auひかり

auひかりが繋がらない・通信障害時の対処方法について解説

auひかりが繋がらない・通信障害時の対処方法について解説

auひかりを使っているとき、突然ネットに繋がらなくなった経験はないでしょうか?
ネットに繋がらない原因は複数あり、対処方法は原因ごとに異なります。

接続設定や機器の故障などであれば自身で対処可能ですが、通信障害やメンテナンスなどauひかりのサーバー側の問題だと復帰まで待つ必要があります。

もしも通信障害などでネットに繋がらない場合、どのようにしてその情報を得るかご存じでしょうか?

今回はauひかりの通信障害時の対策と、ネットに繋がらないときの対処方法について解説します。

\独自回線だから夜でも遅くならない・快適/

とくとくBBからの申込みで
最大77,000円キャッシュバック

auひかりでネットに繋がらないときの原因

auひかりをつかっていて、突然ネットに繋がらなくなった場合の原因の一例を見てみましょう。

  • 通信が混雑している
  • 速度制限が掛かっている
  • 接続設定が間違っている
  • 機器の故障・不具合
  • サーバー側の通信障害・メンテナンス

ネットに繋がらないときはそもそも端末がネットに繋がっていない接続自体に何かしらの悪影響がある可能性を疑いましょう。

例えばネットは使えるけど、アクセスの集中による極端な速度低下だったり、サーバー自体に障害などがあって稼働していないケースがあります。

そういったネットが繋がらない原因を見つけない限り、解決するのは困難になるでしょう。

まずはネットに繋がらない原因を予想し、的確な対処法を見つけるのが重要です。

auひかりが繋がらない・速度が出ないときの対処法

もしもauひかりがネットに繋がらない、速度が出ないと感じたときは以下の方法を試してください。

  1. 混雑する時間帯を避ける
  2. 1日に行う継続的なアップロードを抑える
  3. ルーターや機器などの接続設定が正しいかチェック
  4. 接続機器の規格を最適なものに併せる
  5. 機器が正しく接続されているか確認
  6. 機器の再起動でキャッシュとメモリをクリアする
  7. サポートセンターに問い合わせる

ネットに繋がらないのは回線の問題であったり、サーバー障害などの根本的な問題、接続している端末機器に不具合が生じているなど、様々な原因が考えられます。

ネットに繋がらない主な原因について、次から一つひとつ解説していきましょう。

(1)混雑する時間帯を避ける

インターネットには混雑する時間があるので、空いている時間を狙うと良いでしょう。
auひかりに限らず、インターネット回線は大勢の人間が利用しているものです。

本来は一本の光ファイバーを大多数のユーザーで分け合っている状態ですので、利用者が増えれば増えるほど回線への負荷が強くなります

インターネットは基地局からの光ファイバーを終端装置に繋ぐことで、インターネット接続を可能にしています。WiFiの場合、光ファイバーが電波に置き換えられます。

提供エリアまで一本の光ファイバーが無数に枝分かれし、終端装置まで分配されることで各ユーザーがネットに繋げられるのです。この枝分かれした光回線が、光ファイバー網と呼ばれています。

混みやすい時間帯の目安は、一般的な生活サイクルを参考にすると良いでしょう。

平日は仕事や学校のある7〜9時、休憩時間がある11〜13時、帰宅から自宅にいる時間帯の17〜22時が混みやすいです。休日の場合、9時〜18時、17時〜22時が混みやすくなります。

(2)1日に行う継続的なアップロードを抑える

auひかりは、1日に30GB以上の継続的なアップロードで上り速度に制限が掛かります

一般的な光回線はデータ通信量が基本的に無制限ですが、プロバイダごとに通信制限か掛けられるケースがあります。

auひかりの場合、巨大な動画や音楽ファイルを継続して送信した場合、auひかり側が回線の品質維持に影響が出ると判断して速度制限を掛けます。

多くの場合、アップロードよりもダウンロードのほうに負荷を掛けている人が多いですが、auひかりでは送信作業を行う際には十分注意しましょう。

auひかりでは下り速度は制限対象ではないとされていますが、ベストエフォート型サービスであることを忘れてはいけません。

データ受信であっても回線の品質維持を理由に、なんらかの制限が掛かる可能性もあることを覚えておきましょう。

(3)ルーターや機器などの接続設定が正しいかチェック

そもそもインターネット接続に必要な接続設定が正しいか再確認しましょう。

インターネットの接続設定は、使用している端末のOSやルーターの種類によって異なります。

auひかり公式では接続設定について、接続設定マニュアル内で詳しく解説されているのでそちらを参考にしてください。

接続設定を行った場合、端末や機器の電源の入れ直し、再起動を忘れずに行いましょう。

(4)接続機器の規格を最適なものに併せる

ルーターと端末を繋ぐ接続ケーブルには規格が決まっていて、LANケーブルは規格が古いとネット接続に大きな影響が出るケースがあります。

LANケーブルの規格は「CAT」と呼ばれ、規格ごとに帯域幅と最高速度が設けられています。

LANケーブルの規格と性能
カテゴリ 帯域幅 最大通信速度
CAT5 100MHz 100Mbps
CAT5e 100MHz 1Gbps
CAT6 250MHz 1Gbps
CAT6A 500MHz 10Gbps
CAT7 600MHz 10Gbps
CAT7A 1,000MHz 10Gbps
CAT8 2,00MHz 40Gbps

帯域幅は数字が大きいほど通信速度が速くなります。

例え最新機種と端末を使用していても、それぞれを繋げているLANケーブルが古かったり規格に合っていないと本来のスペック通りに機能しません。

また、WiFi接続時の場合でも規格は重要です。

WiFiの(名称)規格と性能
名称 規格 周波数 最大通信速度
IEEE 802.11 2.4GHz帯 2Mbps
IEEE 802.11b 2.4GHz帯 11Mbps
IEEE 802.11a 5GHz帯 54Mbps
IEEE 802.11g 2.4GHz帯 54Mbps
Wi-Fi4 IEEE 802.11n 2.4GHz帯/5GHz帯 600Mbps
Wi-Fi5 IEEE 802.11ac 5GHz帯 6.9Gbps
Wi-Fi6 IEEE 802.11ax 2.4GHz帯/5GHz帯 9.6Gbps

WiFiにもそれぞれ規格が決まっており、受信する端末を電波の規格にあわせるひつようがあります。

使用している端末機器を交換したときほど見落としがちになりますが、LANケーブルや受信するWiFiの規格は必ず対応するものに設定しましょう。

(5)機器が正しく接続されているか確認

ケーブルやコンセントが中途半端に刺さっている場合、正常に通信が行われないケースがあります。

通信速度に支障が出るだけではなく、機器の故障にも繋がるので確実に挿し込みを行いましょう。

コンセントや端子に接続する際、確実に根元まで挿し込んでカチッと音が鳴るのを確認する癖を付けておくと安心です。

(6)機器の再起動でキャッシュとメモリをクリアする

パソコンやスマホ、ポケット型WiFiなどの端末を長時間起動させていると、ブラウザやアプリのキャッシュが蓄積され、メモリの消費量が増えて動作が鈍くなっていきます。

その場合は一度端末の電源を落として再起動をかけ、キャッシュとメモリをリフレッシュさせると改善されるケースがあります。

また、機器を長時間稼働している場合、CPUやメモリが熱を持って熱暴走を起こして速度低下や最悪の場合、故障の原因にも繋がります。

頻繁に行う必要はありませんが、機器を長時間使ったあとでネットに繋がりにくいと感じたら、再起動を掛けると良いでしょう。

(7)サポートセンターに問い合わせる

これまで紹介してきた1〜6までの方法でも解決しない場合、サポートセンターに問い合わせる方法もあります。

サポートセンターはauひかり公式や、契約している各プロバイダの窓口から問い合わせが可能です。

My au auひかりサポート
auひかりサポートセンター 0077-7084(受付時間:9~23時)
各プロバイダのサポート窓口 auひかりサポートからauひかり ネットサービス参照
auひかり×ニフティ @nifty会員サポート

各窓口は対応時間が決まっている場合があるので、受付時間をチェックしておきましょう。

 

サーバーの通信障害・メンテナンス時の対処方法

大抵の場合、ネットに繋がらない状況は自分自身で解決することが可能ですが、通信障害やメンテナンスなどのauひかりのサーバー側の問題は自分ではどうにもなりません。

そういったケースでの対処法については次から解説します。

(1)auひかり公式の障害・メンテナンス情報からアナウンスを確認する

auひかりのサーバーに問題があった場合、公式サイトの障害・メンテナンス情報から現在の状況を確認できます。

原因不明の接続障害などがあった場合、上記のリンクから公式サイトを確認しましょう。

(2)SNSのほうが情報が早い場合がある

TwitterなどのSNSでは、公式アナウンスよりいち早く情報を得られる場合があります。

公式サイトの障害・メンテナンス情報でアナウンスされていないにもかかわらず、通信障害が起こった状況では、auひかりユーザーからの報告が確認できる可能性が高いです。

SNSはユーザー同士の情報交換が盛んなので、公式が対応しきれないトラブルの報告、時には対処法が見つかるケースもあります。

Twitterはリアルタイムの情報を得るには有効な場所なので、スマホなどで状況を確認すると良いでしょう。

(3)障害・メンテナンス時の補償は?

障害やメンテナンスが起こったことで、ユーザー側に何らかの不利益が起きた場合でも基本的に補償は行われません。

ただし、auひかり側による重大なミスが発覚した場合はこの限りではなく、何らかの対応が行われることを公式からアナウンスされる可能性があります。

通信障害で深刻な問題が起こった場合、先述のSNSと併せて公式サイトを要チェックです。

まとめ

最大10ギガの通信速度が可能なauひかりでも、時として通信速度の低下やインターネットに繋がらないなどの状況に陥る場合があります。

ネットに繋がらない理由の大半は自分のネット環境に原因があるケースが多いですが、通信障害やメンテナンスといったauひかり側が問題であることも起こり得ます。

サーバー側の問題はユーザーには解決できない問題ですが、そういった状況でも落ち着いて対処することが重要です。

公式アナウンスやSNSなどを活用して状況確認を行い、事態が収まるまでは静観しておくのが無難です。

下手に接続設定をさわったり、機器に手を加えるとこれまで通りの使い方ができなくなる恐れがあります。

auひかりでネットに繋がらなくなったときは、本記事を思い出して読み返しながら原因をひとつずつ疑って行きましょう。

ネットが繋がらないときは、まず落ち着いてこうどうすることをおすすめします。

\独自回線だから夜でも遅くならない・快適/

とくとくBBからの申込みで
最大77,000円キャッシュバック
独自回線だから夜でも遅くならず快適!
auひかり
詳細をみる