【速報】LINEMOがPayPay還元で最大12か月無料

LINEMOの通話料は高い?かけ放題(通話準定額・通話定額)の料金と必要性も解説

LINEMOの通話料はいくら?

「LINEMOの通話料やかけ放題について知りたい!」

「オプション料金がかかるけど、入った方がお得なの・・?」

LINEMO(ラインモ)を申し込む際に気になるのが通話料ですよね。結論から言うと、LINEMOの通話料は30秒あたり22円で他社と変わりません。

LINEMOでは、オプションでかけ放題(通話準定額・通話定額)を利用することができます。かけ放題の時間は5分か無制限を選択可能です。

オプション扱いなので、月額基本料とは別に支払いが必要なかけ放題。本当に加入すべきか悩みますよね。

そこでこの記事では、LINEMOの通話料やかけ放題について徹底解説。毎月どれくらいの通話時間で付けた方がお得なのかについても説明していきます。

\今なら最大12か月実質無料!初期費用も0円/

LINEMOの通話料はいくら?

まずはLINEMOの通話料について詳しく見ていきましょう。

国内通話料は30秒あたり22円

LINEMOの国内通話料は、30秒あたり22円となります。かけ放題オプションに加入していない場合の料金です。

相手先が固定電話でも携帯でも料金は変わりません。

国際通話料は国・地域によって変わる

国際通話の場合は、相手の国・地域によって通話料が変わります。以下、主要国の国際通話料をまとめました。

国際電話の通話料

国名 通話料(30秒)
アメリカ(本土) 39円
カナダ 49円
中国 99円
韓国 99円
オーストラリア 99円
イギリス 119円
ドイツ 119円
フランス 119円
南アフリカ 184円

LINEMOで国際通話を利用する場合、オプション加入などは不要です。相手先の電話番号の前に「+」か「010」を付けたうえで「相手先の国番号」も付けて発信すれば繋がります。

LINE通話はギガフリー特典で0円

LINEMOでLINE通話を利用する場合は、ギガフリー特典により完全無料となります。

LINEギガフリー

LINEのデータ消費が0

他社だと、LINE通話の通話料はかかりませんがデータ通信費は発生します。LINEMOなら、データ通信費もかかりません。

LINE通話を利用する際の料金

  • LINEMO:完全無料
  • 他社:通話料は無料だが、無料Wi-Fiスポットに接続している場合などを除いてデータ通信費がかかる

ギガフリー特典ですが、データ通信費がかからないだけでなくデータ消費も0となります。LINEの利用頻度が高い人は、LINEMOならデータ消費・利用料金の大きな節約が可能です。

\今なら最大12か月実質無料!初期費用も0円/

LINEMOの通話料は他社と比べて高い?

LINEMOは、そもそもの通話料が高いのでは?と心配ですよね。結論から言うと、国内の携帯会社は大手キャリアや格安SIMも含め、30秒あたり22円で統一されています。

主な通信事業者

LINEMO・ahamo・povo・楽天モバイル・au・ドコモ・ソフトバンク・mineo・IIJmio・ワイモバイル・UQモバイル

 

通話料

30秒あたり22円

何となく高い気がしますのが、どの携帯会社も共通価格なのでご心配なく。ドコモ・au・ソフトバンクとも、料金は変わりません。

\今なら最大12か月実質無料!初期費用も0円/

LINEMOは2つのかけ放題オプションが選べる

LINEMOでは、2種類のかけ放題オプションが用意されています。

かけ放題オプション

  • 通話準定額(5分):550円/月
  • 通話定額(無制限):1650円/月

それぞれ詳しい内容を見ていきましょう。

通話準定額(5分かけ放題)

通話準定額(5分)は、5分以内の国内通話が回数無制限で定額となります。5分を超過すると、30秒あたり22円の通話料が発生します。

相手先は固定電話でも携帯電話でも構いませんが、国際電話はオプションの対象外なので注意して下さい。

オプション料金
550円

オプション料金は、月額550円です。通話時間は短いものの、通話回数が多い人にとっては非常にお得なオプションと言えるでしょう。

回数無制限なので、5分を超えそうになったら一度電話を切ってかけ直すといった手段もありです。

なお、損得のラインは毎月の通話時間が13分以上となっており、13分を超える人は通話準定額を付けた方がお得です。

通話定額(24時間かけ放題)

通話定額は24時間の無制限かけ放題です。かけ放題でも5分以内は短すぎる、と感じる方は通話定額がおすすめです。

通話準定額と同じく、かけ放題の対象は国内の固定電話・携帯電話となっています。オプション料金は、1,650円です。

オプション料金
1,650円

お得になるのは、毎月の通話時間が38分以上の人。過去の通話履歴を調べて、LINEなどを除いた音声通話の通話時間が38分を超えているか確認してみましょう。

もし超えているなら、通話定額に加入した方が通話料を節約できます。

\今なら最大12か月実質無料!初期費用も0円/

【実質無料】LINEMOのかけ放題が「通話オプション割引キャンペーン2」で7カ月割引

2023年9月現在、LINEMOのキャンペーンかけ放題オプションが7カ月550円引きとなっています。通話準定額(5分)のオプション料金は550円なので、実質無料で利用可能です。

通話定額を選んだ場合は、月額1,100円です。

通話オプション割引キャンペーン2

通話オプション割引キャンペーン2

割引額550円×7カ月

割引後の価格

  • 5分かけ放題(通話準定額):月額550円 → 0円
  • 無制限かけ放題(通話定額):月額1,650円 → 月額1,100円
TOPIC
通話オプション割引キャンペーン2の終了時期は未定

割引期間ですが、LINEMOの契約月を1カ月として7カ月間適用されます。もちろん、キャンペーンの期間内に解約してもOKです。

実質無料なので、軽くお試しする気持ちで申し込んでみるといいでしょう。LINEMOのスマホプラン(20GB)・ミニプラン(3GB)ともに対象です。

使っていないのに解約忘れするのが怖いといった方は、iPhone・Androidに標準付属しているリマインド機能で、期限が近付いたら通知するよう設定しておくといいですよ。

注意点として、割引期間である7カ月は、かけ放題オプションに加入していない時期でもカウントされています。

例えば、5カ月経ってから本キャンペーンを利用すると、割引期間は2カ月だけです。そのため、このキャンペーンを利用する際は、LINEMOの契約時に申し込みを済ませておきましょう。

\今なら最大12か月実質無料!初期費用も0円/

 

LINEMOでは「通話オプション割引キャンペーン2」以外にも様々なキャンペーンを利用できます。特に、PayPayポイントの還元は見逃せません。

最新キャンペーンについては、以下の記事でまとめているので気になる方はご覧ください。

LINEMOキャンペーン 【2023年9月】LINEMOの最新キャンペーンまとめ!最大限にPayPayポイントを受け取る方法

LINEMOのかけ放題はアプリ不要で通話品質が良い

LINEMOのかけ放題オプションは、専用アプリを経由せずに通話できます。そんなの当たり前では?と思ってしまいますが、格安SIMをはじめアプリ経由必須のかけ放題は非常に多いです。

かけ放題で必要な通話アプリ

携帯会社 通話アプリ
LINEMO なし
povo なし
ahamo なし
ワイモバイル なし
UQモバイル なし
OCNモバイルONE OCNでんわ
楽天モバイル※ Rakuten Link
mineo mineoでんわ
IIJmio みおふぉんダイアル
BIGLOBEモバイル BIGLOBEでんわ
イオンモバイル イオンでんわ

※アプリ経由なしのかけ放題も選べる

通話アプリ経由の発信は、手間がかかる上に音質が悪いです。具体的には、中継回線をまたいで通話する仕組み(プレフィックス)となるため音質が少し落ちるのです。

一方で、アプリ不要のLINEMOなどは、そのまま音声回線でかけ放題を使います。そのため、通信環境が悪くない限りいつでもクリアな音質で高品質な通話が可能です。

ちなみに、最近はプレフィックスの仕組みでもアプリを立ち上げずに発信できるサービスが増えています。

そのため発信の煩わしさは解消されつつありますが、音質はやはり音声回線より悪いのが現状です。

\今なら最大12か月実質無料!初期費用も0円/

【損益分岐点】LINEMO(ラインモ)でかけ放題を付けた方がいい人

LINEMOでかけ放題オプションを付けるべきか、それとも不要なのかイマイチ分かりにくいかと思います。

そこで、毎月の通話時間がどれくらいならかけ放題を使った方がお得なのか計算してみました。

月額550円の通話準定額(5分)を付けた方がいい人

→毎月の通話時間が13分以上

 

月額1,650円の通話定額(無制限)を付けた方がいい人

→毎月の通話時間が38分以上

まず、通話準定額(5分)ですが、毎月の通話時間が12.5分を超えると通話料が550円に達します。つまり、13分以上通話している人は、通話準定額(5分)を付けた方がお得です。

通話定額(無制限)は、毎月の通話時間が37.5分を超えると通話料が1,650円に達します。そのため、通話時間が38分を超えるなら通話定額(無制限)を申し込んだ方がいいでしょう。

なお、ここで挙げた通話時間の目安は、あくまで標準通話の時間です。LINEなど無料通話アプリを除いて上記の通話時間に達しているかどうか、通話明細から確認してみましょう。

月によって通話時間がバラバラの場合は、3か月くらいの平均を取ってみて下さいね。

\今なら最大12か月実質無料!初期費用も0円/

かけ放題以外!LINEMOの通話料を節約する方法

かけ放題以外にも、LINEMOの通話料を安くする方法はいくつかあります。

  • LINEで通話する(データ消費なし)
  • 楽天でんわで通常発信の通話料を半額にする
  • 5分かけ放題が標準付属のahamoを検討する

それぞれ詳しい内容を見ていきましょう。

LINEで通話する(データ消費なし)

LINE

LINE

一番人気の無料通話アプリと言えばLINEですよね。しかし、通話料が無料でもデータ消費が気になるかと思います。

LINEMOでは、同じLINEグループと言うこともあり、特典としてLINEのデータ消費が一切ありません。通常通話はもちろん、ビデオ通話も使い放題です。

LINEに登録している相手なら、通話はLINEに絞りましょう。LINEMOで速度制限にかかっても、LINEは高速通信で利用できますよ。

楽天でんわで通常発信の通話料を半額にする

楽天でんわ

楽天でんわ

IP通話を使いたくないなら楽天でんわがおすすめ。こちら、楽天モバイルユーザーでなくても利用できます。

通話料は一律で半額。IP通話と違い、自分の電話番号で発信できます。

楽天でんわの通話料
30秒あたり11円(固定電話・携帯電話共通)

発信方法は、アプリを立ち上げてダイヤルするだけ。もちろん、連絡先から相手を選ぶこともできます。アプリをインストールすると、端末の電話帳が自動で同期されますよ。

5分かけ放題が標準付属のahamoを検討する

かけ放題を重視するのなら、ドコモの格安プラン「ahamo(アハモ)」の方がお得です。ahamoは5分かけ放題が標準付属しており、かけ放題を外せない代わりに安くなっているのです。

かけ放題込みの料金比較

かけ放題の時間 かけ放題込みの月額料金
LINEMO
(20GB)
ahamo
(20GB)
5分 3,278円 2,970円
無制限 4,378円 4,070円

ご覧の通り、300円くらいの差ですがahamoの方がお得であることが分かります。最初からかけ放題を付ける予定なら、LINEMOよりahamoをおすすめします。

ただし、ahamoではかけ放題が不要になっても外せない点には注意しておきましょう。

また、LINEMOでもミニプラン(3GB)に申し込むなら、LINEMOにかけ放題を付けた方が安上がりです。

現在は、7カ月無料キャンペーンありのLINEMOが有利

5分かけ放題を付ける場合、ahamoの方が安くなりますが、現在LINEMOでは通話順定額(5分)を7カ月無料で利用できるキャンペーンを行っています。

そのため、今から申し込むならahamoよりLINEMOの方がお得です。

また、キャンペーン終了後もLINEを頻繁に利用する人は、LINEのデータ消費が無いLINEMOの方がお得になるケースがあります。両者で迷う場合は、ご自身の用途に合わせて選びましょう。

\今なら最大12か月実質無料!初期費用も0円/

LINEMOの通話料やかけ放題に関する注意点

ここでは、LINEMOの通話料やかけ放題に対する注意点をまとめています。事前にチェックしておきましょう。

注意
  • 家族間の無料通話特典はなし
  • 半額・無料通話のアプリ提供はなし
  • 一部、かけ放題の対象外となる電話番号がある

家族間の無料通話特典はなし

LINEMOでは、家族間の無料通話特典が無いので注意して下さい。特に、ドコモ・au・ソフトバンクの人は、家族間の無料通話に慣れているかと思いますので、注意が必要です。

なお、家族間の無料通話特典が無いのは、LINEMOに限らず他の格安SIMでも共通しています。LINEMOだけでなく格安SIM全体のデメリットと言えるでしょう。

半額・無料通話のアプリ提供はなし

LINEMOでは、通話料が半額または無料となる通話アプリの提供がありません。

通話アプリの提供が無いのはLINEMOだけのデメリットではありませんが、通話アプリで通話料の節約ができると考えていた人は注意して下さい。

人気の半額・無料通話アプリ

格安SIM 専用アプリ 通話料
楽天モバイル Rakuten Link 無料
mineo mineoでんわ 半額
IIJmio みおふぉんダイアル 半額

人気の半額・無料通話アプリの中でも強烈なのが、楽天モバイルが提供する無料通話サービスでしょう。Rakuten Linkを使えば、24時間いつでも通話料が無料となります。

ただし、Rakuten Linkは音質がイマイチで、オプション料金を支払ってでもかけ放題を選ぶ人も多いです。

他のmineoでんわやみおふぉんダイアルも、やはり音声通話と比べてやや音質が劣ります。安易に、通話料が安くなる通話アプリの提供があるから良いとは言い切れないでしょう。

一部、かけ放題の対象外となる電話番号がある

LINEMOの通話準定額または通話定額のオプションは、ほぼすべての通話に対してかけ放題が適用されます。ただし、一部で対象外の電話番号があるため気をつけてください。

かけ放題の対象外

  • 0180(テレドーム)
  • 0570(ナビダイアル)
  • 104(電話番号案内)

上記の他、国際電話(海外から国内・国内から海外ともに)も対象外なので注意しましょう。

ちなみに緊急電話(110番や119番など)は、そもそもの通話料が0円なのでかけ放題を考慮しなくて大丈夫ですよ。

\今なら最大12か月実質無料!初期費用も0円/

LINEMOの通話料やかけ放題に関するQ&A

5分以上の通話料を安くできる?

5分以上の通話料を安くしたい場合は、24時間かけ放題の通話定額(月額1,650円)に加入することが最も効果的です。

通話準定額(月額550円)だと、5分を超える通話に対して30秒あたり22円の通話料がかかってしまいます。

もし、通話定額のオプション料金が高いと感じる場合は、少し面倒となりますが通話準定額に加入して、5分を超えそうになったらかけ直ししましょう。

この方法なら、常に5分以内の通話となるため、通話準定額だけで通話料を安くすることができます。

かけ放題オプションはミニプラン・スマホプランともに対応?

LINEMOには、月額2,728円のスマホプラン(20GB)と月額990円のミニプラン(3GB)の料金プランが用意されています。

ミニプランは非常に安いため、かけ放題を付けられないなど制限があるのでは?と心配になりますが、問題なくオプションに加入できるため安心して下さい。

ちなみに、ミニプランがスマホプランより劣るサービスとしては、

  • LINEスタンプ プレミアム for LINEMOが対象外となる
  • 基本データ容量を超過した時の速度が300kbps(スマホプランは1Mbps)
  • PayPayポイントの還元額が少なくなる

の3点です。そのほかは、かけ放題を含めてスマホプランと変わらないサービスを受けられます。

オプション加入月は日割りあり?

かけ放題オプション(通話準定額・通話定額)の利用料金は、日割り請求ありです。月末に申し込んでも、1日分しか請求されないため安心して下さい。

ただし解約時は、翌月から解約が適用される関係で日割りがありません。

かけ放題はLINEMO契約後でも申し込める?

LINEMOのかけ放題オプション(通話準定額・通話定額)は、新規契約時ではなく後からでも問題なく申し込めます。

ただし注意点として、契約途中にかけ放題を申し込むと、翌月から適用となります。月初に申し込むと、約1か月待ってからの適用となるため気を付けて下さい。

LINEMOの契約と同時にかけ放題オプションを申し込む際は、加入日と同時に適用(日割りあり)されます。

まとめ

  • 通話料は30秒あたり22円で他社と変わらない
  • LINEMOでは月額550円で5分、月額1650円で無制限のかけ放題を利用できる
  • 専用アプリ不要で通話できるため、通話品質が良好
  • 毎月の通話時間が13分を超えるなら5分、38分を超えるなら無制限のかけ放題に入った方がお得

LINEMO(ラインモ)では、かけ放題を利用することで賢く通話料を節約できます。かけ放題の時間は、5分か無制限の選択が可能です。

普段の通話時間を見直してみて、13分を超えるなら通話準定額(5分)、38分を超えるなら通話定額(無制限)に申し込んだ方がいいですよ。

なお、通話料に関しては他社と変わりません。どの通信事業者も一定となっており、LINEMOだけが高いといったことはないため安心して下さい。

\今なら最大12か月実質無料!初期費用も0円/

※当記事では一部にプロモーション(広告コンテンツ)を含んでいます