ドコモ光

フレッツ光からドコモ光に転用する手順|メリット・デメリットも紹介

フレッツ光を利用しているけれど利用料金が高くて並んでいる…。
安く利用できる光回線に乗り換えたい!

そう思っている方向けに、こちらの記事では転用先としておすすめなドコモ光への転用のメリットやデメリット、手順などについてご紹介していきます。

こちらの記事を読んで、お得に光回線を利用くださいね。

ドコモユーザーなら最大月額1,100円割引

GMOからの申込みで
最大20,000円キャッシュバック実施中

フレッツ光からドコモ光に転用するメリットとデメリット

フレッツ光からドコモ光に転用するメリットとデメリットは、それぞれ以下のような点になります。

(1)メリット

まずは転用のメリットをご紹介します。

①利用料金が安くなる

マンションか一戸建てか、などの条件によって異なりますが、ドコモ光はプロバイダ利用料込みで毎月5720円で使えます。

そのため、フレッツ光と比べて1000円以上お得に使えるんです。

②工事の費用がかからない

回線自体が同じため、工事自体が不要です。

③ドコモユーザーならさらにお得に

ドコモ光とドコモのスマホを併せて使っている方には、プランによりますが110円から最大3850円もの割引が受けられちゃいます!

④dポイントが貯まる

利用料に応じてコンビニなどで使えるdポイントを貰えます。

このように、ドコモ光に転用するメリットは数多く存在しています。

勿論こちらに挙げたメリット以外にも様々ないいことがあるため、フレッツ光からドコモ光への転用は非常におすすめですよ。

(2)デメリット

一方で、いくつかデメリットも存在します。例として、以下のようなものが挙げられます。

①フレッツ光契約者限定のサービスは使えなくなる

フレッツ光独自のポイントはもちろんなくなってしまいます。

そのため、転用前にポイントなどは可能な限り使っておくようにしましょう。

②プロバイダのサービスが使用不可になる・解約料が必要な場合も

そもそもプロバイダとは、インターネットに接続するために欠かせない回線事業者と呼ばれる存在です、光回線をインターネット回線に接続するいわば仲介業者のような役割を務める存在になります。

基本的にフレッツ光からドコモ光に転用する場合、同じプロバイダにしても一度解約しなければなりません。

そのため、メールや独自ドメインなど、プロバイダ独自のサービスはもちろん使えなくなります。また、一部のプロバイダの場合、2年以内に解約すると解約料を支払わなければならないケースがあります。

解約料金がかかるかどうかなど、詳しくは契約内容を1度確認してみてください。

(一例としてYahoo, OCNなどは解約料金が必要になります)

ドコモユーザーなら最大月額1,100円割引

GMOからの申込みで
最大20,000円キャッシュバック実施中

フレッツ光からドコモ光へと転用する手順

それでは、フレッツ光からドコモ光へと転用する方法を簡単に説明していきます。検討中の方はぜひ参考にしてくださいね。

転用の流れについて

転用の流れは以下の通りになります。

① ドコモ光契約時に利用するプロバイダの選択

ドコモ光を利用する際のプロバイダをどこにするかまず決めておく必要があります。

プロバイダごとにサービス内容や、料金などが変わってくるため、比較サイトなどを参考にしたうえで、自分に合ったプロバイダを選んでくださいね。

悩む方やよくわからない方は値段の安い「GMOとくとくBB」がおすすめです。

⓶  転用承諾番号の取得

次に、転用時に必要となる「転用承諾番号」と呼ばれる番号をフレッツ光から取得する必要があります。ドコモ光と契約する際にこの番号が必要になるため、記録をしておくようにしてくださいね。

「フレッツ光 転用 手続き」などで検索すれば番号を取得するためのページが検索結果に現れるため、説明に沿って必要事項を入力の上手続きを進めていってください。

③ ドコモ光へのお申込み

転用承諾番号が取得できたら、早速申し込みしましょう!

おすすめの方法は「GMOとくとくBB」のお申し込みページからアクセスして、アンケートに回答したうえでお申し込みをする方法です。

この方法でお申込みすると、なんと「2万円」ものキャッシュバックが受けられますよ。

※申し込みから最大1か月程度開通までに時間が必要になるため、お申し込みのタイミングについてはご注意くださいね。

ここまでやれば後はお申込みが受理されて、開通まで待つのみです。

開通すると、ドコモ光から利用案内が発送されてくるため、利用方法などはそちらをご確認ください。

ドコモユーザーなら最大月額1,100円割引

GMOからの申込みで
最大20,000円キャッシュバック実施中

フレッツ光からドコモ光に転用する際の注意点

フレッツ光からドコモ光に転用する時は、以下のような点に注意が必要です。

  • 契約事務手数料がかかる
  • 3300円(税込)の費用がかかるため、ご注意ください。

  • 通信速度はあまり変化しない
  • フレッツ光もドコモ光も回線事体は同じものを

    使用しているため、速度などはほとんど変わりません。

    ゲームや動画の視聴速度を改善したいために転用を検討している方は、残念ながらあまり恩恵を受けられません。ご注意ください。

ドコモユーザーなら最大月額1,100円割引

GMOからの申込みで
最大20,000円キャッシュバック実施中

まとめ

  • フレッツ光からドコモ光からの転用はドコモユーザーの場合料金がお得になるだけでなく、サービス品質はそのままで料金だけ安くなるのが魅力!
  • 手続きは転用承諾番号を取得してお申し込みをするだけ、非常に簡単
  • サービス品質はあまり差がないため、回線速度に大きな差はないため注意

このように、手順は簡単かつメリットも多いのでぜひこれを機に転用をご検討くださいね。

ドコモユーザーなら最大月額1,100円割引

GMOからの申込みで
最大20,000円キャッシュバック実施中

ドコモユーザーなら最大月額1,100円割引
ドコモ光
公式サイトをみる