>>【楽天モバイル】今だけ13,000ポイント還元

ahamoの料金プランを徹底解説!使えるギガ数は?ドコモとの違いも料金シミュレーション

ahamoの料金プランとは

ahamoはドコモが展開する格安プランです。シンプルかつ廉価な月額料金が特徴で、大手キャリアや他の格安SIMから乗り換えたいと思っている人も多いでしょう。

本記事ではahamoの料金プランについて詳しく解説し、さらに大手キャリアやライバルの格安SIMと料金を比較しました。

ahamoの料金プランについて詳しく知りたい人、他社と比べてどれくらい安いのか知りたい人は、ぜひ参考にしてください。

\2,970円で20GB&5分かけ放題/

【ahamoの期間限定特典】2月29日まで大盛りオプションが実質0円



1,980円で80GBを追加できるahamoの大盛りオプションが、2月中に申し込むとポイント還元により実質無料に!

こちらのキャンペーンを利用する場合は、ahamo公式のキャンペーンページからエントリしましょう。今なら100GB 2,970円(5分かけ放題付)で契約事務手数料も0円です。

>>詳しいキャンペーンを見る

ahamoの料金プランとは?

ahamoの魅力の1つがシンプルな料金プランです。複雑な条件の割引が一切なく、誰でも格安で高品質なドコモの回線を利用できます。

まずはahamoの料金プランの内容について解説します。

20GB(5分かけ放題付き)のワンプラン

ahamoの料金プランは20GBプランの1つのみです。月額料金は2,970円で、国内通話の5分かけ放題も標準で付帯します。

ahamoの料金プラン
月額料金 2,970円
データ容量 20GB
事務手数料 無料
5分かけ放題 無料
かけ放題 1,100円
データ追加 +1GB:550円
+80GB(大盛りオプション):1,980円

他の格安SIMは複数のプランが用意されているのが一般的ですが、ahamoは20GBプランの1つのみです。非常にシンプルで、迷う必要がありません。

他のプランがないためプラン変更はできない

ahamoは料金プランが1つなので、プラン変更はできません。すべてのユーザーが20GBの料金プランを利用することになります。

ただし、後述する「大盛りオプション」を利用することで、実質月100GBのプランへ変更することが可能です。

反対に、20GB未満のデータ容量へ変更することはできません。ある程度、データ通信を使う人向けのプランと言えます。

初期費用の事務手数料は0円

ahamoは初期費用が0円です。他の格安SIMでは3,300円の事務手数料と、400円前後のSIMカード発行手数料がかかります。

ahamoは事務手数料もSIMカード発行手数料もかかりません。もちろん、SIMカードや端末の送料も無料です。

余計な初期費用を一切かけることなく契約できます。

初月は日割り請求

ahamoの初月料金は日割りされます。実際に利用した日数分だけ支払うため、月途中に契約しても損をしません。

契約タイミングを気にしなくて良いのは楽ですね。ただし、契約と同月中に解約したり、ドコモの他のプランへ変更したりした場合は日割りされません。

通話料は30秒あたり22円

ahamoで国内通話を利用すると、30秒あたり22円の通話料がかかります。大手キャリアや他の格安SIMと同じです。

5分かけ放題が付帯しているため、1回5分以内の通話であれば通話料がかかりません。5分を過ぎて初めて通話料がかかります。

例えば5分30秒の通話をした場合、最初の5分はかけ放題で無料です。実際には、22円だけ請求されます。

オプションで話し放題にできる

ahamoでは月額1,100円のかけ放題オプションも用意されています。かけ放題オプションに加入すると、時間や回数の制限なく国内通話料が無料です。

仕事などで5分を超える通話を頻繁にする人は、かけ放題オプションに加入しましょう。ただし、海外での発着信やナビダイヤル(0570)などはかけ放題の対象外です。

ahamoのかけ放題を徹底解説 【徹底解説】ahamoは5分かけ放題が無料!1100円のオプション申し込みで無制限に
\2,970円で20GB&5分かけ放題/

ahamo大盛りでギガ数を増やせる

ahamoの料金プランは20GBプラン1つだけですが、「大盛りオプション」に加入することでギガ数を増やせます。

ahamo大盛り

大盛りオプションは月額1,980円で80GBのデータ容量を追加するオプションです。元の料金プランと合わせると、月額4,950円で100GBのデータ通信が使えます。

大盛りオプション申し込み後は、解約予約をしない限り毎月自動的に80GBのデータ容量が追加されます。実質的に100GBプランとして利用可能です。

毎月100GB近いデータ通信を使うヘビーユーザーに向いています。

ahamo大盛りとは? ahamo大盛りオプションとは?デメリットやギガホとの違いなど徹底解説
\2,970円で20GB&5分かけ放題/

ahamoとドコモの料金プランの違い

ahamoはドコモの格安プランという扱いですが、具体的にドコモの料金プランとはどのような違いがあるのでしょうか?

実際に比較してみましょう。

ギガホと比較

まずはドコモのヘビーユーザー向けプランである「5Gギガホ」「5Gギガホ プレミア」と、ahamoを比較してみます。

ahamo 5Gギガホ 5Gギガホ プレミア
月額料金 20GB:2,970円
100GB:4,950円
8,415円
(割引込6,028円)
7,315円
(割引込4,928円)
データ容量 20GB / 100GB 100GB 無制限
長期利用ありがとう特典 ×
ファミリー割引 ×
(回線数にはカウント)
みんなドコモ割 ×
ドコモ光セット割 ×
dカードお支払い割 ×
5分かけ放題 無料 770円 770円
かけ放題 1,100円 1,870円 1,870円
家族間無料通話 ×
サポート オンライン
店舗(有料)
オンライン
店舗
電話
オンライン
店舗
電話
キャリアメール 有料 無料 無料
留守番電話 ×

ahamoの月額料金は5Gギガホ/5Gギガホ プレミアの半額以下に収まっています。割引を含めても、毎月のデータ容量が20GB以内ならahamoを選ぶと安上がりです。

100GBのデータ通信を使う場合もahamoがもっとも安くなります。5Gギガホに関しては、割引込みでもahamoの大盛りオプションより割高です。

5Gギガホ プレミアは割引込みだとahamoとほぼ同額で無制限にデータ通信を利用できます。

100GB以上のデータ通信を使う人や、割引をフル活用できるなら5Gギガホ プレミアでも良いでしょう。

それ以外の人はahamoに乗り換えると月額料金が安くなります。ahamoはドコモの各種割引を適用できませんが、それでも5Gギガホ/5Gギガホ プレミアより割安です。

ギガライトと比較

続いてはドコモのライトユーザー向けプラン「5Gギガライト」とahamoを比較してみました。

ahamo 5Gギガライト
月額料金/データ容量 20GB:2,970円
100GB:4,950円
~1GB:3,465円(割引込2,178円)
~3GB:4,565円(割引込2,728円)
~5GB:5,665円(割引込3,278円)
5GB~:6,765円(割引込4,378円)
長期利用ありがとう特典 ×
ファミリー割引 ×
(回線数にはカウント)
みんなドコモ割 ×
ドコモ光セット割 ×
dカードお支払い割 ×
5分かけ放題 無料 770円
かけ放題 1,100円 1,870円
家族間無料通話 ×
サポート オンライン
店舗(有料)
オンライン
店舗
電話
キャリアメール 有料 無料
留守番電話 ×

割引なしの場合、ahamoは5Gギガライトの1GB未満より安い月額料金で20GBのデータ容量が利用可能です。割引なしなら、ahamoへ乗り換えない理由がありませんね。

5Gギガライトは各割引をフル活用することで、月額料金が割引されます。それでも3GB以上使うならahamoが割安です。月額料金はahamoがお得と言えます。

\2,970円で20GB&5分かけ放題/

ahamoと他社を料金比較

続いてはahamoと他の格安SIMの料金を比較してみましょう。

LINEMOと比較

まずはソフトバンクの格安プランであるLINEMOとの比較です。

ahamo LINEMO
月額料金/データ容量 20GB:2,970円
100GB:4,950円
3GB:990円
20GB:2,728円
5分かけ放題 無料 550円
かけ放題 1,100円 1,650円

20GBプランを比較すると、LINEMOがわずかに安く設定されています。LINEMOは5分かけ放題が有料オプションになっており、その分だけ基本料金が安くなっているわけですね。

加えて、LINEMOにはデータ通信をあまり使わない人向けの3GBプランも用意されています。かけ放題が不要な人や、毎月のデータ容量が3GB未満ならLINEMOがおすすめです。

反対に、かけ放題を利用する場合はahamoが安くなります。

また、LINEMOは最大20GBまでのプランしかありませんが、ahamoなら大盛りオプションで最大100GBのデータ通信が利用可能です。

かけ放題が必須な人や、20GB以上の大容量プランが必要な場合はahamoが向いています。

povo2.0と比較

続いてはauの格安プランであるpovo2.0と比較します。

povo2.0は基本料金が0円で、そこにトッピング(通信量やかけ放題)を追加するという、少し変わったサービスです。ここでは、トッピングを利用する前提でahamoと料金を比較します。

ahamo povo2.0
月額料金/データ容量 20GB:2,970円
100GB:4,950円
1GB:390円/7日
3GB:990円/30日
20GB:2,700円/30日
60GB:6,490円/90日
150GB:12,980円/180日
データ使い放題:330円/24時間
5分かけ放題 無料 550円
かけ放題 1,100円 1,650円

データ通信をあまり使わない場合は990円で3GBのトッピングがあるpovo2.0が割安です。

20GBについても、ahamoより少し安く設定されていますね。さらに、60GBトッピングを契約し、3ヶ月で20GBずつ使うなら実質2,163円で20GBのデータ通信を使えます。

かけ放題を含めても、ahamoよりお得です。ただし、povo2.0でデータ通信を利用する場合はその都度トッピングを購入しないといけません。

自動で通信量がチャージされないため、手間がかかります。また、毎月100GB近く利用するならahamoの大盛りオプションがお得です。

楽天モバイルと比較

続いては楽天モバイルとの比較です。

ahamo 楽天モバイル
月額料金/データ容量 20GB:2,970円
100GB:4,950円
~3GB:1,078円
3GB~20GB:2,178円
20GB~:3,278円
5分かけ放題 無料 なし
15分かけ放題 なし 1,100円
かけ放題 1,100円 無料
(専用アプリが必要)

楽天モバイルはデータ通信と音声通話を無制限に使えて月額3,278円です。20GB未満の場合は2,178円しかかからないため、利用するデータ容量にかかわらずahamoより安くなります。

とにかく安く使いたい人、月によってデータ容量にばらつきがある人には楽天モバイルがピッタリです。

ただし、ドコモ回線を利用することで全国各地をカバーするahamoと違い、楽天モバイルは現在でも場所によって電波が入りにくくなります。

かけ放題は専用通話アプリが必要で、通常の音声通話に比べると品質はイマイチです。対応エリアや通話品質などを重視するなら、楽天モバイルではなくahamoを利用しましょう。

UQモバイルと比較

次はauのサブブランドであるUQモバイルと比較してみます。

ahamo UQモバイル UQモバイル
(自宅セット割込み)
月額料金/データ容量 20GB:2,970円
100GB:4,950円
4GB:2,365円
1~15GB:2,277円~3,465円
20GB:3,278円
1~15GB:1,177円~2,365円
20GB:2,178円
5分かけ放題 無料 なし なし
10分かけ放題 なし 880円 880円
かけ放題 1,100円 1,980円 1,980円

月15~20GBのデータ通信で収まる場合はahamoが割安です。反対に、月15GB未満で良いならUQモバイルのほうが安くなります。

UQモバイルは対象のネット回線や電気とセットで利用すると「自宅セット割」が適用され、月額料金が割引されます。

自宅セット割込みで20GBを利用するなら、UQモバイルがお得です。

かけ放題を利用する場合は、5分かけ放題が標準で付帯するahamoもお得ですが、10分かけ放題が付帯するUQモバイルのコミコミプラン(20GBで3,278円)も割安です。

また、UQモバイルでは最大20GBのデータ通信しか利用できません。20GB以上のデータ通信を使うなら、ahamo一択ですね。

ワイモバイルと比較

最後にワイモバイルとの比較です。

ahamo ワイモバイル ワイモバイル
(割引込み)
月額料金/データ容量 20GB:2,970円
100GB:4,950円
3GB:2,178円
15GB:3,278円
25GB:4,158円
3GB:990円
15GB:2,090円
25GB:2,970円
5分かけ放題 無料 なし なし
10分かけ放題 なし 770円 770円
かけ放題 1,100円 1,870円 1,870円

割引なしかつ月3GB以上のデータ通信を使う人やかけ放題を使う場合は、ahamoのほうが安くなります。月25GB以上のデータ通信を使う場合もahamo一択です。

ワイモバイルは家族で利用する「家族割引」か、対象の光回線とのセット割引「おうち割 光セット(A)」を適用することで、月額料金が割引されます。

割引後の月額料金はさきほどのUQモバイルと全く同じになり、ahamoより割安です。

いずれかの割引を利用できるならワイモバイル、利用できないならahamoと、割引を利用できるかどうかで選びましょう。

\2,970円で20GB&5分かけ放題/

どれくらい安くなる?ahamoの料金シミュレーション

大手キャリアからahamoに乗り換えることで、どれくらいスマホ代が安くなるのでしょうか?シミュレーションしてみました。いw

いずれのパターンも、単身で利用する場合と家族3人で利用する場合でシミュレーションしています。具体的なシミュレーション条件は以下の通りです。

  • 毎月20GBのデータ容量を使用
  • 家族で利用する場合は全員が同じプランを契約
  • 単身の場合は割引を一切利用しないと仮定
  • 家族の場合は割引がすべて適用されると仮定

ドコモからahamo

まずはドコモからahamoに乗り換える場合の料金シミュレーションです。

単身の場合

ahamo ドコモ
契約プラン 20GBプラン 5Gギガホ プレミア
データ容量 20GB 無制限
月額料金 2,970円 7,315円
年間合計 35,640円 87,780円

 

家族3人の場合

ahamo ドコモ
契約プラン 20GBプラン 5Gギガホ プレミア
データ容量 20GB 無制限
月額料金 2,970円 7,315円
割引 -2,387円
割引適用後の月額料金 2,970円 4,928円
年間合計(3人分) 106,920円 177,408円

単身で利用する場合、ドコモから乗り換えると半額以下になります。家族3人の場合はドコモの割引額が多くなるため、差額は小さくなりますが、それでも年間で約70,000円の節約です。

ahamoなら、割引がなくなることを考慮してもスマホ代を大きく節約できます。

auからahamo

次はauからahamoに乗り換える場合の料金をシミュレーションします。

単身の場合

ahamo au
契約プラン 20GBプラン 使い放題MAX 5G
データ容量 20GB 無制限
月額料金 2,970円 7,238円
年間合計 35,640円 86,856円

 

家族3人の場合

ahamo au
契約プラン 20GBプラン 使い放題MAX 5G
データ容量 20GB 無制限
月額料金 2,970円 7,328円
割引 -2,310円
割引適用後の月額料金 2,970円 4,928円
年間合計(3人分) 106,920円 177,408円

細かい金額は異なるものの、結果はドコモの時とほぼ同じです。単身の時はもちろん、割引が適用される家族3人の場合も、auからahamoに乗り換えるとスマホ代が大幅に安くなります。

ソフトバンクからahamo

最後にソフトバンクからahamoに乗り換える場合の料金をシミュレーションします。

単身の場合

ahamo ソフトバンク
契約プラン 20GBプラン メリハリ無制限
データ容量 20GB 無制限
月額料金 2,970円 7,238円
年間合計 35,640円 86,856円

 

家族3人の場合

ahamo ソフトバンク
契約プラン 20GBプラン メリハリ無制限
データ容量 20GB 無制限
月額料金 2,970円 7,328円
割引 -2,310円
割引適用後の月額料金 2,970円 4,928円
年間合計(3人分) 106,920円 177,408円

ソフトバンクのメリハリ無制限は、月額料金がauの使い放題MAX 5Gと全く同じです。そのため、シミュレーション結果も変わりません。

単身でも家族3人でも、ソフトバンクからahamoに乗り換えることでスマホ代を大きく節約できます。

\2,970円で20GB&5分かけ放題/

アプリも使える!ahamoの料金明細を確認する方法

ahamoの料金明細はahamoのマイページまたは公式アプリから確認可能です。ahamoのマイページにアクセスするか、公式アプリを起動するとトップ画面に最新の利用金額が表示されます。

さらに「ahamo利用料金の内訳を確認」を押すと、利用料金の内訳や過去の利用料金をチェック可能です。

また、利用料金内訳の画面下部から利用内訳書または料金明細内訳書をダウンロードできます。

\2,970円で20GB&5分かけ放題/

ahamoの料金プランはどんな人におすすめできる?

ahamoは次のような人におすすめです。

  • 毎月20GBくらいを消費する
  • 最大100GBもの大容量を使いたい
  • 大手キャリアより安く使いたい
  • かけ放題付きのプランがいい

毎月20GBくらいを消費する

毎月20GBくらいのデータ容量を消費する人にはahamoがおすすめです。20GB未満のデータ容量は用意されていないため、データ通信をあまり使わない人には向きません。

3GBプランがあるLINEMOなど、他社の利用も検討しましょう。反対に、毎月20GBくらい利用するならahamoがおすすめです。

20GBプランとしては比較的安く、とくに大手キャリアから乗り換えると月額料金を大きく節約できます。

最大100GBもの大容量を使いたい

最大100GBの大容量プランを利用したい場合も、ahamoがおすすめです。大盛りオプションを契約すれば、月額4,950円で100GBのデータ通信を使えます。

安さだけならデータ通信が無制限に使えて月額3,278円の楽天モバイルも候補です。しかし、通信品質はドコモ回線を利用するahamoが優れています。

高品質なドコモの回線を格安料金で思う存分使いたい人には、ahamoの大盛りオプションがピッタリです。

大手キャリアより安く使いたい

大手キャリアよりも安く使いたい、という人にもahamoはピッタリです。シミュレーションした通り、大手キャリアからahamoに乗り換えると月額料金が半額以下になります。

大手キャリアは光回線とのセット割や家族割などの割引も用意されていますが、それを踏まえてもahamoが割安です。

どうしても無制限にデータ通信を使いたいなら大手キャリアの無制限プランを使うしかありません。逆に、月100GB以内で収まるならahamoがお得です。

かけ放題付きのプランがいい

ahamoは5分かけ放題が標準で付帯しています。別途オプションを申し込む必要はなく、いつでも5分以内の通話が無料です。

ある程度電話をする人にも、ahamoは向いていますよ。

\2,970円で20GB&5分かけ放題/

ahamoの料金プランに関するQ&A

最後に、ahamoの料金プランに関するQ&Aをまとめました。

データの使用量はどこで確認できる?

ahamoのマイページまたは公式アプリのトップ画面から、現在のデータ残量を確認できます。「詳細を確認」を押すと、日数別の使用量や過去の使用量もチェック可能です。

ahamoアプリではウィジェットも用意されており、ウィジェットをスマホのホーム画面においておけばいつでもサッとデータ使用量を確認できます。

ドコモからahamoの切り替えで料金はかかる?

ドコモからahamoへ切り替える際に料金はかかりません。解約金や事務手数料も無料です。

変更月にかかる月額料金は、変更前のプランによって異なります。以下の料金プランから変更した場合、変更月は元のプランの料金が請求されます。

変更月は元のプランの料金が請求

  • 5Gギガホ プレミア
  • 5Gギガホ
  • ギガホ プレミア
  • ギガホ2
  • ギガホ

反対に以下のプランから変更した場合、変更月はahamoの料金が請求されます。

変更月はahamoの料金が請求

  • 5Gギガライト
  • ギガライト
  • ケータイプラン
  • はじめてスマホプラン
  • U15はじめてスマホプラン
  • データプラス
  • キッズケータイプラン
  • シェアパック

月途中に上記のプランからahamoへ変更した場合、初月料金は日割りされます。

20GBを超えたらデータチャージできる?

1GBあたり550円でチャージ可能です。ahamoのマイページまたは公式アプリから手続きしてください。

チャージ方法

  • ahamoのマイページまたは公式アプリトップ画面の「データを追加」を押す
  • 「+1GBずつ」にチェックを入れる
  • 「追加を確定」を押す

1GBを4回チャージすると2,200円となり、1,980円の大盛りオプションより高くなります。4回以上チャージする可能性があるなら、最初から大盛りオプションを追加するのがおすすめです。

5Gの利用料はかかる?

5Gの利用料はかかりません。申し込みも不要です。

端末が5Gに対応し、かつ5G対応エリア内なら自動的に5Gに接続されます。

SMS(ショートメール)の料金はいくら?

送信時は1回あたり3~33円の送信料がかかります。送信料は文字数によって変動します。

送信文字数 1回あたりの料金
(税込)
1~70文字(半角英数字のみの場合1~160文字) 3円
71~134文字(半角英数字のみの場合161~306文字) 6円
135~201文字(半角英数字のみの場合307~459文字) 9円
202~268文字(半角英数字のみの場合460~612文字) 13円
269~335文字(半角英数字のみの場合613~765文字) 16円
336~402文字(半角英数字のみの場合766~918文字) 19円
403~469文字(半角英数字のみの場合919~1071文字) 23円
470~536文字(半角英数字のみの場合1072~1224文字) 26円
537~603文字(半角英数字のみの場合1225~1377文字) 29円
604~670文字(半角英数字のみの場合1378~1530文字) 33円

受信料は無料です。なお、国際SMS(日本から海外へ送信する)や海外ローミング時のSMS送信料は国内と異なります。

詳しくは対応エリア・通話料・通信料を調べるページを参考にしてください。

eSIMの再発行手数料はかかる?

再発行する場所によって異なります。

再発行場所 手数料
ドコモショップ 3,300円
オンライン 無料

オンラインで再発行する場合は手数料がかかりません。手順はとても簡単なので、オンラインで再発行しましょう。

再発行の手順

  1. ahamoのマイページにアクセスまたは公式アプリを起動する
  2. メニューから「その他の手続き」を押す
  3. 「eSIM発行・再発行のお手続き」の「手続きへ」を押す

海外ローミングの料金はかかる?

海外ローミングの基本料金は無料です。月20GBまでなら、追加料金なしでデータ通信が使えます。

20GBのデータ容量を使い切った場合は、国内同様1GB/550円でチャージ可能です。なお、大盛りオプション契約中でも海外では20GBまでしか使えません。

また、海外で電話・SMSを利用する場合は通話料および送信料がかかります。国別の通話料・SMS送信料については対応エリア・通話料・通信料を調べるページを参考にしてください。

ahamoを海外で利用する方法 ahamo(アハモ)は海外で使える!通話料から海外ローミングの使い方まで徹底解説

支払い方法は何を選べる?

ahamoはクレジットカード払いと口座振替に対応しています。クレジットカードがない人でも申し込めるのは貴重ですね。

利用できるクレジットカードおよび金融機関口座はahamo支払い方法の記事を参考にしてください。

まとめ

以上、ahamoの料金プランについて詳しく解説しました。

ahamoは月額2,970円で、20GBのデータ通信と5分かけ放題が利用できます。基本の料金プランは1つだけで、複雑な条件はありません。

シンプルで分かりやすく、それでいて大手キャリアよりも安いのがahamoの魅力です。

さらに大盛りオプションを追加すれば、月額4,950円で100GBのデータ通信が使えます。大容量のデータ通信を安く使えるのは、ライバルであるLINEMOやpovo2.0にない特徴です。

月20GBのデータ通信を利用する人や100GBの大容量プランを安く使いたい人、かけ放題が必須の人には、ahamoが向いていますよ。

\2,970円で20GB&5分かけ放題/