光回線のおすすめ・比較

NURO光とeo光の特徴を比較 | サービスの違いや選び方を紹介

NURO光とeo光の特徴を比較

NURO光とeo光はどちらも高速で人気のある光回線です。

両社共に料金が安くて速いうえに特典も豊富とあっては、関西の光回線ユーザーは目移りしてしまいますよね。

さらにそれぞれのホームページを見比べてみても契約期間やキャンペーンの情報など、情報量が多くてなかなか頭に入れるのが難しいのではないでしょうか。

そこで本記事ではNURO光とeo光の特徴を比較し、メリットとデメリットを明確にしたうえで、NURO光とeoひかりはそれぞれどのような方におすすめかを紹介します。

NURO光とeo光の基本情報

NURO光とeo光は、関西では人気の高い光回線です。

どちらもフレッツ光と光コラボとは違い、自社運営している独自回線となります。

そう言われてもイメージがわかなかったり、あまり詳しくないという人のために、NURO光とeo光について簡単に紹介しましょう。

(1)NURO光について

NURO光(画像引用元:NURO光)
NURO光はソニーネットワークコミュニケーションズが運営する光回線です。

実はNURO光は光コラボよりも2年近く早く開始されており、現在は主流となった光回線とプロバイダの一本化や高速通信の先駆けになります。

現在では全国1道2府16県で使えるようになり、高層マンションへの導入も可能です。

ユーザー目線で料金プランのリニューアルを繰り返し、最大10Gbpsの世界最速クラスが使えます。

徐々に提供エリアを広げ、高速化が進んでいるNURO光は現在も人気の高い光回線です。

(2)eo光について

eo光(画像引用元:eo光)
eo光は、オプテージが運営しているプロバイダと光回線の一括型インターネットサービスです。

オプテージは関西電力系列の会社になります。

関西電力が関西以外での展開を未定としているため、現在まで利用できるエリアは関西圏の2府3県に限定されています。

光コラボ系の回線やNURO光に比べて提供エリアが少ないものの、地域に密着した運営実績から支持を集めているご当地光回線です。

また、eo光はKDDIの子会社でもあるため、スマートバリューなどの一部auサービスが使えるのも特徴です。

NURO光とeo光のサービス比較

ここからはNURO光とeo光のサービス比較をしながら、両社の違いを次の項目について紹介していきます。

  • 提供エリア
  • 料金
  • オプションサービス
  • スマホのセット割
  • 特典

(1)提供エリアの比較

両社を提供エリアで比較した場合、関東や四国・九州地方でも使えるNURO光のほうが広いのは明確です。

今回は関西で使うNURO光とeo光なので、他のエリアは除外して関西圏で比較してみましょう。

提供エリア比較
NURO光 【関西エリア】
大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県
【その他のエリア】
北海道、東京都、神奈川県、埼玉県、
千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、広島県、岡山県、
福岡県、佐賀県
eo光 大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県
和歌山県、福井県の一部

本来NURO光は全国1道2府16県で使える光回線ですが、関西圏に限ればNURO光は2府3県と範囲が一気に狭まっています。

対してeo光は2府5県と、NURO光よりも使える地域が多いのです。

関西圏に限って言えば、eo光のほうが提供エリアは広くなります。

ただし、将来的に関西エリア以外に引越しを検討されている方にとってはNURO光の方が便利です。

(2)初期費用の比較

NURO光とeo光の初期費用を比較していきましょう。

光回線 NURO光 eo光
初期費用 3,300円 3,300円
工事費 G2D – 44,000円(分割24回)
G2T – 44,000円(分割36回)
10G – 66,000円(分割36回)
※特典利用で実質無料
29,700円(分割30回)
※特典利用で実質無料

初期費用のうち、工事費用は2社とも新規申し込み特典で工事費実質無料が適用されます。

eo光はどのコースでも工事費用は変わりませんが、NURO光は通信速度で変わります。

高額なのはNURO光のほうですが、前述したように工事費実質無料特典を使えば両社とも工事費はかかりません。

工事費の分割回数はNURO光のほうが長く、工事費の分割回数分を割引する実質無料が完了するまでの期間がeo光より長くなる点は留意しておきましょう。

(3)月額料金の比較

NURO光とeo光の月額料金は次の通りです。

住居 NURO光 eo光
戸建 5,200円~8,300円 5,552円~7,075円
マンション 3,876円~

マンションで利用した場合はeo光のほうが安くなりますが、戸建ならNURO光のほうが安くなります。

なお、NURO光にもNURO光 for マンション(2090円~)というマンション専用プランがありますが、導入できるエリアや設備、条件があるため、マンションで戸建てプランを契約した場合の費用を掲載しています。

もう少し詳しく比較してみましょう。

NURO光
プラン 費用
2ギガ 3年契約 5,200円
2ギガ 2年契約 5,700円
10ギガ 3年契約 5,700円
eo光
プラン 費用
ホーム・メゾン 1ギガ 5,552円
ホーム・メゾン 5ギガ 6,505円
ホーム・メゾン 10ギガ 7,075円
マンション VDSL-S(1ギガ) 4,170円

上表は、契約期間ありで割引を適用しない場合の2社の月額料金比較です。

eo光のマンションコースは有料のルーターを加えたプランで比較しています。

戸建ではNURO光のほうが安くて2ギガが使えて、マンションタイプはeo光が料金は最も安いということが確認できます。

ただし2社とも新規申し込みキャンペーンがあり、どちらも一定期間は月額割引を使うことが可能です。

例えばNURO光には1年目が月額980円から始めるコースがあり、eo光は1年間どのコースも月額3,280円から始めることができ、利用期間ごとの割引があります。

また、eo光のマンションタイプはeo光を導入しているマンションによって料金が変わる特殊な仕様です。

あくまで比較表は目安として参考にしておいてください。

(4)違約金の比較

契約を解除したときに発生する違約金を比較します。

光回線 NURO光 eo光
契約解除料 2年契約時:10,450円
3年契約時:22,000円
2,074円~13,200円

NURO光は2年契約と3年契約で金額が異なるだけで、わかりやすい形式です。

一方のeo光は初回1年間の最低利用期間があり、期間終了後も適用している割引制度によって発生する違約金が変わります。

最も高額になるのが1年以内での解約で、2年目以降からは即割や長割を適用しなければ役金は発生しません。

NURO光は仕組みがシンプルなのに対し、eo光はある程度利用している制度を把握しておかないと違約金が発生しやすいので注意しましょう。

(5)光電話・光テレビオプションの比較

NURO光とeo光が提供している光電話と光テレビは次の通りです。

光回線 NURO光 eo光
オプション
  • NURO光でんわ
  • ひかりTV
  • eo光電話
  • eo光テレビ(4K・8K対応)
  • Netflixパック

動画配信サービスを含め、テレビオプションはeo光が若干豊富です。

光テレビサービスに乏しいNURO光ですが、光電話サービスではソフトバンク光と同じものを使えるという特徴があります。

さらに、NURO光は西日本での基本料金は東日本より安く、月額330円と値下げされています。

電話回線はソフトバンクなので、携帯電話と固定電話同士、同じ光電話同士の通話が24時間無料になるホワイトコール24が使えるのも大きなメリットです。

eo光も同じ光電話同士なら通話無料が使えて、スマホの通話料を安くする独自アプリがあります。

テレビオプションは独自のテレビオプションでチャンネル数が豊富なeo光のほうが、多彩と言えるでしょう。

多彩さで比較すれば電話サービスはNURO光、テレビオプションはeo光とハッキリと区別されています。

(6)スマホセット割の比較

NURO光はソフトバンクのおうち割とNUROモバイル、eo光はauのスマートバリューと2つの格安スマホのセット割が使えます。

光回線 NURO光 eo光
スマホセット割
  • おうち割(ソフトバンク)
  • NURO 光・NUROモバイルセット割
  • auスマートバリュー
  • eo × mineoセット割
  • UQモバイル自宅セット割

NURO光がキャリア1社と格安スマホ1社に対し、eo光はauと格安スマホ2社のセット割りを提供しており、選択肢が広くなっています。

それぞれのセット割引の概要を見てみましょう

NURO光 おうち割(ソフトバンク) 最大10回線まで1,100円割引
NURO 光・NUROモバイルセット割 1年間330円割引
eo光 auスマートバリュー 最大10回線まで1,100円割引
eo × mineoセット割 デュアルタイプの契約で1回線まで330円割引
UQモバイル自宅セット割 au回線と併せて最大10回線まで990円割引

格安スマホユーザーからすれば、選択肢の多いeo光のほうがお得に使える光回線となるでしょう。

(7)キャンペーン・特典の比較

最後の比較として、NURO光とeo光で受けられる特典を紹介します。

光回線 NURO光 eo光
キャンペーン
特典
  • 工事費実質無料
  • 1年間月額980円
  • 3か月間お試し月額500円
  • 2年契約2年間月額3,590円
  • 工事費・違約金免除引越しサポート
  • 最大45,000円キャッシュバック
  • 最大60,000円他社違約金補償
  • 工事費実質無料
  • 初回1年間月額割引
  • ※商品券10,000円分プレゼント
  • ※IoTセットプレゼント
  • 無線ルーター12か月無料レンタル
  • 最大50,000円他社違約金補償

2社とも特典が豊富なことでも人気が高く、高額キャッシュバックやプレゼントが豪華なことがその理由にあげられます。

また、eo光にはここで紹介をしていない細かい特典が数多くありますが、実用的なものが少なく無料期間終了後は有料となるものも少なくありません。

シンプルに申し込みだけでキャッシュバックがもらえて、違約金の補償額も高額なのはNURO光です。

NURO光とeo光はどちらを選ぶべき?

NURO光とeo光は、どちらも関西圏で優秀な光回線です。

しかし、あなたの利用状況によっては使いづらかったり、費用がかかってしまうケースが考えられます。

NURO光とeo光のどちらの方が向いているかをまとめました。

NURO光が向いている人

  • ソフトバンクユーザー
  • 住居を問わず高速通信を使いたい人
  • 戸建住まいの人
  • シンプルな契約が良い人
  • 関西圏から移転する予定の人
  • 他社で違約金の高額請求されている人
  • 現金キャッシュバックに魅力を感じる人

NURO光は、高速回線でゲームや仕事、動画閲覧とシーンを選ばず快適に利用できます。

eo光が向いている人

  • au、格安スマホユーザー
  • マンション住まいの人
  • 速度は求めずとにかく安く使いたい人
  • eo光の割引制度をしっかり把握している人
  • 関西圏でeo光を使い続けるつもりの人
  • 豊富なテレビチャンネルを使いたい人

eo光は独自回線だから夜でも遅くならない・快適

\他社違約金5万円まで還元/

NURO光はどの住居でも2ギガから使えて、高速通信が使える光回線のなかでは破格の料金です。

対するeo光は関西圏で数少ないau系列の光回線で、多彩な割引が用意されています。

高速通信で安く使うならNURO光、通信速度は1ギガで十分という人にはeo光といった風に住み分けしましょう。

まとめ

NURO光とeo光を比較してきましたが、みなさんはどちらの光回線に魅力を感じたでしょうか?

共通点の多い光回線同士、どちらを選ぶか悩んでいる人も多いことでしょう。

どちらを選ぶかで迷った場合、通信速度や料金だけでなく普段のライフスタイルで考えることをおすすめします。

使っているスマホは何か、光電話や光テレビは使っているか、新規なのか乗り換えなのかなども光回線選びの重要な要素です。

NURO光とeo光はともに優れた光回線ですが、選び方次第では毎月のコストに少なからず影響が出てくるサービスをいくつも含んでいます。

今回の記事を参考に、少しでもお得な選び方をしてくださいね。

関連記事
キャッシュバック45,000円・工事費実質無料
NURO光
公式サイトをみる