>>楽天モバイルで誰でも8,000円分(最大24,000円)ポイント還元

ahamoでiPhoneを使う4つの方法とは?設定手順から注意点まで詳しく解説

ahamoでiPhoneを使う

「ahamoでiPhoneを使うには、どうすればいいの・・?」

ドコモの格安プランであるahamoはiPhoneを使えます。国内で発売されている多くのiPhoneが対応していますし、難しい設定も不要です。

ただ、ahamoはオンライン専用プランなのでどのようにiPhoneを使えばいいのか分からない人もいるかもしれません。本記事ではahamoでiPhoneを使う方法について詳しく解説します。

注意点も合わせて、確認してみて下さいね。

\ドコモと同じ速度で20GB 2,970円/

ahamoでiPhoneを使う3つの方法

AhamoでiPhoneを使う方法は大きく3つあります。

  1. 手持ちのiPhoneで持ち込み契約する
  2. SIMフリーiPhoneを新たに購入してから契約する
  3. 契約後にドコモオンラインショップで機種変更する

手持ちのiPhoneで持ち込み契約する

すでにiPhoneを持っている場合は持ち込んでahamoを契約するのがおすすめです。別途iPhoneを購入する必要がないため、初期費用を節約できます。

契約する際にSIMのみでahamoを契約してください。

SIMのみ契約を選択

ドコモから移行する人は「料金プラン変更のみ」を選択

SIMカードが届いたらこれまで使っていたiPhoneにahamoのSIMを入れるだけですぐに使えます。

SIMフリーiPhoneを新たに購入してから契約する

まだiPhoneを持っていない場合、もしくは新しいiPhoneに買い替えたい場合はSIMフリーiPhoneを新たに購入してからahamoを契約してください。購入方法は大きく2つあります。

iPhoneの購入方法

購入方法 メリット デメリット
Appleストア ・定価が安い
・全モデルSIMフリー
・下取りプログラムがお得
・端末購入プログラムは利用できない
ドコモオンラインショップ ・いつでもカエドキプログラムで安く買える
・購入後にahamoへ移行しやすい
・定価が高い

それぞれメリット・デメリットがありますが、ahamoへ移行する予定ならドコモオンラインショップがおすすめです。

MEMO
現時点では、ahamoでiPhoneを購入できない

新しいiPhoneの購入先はドコモオンラインショップがおすすめ

ドコモオンラインショップでiPhoneを購入すると、ahamoへ移行しやすいのがメリットです。

ドコモオンラインショップでiPhoneを購入する手順

  1. ドコモオンラインショップにアクセス
  2. 料金プランで「5Gギガライト」または「ギガライト2」を選択する
  3. iPhoneを購入する
  4. 製品到着後、ahamoへプラン変更する

いったんドコモの料金プランである5Gギガライトまたはギガライト2を契約してからahamoへ移行しますが、月額料金は最初からahamoのまま(月額2,970円)なので安心です。

ドコモオンラインショップのメリット

ドコモオンラインショップのメリット

さらに、ドコモオンラインショップで購入する際は端末購入プログラム「いつでもカエドキプログラム」が利用できます。

端末を残価設定型24回払いで購入し、23ヶ月目までに返却すると24回目の支払いが不要です。

例えばiPhone 13(128GB)の場合、定価は111,672円ですがいつでもカエドキプログラムを利用すれば実質56,232円で購入できます。最新のiPhoneをとにかく安く使いたい人にもおすすめです。

契約後にドコモオンラインショップで機種変更する

すでにahamoを契約している場合や、今の機種をもう少し利用してから機種変更したい場合もドコモオンラインショップがおすすめです。

ドコモオンラインショップではahamoを契約したままの機種変更に対応しています。ドコモを契約しているときと同じように機種変更が可能です。

POINT
ドコモオンラインショップで機種変更するとき、ahamoを解約するは必要はし
\ドコモと同じ速度で20GB 2,970円/

ahamoで使えるiPhoneの対応機種

ahamoで使えるiPhoneは以下の通りです。

対応機種一覧

  • iPhone 14/14 Plus/14 Pro/14 Pro Max
  • iPhone 13/13 mini/13 Pro/13 Pro Max
  • iPhone 12/12 mini/12 Pro/12 Pro Max
  • iPhone 11/11 Pro/11 Pro Max
  • iPhone XR/XS/XS Max
  • iPhone X
  • iPhone 8/8 Plus
  • iPhone 7/7 Plus
  • iPhone 6s/ 6s Plus
  • iPhone 6/6 Plus
  • iPhone SE(第1世代)/第2世代)/(第3世代)

iPhone 6/6 Plus以降のモデルであればすべて対応しています。ドコモ版はもちろん、他キャリア版やSIMフリー版も利用可能です。

iPhone XR以降の機種およびiPhone SE(第2世代)/(第3世代)はeSIMにも対応しています。ahamoをeSIMで申し込めば、最短でその日のうちに利用が可能です。

なお、iPhone 6/6 Plusは対応しているもののネットワークサービス(発信者番号通知・着信通知等)の設定を変更できないので注意して下さい。

\ドコモと同じ速度で20GB 2,970円/

ahamoでiPhoneを使うための初期設定の手順

ahamoでiPhoneを使うためには初期設定が必要です。設定手順は物理SIMとeSIMで異なります。

物理SIMはSIMカードを挿すだけで使える

物理SIMの場合、細かい設定は不要です。ahamoのSIMカードを挿したらすぐに使えます。

他の格安SIMのように、APN構成プロファイルをダウンロードする必要はありません。ahamoで用意されているプロファイルはドコモのサービスへのショートカットです。

d払い・dポイントクラブ・dアカウント・ahamoアプリのサービスが含まれており、ahamoを利用するだけなら必要なし。

上記のアプリはいずれもApp Storeから手動でダウンロードできるので、あえてプロファイルをインストールしなくてOKです。必要な物だけApp Storeから導入してください。

eSIMはプロファイルのインストールが必要

eSIMの場合はeSIMプロファイルのインストールが必要です。申し込み後に「eSIM利用開始手続きのご案内」というメールが届いたら、以下の手順に従って設定してください。

eSIM設定の流れ

  1. ブラウザまたはアプリからahamoにログインする
  2. 「配送状況・開通へ」から入力画面を開き必要事項を入力する
  3. 「回線切り替えへ」を押す
  4. 開通情報を確認し、問題がなければ「回線切り替えを行う」ボタンを押す
  5. iPhoneをWi-fiに接続する
  6. 「設定」→「モバイル通信」→「モバイル通信プランを追加」をタップする
  7. eSIMの開通 | 申し込みの流れページ中段にあるQRコードを読み取る
  8. 「モバイルプランを追加」をタップする
  9. iPhoneを再起動する

もしQRコードを読み取れない場合は「詳細情報を手動で入力」をタップし「SM-DP+アドレス」の項目にアドレスを入力してください。

アドレスは専用ページにアクセスして「アドレスをコピーする」ボタンからコピーできます。

\ドコモと同じ速度で20GB 2,970円/

ahamoでiPhoneを使う際の注意点

ahamoでiPhoneを使う際は以下の点に注意してください。

注意
  • ahamoでiPhoneを購入できるかは分からない
  • キャリア版iPhoneはSIMロック解除が必要なケースあり
  • 留守番電話サービスが使えない
  • iPhone 11以前は5Gに繋がらない

ahamoでiPhoneを購入できるかは分からない

ahamoでは端末セットの取り扱いがありますが、基本的にはAndroidのみです。今後、iPhoneを購入できるようになるかは分かりません。

サービス開始直後はiPhone 11をahamoで取り扱っていました。将来的に型落ちモデルを取り扱う可能性はあります。

いずれにせよ、最新のiPhoneを購入したい場合はAppleストアかドコモオンラインショップを利用してください。

キャリア版iPhoneはSIMロック解除が必要なケースあり

以下のキャリア版iPhoneを利用する際はSIMロック解除が必要なケースがあります。

SIMロック解除が必要発売日が2021年9月以前のauまたはソフトバンクで販売されたモデル

ドコモで販売されているiPhoneは原則そのまま利用可能です。

また、SIMロックが原則禁止された2021年10月以降に発売された「iPhone 13シリーズ」および「iPhone SE(第3世代)」はキャリア版もSIMロックがかかっていません。

一方、2021年9月以前にauまたはソフトバンクから発売されたiPhoneはSIMロックがかかっている可能性があります。その場合は事前にSIMロック解除が必要です。

留守番電話サービスが使えない

ahamoでは留守番電話をはじめとする以下の電話サービスが使えません。

使用不可
  • キャッチホン
  • 留守番電話
  • 転送電話

ドコモで各サービスを契約中の場合、ahamoに乗り換えると自動解約されます。

iPhone 11以前は5Gに繋がらない

ahamoは5G通信に対応していますが、5Gを利用できるiPhoneは以下の9機種のみです。

5G対応のiPhoneシリーズ

  • iPhone 13/13 mini/13 Pro/13 Pro Max
  • iPhone 12/12 mini/12 Pro/12 Pro Max
  • iPhone SE(第3世代)

iPhone 11以前の機種は5Gに対応していないため、ahamoを契約しても5Gには繋がりません。5G通信を利用したい場合はiPhone 12以降のモデルへ機種変更してください。

\ドコモと同じ速度で20GB 2,970円/

ahamoでiPhoneを使うメリット

ahamoでiPhoneを使うメリットは以下の通りです。

  • 高品質なドコモ回線を格安で使える
  • ほとんどのiPhoneが対応している
  • eSIMを活用しやすい

ahamoは2,970円という安さで高品質なドコモ回線を使えるのが魅力です。性能が高いiPhoneで利用することで、動画視聴やゲームも思う存分楽しめます。

iPhone 6以降のiPhoneであればほとんどのモデルが対応しているのもメリットです。

au・ソフトバンクのモデルはSIMロックに注意が必要ですが、それさえ気を付ければ「ahamoに対応していなくて使えない」といった事態に陥る心配はありません。

XR以降の機種であればahamoのeSIMも利用可能です。他の格安SIMやキャリアと組み合わせられるので、SIM選びの幅が広がりますね。

\ドコモと同じ速度で20GB 2,970円/

ahamoでiPhoneを使う際のQ&A

最後に、ahamoでiPhoneを使う際のQ&Aをまとめました。

下取りはしてくれる?

ahamoでは下取りプログラムを実施しています。Androidスマホなら最大37,500円相当、iPhone・iPadなら最大75,000円相当で買い取ってくれますよ。

ただし、下取りプログラムを利用できるのはahamoで端末を購入する場合のみです。SIMのみを契約する場合は下取りプログラムを利用できません。

ケータイ補償サービスは利用できる?

ahamoでもケータイ補償サービスを利用できます。

ahamoのケータイ補償
月額料金 550~1,100円
補償対象 故障、水漏れ、盗難、紛失
交換費用 8,250~12,100円
修理費用 購入から1年間:無料
2年目以降:上限5.500円

ドコモでケータイ補償サービスを利用していた場合はahamoに乗り換えてからも継続可能です。

月額料金は機種によって異なります。詳細はこちらのページをチェックしてください。

中古のiPhoneは使える?

中古のiPhoneももちろん使えます。ただし、中古で購入する場合はSIMロックとネットワーク利用制限がかかっていないかチェックしてください。

とくに注意が必要なのがネットワーク利用制限です。ネットワーク利用制限にかかっていると、電話もインターネットも利用できません。

SIMロックについては中古で購入しても解除できるようになりました。しかし、ネットワーク利用制限は一度かかると原則解除できません。

中古で購入する場合はネットワーク利用制限がかかっていた際に返品・返金などに応じてくれる「赤ロム保証」がある中古ショップで購入してください。

フリマやネットオークションで購入する際はIMEIを事前に教えてもらい、ネットワーク利用制限がかかっていないことを確認しましょう。

\ドコモと同じ速度で20GB 2,970円/

まとめ

ahamoではiPhoneを問題なく使えます。すでにiPhoneを持っているならそのまま利用可能です。

ドコモで購入したモデルはもちろん、他キャリアやSIMフリー版iPhoneも対応しています。

まだiPhoneを持っていない場合はSIMフリー版を購入したり、ahamo契約後に新しいiPhoneへ機種変更したりすることも可能です。

オンライン専用プランなので、申し込みや設定ができるか不安かもしれません。しかし、ahamoは1プランなので申し込みが簡単ですし、APN設定なども不要なのですぐに使えますよ。

\ドコモと同じ速度で20GB 2,970円/