイページにアクセスする
  2. 「ご契約内容照会」をタップする
  3. 契約内容の「eSIMプロファイルダウンロード」をタップする
  4. 受付番号を入力して検索する
  5. eSIMプロファイルダウンロード用のQRコードおよびコードが表示される

あとはこのQRコードを端末で読み取ればOKです。万が一、他に端末を持っていない場合はコードをコピペして直接入力してください。

eSIMプロファイルのQRコードの読み取手順は機種によって異なります。

Androidで設定する手順

  1. 「設定」アプリの「モバイルネットワーク」をタップする
  2. 「eSIM」をタップする
  3. 「eSIMの追加」をタップする
  4. 「次へ」をタップする
  5. スキャン画面が起動するので、さきほど表示したQRコードを読み取る
  6. 「有効化」をタップする

QRコードを読み取る環境がない場合はスキャン画面左下の「ヘルプ」をタップし、コードを直接入力してください。

iPhoneで設定する手順

  1. 「設定」アプリの「モバイル通信」をタップする
  2. 「モバイル通信プランを追加」をタップする
  3. カメラが起動するので、さきほど表示したQRコードを読み取る
  4. 「モバイル通信プランを追加」をタップする
  5. 「続ける」をタップする

QRコードを読み取る環境がない場合はカメラ画面下の「詳細情報を手動で入力」をタップし、コードを直接入力してください。

STEP5:APN設定を行う(SIMのみ契約)

SIMカードのみ契約した場合は、最後にAPN設定が必要です。APN設定も、AndroidとiPhoneで手順が異なります。

AndroidのAPN設定

  1. 「設定」アプリの「モバイルネットワーク」をタップする
  2. 「高度な設定」をタップする
  3. 「CPA設定」をタップする
  4. 必要事項を入力し「保存」をタップする
  5. 「CPA接続」または「設定を有効にする」にチェックを入れる

CPA設定では以下の項目を入力してください。

表記例 入力項目
名前、ネットワーク名など 任意の名前
APN、APN設定 Aプラン:mineo.jp
Dプラン:mineo-d.jp
Sプラン:mineo-s.jp
ユーザーID、ユーザー名 mineo@k-opti.com
パスワード、password mineo
認証タイプ、PPP認証方式、PPP認証設定 CHAPを選択

Androidスマホは機種によって設定手順が異なります。詳しくは端末の取扱説明書なども参考にしてください。

iPhoneのAPN設定

  1. iPhoneをWi-Fiに接続する
  2. Safariを起動し「ネットワーク設定(iOS端末)」ページへアクセスする
  3. 利用プランおよび端末に合ったプロファイルのダウンロードリンクをタップする
  4. 「許可」をタップする
  5. 「閉じる」をタップする
  6. 「設定」アプリの「一般」をタップする
  7. 「VPNとデバイス管理」をタップする
  8. 「ダウンロード済みプロファイル」をタップする
  9. 「インストール」をタップする
  10. 「パスコード」を入力する(設定している場合)
  11. 「インストール」を2回タップする
\月額990円でデータ使い放題/

楽天モバイルからmineoに乗り換えるベストタイミングとは?

楽天モバイルからmineoに乗り換えるベストなタイミングは「月末」です。

月末に乗り換えるのがお得な理由

  • 楽天モバイルの解約月の月額料金は日割りされない
  • mineoの初月料金は日割りされる
  • データ容量はすべて付与される

楽天モバイルは利用したデータ容量で料金が決まる変動制のため、解約月の月額料金が日割りされません。

いつ解約しても、利用したデータ容量に応じた1ヶ月分の月額料金が満額請求されます。

一方、mineoの初月料金は日割りです。できるだけ月末に契約することで、mineoの初月料金を抑えられます。

初月料金は日割りされますが、データ容量は日割りされません。

月末に契約すると楽天モバイルの解約月の料金が無駄にならず、mineoの初月料金がほぼかからず、それでいてデータ容量がすべて付与されます。

余ったデータ容量は翌月に繰り越されるので、使い切れなくても無駄になりません。

\月額990円でデータ使い放題/

楽天モバイルからmineoに乗り換える際の費用(違約金や事務手数料など)

楽天モバイルからmineoに乗り換える際の費用は以下の通りです。

費用 金額
楽天モバイルの解約金 0円
楽天モバイルのMNP転出手数料 0円
mineoの契約事務手数料 3,300円
mineoのSIMカード発行料 440円
mineoの端末代
(セット購入する場合のみ)
端末による
合計 3,740円+端末代

SIMのみ契約なら3,740円の初期費用のみで乗り換えられます。楽天モバイルの解約金やMNP転出手数料などはかかりません。

\月額990円でデータ使い放題/

楽天モバイルからmineo乗り換えでキャンペーンが利用できる

楽天モバイルからmineoに乗り換えるとキャンペーンを利用できます。

キャンペーン内容は時期によって異なりますが、過去の例を見ると「月額料金割引」や「端末購入でギフト券プレゼント」といったキャンペーンが多いですね。

mineoで開催されることが多いキャンペーン

  • 月額料金割引
  • オプション割引(かけ放題やエンタメサービスなど)
  • 指定の端末購入でギフト券プレゼント

端末代が安くなるキャンペーンはあまり実施されません。基本的にはSIMのみ契約で月額料金やオプション料の割引を狙いましょう。

2023年2月時点の最新キャンペーンについては、以下の記事をご確認下さい。

mineo最新キャンペーンまとめ 【2023年1月】mineo(マイネオ)の最新キャンペーンまとめ!適用条件を詳しく解説

楽天モバイルとmineoを併用(デュアルSIM)するのはありか?

楽天モバイルとmineoは併用もおすすめです。お互いの弱点やデメリットをカバーする使い方ができます。

  • 楽天モバイルをメインで利用し、電波が繋がりにくい場所はmineoでカバー
  • mineoをメインで利用し、電話は楽天モバイルを利用する

おすすめの使い方1つ目は楽天モバイルをメインで利用し、電波が繋がりにくい場所のみmineoに切り替える方法です。

これなら楽天モバイルでデータ通信を思う存分使いつつ、電波の入りが悪い場所はmineoでカバーできます。

おすすめの使い方2つ目は真逆です。mineoをメインで使い、楽天モバイルは電話専用回線として使います。月額料金を抑えつつ、通話料を節約することが可能です。

電話番号は1つあればOK、という人はmineoをデータSIMで契約しましょう。月額料金をより抑えられます。

まとめ

以上、楽天モバイルからmineoに乗り換える際のメリット・デメリットと乗り換える手順について解説しました。

mineoは3キャリア回線に対応しているため、対応エリアの広さで楽天モバイルをリードしています。

毎月のデータ容量が3GB以上10GB未満の人や、中速通信の使い放題プランを利用したい人なら月額料金もお得です。

一方で、楽天モバイルから乗り換えると高速通信の無制限プランがなくなる、かけ放題が有料になるといった注意点もあります。

メリット・デメリットを踏まえたうえで、mineoへ乗り換えるか判断してくださいね。

\月額990円でデータ使い放題/

専用ページから申し込めば、mineoの事務手数料3,300円が無料に!

 

一部の提携サイトに限り、mineoの契約時の事務手数料(3,300円)が無料に。mineoさんのご厚意で、当サイトも提携サイトとなりました。

キャンペーン名:mineo × 提携サイト限定事務手数料無料キャンペーン

 

キャンペーン期間:終了未定

 

注意事項:

  • キャンペーン適用は専用サイトからの申し込みに限る
  • キャンペーンの適用はお申し込み後の契約内容通知書をもってお知らせ
  • 法人名義は対象外
  • 200MBコースは対象外

キャンペーンの適用は、必ず以下の専用ページから申し込みましょう。

 

\申し込みはこちら/

※契約途中の画面では初期費用が表示されますが、最終的に割引されます