光回線のおすすめ・比較

オンラインゲームにおすすめな光回線を紹介|FPSやゲーム実況に必要な条件についても解説

オンラインゲームに最適な光回線

「オンラインゲームを快適にプレイするには、どの程度の通信速度が必要か?」

「回線が遅延しない、または切断することなくゲーム実況ができるインターネット回線はどれか?」

などなど、ゲーム回線の導入を検討している人には、通信速度が速く安定度も高い光回線がおすすめです。

とはいえ、光回線であればどこでも良いというわけではありません。
いくら通信速度が速くても応答速度が悪いと、特にFPSなどの対人ゲームではラグが頻発してしまい快適なプレイができないことも。

そこで、この記事ではゲームや実況が快適にプレイできるように、以下の内容について詳しく解説します。

  • FPSなどの対人オンラインゲームを快適にプレイできる条件
  • ゲーム実況をスムーズに進行するための必要な条件
  • ゲーム回線におすすめの光回線

この記事を読んで頂くことで、快適にプレイできるゲーム回線を開通できるようになります。
ぜひ最後までお付き合い下さい。

ゲーム回線に光回線をおすすめする理由

オンラインゲームやゲーム実況を快適にプレイするには、一定の通信速度の速さが必要です。
また、通信環境が悪いと、インターネットが途切れたり遅延が発生する恐れがあります。

結果、プレイ中に画面が止まるなどのトラブルに見舞われ、ストレスを感じることも。
トラブルを緩和させ気持ち良くプレイするには、光回線がおすすめです。

そこで、ここでは光回線がゲーム回線におすすめな理由について解説します。

(1)通信速度が速い

ゲーム回線で光回線が多用される理由に、通信速度の速さがあります。
とはいえ、光回線の通信速度がどの程度速いのか、ご存知ない人もいることでしょう。
また、光回線には種類があり、それぞれ通信速度が異なります。

そこで、まずは各インターネット回線との比較を交えながら、通信速度の違いについて解説します。

①ベストエフォート(理論値)が速い

光回線のベストエフォートは、1Gbps(1,000Mbps)~2Gbps(2,000Mbps)と高速です。
ベストエフォートとは、各インターネット回線が掲げる理論値上の最大通信速度を指します。
ベストエフォートは理論上可能な数値であるため、実際に理論値のスピードが出ることは殆どありません。

とはいえ、ベストエフォートが速ければ速いほど、実際の通信速度が速くなることも事実。
そのため、目安として通信速度を測るには十分です。

ちなみに、通信速度が速いと言われるWiMAX(ポケット型Wi-Fi)のベストエフォートは590Mbps。
WiMAXと比べると、光回線は2倍近くも速いことがベストエフォートから分かります。

②実測値が速い

通信速度の速さを調べるときは、ベストエフォートだけでなく実測値にも注意が必要です。
実測値とは、実際の使用時に計測された通信速度を指します。

ベストエフォートの数値が同じでも、実測値が大きく異なることはよくあります。
例えば、各光回線のベストエフォートはNURO光の2Gbpsを除くと、軒並み1Gbpsをうたっています。

しかし、実測値は各光回線で大きく異なる結果に。また、光回線の種類によっても通信速度は大きく違います。

参考までに、光回線に加えて各インターネット回線の通信速度(実測値)の平均値をまとめてみました。

種類 評価 下り速度 Ping値
光回線(独自回線) 高速
300~400Mbps 15~20ms
光回線(フレッツ光) 速い
100~200Mbps 20~30ms
ホームルーター(置くだけWi-Fi) 普通
60~70Mbps 30~40ms
ポケット型Wi-Fi 遅い
30~40Mbps 50~60ms

(2)通信安定度も高い

光回線では、宅内に引き込んだ光ケーブルをつたって直接インターネットに接続します。
したがって、光回線はWi-Fiルーターやスマホのように、インターネットの接続に電波を使用しません。

そのため、光回線はWiFiルーターと違い、障害物などによる通信障害を受けずに済みます。
結果、通信安定度が高く回線落ちを防げることに。

また、電波のように基地局との距離に、通信速度が左右されない点も光回線の魅力です。

(3)Ping値が低く応答速度が速い

ゲーム回線では通信速度だけではなく、Ping値(応答速度)も重要です。
Ping値とは、操作の遅延時間に関わる数値を指します。

Ping値が遅いと、データの送受信に時間が掛かり「ラグ」が発生することに。
そのため、対人のオンラインゲーム(FPSや格ゲー)では、Ping値の速さがプレイの快適さに顕著に表れます。このPing値が最も速いのが、光回線です。

ラグを回避して快適にプレイするためにも、オンラインゲームでは光回線の利用をおすすめします。

(4)通信制限がない

Wi-Fiルーターでは、連続で一定数以上インターネットを使用すると速度制限を掛けられます。
ゲーム回線は通信量の負荷が大きく、速度制限を掛けられた状態でプレイすることは困難です。

一方、光回線は通信量の制限がなく、インターネットが使い放題。
そのため、連続利用による通信量の心配は無用です。

オンラインゲーム・ゲーム実況に必要な回線速度

オンラインゲームやゲーム実況は、通信に掛かる負担が大きく、通信速度の速さが重要になります。
参考までに、各使用用途に応じた下り通信速度(実測値)についてまとめてみました。

用途 必要下り通信速度(実測値)
メールの受信・SNSの利用 100Kbps~1Mbps
ネットサイトの閲覧 1Mbps~10Mbps
YouTube動画視聴 Zoomのビデオ通話など 10Mbps~30Mbps
オンラインゲーム 30Mbps~100Mbps

つづいては、各ゲーム回線で必要となる通信速度・Ping値の実測値をまとめてみました。

(1)オンラインゲームの必要回線速度

まずは、特に回線速度が必要となるFPSプレイヤーに焦点を当てて、必要通信速度を回線ごとに比較してみました。

FPSを快適にプレイできる通信速度の目安
ネット回線 評価 通信速度
ADSL 凄く遅い
30Mbps未満
ポケット型Wi-Fi 遅い
30Mpbs
ホームルーター 普通
60Mbps
光回線(フレッツ光) 速い
100Mbps
光回線(独自回線) 高速
400Mbps

次に、FPS以外のオンラインゲーム(格ゲーやモバイルゲーム)を含めた具体例と必要通信速度についてまとめてみました。

ゲームタイトル別の通信速度の目安
ゲーム名 快適な速度
  • ウマ娘
  • シャドウバース
10Mbps~30Mbps
  • ストリートファイターV
  • Dead by Daylight
30Mbps~70Mbps
  • FORTNITE
  • Apex Legends
  • VALORANT
70Mbps~100Mbps

育成ゲームやトレーディングカードゲームなどはポケット型Wi-Fiやホームルーターでも十分なのに対して、FPS・TPSなどの対人ゲームは、フレーム単位で求められる速度が重要になるため、高速通信が必要です。

同様に、ストリートファイターなどの対人格闘ゲームも高速通信が必要となることに。
とはいえ、こちらは1対1になるため、FPSなどに比べると通信の負担は軽くなります。

(2)オンラインゲームではPing値も重要

ゲームを遊ぶだけなら、光回線であれば通信速度は十分です。

しかし、FPSや格闘ゲームなどのオンラインゲームを快適にプレイするには、応答速度の速さ(Ping値)も重要になります。

応答速度の差は勝敗に直結するため(FPSであれば弾抜け、格ゲーであればコマンドを入力してから技が出るタイミングの遅れ)、ゲーム性を重視する人・ガチ勢はPing値にも着目しましょう。

FPSを快適にプレイできるPing値の目安
Ping値 評価 体感
50ms以上 ラグやサーバーからの切断が頻発する
30~50ms ラグが多い、サーバーからの切断もある
15~30ms 普通にプレイできる。たまにラグがある
10~15ms 快適にプレイできる
10ms以下 とても快適にプレイができる

FPSなどの対人ゲームを快適にプレイするには、Ping値は「15ms以下」であることが望ましいです。

応答速度が速ければ速いほど、キャラクターの動きは俊敏になります。そのため、Ping値が低いほどプレイヤーに有利なプレイングができることでしょう。

とはいえ、対人ではないオンラインゲームは、これほどPing値が速くなくてもプレイに支障はありません。
参考までに、ゲームごとの必要Ping値をまとめてみました。

各オンラインゲーム 推奨Ping値
ジャンル ゲームタイトル 推奨Ping値
FPS・ TPS Apex Legends、CoD、FORTNITE 15ms以下
格闘ゲーム ストリートファイター、鉄拳
MOBA LoL、DOTA 30ms以下
アクション・RPG スマブラ、PSO2、MHW、原神 50ms以下
MMO RPG FF14、黒い砂漠
トレーディングカード シャドウバース 100m以下

(3)ゲーム実況の必要回線速度

ゲーム実況では、動画をアップロードするため「上り通信速度」も重要です。
必要とする上り通信速度は各配信サイトによって違いますが、目安として30Mbps以上の上り通信速度を確保しておくと良いでしょう。

快適にプレイするには、オンラインゲーム同様に光回線がおすすめです。
光回線であれば、上り・下りともに条件をクリアできます。

安心してゲーム実況をプレイしたい人は、光回線の利用をご検討してみて下さい。

光回線の回線速度・Ping値比較ランキング

繰り返しになりますが、ゲーム回線では通信速度とPing値の速さが重要になります。
そこで、各光回線の通信速度とPing値をランキングにしてまとめてみましたので、参考にしてみて下さい。

(1)通信速度(実測値)ランキング

まずは、各光回線による通信速度(実測値)ランキングです。

光回線 順位 下り速度 上り速度 理論値
NURO光(独自回線) 1位 504Mbps 446Mbps 2Gbps
eo光(独自回線) 2位 447Mbps 313Mbps 1Gbps
ソフトバンク光(フレッツ光) 3位 310Mbps 210Mbps 1Gbps
ドコモ光(フレッツ光) 4位 262Mbps 205Mbps 1Gbps
ビッグローブ光(フレッツ光) 5位 255Mbps 206Mbps 1Gbps
楽天ひかり(フレッツ光) 6位 201Mbps 174Mbps 1Gbps

ご覧の通り、通信速度の速さは独自回線を提供している「NURO光」と「eo光」が、フレッツ光を圧倒しています。

また、NURO光はベストエフォートも2Gbpsになっている点にも注目です。

(2)Ping値(実測値)ランキング

つづいては、各光回線のPing値をランキングにしてみました。

光回線 順位 Ping値
NURO光(独自回線) 1位 13.9ms
ソフトバンク光(フレッツ光) 2位 17.1ms
eo光(独自回線) 3位 18.9ms
ビッグローブ光(フレッツ光) 4位 20.3ms
ドコモ光(フレッツ光) 5位 20.7ms
楽天ひかり(フレッツ光) 6位 28.1ms

通信速度の速さに引き続き、Ping値においても「NURO光が一番速い」結果になりました。
補足として、これらの通信速度は平均値です。そのため、環境によっては速くも遅くもなります。

ゲーム回線におすすめの光回線は独自回線のNURO光

nuro光

前述したとおり、FPS・TPSを快適にプレイするためのPing値は15ms以下です。
この条件を通常プランで満たすのは、NURO光のみです。

そのため、FPS・TPSや格ゲーをプレイする人にはNURO光をおすすめします。

NURO光は、高速回線でゲームや仕事、動画閲覧とシーンを選ばず快適に利用できます。

(1)NURO光がおすすめな理由

NURO光をおすすめする理由は、前述したとおり通信速度とPing値の速さです。
高速通信を可能とするNURO光では、他社にはない様々な独自性を取り入れています。

①NURO光はダークファイバーによる独自回線

NURO光が高速通信を可能とする要因に、フレッツ光ではない独自回線の使用が挙げられます。
NURO光では、フレッツ光(NTT回線)を使用しません。

代わりに、ダークファイバーと呼ばれる独自の光回線を使用しています。
ダークファイバーはフレッツ光に比べて利用者が少なく、回線がひっぱくすることはありません。
結果、安定して高速通信が可能に。

フレッツ光と独自回線の違い

ちなみに、独自回線はNURO光以外にeo光などでも使用されています。

②ベストエフォート2Gbpsの実現

NURO光のベストエフォートは2Gbpsと、他社にはない高速通信を実現しています。
これはNURO光が、最新の通信規格であるG-PONを採用しているためです。

通信規格 対応最大速度
G-PON 下り最大速度2Gbps
GE-PON 下り最大速度1Gbps

国内でG-PONを採用しているのは、NURO光を除いて一部のケーブルテレビのみ。
多くの光回線では、GE-PONが採用されています。

そのため、他社のベストエフォートは1Gbpsまでになっているのです。

NURO光は、高速回線でゲームや仕事、動画閲覧とシーンを選ばず快適に利用できます。

(2)NURO光以外でゲーム回線におすすめな光回線

事情により、NURO光が契約できない場合は「eo光」「ソフトバンク光」がおすすめです。

①独自回線のeo光

eo光eo光は、関西電力が提供する光回線サービスです。
eo光は、関西電力による独自の光回線を使用しているため、NURO光同様にフレッツ光を使用しません。
そのため、NURO光に次ぐ高速通信が可能に。

注意点として、eo光は関西電力が提供する光回線であるため、主に関西地区でしか契約ができません。
事前に提供エリアをご確認下さい。

eo光は独自回線だから夜でも遅くならない・快適

\他社違約金5万円まで還元/

②光コラボ(フレッツ光)回線ならソフトバンク光

ソフトバンク光
高速通信が魅力の独自回線ですが、提供エリアが限定的であるため、お住まいの地域によっては契約できない場合も。
提供エリアでお困りの人には、ソフトバンク光がおすすめです。
ソフトバンク光は、原則全国での契約が可能に。

ちなみに、ソフトバンク光の下り通信速度は310Mbps・Ping値は17.1msと、フレッツ光の中で最も速くなっています。
NURO光やeo光が契約できない場合は、ソフトバンク光も検討してみて下さい。

ソフトバンクユーザーなら月額1,100円割引

違約金満額負担・キャッシュバック実施中

まとめ

ゲーム回線では、安定して高速通信が可能な光回線がおすすめです。
光回線であれば、通信量の心配もなく好きなだけインターネットを楽しむことができます。
注意点として、FPSやTPSなどの対人オンラインゲームをプレイする場合は通信速度だけでなくPing値も重要です。
基準値となる15ms以下を満たすのは、NURO光のみ。

そのため、快適にFPSをプレイしたい人には、NURO光の利用を強くおすすめします。

関連記事