DVD未発売

あの木曜スペシャルの名作が登場!!引田天功 大脱出シリーズ

ファミリー劇場の視聴方法はこちら

厳選された3作品を3夜連続一挙放送!

各話放送後にはプリンセス天功出演の特別番組も併せて放送!

詳しくはこちら

天才魔術師 初代・引田天功

第4弾!引田天功地獄の大流水 死の水道管大脱出!(1973年放送)

富士山を背景に遊具のすべり台のようなものがある。しかし、どうもスケール感が違う。そう、これは引田天功が挑む大脱出ショーのセットである。すべり台に見えたのは大量の水が流れる水道管で、身動き出来ない状態の天功はそこをつたって脱出しなければならない。迫りくるダイナマイトに追われながら…。どうする、天功!

【司会】:本多当一郎(NTVアナウンサー)、石川牧子(NTVアナウンサー)
【出演】:引田天功、富永一朗、一谷伸江、はかま満緒 ほか

6/29(月)23:00-24:30

今回の仕掛けを見る

死の水道管大脱出とは?

引田天功がなぜあれほどまでに日本中を熱狂させたか。
一つの理由は脱出セットの“規格外のスケール”である。

このシリーズ第4弾では静岡県の遊園地 日本ランド(当時)を舞台に水道管を使った巨大なセットが組まれた。

仕掛けは以下のようなものだ。

10メートルの高さの櫓(やぐら)を組み、そこに水槽を設置する。
その水槽から20メートルの水道管が伸び、すべり台のように地中に突き刺さる。突き刺さった先(地中)には密閉された箱が用意される。

ここからがスタートだ。
引田天功は手錠と足枷をされ、その上、袋にも入れられ身動きが出来ない状態で地中の箱に閉じ込められる。その状態で水槽から水が流れ出ていき、地中の箱と水道管4か所に付けられたダイナマイトが、時限装置により上へと順に30秒ごと爆発していく。
閉じ込められた天功は、水攻めに遭いながら、そして水道管の爆発よりも早く逆上って脱出しなければならない。

今回の最大の敵は天功曰く「時間」。

どうする、天功!

閉じる

第6弾!引田天功 死の火煙塔大脱出 時限装置爆破3分前(1975年放送)

高さ21メートルの鉄塔。中央に人間が通れるパイプが通されている。そして3か所に時限爆弾付きのダイナマイト。手錠をかけられ、時限爆破装置付きの箱に入った天功は、ヘリで鉄塔頂上に吊り上げられ、そこから脱出がスタートする!今回の難敵は爆破そのものよりも「煙」という天功。無事に脱出できるのか…?頑張れ、天功!

【司会】:和田浩治、石川牧子(NTVアナウンサー)
【出演】:引田天功、一谷伸江、引田天功夫人 ほか

6/30(火)23:00-24:30

今回の仕掛けを見る

死の火煙塔大脱出とは?

今回の最大の敵は天功曰く「」。

脱出セットの“規格外のスケール”で日本中を熱狂させる引田天功。シリーズ第6弾ではお馴染みの富士山を望むロケーションで鉄骨を組んで高さ21メートルの鉄塔が作られた。

仕掛けは以下のようなものだ。

高さ21メートルの鉄塔の中央に脱出用の太いパイプが通してある。塔の根元には脱出した天功が逃げ込むための脱出小屋が作られる。また充分すぎる火薬が使われた時限装置付きダイナマイトが塔に3か所設置される。
天功自身は手錠をかけられ、時限爆破装置が付いた箱に閉じ込められて、ヘリで塔上に吊り上げられる

ここからがスタートだ。
塔の下部に点火されると鉄塔はみるみる炎に包まれる。天功は自身の入った箱が爆破される前にパイプ内の鎖を伝って降りる。
3か所のダイナマイトは炎とは逆に上から順に爆発していくので、それより早く降りて行かなければならない。脱出小屋に入った後は、そこから地下壕に身をひそめないと、脱出小屋自体も爆発してしまう。天功は最大の敵「煙」に勝つことはできるのか?

頑張れ、天功!

閉じる

第7弾!引田天功大脱出 油地獄・水面大炎上(1975年放送)

今回は油。2千リットルの重油で高さ6メートルの「油壷」とその周囲の池を満たす。手錠をかけられ箱に入った天功は油壷に入れられた箱から油壷に接続された直径80センチ、長さ40メートルの管を伝って脱出しなければならない。管は時限装置付きのダイナマイトで爆破されていく。これまでで最難関の大脱出は成功するのか?もう一度奇跡を見せてくれ、天功!

【司会】:和田浩治、石川牧子(NTVアナウンサー)、一谷伸江【出演】:引田天功 【ビデオコメント】:田部井淳子、ジャイアント馬場、水森亜土、桜田淳子、西城秀樹

7/1(水)23:00-24:30

今回の仕掛けを見る

油地獄・水面大炎上とは?

一番燃えやすいもの。それは「油」

脱出セットの“規格外のスケール”で日本中を熱狂させる引田天功。シリーズ第7弾は前回の挑戦から6か月。構想を練りに練って、これまで以上に危険度の高い挑戦として出てきたのが、重油の池である。

仕掛けは以下のようなものだ。

池の中央に直径3メートル、高さ6メートルの油壷が設置され、その中と周囲の池にドラム缶10本分(2000リットル)の重油が満たされる。油壷には直径80センチの脱出管が接続されており、40メートル先には水の容器があり、その中に脱出用カプセルが沈められている。

ここからがスタートだ。
天功は手錠をかけられ、箱に入り、箱はボルトで固定される。そしてヘリで吊り上げられ油壷に沈められる。それと同時に油が点火され一面が炎の海となる。

脱出管は時限装置付きダイナマイトで次々に爆破される為、手錠を外した後、油壷の横の扉から脱出管に入り、匍匐(ほふく)前進状態で40メートルを進まなければならない。これまでで最難関の大脱出は成功するのか?

もう一度奇跡を見せてくれ、天功!

閉じる
さらに、プリンセス天功が出演の特別番組もTV初放送!各話放送後にはプリンセス天功が初代・引田天功を語る特別番組を放送します

ファミリー劇場の視聴方法はこちら