>>楽天モバイルで誰でも8,000円分(最大24,000円)ポイント還元

【MNP転入】ahamoの乗り換え方法とは?他社からドコモからの乗り換え手続きを詳しく解説

ahamoへ乗り換え

「ahamoに乗り換えるにはどうすればいいの・・?」

ahamo(アハモ)に乗り換えようと思っても、いざ手続きするとなると不安ですよね。ドコモショップの手続きは有料となるため、ahamoの申し込みはオンラインが基本です。

しかしご安心を。一つ一つ手順を踏めば、誰でも確実にahamoへ乗り換えられます。

ahamoの乗り換えは、

  • 他社(ソフトバンク・au・格安SIM)から乗り換え
  • ドコモから乗り換え

で手順が変わりますので両方詳しく解説していきますね。

\他社から乗り換えでAQUOSが5,500円/

目次

【MNP転入】他社からahamo(アハモ)に乗り換える方法

現在の電話番号を引き継ぐには、MNP(モバイルナンバーポータビリティ)という手続きが必要です。

他社(ソフトバンク・au・格安SIM)からahamoに乗り換えるときは、こちらの方法で申し込みます。

全体の流れ

  1. MNP予約番号を取得する
  2. ahamo 公式サイトの申し込みページにアクセスする
  3. SIMのみか端末セットを選択する
  4. 契約方法の選択で「他社から乗り換え(MNP)」を選ぶ
  5. かけ放題オプションを選択する
  6. 対応端末を確認する(SIMのみ購入)
  7. dアカウントにログインしてMNP予約番号を入力する
  8. 本人確認書類をアップロードする
  9. 契約者情報・支払い情報を入力する
  10. 注意事項に同意して申込み
  11. SIMロック解除が必要な機種は手続きを行う(SIMのみ購入)
  12. 開通手続きを行う

各工程を詳しく見ていきましょう。

手順1:MNP予約番号を取得する

電話番号を引き継ぐには、現在の携帯会社からMNP予約番号の取得が必要です。手っ取り早く取得したいなら電話、オペレーターと直接話すのが苦手ならオンラインから取得しましょう。

MNP予約番号の取得に手数料はかかりません。また、取得後に即解約することもないので安心して下さい。

以下、3キャリアの取得手順です。

MNP予約番号の取得方法

au

  • WEB:My auの「スマートフォン・携帯電話」→「ご契約内容 / 手続き」→「お問い合わせ / お手続き」→「MNPご予約」から手続き
  • 電話:0077-75470

 

ソフトバンク

  • WEB:My SoftBankの「設定・申し込み」→「設定・変更」→「契約者情報の変更」→「番号ポータビリティ(MNP)予約関連手続き」から手続き
  • 電話:*5533

 

楽天モバイル

  • my 楽天モバイルの「契約プラン」→「各種手続き」→「他社へ乗り換え(MNP予約番号取得)」から手続き
MEMO
MNP予約番号の有効期限もメモしておく(申し込み時に入力するため)

キャリアではなく格安SIMからMNP予約番号を取得する際は、マイページにログインして「MNP転出」や「MNP予約番号」などが記されたメニューを探してください。

そちらから、WEB取得が可能です。

手順2:ahamo公式の申し込みページにアクセスする

MNP予約番号は期限があるので、取得したらすぐにahamo 公式サイトで申し込み手続きを行いましょう。

アクセス後、申し込みボタンをタップして下さい。

申し込みボタン

MEMO
申し込みボタンがわからない人は、こちらから直接申し込みページにアクセスできます

手順3:SIMのみか端末セットを選択する

「契約形態の選択」で「docomoを契約していない方」から、

  • スマホとSIMをセットで購入
  • SIMのみを購入
  • eSIMのみを購入

のいずれかを選択してください。

端末購入かSIMのみを選択

ahamoで手持ちのスマホを使う場合は、「SIMのみを購入」または「eSIMのみを購入」を選びます。eSIM申し込みは上級者向けなので、初心者はSIMのみ購入がおすすめです。

ahamo申し込みと同時に端末を購入したい場合は、「スマホとSIMをセットで購入」を選んで下さい。

端末購入の人は、このあと希望端末を選びカラー・容量・支払い回数・補償サービスなどを選択していきます。

手順4:契約方法の選択で「他社から乗り換え(MNP)」を選ぶ

「契約方法の選択」にて「他社から乗り換え(MNP)」を選択します。

他社から乗り換えを選択

この選択で、電話番号の引き継ぎが可能となります。なお、新規契約はahamoで新しい電話番号を取得したい人が選択するためMNP転入では選びません。

手順5:かけ放題オプションを選択する

かけ放題の選択は、無制限かけ放題オプション(1,100円)を付けるかどうか選びます。

かけ放題オプションの選択

ahamoは5分かけ放題がプランに付属するため、「申しまない」を選択しても5分以内の通話ならいつでも無料です。

手順6:対応端末を確認する(SIMのみ購入)

SIMのみ購入の人は、手持ちの端末がahamoで使えるかどうか対応端末の確認画面が表示されます。

対応端末の確認

心配な人は、「対応端末を確認して手続きへ」を選択して手持ちの端末がahamoで使えるかどうかチェックして下さい。

手順7:dアカウントにログインしてMNP予約番号を入力する

ahamoの申し込みにはdアカウントが必要です。まだ持っていない人は、こちらの画面から新規作成しておきましょう。

dアカウントの確認

ログインできたらMNP予約番号の入力画面で、

  • 取得したMNP予約番号
  • MNP予約番号の有効期限
  • 電話番号

の3点を入力して下さい。

MNP予約番号の入力

手順8:本人確認書類をアップロードする

続いて、本人確認書類をアップロードします。

本人確認書類のアップロード

ahamoでは、以下の本人確認書類が有効です。

有効な本人確認書類

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 身体障がい者手帳
  • 精神障がい者保健福祉手帳(障がい者手帳)
  • 療育手帳
  • 運転経歴証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード+外国発行パスポート
  • 健康保険証+補助書類(公共料金領収書か住民票)

本人以外の家族または宅配ボックスで受け取る場合は、運転免許証かマイナンバーカードにてeKYC(ネット上で本人確認を済ませる)による本人認証が必要です。

手順9:契約者情報・支払い情報を入力する

本人確認書類をアップロードが終わったら氏名、性別、住所などの契約者情報を入力します。すべて正しく入力および選択したら「次へ」をタップして支払い情報の入力に進みます。

支払い方法の設定

支払い情報では、クレジットカード払い希望ならクレジットカード情報、口座振替希望なら口座番号を入力してください。

手順10:注意事項に同意して申し込み

注意事項の説明を確認して同意のチェックを入れてください。

注文の確定

最後に契約内容を確認して、問題がなければ「注文を確定する」をタップして申し込み完了です。

手順11:SIMロック解除が必要な機種は手続きを行う(SIMのみ購入)

以上で申し込みは完了ですが、SIMカードの到着を待つ間にSIMロック解除の必要性を確認しておきましょう。

ahamoでは、2021年9月以前のau・ソフトバンク端末を使用する場合はSIMロック解除が必要です。

SIMロック解除の手順は、マイページ(My au・My SoftBank)から無料で手続きできます。以下に当てはまる方ならSIMロック解除が不要です。

SIMロック解除不要

  • 端末セットでahamoに契約する
  • SIMフリーのスマホ(アップルストアのiPhoneなど)を使用する
  • 2021年10月以降に発売されたキャリア端末を使用する

以上でahamoの申し込みは完了です。

手順12:開通手続きを行う

ahamoの申し込みが終わりSIMカードが到着したら、開通手続きを行いましょう。

ドコモ以外の他社からahamoへ乗り換える人は、以下の手順で開通手続きを行います。受付時間は、午前9時~午後9時までです。

開通手続きの流れ

  1. ahamoのログインページへアクセスし「受付番号でログイン」を選択
  2. 「受付番号」「連絡先電話番号」「暗証番号」を入力してログイン
  3. 「切り替え(開通)のお手続きへ」ボタンを選択
  4. 開通情報を確認し、問題がなければ「開通する」ボタンをタップ

開通手続きページにログイン

正常に処理されれば「開通手続きが完了しました」と画面に表示されます。

開通処理完了

元の携帯会社は自動的に契約が解除されるため、解約の連絡を入れる必要はありません。

手順13:SIMカードを挿入する

開通が完了したらSIMカードを端末にセットしましょう。ahamoのSIMカードは自分で取り付けます。

まずは、台紙からSIMカードを取り外します。指で後ろからIC部分を持ち上げるように押すと、簡単に外れます。

SIMカードの取り外し

SIMカードの取り出し

SIMカードを取り外せたら、端末の電源を切った状態でSIMトレイを開けます。iPhoneはじめ、多くの機種ではSIMピン(持っていない場合はクリップで代用する)を使います。

既に端末に入っているSIMカードは交換するため、抜いて下さい。

SIMトレイの引き出し

SIMトレイを開ける

SIMトレイが開いたら、ahamoのSIMカードを載せて挿入して下さい。Androidの人は、microSDのトレイと間違えないようにご注意を。

SIMカードの挿入

SIMカードの挿入

手順14:初期設定を行う(手持ちのAndroid端末を使う人)

ahamoのSIMカードをセットできたら、端末セット契約と手持ちのiPhoneを使う人は自動的に初期設定が完了します。

Androidの人は以下を参考にAPN設定を行って下さい。

ahamoのAPN設定

APN設定の手順(ドコモ公式より参照)

注意点として、Androidは機種によって設定メニューの表記名が異なります。上記を参考にしても分からないときは、APN設定の場所を端末メーカーに問い合わせましょう。

\他社から乗り換えでAQUOSが5,500円/

【変更手続き】ドコモからahamo(アハモ)に乗り換える方法

ドコモに契約中の方は、以下の手順でahamoに申し込めます。

全体の流れ

  1. 事前に必要な手続きの有無を確認する
  2. ahamo 公式サイトの申し込みページにアクセスする
  3. 機種変更ありで乗り換えるか選択する
  4. dアカウントにログインしてプラン変更の手続きを行う
  5. 開通手続きを行う

ドコモからの乗り換えはプラン変更の扱いになるためMNP予約番号は必要ありません。また、氏名や住所、支払い方法なども引き継がれます。

新規契約と比べて手順が少なく簡単です。各工程を詳しく見ていきましょう。

手順1:事前に必要な手続きの有無を確認する

ドコモからahamoに移行するときは、加入中の料金プランやサービスによって事前の解約や廃止手続きが必要となる場合があります。

以下の項目から、該当するものがある場合は事前の手続きを完了させておきましょう。

事前の確認事項

手順2:ahamo公式の申し込みページにアクセスする

事前確認が済んだらahamo 公式サイトで申し込み手続きを行いましょう。

アクセス後、申し込みボタンをタップして下さい。

申し込みボタン

MEMO
申し込みボタンがわからない人は、こちらから直接申し込みページにアクセスできます

手順3:機種変更ありで乗り換えるか選択する

「契約形態の選択」で「docomoを契約中の方」から、

  • 料金プラン変更+機種変更
  • 料金プラン変更のみ

のいずれかを選択してください。

機種変更するか選択

ahamoで手持ちのスマホを使う場合は、「料金プラン変更のみ」を選びます。ahamo申し込みと同時に端末を購入したい場合は、「料金プラン変更+機種変更」を選んで下さい。

端末購入の人は、このあと希望端末を選びカラー・容量・支払い回数・補償サービスなどを選択していきます。

手順4:dアカウントにログインしてプラン変更の手続きを行う

dアカウントのログイン画面が表示されるので、ドコモで利用中のdアカウントにてログインして下さい。

その後、画面の指示に沿ってプラン変更の手続きを行います。かけ放題の有無などもこちらで選択してください。

以上でahamoの申し込みは完了です。

手順5:開通手続きを行う

ドコモからahamoに乗り換える人は、オンラインまたは電話にて開通手続きを行えます。受付時間は、24時間いつでもOKです。

WEB開通の手順

  1. ドコモオンラインショップの「購入履歴」をタップ
  2. ログインするか「受付番号」「連絡先電話番号」「暗証番号」を入力
  3. 「切り替え(開通)のお手続きへ」をタップ
  4. 確認事項やメール送信先を確認する
  5. 「ご注文を確認する」をタップ

アハモの開通手続き

電話で開通させるときは、「1580」に連絡して下さい。通話料はかかりません。

手順6:SIMカードを挿入する

開通が完了したらSIMカードを端末にセットしましょう。ahamoのSIMカードは自分で取り付けます。

まずは、台紙からSIMカードを取り外します。指で後ろからIC部分を持ち上げるように押すと、簡単に外れます。

SIMカードの取り外し

SIMカードの取り出し

SIMカードを取り外せたら、端末の電源を切った状態でSIMトレイを開けます。iPhoneはじめ、多くの機種ではSIMピン(持っていない場合はクリップで代用する)を使います。

既に端末に入っているSIMカードは交換するため、抜いて下さい。

SIMトレイの引き出し

SIMトレイを開ける

SIMトレイが開いたら、ahamoのSIMカードを載せて挿入して下さい。Androidの人は、microSDのトレイと間違えないようにご注意を。

SIMカードの挿入

SIMカードの挿入

手順7:初期設定を行う(手持ちのAndroid端末を使う人)

ahamoのSIMカードをセットできたら、端末セット契約と手持ちのiPhoneを使う人は自動的に初期設定が完了します。

Androidの人は以下を参考にAPN設定を行って下さい。

ahamoのAPN設定

APN設定の手順(ドコモ公式より参照)

注意点として、Androidは機種によって設定メニューの表記名が異なります。上記を参考にしても分からないときは、APN設定の場所を端末メーカーに問い合わせましょう。

\他社から乗り換えでAQUOSが5,500円/

ahamo(アハモ)に乗り換えるときの注意点

注意
  • ドコモからahamoの乗り換えはもったいない
  • dアカウントの作成が必須
  • 発行したMNP予約番号には有効期限がある
  • iPhoneをセット購入できない

ドコモからahamoの乗り換えはもったいない

ドコモからahamoに乗り換えたい人は多いかと思いますが、キャンペーンや端末割引が対象外となってしまうため非常にもったいないです。

他社なら、1万円以上のポイント還元を受けられます。

ドコモから乗り換えはLINEMOか楽天モバイルがお得

ドコモからのおすすめ乗り換え先
  • LINEMO:SIMのみ契約でお得
  • 楽天モバイル:端末セットがお得

※どちらも豪華キャンペーンあり

POINT
LINEMOと楽天モバイルは初期費用&解約金がかからないので、もし気に入らなければ後から0円でahamoに乗り換えられる

SIMのみ契約でおすすめしたいのが、ソフトバンクの格安プランであるLINEMO。

ドコモからのMNP乗り換えなら約1万円分のPayPayポイントをもらえます。ahamoより月額料金が安いのも魅力的です。

LINEMOキャンペーン

ドコモから乗り換えでPayPay還元

 

端末セットをお得に契約したいなら楽天モバイルがおすすめ。ahamoではセット購入できないiPhoneも、数万円分のポイント還元を受けながら購入できます。

機種によっては実質0円になることもあります。

最大25,000ポイント還元

楽天モバイルは端末購入がお得

dアカウントの作成が必須

ahamoを利用するためには、dアカウントの発行が必要です。dアカウントは、d払いを使っている人やドコモユーザーなら既に持っているはずです。

まだ作成していない人は、ahamoの申し込み途中に作成できます。事前に作成しておきたい場合は、こちらのアカウント作成ページから手続きしておいて下さい。

dポイントクラブとdポイントカード利用者の登録も必要

ahamoでは、dアカウントだけでなくdポイントクラブとdポイントカード利用者の登録も必要です。dポイントクラブは、dアカウントを発行すると自動的に入会となるため手続きは不要です。

dポイントカード利用者登録については、こちらのページから1分で登録できます。未登録の人は、事前に手続きを済ませておきましょう。

発行したMNP予約番号には有効期限がある

発行したMNP予約番号には15日の有効期限があります。余裕があるように思えますが、

MNP転入でahamoに乗り換える場合は、MNP予約番号の有効期限が10日以上残っている必要があります。10日未満の場合は申し込みに失敗するので注意してください。

もしMNP予約番号の有効期限が10日未満になったら、再取得しましょう。

iPhoneをセット購入できない

以前はiPhoneのセット購入ができたahamoですが、執筆時点ではAndroidのみの発売となっています。

どうしてもahamoでiPhoneを使いたい場合は、ドコモオンラインショップで機種変更しましょう。ahamoの契約のままiPhoneの購入が可能です。

ドコモオンラインショップの利用は、ahamoの契約前・後のどちらでも構いません。

\他社から乗り換えでAQUOSが5,500円/

機種そのままでahamo(アハモ)に乗り換えられる

ahamoで使用する端末は、

  1. ahamoで新たに端末を購入する
  2. 今使っている端末をahamoで使用する
  3. ahamo以外で新しい端末を用意する

の3通り。新たに端末を購入せず、今使っている機種そのままで乗り換えるなら費用をぐっと抑えられます。

注意点として、auとソフトバンクの人はSIMロック解除が必要(2021年9月以前の機種)な場合があるので注意して下さい。

SIMロック解除は、My au・My SoftBankで手続きできます。ドコモ端末やSIMフリー端末を使う人は、SIMロック解除不要でahamoに乗り換えられます。

\他社から乗り換えでAQUOSが5,500円/

ahamoに乗り換えるベストタイミングはいつ?

ahamoは初月料金が日割りなので、いつ乗り換えても損はありません。現在契約中の携帯会社の更新月もチェックしなくてOKです。

以前は、auとソフトバンクの旧プランで約1万円の違約金が発生する可能性がありましたが、2022年4月から完全撤廃されています。

そのため、ahamoに乗り換える費用は0円です。ahamo側でも契約事務手数料(SIM発行手数料含む)がかからないので、初期費用は0円です。

思い立ったが吉日ではありませんが、好きなタイミングで乗り換えてOKですよ。

\他社から乗り換えでAQUOSが5,500円/

ahamo(アハモ)に乗り換えできないときの確認事項

MNP転入の手続きは難しくありませんが、ネットで「申し込みできない」「エラーが表示される」という意見がいくつかあります。

ahamoに乗り換えできない理由として考えられる原因を挙げてみました。

申し込みできない理由
  • 名義が一致していない
  • 申し込みの集中・メンテナンス中
  • MNP予約番号の有効期限切れ
  • ahamoで非対応のドコモサービスを利用中
  • その他の確認事項

名義が一致していない

ahamoでは、

  • MNP転入する人の名義
  • 契約者の名義
  • 支払い名義

をすべて一致させる必要があります。名義が一致していない場合は、申し込み状況の確認画面で、「DR-AL05-C23-200-05」のエラーコードが表示されます。

このエラーが出たときは、もう一度名義の部分をチェックしてみて下さい。

申し込みの集中・メンテナンス中

申し込みが集中している場合やメンテナンスが実施されている間は申し込めません。キャンペーン開催中や月末・月初めは申し込みが殺到しやすいです。

詳しい情報は、ahamo公式ツイッターなどで告知されるのでチェックしてみましょう。

ahamoで非対応のドコモサービスを利用中

ドコモからahamoへの変更でエラーが発生する場合は契約内容をチェックしてください。

ahamoの支払い方法はクレジットカードと口座振替なので、docomoの支払い方法が請求書払いだとエラーが出ます。事前に支払い方法を変更しましょう。

また、ahamoで利用できないサービスをドコモで契約している場合もエラーで申し込めません。

申込・変更・廃止が必要なサービス一覧をチェックし、該当するサービスを契約している場合は解約・変更手続きをしてください。

その他の確認事項

ahamoに申し込めない理由がまったく分からないときは、以下の項目も確認して下さい。

①手持ちのクレジットカードや銀行口座が利用不可の状態になっている

→【対処法】別のカードや銀行口座を使う

 

②古いブラウザ(更新されていないIEなど)を使っている

→【対処法】新しいブラウザ(ChromeやSafari)を使う

 

③自宅以外の住所を登録している

→【対処法】自宅の住所を登録する

 

④キャッシュ(ネットに保存された一時データ)が破損している

→【対処法】ブラウザの履歴メニューからキャッシュをクリアする

上記を試しても申し込めない状況なら、サポートに問い合わせましょう。

\他社から乗り換えでAQUOSが5,500円/

ahamo(アハモ)に乗り換えるメリット・デメリットまとめ

メリット

メリット
  1. ドコモ本家の回線なので速い
  2. 速度制限後でも1Mbpsが保たれる
  3. お得な価格で端末セット購入ができる
  4. 手持ちのiPhoneをそのまま使える
  5. ドコモオンラインショップの端末に機種変更できる
  6. 5分かけ放題が標準で付属
  7. 口座振替で申し込める
  8. d払いで支払いできる
  9. 5G通信に対応
  10. eSIMに対応
  11. 初期費用・解約金がかからない
  12. 追加料金なしで海外データ通信が可能
  13. dカード/dカードGOLD払いは特典あり
  14. d Wi-Fiを無料で使える
  15. dポイント還元のキャンペーンを利用できる

やはり、大きなメリットとしてはドコモ本家の回線を使う利点でしょう。格安SIMながら、平均速度は100Mbpsに迫る勢い。

すべての格安SIMの中で、断トツの速さです。

アハモの平均速度

ahamoの平均速度(みんそくより参照)

また、機種変更したいときにahamoの契約のままドコモオンラインショップを使えるのも隠れたメリット。

ドコモオンラインショップで機種変更すると、ドコモショップでの修理サポートを受けられます。

基本的に店舗サポートがないahamoですが、端末故障時のピンチのときにドコモショップへ駈け込めるのは心強いです。

デメリット

デメリット
  1. ドコモショップ(店頭)からの申し込みは有料
  2. キャリアメールの付与がない
  3. 選べるプランが大容量20GBのみ
  4. 未成年は自分名義で契約できない
  5. 留守番電話・転送電話サービスがない
  6. かけ放題を外せない
  7. ドコモ光セット割が対象外
  8. 家族割が適用されない
  9. データ繰り越しに非対応

最も注意したいのが、ドコモショップでのサポートが3,300円の有料となること。ahamoのサポートは基本的にチャットだけです。

月額料金が大幅に安くなる代わりに、経費削減でサポート対応が限定されています。

チャットサポートの受付時間は9時から20時までで、オペレーターが対応してくれます。

ahamoのチャットサポート

チャットサポート

また、選べるデータ容量が20GBプランに限られる点にも注意。20GBも使わない人は、月額990円(3GB)で使えるLINEMOのミニプランがおすすめです。

\他社から乗り換えでAQUOSが5,500円/

ahamo(アハモ)の乗り換えに関するQ&A

開通までの時間はどれくらい?

ahamoはオンラインで契約するため、配送期間が生じます。大体、2~3日はかかると見ておきましょう。

SIMカードが届けば、開通手続きはその日のうちに終わります。開通手続き後、回線切り替えを待つ時間は15分から1時間程度です。

不通期間はない

SIMカードの到着を待つ間、不通期間はありません。開通手続きで回線が切り替わるまで、ahamoに乗り換える前の携帯会社にて通話もネットも使えます。

ドコモからahamoは即日で乗り換えられる?

結論から言うと、SIMカードの配送期間があるため即日乗り換えはできません。

ドコモとahamoは同じ運営会社ですが、SIMカードの種類が異なるためSIM差し替えがどうしても必要となります。なお、SIMカードが到着したら開通手続きは当日内に完了しますよ。

乗り換え手続きに必要なものは?

ahamoに申し込む前の準備として、

  • 本人確認書類
  • クレジットカードまたは銀行口座

を用意しておくとスムーズです。本人確認書類は運転免許証やマイナンバーカードがおすすめです。

健康保険証は補助書類として、公共料金支払いの領収書か住民票が必要となります。

クレジットカードまたは銀行口座については、必ず契約者本人のものを用意しましょう。家族内でも他人名義のカードや口座番号は使用できません。

MNP転入と同時に機種変更できる?

可能です。ahamoでは、GalaxyやXperiaなどの人気機種をSIMカードとセットで購入できます。

後から機種変更するよりMNP転入と同時に購入したほうが、回線・端末の契約が1回で済んで楽ですよ。

ahamoに乗り換えるべき人とは?

以下に当てはまるなら、ahamoに乗り換えることをおすすめします。

おすすめできる

  • ドコモと同じ回線で格安料金を実現したい
  • 最高品質の通信速度を体感したい
  • かけ放題付属でデータもたっぷり使いたい
  • 海外旅行や出張に行くことが多い
  • 現在のスマホ代が高いと感じている

すべてに当てはまらなくても、2~3個合っているなら十分にahamoへ乗り換える価値はありますよ。

ドコモから乗り換えでdポイントは引き継げる?

dポイントはdアカウントで管理されているため、問題なく引き継げます。ちなみに、dアカウントはドコモやahamoを解約しても削除されません。

仮にahamoを解約してもポイントは消滅しないので安心して下さい。

電話帳を簡単に移行させる方法はある?

ahamoで新しい端末を購入した後、とりあえず電話帳だけ簡単に移行させたい・・といった場合はGoogleアカウントを使うのが便利です。

Android・iPhone間でも移行が可能です。

STEP.1
「設定アプリ」を開く
STEP.2
「アカウント」をタップ

アカウント

STEP.3
「Google」を選択してタップ

Google

STEP.4
「連絡先」を右へスライドする

連絡先をスライド

同期できるデータ一覧から「連絡先」を右へスライドしてください。以上で旧端末側の操作は終了です。

STEP.5
旧端末と同じGoogleアカウントでログイン

新しい端末を起動したら、旧端末と同じGoogleアカウントでログインしましょう。すると、電話帳が自動同期されます。

以上で電話帳の移行は完了です。上手く移行できない場合は、新端末側でGoogleアカウントの同期がOFFになっていないか確かめてみましょう。

\他社から乗り換えでAQUOSが5,500円/

まとめ

ahamoに乗り換えるには、MNP予約番号を取得して公式サイトから申し込めばOK。auかソフトバンク端末を使う場合は、SIMロック解除の必要性を確認しておきましょう。

ドコモショップでの手続きは有料なのでオンラインから乗り換えるのが基本となりますが、手順は簡単です。

SIMカードの到着を待つ間は、現在契約中の携帯会社で通話もデータ通信も使えるので安心して下さいね。

\他社から乗り換えでAQUOSが5,500円/