【2022年版】ahamo(アハモ)の申し込み方法とは?開通までの詳しい手順を解説

ahamoの申し込み方法

「ahamoに申し込みたいけど、どうすればいいのか分からない・・」

月額料金が安くなることで話題のahamo(アハモ)ですが、申し込みは原則オンラインのみです。

これまでショップでスマホを申し込んでいた人は、ちゃんとオンラインで申し込めるか不安かと思います。しかし、ご安心を。

この記事ではahamoの申し込み方法について画像付きで詳しく解説していきます。併せて、申し込みに失敗する原因と対処法もまとめました。

初めてオンライン契約をする人は、ぜひ参考にしてくださいね。

\他社から乗り換えでdポイント1万円還元/

目次

ahamoの申し込み方法とは?開通までの詳しい手順

ahamoの申し込みは、

  • 他社(ソフトバンク・au・格安SIM)から乗り換え
  • ドコモから乗り換え
  • 新規申し込み

の3パターンで手順が異なります。それぞれ詳しく見ていきましょう。

他社(ソフトバンク・au・格安SIM)から乗り換え

他社(ソフトバンク・au・格安SIM)からahamoに乗り換えるときは、こちらの方法で申し込みます。

全体の流れ

  1. MNP予約番号を取得する
  2. ahamo 公式サイトの申し込みページにアクセスする
  3. SIMのみか端末セットを選択する
  4. 契約方法の選択で「他社から乗り換え(MNP)」を選ぶ
  5. かけ放題オプションを選択する
  6. 対応端末を確認する(SIMのみ購入)
  7. dアカウントにログインしてMNP予約番号を入力する
  8. 本人確認書類をアップロードする
  9. 契約者情報・支払い情報を入力する
  10. 注意事項に同意して申込み
  11. SIMロック解除が必要な機種は手続きを行う(SIMのみ購入)
  12. 開通手続きを行う

各工程を詳しく見ていきましょう。

手順1:MNP予約番号を取得する

電話番号を引き継ぐには、現在の携帯会社からMNP予約番号の取得が必要です。手っ取り早く取得したいなら電話、オペレーターと直接話すのが苦手ならオンラインから取得しましょう。

MNP予約番号の取得に手数料はかかりません。また、取得後に即解約することもないので安心して下さい。

以下、3キャリアの取得手順です。

MNP予約番号の取得方法

au

  • WEB:My auの「スマートフォン・携帯電話」→「ご契約内容 / 手続き」→「お問い合わせ / お手続き」→「MNPご予約」から手続き
  • 電話:0077-75470

 

ソフトバンク

  • WEB:My SoftBankの「設定・申し込み」→「設定・変更」→「契約者情報の変更」→「番号ポータビリティ(MNP)予約関連手続き」から手続き
  • 電話:*5533

 

楽天モバイル

  • my 楽天モバイルの「契約プラン」→「各種手続き」→「他社へ乗り換え(MNP予約番号取得)」から手続き
MEMO
MNP予約番号の有効期限もメモしておく(申し込み時に入力するため)

キャリアではなく格安SIMからMNP予約番号を取得する際は、マイページにログインして「MNP転出」や「MNP予約番号」などが記されたメニューを探してください。

そちらから、WEB取得が可能です。

手順2:ahamo 公式サイトの申し込みページにアクセスする

MNP予約番号は期限があるので、取得したらすぐにahamo 公式サイトで申し込み手続きを行いましょう。

手順3:SIMのみか端末セットを選択する

「契約形態の選択」で「docomoを契約していない方」から、

  • スマホとSIMをセットで購入
  • SIMのみを購入
  • eSIMのみを購入

のいずれかを選択してください。

端末購入かSIMのみを選択

ahamoで手持ちのスマホを使う場合は、「SIMのみを購入」または「eSIMのみを購入」を選びます。eSIM申し込みは上級者向けなので、初心者はSIMのみ購入がおすすめです。

ahamo申し込みと同時に端末を購入したい場合は、「スマホとSIMをセットで購入」を選んで下さい。

端末購入の人は、このあと希望端末を選びカラー・容量・支払い回数・補償サービスなどを選択していきます。

手順4:契約方法の選択で「他社から乗り換え(MNP)」を選ぶ

「契約方法の選択」にて「他社から乗り換え(MNP)」を選択します。

他社から乗り換えを選択

この選択で、電話番号の引き継ぎが可能となります。

手順5:かけ放題オプションを選択する

かけ放題の選択は、無制限かけ放題オプション(1,100円)を付けるかどうか選びます。

かけ放題オプションの選択

ahamoは5分かけ放題がプランに付属するため、「申しまない」を選択しても5分以内の通話ならいつでも無料です。

手順6:対応端末を確認する(SIMのみ購入)

SIMのみ購入の人は、手持ちの端末がahamoで使えるかどうか対応端末の確認画面が表示されます。

対応端末の確認

心配な人は、「対応端末を確認して手続きへ」を選択して手持ちの端末がahamoで使えるかどうかチェックして下さい。

手順7:dアカウントにログインしてMNP予約番号を入力する

ahamoの申し込みにはdアカウントが必要です。まだ持っていない人は、こちらの画面から新規作成しておきましょう。

dアカウントの確認

ログインできたらMNP予約番号の入力画面で、

  • 取得したMNP予約番号
  • MNP予約番号の有効期限
  • 電話番号

の3点を入力して下さい。

MNP予約番号の入力

手順8:本人確認書類をアップロードする

続いて、本人確認書類をアップロードします。

本人確認書類のアップロード

ahamoでは、以下の本人確認書類が有効です。

有効な本人確認書類

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 身体障がい者手帳
  • 精神障がい者保健福祉手帳(障がい者手帳)
  • 療育手帳
  • 運転経歴証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード+外国発行パスポート
  • 健康保険証+補助書類(公共料金領収書か住民票)

本人以外の家族または宅配ボックスで受け取る場合は、運転免許証かマイナンバーカードにてeKYC(ネット上で本人確認を済ませる)による本人認証が必要です。

手順9:契約者情報・支払い情報を入力する

本人確認書類をアップロードが終わったら氏名、性別、住所などの契約者情報を入力します。すべて正しく入力および選択したら「次へ」をタップして支払い情報の入力に進みます。

支払い方法の設定

支払い情報では、クレジットカード払い希望ならクレジットカード情報、口座振替希望なら口座番号を入力してください。

手順10:注意事項に同意して申込み

注意事項の説明を確認して同意のチェックを入れてください。

注文の確定

最後に契約内容を確認して、問題がなければ「注文を確定する」をタップして申し込み完了です。

手順11:SIMロック解除が必要な機種は手続きを行う(SIMのみ購入)

以上で申し込みは完了ですが、SIMカードの到着を待つ間にSIMロック解除の必要性を確認しておきましょう。

ahamoでは、2021年10月以前のau・ソフトバンク端末を使用する場合はSIMロック解除が必要です。

SIMロック解除の手順は、マイページ(My au・My SoftBank)から無料で手続きできます。以下に当てはまる方ならSIMロック解除が不要です。

SIMロック解除不要

  • 端末セットでahamoに契約する
  • SIMフリーのスマホ(アップルストアのiPhoneなど)を使用する
  • 2021年10月以降に発売されたキャリア端末を使用する

手順12:開通手続きを行う

ahamoからSIMカード・端末が届いたら開通手続きを行います。受付時間は、午前9時~午後9時までです。

開通手続きの流れ

  1. ahamoのログインページへアクセスし「受付番号でログイン」を選択
  2. 「受付番号」「連絡先電話番号」「暗証番号」を入力してログイン
  3. 「切り替え(開通)のお手続きへ」ボタンを選択
  4. 開通情報を確認し、問題がなければ「開通する」ボタンをタップ

開通手続きページにログイン

正常に処理されれば「開通手続きが完了しました」と画面に表示されます。

開通処理完了

元の携帯会社は自動的に契約が解除されるため、解約の連絡を入れる必要はありません。

\他社から乗り換えでdポイント1万円還元/

ドコモから乗り換え

注意

ドコモからahamoの乗り換えはおすすめしません。その理由は、dポイント還元や端末割引など、お得なキャンペーンが対象外となるからです。

詳しくは、こちらの解説を確認してください。

ドコモに契約中の方は、以下の手順でahamoに申し込めます。

全体の流れ

  1. 事前に必要な手続きの有無を確認する
  2. ahamo 公式サイトの申し込みページにアクセスする
  3. 機種変更ありで乗り換えるか選択する
  4. dアカウントにログインしてプラン変更の手続きを行う
  5. 開通手続きを行う

ドコモからの乗り換えはプラン変更の扱いになるためMNP予約番号は必要ありません。また、氏名や住所、支払い方法なども引き継がれます。

新規契約と比べて手順が少なく簡単です。各工程を詳しく見ていきましょう。

手順1:事前に必要な手続きの有無を確認する

ドコモからahamoに移行するときは、加入中の料金プランやサービスによって事前の解約や廃止手続きが必要となる場合があります。

以下の項目から、該当するものがある場合は事前の手続きを完了させておきましょう。

事前の確認事項

手順2:ahamo 公式サイトの申し込みページにアクセスする

事前確認が済んだらahamo 公式サイトで申し込み手続きを行いましょう。

手順3:機種変更ありで乗り換えるか選択する

「契約形態の選択」で「docomoを契約中の方」から、

  • 料金プラン変更+機種変更
  • 料金プラン変更のみ

のいずれかを選択してください。

機種変更するか選択

ahamoで手持ちのスマホを使う場合は、「料金プラン変更のみ」を選びます。ahamo申し込みと同時に端末を購入したい場合は、「料金プラン変更+機種変更」を選んで下さい。

端末購入の人は、このあと希望端末を選びカラー・容量・支払い回数・補償サービスなどを選択していきます。

手順4:dアカウントにログインしてプラン変更の手続きを行う

dアカウントのログイン画面が表示されるので、ドコモで利用中のdアカウントにてログインして下さい。

その後、画面の指示に沿ってプラン変更の手続きを行います。かけ放題の有無などもこちらで選択してください。

手順5:開通手続きを行う

ahamoからSIMカード・端末が届いたらオンラインまたは電話にて開通手続きを行います。受付時間は、24時間いつでもOKです。

WEB開通の手順

  1. ドコモオンラインショップの「購入履歴」をタップ
  2. ログインするか「受付番号」「連絡先電話番号」「暗証番号」を入力
  3. 「切り替え(開通)のお手続きへ」をタップ
  4. 確認事項やメール送信先を確認する
  5. 「ご注文を確認する」をタップ

アハモの開通手続き

電話で開通させるときは、「1580」に連絡して下さい。通話料はかかりません。

\他社から乗り換えでdポイント1万円還元/

新規申し込み

ahamoで新しい電話番号を取得したいときは、新規申し込みを選択します。

全体の流れ

  1. ahamo 公式サイトの申し込みページにアクセスする
  2. SIMのみか端末セットを選択する
  3. 契約方法の選択で「新規契約」を選ぶ
  4. かけ放題オプションを選択する
  5. 対応端末を確認する(SIMのみ購入)
  6. dアカウントにログインする
  7. 本人確認書類をアップロードする
  8. 契約者情報・支払い情報を入力する
  9. 注意事項に同意して申込み
  10. SIMロック解除が必要な機種は手続きを行う(SIMのみ購入)
  11. 開通手続きを行う

各工程を詳しく見ていきましょう。

手順1:ahamo 公式サイトの申し込みページにアクセスする

まずは、ahamo 公式サイトにアクセスしましょう。

手順2:SIMのみか端末セットを選択する

「契約形態の選択」で「docomoを契約していない方」から、

  • スマホとSIMをセットで購入
  • SIMのみを購入
  • eSIMのみを購入

のいずれかを選択してください。

端末購入かSIMのみを選択

ahamoで手持ちのスマホを使う場合は、「SIMのみを購入」または「eSIMのみを購入」を選びます。eSIM申し込みは上級者向けなので、初心者はSIMのみ購入がおすすめです。

ahamo申し込みと同時に端末を購入したい場合は、「スマホとSIMをセットで購入」を選んで下さい。

端末購入の人は、このあと希望端末を選びカラー・容量・支払い回数・補償サービスなどを選択していきます。

手順3:契約方法の選択で「新規契約」を選ぶ

「契約方法の選択」にて「新規契約」を選択します。

新規契約

手順4:かけ放題オプションを選択する

かけ放題の選択は、無制限かけ放題オプション(1,100円)を付けるかどうか選びます。

かけ放題オプションの選択

ahamoは5分かけ放題がプランに付属するため、「申しまない」を選択しても5分以内の通話ならいつでも無料です。

手順5:対応端末を確認する(SIMのみ購入)

SIMのみ購入の人は、手持ちの端末がahamoで使えるかどうか対応端末の確認画面が表示されます。

対応端末の確認

心配な人は、「対応端末を確認して手続きへ」を選択して手持ちの端末がahamoで使えるかどうかチェックして下さい。

手順6:dアカウントにログインする

ahamoの申し込みにはdアカウントが必要です。

dアカウントの確認

まだ持っていない人は、こちらの画面から新規作成しておきましょう。

手順7:本人確認書類をアップロードする

続いて、本人確認書類をアップロードします。

本人確認書類のアップロード

ahamoでは、以下の本人確認書類が有効です。

有効な本人確認書類

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 身体障がい者手帳
  • 精神障がい者保健福祉手帳(障がい者手帳)
  • 療育手帳
  • 運転経歴証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード+外国発行パスポート
  • 健康保険証+補助書類(公共料金領収書か住民票)

本人以外の家族または宅配ボックスで受け取る場合は、運転免許証かマイナンバーカードにてeKYC(ネット上で本人確認を済ませる)による本人認証が必要です。

手順8:契約者情報・支払い情報を入力する

本人確認書類をアップロードが終わったら氏名、性別、住所などの契約者情報を入力します。すべて正しく入力および選択したら「次へ」をタップして支払い情報の入力に進みます。

支払い方法の設定

支払い情報では、クレジットカード払い希望ならクレジットカード情報、口座振替希望なら口座番号を入力してください。

手順9:注意事項に同意して申込み

注意事項の説明を確認して同意のチェックを入れてください。

注文の確定

最後に契約内容を確認して、問題がなければ「注文を確定する」をタップして申し込み完了です。

手順10:SIMロック解除が必要な機種は手続きを行う(SIMのみ購入)

以上で申し込みは完了ですが、SIMカードの到着を待つ間にSIMロック解除の必要性を確認しておきましょう。

ahamoでは、2021年10月以前のau・ソフトバンク端末を使用する場合はSIMロック解除が必要です。

SIMロック解除の手順は、マイページ(My au・My SoftBank)から無料で手続きできます。以下に当てはまる方ならSIMロック解除が不要です。

SIMロック解除不要

  • 端末セットでahamoに契約する
  • SIMフリーのスマホ(アップルストアのiPhoneなど)を使用する
  • 2021年10月以降に発売されたキャリア端末を使用する

手順11:開通手続きを行う

ahamoからSIMカード・端末が届いたら開通手続きを行います。受付時間は24時間です。

開通手続きの流れ

  1. ahamoのログインページへアクセスし「受付番号でログイン」を選択
  2. 「受付番号」「連絡先電話番号」「暗証番号」を入力してログイン
  3. 「切り替え(開通)のお手続きへ」ボタンを選択
  4. 開通情報を確認し、問題がなければ「開通する」ボタンをタップ

開通手続きページにログイン

正常に処理されれば「開通手続きが完了しました」と画面に表示されます。

開通処理完了

\他社から乗り換えでdポイント1万円還元/

ahamo申し込み後の初期設定の方法

ahamoを開通できたら、最後に初期設定を行いましょう。

SIMカードの挿入

ahamoのSIMカードは自分で取り付けます。まずは、台紙からSIMカードを取り外しましょう。

指で後ろからIC部分を持ち上げるように押すと、簡単に外れます。

SIMカードの取り外し

SIMカードの取り出し

SIMカードを取り外せたら、端末の電源を切った状態でSIMトレイを開けます。iPhoneはじめ、多くの機種ではSIMピン(持っていない場合はクリップで代用する)を使います。

既に端末に入っているSIMカードは交換するため、抜いて下さい。

SIMトレイの引き出し

SIMトレイを開ける

SIMトレイが開いたら、ahamoのSIMカードを載せて挿入して下さい。Androidの人は、microSDのトレイと間違えないようにご注意を。

SIMカードの挿入

SIMカードの挿入

初期設定

ahamoのSIMカードをセットできたら、端末セット契約と手持ちのiPhoneを使う人は自動的に初期設定が完了します。

Androidの人は以下を参考にAPN設定を行って下さい。

ahamoのAPN設定

APN設定の手順(ドコモ公式より参照)

注意点として、Androidは機種によって設定メニューの表記名が異なります。上記を参考にしても分からないときは、APN設定の場所を端末メーカーに問い合わせましょう。

\他社から乗り換えでdポイント1万円還元/

ahamoに申し込むベストタイミング

ahamoは初月が日割りなので、いつ乗り換えても損はありません。ただし、auとソフトバンクはプランによっては違約金が請求されます。

違約金の支払いを回避するなら、更新月を狙うのがベストです。次の更新月がいつなのかは、My au・My SoftBankにて確認できます。

違約金が1,100円もしくは更新月がだいぶ先なら、違約金を支払ってでもahamoに乗り換えた方がスマホ料金はお得でしょう。

\他社から乗り換えでdポイント1万円還元/

エラーでahamoに申し込みできないときの確認事項

ahamoの申し込みは難しくありませんが、ネットで「申し込みできない」「エラーが表示される」という意見がいくつかあります。

ahamoに申し込めない理由として考えられる原因を挙げてみました。

申し込みできない理由
  • 名義が一致していない
  • 申し込みの集中・メンテナンス中
  • MNP予約番号の有効期限切れ
  • ahamoで非対応のドコモサービスを利用中
  • その他の確認事項

名義が一致していない

ahamoでは、

  • MNP転入する人の名義
  • 契約者の名義
  • 支払い名義

をすべて一致させる必要があります。名義が一致していない場合は、申し込み状況の確認画面で、「DR-AL05-C23-200-05」のエラーコードが表示されます。

このエラーが出たときは、もう一度名義の部分をチェックしてみて下さい。

申し込みの集中・メンテナンス中

申し込みが集中している場合やメンテナンスが実施されている間は申し込めません。キャンペーン開催中や月末・月初めは申し込みが殺到しやすいです。

詳しい情報は、ahamo公式ツイッターなどで告知されるのでチェックしてみましょう。

MNP予約番号の有効期限切れ

MNPでahamoに乗り換える場合は、MNP予約番号の有効期限が10日以上残っている必要があります。10日未満の場合は申し込みに失敗するので注意してください。

もし有効期限が10日未満になったら、再取得しましょう。

ahamoで非対応のドコモサービスを利用中

ドコモからahamoへの変更でエラーが発生する場合は契約内容をチェックしてください。

ahamoの支払い方法はクレジットカードと口座振替なので、docomoの支払い方法が請求書払いだとエラーが出ます。事前に支払い方法を変更しましょう。

また、ahamoで利用できないサービスをドコモで契約している場合もエラーで申し込めません。

申込・変更・廃止が必要なサービス一覧をチェックし、該当するサービスを契約している場合は解約・変更手続きをしてください。

その他の確認事項

ahamoに申し込めない理由がまったく分からないときは、以下の項目も確認して下さい。

①手持ちのクレジットカードや銀行口座が利用不可の状態になっている

→【対処法】別のカードや銀行口座を使う

 

②古いブラウザ(更新されていないIEなど)を使っている

→【対処法】新しいブラウザ(ChromeやSafari)を使う

 

③自宅以外の住所を登録している

→【対処法】自宅の住所を登録する

 

④キャッシュ(ネットに保存された一時データ)が破損している

→【対処法】ブラウザの履歴メニューからキャッシュをクリアする

上記を試しても申し込めない状況なら、サポートに問い合わせましょう。

\他社から乗り換えでdポイント1万円還元/

ahamoに申し込む際の注意点

ahamoに申し込むときは、以下の点に注意しておきましょう。

注意
  • ドコモショップ(店頭)からの申し込みは有料
  • キャリアメールの付与がない
  • au・ソフトバンクは違約金がかかる可能性がある
  • dアカウント発行・dポイントクラブ入会・dポイントカード利用者登録が必要
  • 選べるプランが大容量20GBのみ
  • 未成年は自分名義で契約できない
  • 留守番電話・転送電話サービスがない
  • かけ放題を外せない
  • ドコモ光セット割が対象外
  • 家族割が適用されない
  • データ繰り越しに非対応

それぞれ、詳細を見ていきましょう。

ドコモショップ(店頭)からの申し込みは有料

ahamoのサポートは基本的にチャットだけです。月額料金が大幅に安くなる代わりに、経費削減でサポート対応が限定されています。

チャットサポートの受付時間は9時から20時までで、オペレーターが対応してくれます。

ahamoのチャットサポート

チャットサポート

どうしても店舗でサポートを受けたい場合、1回3300円のオプション料金を支払えばドコモショップにて応対してくれます。

サポート内容は、ahamoに関することはもちろんスマホの使い方が分からないといったことでもOK。

ただ、毎回3300円の料金がかかるので、店舗サポートを重視するならahamoは向きません。

MEMO
この記事にたどり着ける検索能力があるのなら、店舗サポートがなくても大丈夫

キャリアメールの付与がない

ahamoではキャリアメールの付与がありません。これまでキャリアメールを使っていたドコモ・au・ソフトバンクユーザーの方は注意しましょう。

キャリアメールの代わりは、Gmailなどフリーメールサービスで代用できます。

au・ソフトバンクは違約金がかかる可能性がある

auかソフトバンクの旧プランに加入中の人は、解約時に違約金がかかる場合があります。

auの違約金

  • 2年契約のプラン:1,100円
  • 2年契約Nのプラン:10,450円

 

ソフトバンクの違約金

  • スマホ放題
  • スマホ放題ライト
  • ホワイトプラン
  • 標準プラン

※最大10,450円

違約金を回避するなら更新月の解約がおすすめです。2年契約のプランなら、24~25ヶ月目が更新月となり違約金は0円です。

更新期間は、My au・My SoftBankから確認できます。違約金が1,100円なら、更新月を気にせずahamoに乗り換えた方がいいでしょう。

dアカウント発行・dポイントクラブ入会・dポイントカード利用者登録が必要

ahamoを利用するためには、

  • dアカウントの発行
  • dポイントクラブの入会
  • dポイントカードの利用者登録

が必要です。dアカウントは、d払いを使っている人やドコモユーザーなら既に持っているはずです。まだ作成していない人は、ahamoの申し込み途中に作成できます。

dポイントクラブは、dアカウントを発行すると自動的に入会となるため手続きは不要です。

dポイントカード利用者登録については、こちらのページから1分で登録できます。

選べるプランが大容量20GBのみ

ahamoの料金プランは、たったの1種類となっています。選べるデータ容量は20GBのみです。

料金プラン
  • 月額料金:2,970円(5分かけ放題付き)
  • データ容量:20GB

プランが1種類しか用意されていない理由は、ahamoがシンプルさを追求しているからでしょう。確かに分かりやすいですし、複雑な携帯料金のプランに頭を悩ませる心配はありません。

しかしながら、いくら格安とは言え大容量の20GBしか用意されていないのは少々不便です。

ahamoのプラン

料金プランは一つだけ

特に、ライトユーザーにとっては使いきれないデータ容量となっています。

使いきれないときはテザリングでポケットWi-Fi化すべき

ahamoは無料でテザリングを使えます。そのため、毎月20GBも使いきれないならテザリングを使ってスマホをポケットWi-Fi化するといいでしょう。

外出先でタブレット・PC・ゲーム機などを自由にネット接続できます。テザリングを多用すれば、ちょうど月20GBほど使いきれるはずです。

未成年は自分名義で契約できない

20歳未満の方は、保護者に契約者になってもらい利用者登録を行う必要があります。自分が契約者になることはできません。

20歳以上の年齢になったら、名義変更することが可能です。

留守番電話・転送電話サービスがない

ahamoでは留守番電話と転送電話のサービスに対応していません。スマート留守電のサービスも利用不可です。

これまで重宝していた方は、利用不可となるため気を付けて下さい。

かけ放題を外せない

ahamoは5分かけ放題が標準付属する利便性があるものの、逆に言えば強制的に付与されるものなので外せません。普段の通話はLINEしか使っていない、といった方には不要でしょう。

5分かけ放題が付属する分、少し料金が上乗せされているので、かけ放題を全く使わない人にとっては損した気分になります。

かけ放題不要ならLINEMOの方がいい

かけ放題をまったく使わないのなら、同じ20GBでもLINEMOの方がコスパは良くなります。

LINEMOと比較

ahamo LINEMO
月額料金 2,970円 2,728円
かけ放題 標準付属(5分) オプション扱い
データ容量 20GB

ソフトバンク提供のLINEMOは、ahamoと同レベルの通信品質です。安さにこだわるなら、かけ放題が標準付属しないLINEMOの方が有利ですよ。

ドコモ光セット割が対象外

ドコモ光セット割とは、ドコモのスマホ代が1,100円割引されるサービスのことです。ドコモ光の契約があれば家族全員分のスマホ代が割引されるのですが、対象となるのはギガプランのみ。

残念ながら、ahamoはドコモ光セット割の対象外なので注意して下さい。

家族割が適用されない

ahamoには家族割のサービスがありません。また、ドコモ提供のみんなドコモ割も、回線数のカウントはされますが割引は対象外です。

ファミリー割引(ドコモ提供の家族間無料通話サービス)については、加入はできるもののahamoからドコモスマホへの発信が無料になりません(ドコモスマホからahamoは無料対象)。

その他、ドコモのシェアパックもahamoでは利用NG。シェアパックの親回線の人がahamoに乗り換えると、シェアグループが解除されるため気を付けて下さい。

データ繰り越しに非対応

ahamoでは、余ったデータ残量を翌月に繰り越せません。例えば、5GB使いきれなくても翌月はリセットされて20GBからスタートとなります。

\他社から乗り換えでdポイント1万円還元/

抑えておきたいahamoのメリット

いくつか注意点のあるahamoですが、デメリットを上回るメリットがたくさんあります。

メリット
  1. iPhone11を安く購入できる
  2. 手持ちのiPhoneをそのまま使える
  3. ドコモ本家の回線なので速い
  4. 速度制限後でも1Mbpsが保たれる
  5. ドコモオンラインショップの端末に機種変更できる
  6. 口座振替で申し込める
  7. d払いで支払いできる
  8. 5G通信に対応
  9. eSIMに対応
  10. 初期費用・解約金がかからない
  11. 追加料金なしで海外データ通信が可能
  12. dカード/dカードGOLD払いは特典あり
  13. d Wi-Fiを無料で使える

iPhone11を安く購入できる

「iPhoneを安く買いたいからahamoに決める」といったユーザーが続出するほど、ahamo販売のiPhoneはお得です。執筆時点では、iPhone11の購入が可能。

価格はなんと5万円を切っており(もちろん新品)、市場価格より2万円以上も安いです。一括払いの他、分割36回も選択できます。

ahamoのiPhone11

iPhoneが安い

ちなみに、ahamoのライバルであるLINEMOとpovoは端末セットで契約できません。ahamoなら、契約と同時に新しい機種に乗り換えたい場合でもニーズが満たせます。

GalaxyやXperiaも購入可

なお、ahamoではiPhoneの他に、GalaxyやXperiaも購入できます。iPhone同様、値段もお得になっており機種も新しいです。

Androidユーザーでも安心ですね。

手持ちのiPhoneをそのまま使える

iPhoneユーザーなら、「ahamoに乗り換えると、今使っているPhoneは使えなくなるの・・?」と不安になることでしょう。

結論から言えば、ahamoでも手持ちのiPhoneを使えます。ahamoでiPhoneを購入することもできますが、買い替える必要はありません。

ahamoで使えるソフトバンク版iPhone

→iPhone 6s以降

ahamoで使用できるiPhoneは6s以降(最新までOK)となります。iPhone 6以前(Plus含む)は非対応なので気を付けて下さい。

ちなみに、iPhone 6以前はSIMロック解除機能がない関係で、どのみちほとんどの携帯会社で使えません。ahamoで新しいiPhoneを購入しましょう。

ドコモ本家の回線なので速い

ドコモ本家の回線を使うahamoは、通信速度が非常に速いです。

アハモの平均速度

ahamoの平均速度(みんそくより参照)

ご覧の通り、平均速度は驚異の100Mbps超え。回線混雑による速度低下も起きず、他の格安SIMからブーイングされそうなほどの通信品質を誇ります。

利用料金は格安SIMなのに使い心地はキャリアと変わりません。

ドコモ系の格安SIMより高品質

ahamoとドコモ系の格安SIMは、回線の種別が決定的に違います。

ドコモ系の格安SIMは、ドコモから回線をレンタルしている身分なので回線混雑時に帯域制限をかけられて速度低下しやすいです。

一方、ドコモ本家の回線を使うahamoは1日を通して安定したデータ通信を行えます。

ドコモ系の格安SIMと比較

ahamo ドコモ系の格安SIM
回線の利用 ドコモ本家の回線を使用 ドコモからレンタルして使用
平均速度 約100Mbps 約20Mbps
回線混雑時の速度低下 なし あり

速度制限後でも1Mbpsが保たれる

ahamoは20GBを使いきって速度制限にかかっても、最低1Mbpsの速度が保証されています。1Mbpsは随分と遅く感じるかもしれませんが、動画再生やビデオ会議も使用できるスピードです。

そのため、速度制限にかかったからYoutubeを我慢する、といった必要もなし。実質、データ無制限に近い使い心地です。

ドコモオンラインショップの端末に機種変更できる

ahamo契約後に機種変更したくなったとき、ドコモオンラインショップの端末を購入することが可能です。

もちろんahamo販売の端末に機種変更もできますが、ドコモオンラインショップなら最新iPhone含め選択肢が広がります。

機種変更の手順は、新しい端末が届いたらSIMカードを差し替えるだけ。あとは、簡単な初期設定を行えば完了です。

ドコモショップでの修理サポートあり

ちなみに、ドコモオンラインショップで機種変更すると、ドコモショップでの修理サポートを受けられます。

基本的に店舗サポートがないahamoですが、端末故障時のピンチのときにドコモショップへ駈け込めるのは心強いです。

口座振替で申し込める

ahamoでは、クレジットカードを持っていなくても口座振替を使用できます。口座振替は、大手はもちろん地方銀行も対応(信用金庫・信用組合・労働金庫も可)。

他の格安SIMは、口座振替の対応状況が悪くほとんど使えません。しかし、ahamoなら月額基本料金はもちろん端末の分割払いでも口座振替が使えます。

デビットカードの対応は金融機関しだい

ahamoはデビットカードも使用できますが、金融機関側の判断で使えないこともあります。どのデビットカードが使えるかは明記されておらず、実際申し込んでみないと分からない状況です。

そのため、クレジットカードを使えない方は、口座振替払いの利用を第一に考えましょう。

d払いで支払いできる

ahamoはd払いに対応しています。d払いユーザーであれば、dポイントの獲得&消費が可能です。

また、ahamoユーザーならAmazonでd払いを使えるため、ネットショッピングで効率的にdポイントを貯められます。

5G通信に対応

ahamoでは5G通信に対応しています。オプション料金は不要で、ドコモの5Gエリアに入ると自然に5G通信に繋がりますよ(端末側も5Gに対応している必要あり)。

ちなみに、ahamoの5G通信は300Mbpsを超えるとの口コミもあり。光回線すら超える、超高速通信が可能です。

eSIMに対応

eSIM対応の端末であれば、eSIM申し込みが可能です。eSIMは物理SIMではなくバーチャルなSIMカードを使用します。

そのため、SIMカードを送付する手間が省けて即日開通が可能となります。また、1台の2枚のSIMカードを使うデュアルSIM運用も可能です。

初期費用・解約金がかからない

ahamoは、契約時も解約時も一切料金がかかりません。

新規契約・MNPで必要な初期費用(契約事務手数料やSIMカード発行料)は0円。通常、初期費用は3300円が相場なので大きな魅力です。

また、解約金がないのもメリット。最低利用期間など契約縛りもなく、いつでも無料で解約可能です。

MEMO
その他の各種手数料もほぼすべて無料

追加料金なしで海外データ通信が可能

ahamoでは、基本データ容量(20GB)の範囲なら追加料金を支払うことなく海外データ通信が可能です。

あまり凄いメリットに見えないかもしれませんが、基本データ容量すべてを海外にて追加料金なしで利用できる格安SIMは他にありません。

海外旅行や海外出張が多い人には、強力なメリットとなっています。

ただし注意点として、このサービスが使えるのは82の国と地域に限られます。

対象国リスト(50音順)

 

アイルランド・アゾレス諸島・アメリカ(ハワイ含む)・アラスカ・アンドラ・イギリス・イスラエル・イタリア・バチカン・インド・インドネシア・エクアドル・エジプト・エストニア・オーストラリア・オーストリア・オマーン・オランダ・カタール・カナダ・カナリア諸島・韓国・カンボジア・キプロス・ギリシャ・グアム・クロアチア・サイパン・サウジアラビア・サンマリノ・シンガポール・スイス・スウェーデン・スペイン・スペイン領北アフリカ・スロバキア・タイ・台湾・チェコ・中国・チリ・デンマーク・ドイツ・トルコ・ナウル・ニュージーランド・ノルウェー・米領バージン諸島・バチカン・ハンガリー・バングラデシュ・フィジー・フィリピン・フィンランド・プエルトリコ・ブラジル・フランス・ブルガリア・ブルネイ・ベトナム・ペルー・ベルギー・ポーランド・ポルトガル・香港・マカオ・マディラ諸島・マレーシア・南アフリカ・ミャンマー・メキシコ・モナコ・モロッコ・ヨルダン・ラオス・ラトビア・リトアニア・リヒテンシュタイン・ルーマニア・ルクセンブルク・レソト・ロシア

旅行先で人気の主要国は抑えられているので、ほとんどの国でahamoが使えますよ。

MEMO
国際電話&国際SMSも無料で対応(対象200か国以上)

dカード/dカードGOLD払いは特典あり

ahamoでは、ドコモが提供するクレジットカード「dカード」「dカードGOLD」を支払いに設定することで特典を受けられます。

特典内容

dカード

  • データ増量:1GB/月

 

dカードGOLD

  • 10%のポイント還元
  • データ増量:5GB/月

dカードGOLDなら、毎月のデータ容量が20GBから25GBにアップ。さらに、利用料金100円に対して10ポイントのポイント還元が貰えます。

その他、ケータイ補償など通常のdカード特典も受け取り可。dカードユーザーにとって、ahamoは特典が多いため非常に有利となっています。

d Wi-Fiを無料で使える

ahamoユーザーは、無料でd Wi-Fiの利用が可能です。一応、dポイントクラブ会員であるといった条件が付きますが、こちらはdアカウントを発行すればだれでも無料で会員になれます。

d Wi-Fiは、以下のマークが付いている店舗や交通機関で利用できます。

d Wi-Fiの提供スポット

d Wi-Fiの提供スポット

d Wi-Fiを利用すればWi-Fi接続となるため、アプリのダウンロードなど大容量でも好きなだけデータ消費できますよ。

\他社から乗り換えでdポイント1万円還元/

ahamo申し込みで利用できるお得なキャンペーン

現在、ahamoで開催されているキャンペーンは以下の通りです。それぞれ詳しく見ていきましょう。

端末代割引

ahamoの端末販売

キャンペーン概要

  • 期間:終了日未定
  • 特典内容:ahamoの契約と同時に端末を購入すると端末代が割引
  • 適用条件:新規または他社からMNPでahamoを契約し、同時に端末を購入

ahamoを新規または他社からMNPで契約し、同時に端末を購入すると端末代が割引されます。対象端末および割引価格は以下の通りです。

機種 通常価格 新規・MNP契約時の価格
iPhone 11(64GB) 62,590円 49,390円
iPhone 11(128GB) 73,590円 54,890円
Xperia 1 II SO-51A 79,200円 60,170円
Galaxy S20 5G SC-51A 68,200円 52,800円

Xperia 1 IIとGalaxy S20 5Gは2022年2月18日に、

  • Xperia 1 II SO-51Aが68,200円→60,170円(-8,030円)
  • Galaxy S20 5G SC-51Aが57,200円→52,800円(-4,400円)

と価格改定され、よりお得に購入できるようになりました。

ただし、ドコモからの乗り換えおよびahamoユーザーの機種変更は端末割引の対象外なので注意して下さい。

\他社から乗り換えでdポイント1万円還元/

祝!1周年キャンペーン ※エントリー必須

1周年記念キャンペーン

キャンペーン概要

  • 期間:2022年3月1日~3月20日(第1弾) / 2022年3月21日~4月10日(第2弾)
  • 特典内容:Amazonギフト券10,000円分が当たる(第1弾)
  • 適用条件:専用ページからエントリーする

サービス開始から1周年を記念して、2段階に分けたキャンペーンを実施。第一弾は、Amazonギフト券10,000円分が合計2,970名に当たるキャンペーンです。

キャンペーンの申請方法は、こちらの専用ぺージからエントリーして、2022年3月20日までにahamoを契約しておけばOK。

注意点として、エントリー時に入力する電話番号とahamoに申し込む際の電話番号は同じに合わせておきましょう。なお、こちらのキャンペーンは既にahamoに契約中の人も応募可能です。

\他社から乗り換えでdポイント1万円還元/

ahamoに他社からのお乗り換えキャンペーン ※エントリー必須

10000ポイントキャンペーン

キャンペーン概要

  • 期間:2021年11月11日~終了日未定
  • 特典内容:ahamoの契約で10,000円分のdポイント
  • 適用条件:キャンペーンにエントリーの上、翌月末までに他社からahamoへ乗り換える

他社からahamoに乗り換えると10,000円分のdポイントがもらえます。

キャンペーンを利用する際は契約当日中までにキャンペーンサイトからのエントリーが必要です。忘れずにエントリーし、翌月末までに他社からahamoへMNPで乗り換えてください。

対象となるのはSIMカードのみの契約です。端末を購入した場合は端末代割引が適用されます。10,000円分のdポイント還元は対象外です。

\他社から乗り換えでdポイント1万円還元/

ドコモから乗り換えはキャンペーン対象外が多いので他社も検討したい

ドコモからahamoへ乗り換える場合、ahamoのキャンペーンは原則対象外です。キャンペーンの目玉である、

  • dポイント還元
  • 端末代金の割引

のいずれも適用できません。お得なキャンペーンを利用したいなら、ahamoではなく他社への乗り換えも検討しましょう。

特におすすめなのは以下の2社です。

ドコモからのおすすめ乗り換え先
  • LINEMO:SIMのみでお得
  • 楽天モバイル:端末セットがお得

※どちらも豪華キャンペーンあり

代替案1:SIMのみ契約ならLINEMO

SIMのみ契約ならソフトバンクの格安プランであるLINEMOがおすすめです。特にお得なのが、PayPayボーナスがもらえるキャンペーンです。

ドコモからのMNP乗り換えなら新規契約の倍以上のPayPayボーナスをもらえます。

PayPayボーナスあげちゃう キャンペーン

ドコモから乗り換えでPayPay還元

5分かけ放題が1年無料となるキャンペーンや、LINE MUSICやLINEスタンプ プレミアムなどLINEのサービスがお得になる特典もあります。

LINEMOは、LINEユーザーの人にもおすすめですよ。

代替案2:端末セット契約なら楽天モバイル

端末セットをお得に契約したいなら楽天モバイルがおすすめです。端末セットの契約で最大30,000円相当の楽天ポイントをもらえます。

楽天モバイルのキャンペーン例
  • 月額料金が3ヶ月無料
  • iPhoneセット契約で最大30,000円相当のポイント還元
  • Androidスマホのセット契約で最大25,000円相当のポイント還元

最大25,000ポイント還元

楽天モバイルは端末購入がお得

楽天モバイルではiPhoneシリーズの最新モデルも購入できます。キャンペーンで実質最大30,000円引きなので、最新のiPhoneをお得に使いたい人にピッタリです。

ahamoに乗り換えた後のデータ移行はどうする?

手持ちの端末をそのまま使い回すなら、データ移行は不要です。しかし、ahamoで新たに端末を購入するなら自分でデータ移行を行います。

以下、パターン別にデータ移行の手順を解説したので参考にして下さいね。

iPhoneからiPhone

iPhone同士のデータ移行はクイックスタートが便利です。

STEP.1
旧iPhone・新iPhoneを並べて起動する

新iPhoneは初回起動でなければクイックスタートを使えません。初回起動でない場合は、いったん初期化してください。

STEP.2
「新しいiPhoneを設定」で「続ける」をタップ

クイックスタート

新iPhoneの言語選択に入ると旧iPhoneに「新しいiPhoneを設定」と表示されるので「続ける」をタップしましょう。

STEP.3
カメラを新iPhoneにかざす

旧iPhoneでカメラが立ち上がるので新iPhoneにかざします。円形のアニメーションをファインダーの中央に収めてください。

STEP.4
旧iPhoneのパスコードを入力

新iPhoneに旧iPhoneのパスコードを入力します。

STEP.5
その他の設定を行う

Apple PayやFace IDなど、その他の設定が表示されるので入力していきましょう。スキップしてあとから設定することも可能です。

すべての設定が終わったら、データ転送が始まります。

AndroidからAndroid・iPhoneからAndroid

データ移行先がAndroidなら、Googleドライブを使ったデータ移行がおすすめです。

STEP.1
Googleドライブをダウンロードする

>Googleドライブはこちら(iPhoneAndroid

STEP.2
バックアップ設定をONにする

バックアップ

端末の設定アプリを開いて「システムと更新」→「バックアップと復元」をタップ。「Googleにバックアップ」をONにしてください。

STEP.3
Googleドライブのメニューから「バックアップ」をタップ

バックアップ

STEP.4
バックアップしたいファイルを選択
STEP.5
新端末でファイルをダウンロード

ダウンロード

新端末でGoogleドライブアプリをインストールして、作成したアカウントでログインしましょう。

すると、バックアップしたファイルが表示されるので、必要なファイルをダウンロードしてください。

AndroidからiPhone

AndroidからiPhoneにデータ移行するときは、アップル公式アプリ「iOSに移行」が便利です。

STEP.1
Android端末に「iOSに移行」をダウンロード
STEP.2
iPhone側でコードを取得

コードを取得

iPhoneの初期起動にて「Appとデータ」が表示されるので「Androidからデータを移行」をタップします。その後、10桁か6桁のコードが発行されるので、そちらをメモします。

STEP.3
Android側でコードを入力

Android側で「iOSに移行」を立ち上げて、取得したコードを入力します。

STEP.4
移行するデータ項目を選ぶ

どのデータを移行するか、Android側で選択しましょう。

\他社から乗り換えでdポイント1万円還元/

ahamoの申し込みに関するQ&A

申し込みに必要な手数料はいくら?

ahamoに申し込むときに気になるのが手数料ですよね。結論から言うと、乗り換え費用はほとんどかかりません。

乗り換え費用

  • 現在の携帯会社の解約金:0~1100円※
  • MNP転出手数料:0~3300円
  • ahamoの契約事務手数料:0円

※一部のプランで10450円の場合あり

発生する可能性がある費用としては、解約金とMNP転出手数料です。解約金の金額は0~1100円の方がほとんど。

MNP転出手数料(MNP予約番号の取得費用)も多くの携帯会社で無料化されています。

ahamoの契約事務手数料(SIM発行手数料含む)は完全に0円です。ahamo側でかかる初期費用はないので安心して下さいね。

初月料金は日割り?

ahamoの初月料金は、新規契約・MNP乗り換えともに日割りです。いつ契約しても損することはありません。

なお、解約月は日割りがないので気を付けて下さい。

開通までの時間はどれくらい?

ahamoはオンラインで契約するため、配送期間が生じます。大体、2~3日はかかると見ておきましょう。

SIMカードが届けば、開通手続きはその日のうちに終わります。

不通期間はない

SIMカードの到着を待つ間、不通期間はありません。開通手続きで回線が切り替わるまで、ahamoに乗り換える前の携帯会社にて通話もネットも使えます。

申し込み後にキャンセルできる?

ahamoでは、申し込み後のキャンセルが可能です。キャンセル方法は、状況によって異なります。

①当日キャンセル

→「申し込み履歴のページ」より手続きを行う

 

②購入商品が出荷済みの場合(未開封のみ)

→「昨日以前にご注文手続きされた方のキャンセル」のページより手続きを行う

 

③手続き日から8日以内の場合(開封済み可)

→契約解除理由が電波状況が不安定なら113、法令順守状況が不十分(契約書面が不交付)なら0120-580-130に連絡する

手続き日から9日を過ぎてしまうとキャンセルはできませんが、ahamoは解約金が0円なので金銭的な負担はほぼなし(利用日数分の日割りのみ)で契約を解除できます。

ドコモから乗り換えでdポイントは引き継げる?

dポイントはdアカウントで管理されているため、問題なく引き継げます。ちなみに、dアカウントはドコモやahamoを解約しても削除されません。

仮にahamoを解約してもポイントは消滅しないので安心して下さい。

電話帳を簡単に移行させる方法はある?

ahamoで新しい端末を購入した後、とりあえず電話帳だけ簡単に移行させたい・・といった場合はGoogleアカウントを使うのが便利です。

Android・iPhone間でも移行が可能です。

STEP.1
「設定アプリ」を開く
STEP.2
「アカウント」をタップ

アカウント

STEP.3
「Google」を選択してタップ

Google

STEP.4
「連絡先」を右へスライドする

連絡先をスライド

同期できるデータ一覧から「連絡先」を右へスライドしてください。以上で旧端末側の操作は終了です。

STEP.5
旧端末と同じGoogleアカウントでログイン

新しい端末を起動したら、旧端末と同じGoogleアカウントでログインしましょう。すると、電話帳が自動同期されます。

以上で電話帳の移行は完了です。上手く移行できない場合は、新端末側でGoogleアカウントの同期がOFFになっていないか確かめてみましょう。

\他社から乗り換えでdポイント1万円還元/

まとめ

ahamo(アハモ)の申し込みは原則オンラインのみです。初めての人だと不安かもしれませんが、実際にやってみるとそこまで難しくありません。

本記事を参考にしてもらえれば問題なく申し込み可能ですよ。

申し込みに失敗するときはメンテナンス中でないか、MNP予約番号の有効期限が切れていないか、ドコモの契約内容に問題がないかをチェックしてください。

とくにahamoで利用できないサービスをドコモで契約していてプラン変更に失敗するケースが多いので、ドコモユーザーは注意が必要です。

\他社から乗り換えでdポイント1万円還元/